7月23日 生活のリズムを変えずに夏を乗り切る

今日から3日間は個別懇談。

出勤時刻は8時前くらいで大丈夫なので、朝のジョギングを始めることに。

普段通りに5時過ぎに起きて、軽い体操の後、30分程度のジョギング。

シャワーを浴びて、軽く朝食を済ませ、630分くらいの電車で出勤。

いやあ、いい感じ。630分の出勤だとこんなに楽なんだ。

個別懇談はないのだけれど、その変わりに会議、会議・・・。

気がつけば、学校を出たのは2000前。駄目だなあ、こんなことじゃ。

でも、通勤電車の中で、「寺町三条のホームズ」シリーズの最新を含めた2冊を読破。

最新刊は、著者のサイン本をゲット。しかし、このシリーズはアニメ化も開始ということで、凄い人気。まあ、確かに面白い!

a0023466_20081452.jpg


[PR]

# by sitoi | 2018-07-26 20:08 | Comments(0)  

7月22日 京の町歩き

日曜日なれど入試業務で午前中は出勤。

午後、妻と京都コンサートホールで待ち合わせ。

a0023466_20341596.jpg

妻の知人からいただいたチケットで、女性コーラスを聴かせていただく。

本格的な歌声にびっくり。

コンサート終了後、祇園祭を終え、後祭を控える鉾を見るため四条へ。

冷えた地酒をいただきながら、のんびり散策。

a0023466_20343895.jpg

路地を入ったところに飾られている鯉の木彫りは左甚五郎作となっていた。

a0023466_20345666.jpg

言わずと知れた江戸時代の名工・・・本当に京都の町歩きは楽しい。


[PR]

# by sitoi | 2018-07-25 20:35 | Comments(0)  

7月21日 猛暑の中

今日から夏休み。

午前中、妻は幼児教室なので、午後から一緒に京都近代美術館へ。

気になっていた「横山大観展」を観る。

a0023466_20315072.jpg

ポスターになっていた富士のイメージが強く、ああいった絵を描いた人と思っていたのだが、全く違っていた。とてもいい意味で裏切ってくれた。

いろんなものを描き、いろんなことを考えた末に、あの突き抜けた富士の絵があることに心を動かされた。

今の自分に欠けているものを見せていただいた気がした・・・。

その後、近代美術館のカフェで早目の夕食をとり、下鴨神社へ向かう。

昨日から明日までが「御手洗祭」となっている。

a0023466_20321344.jpg

無病息災を祈り、ひんやり冷たい水の中に足を入れる。

a0023466_20323993.jpg

夕方になり涼しい風が吹く糺の森を歩く。

こういう場所があるのが京都の強み・・・。

充実した半日を過ごしました。


[PR]

# by sitoi | 2018-07-25 20:32 | Comments(0)  

7月15日 涼を求めて京都の北へ

それにしても、猛暑である。
連休中日の今日は、涼を求めて京都の北へ。

ますは、京都の北にあるしょうざんリゾートで昼食。
a0023466_09390132.jpg
広い敷地の中にいくつものレストラン、プールにボーリング場などが設置されている。
今日は、川床のようなレストランを予約しておいた。
a0023466_09404747.jpg
涼しげなロケーションの中で夏らしい食材をいただく。
a0023466_09415728.jpg
食後はゆったりと日本庭園を散策。
a0023466_09423518.jpg
その後、せっかくなので大原へドライブ。
いつもの寺院で庭を眺めながら抹茶をいただく。
昼食場所もそうだったが、エアコンなしでも寛げる和風の造り・・・贅沢です。
a0023466_09444381.jpg
さて、連休もあと一日です。
明日も暑くなりそうです。



[PR]

# by sitoi | 2018-07-16 09:45 | Comments(0)  

7月11日 老人ホームで生まれた<とつとつダンス>

ずっと読みたかった本をやっと読んだ。
老人ホームで生まれた<とつとつダンス>(砂連尾理著・晶文社)が、それ。

著者である砂連尾さんは、コンテンポラリーダンサーで、私の著書「エピソードで語る教師力の極意」(明治図書)でも紹介した方。
これは、老人ホームで、お年寄りとの「とつとつダンス」が創り出される過程を描いたものであるが、決して、それだけのものではない。
読みながら、私は、ずっと教育のことを考えさせられた。
ダンスというものに真摯に向かい、新たな境地を見出されていく過程は、・・・何だろう、何度も読みながら涙が出てきそうになるのです。

例えば、こんなくだりがある。
「ダンサーなのに、まだダンスとは何かがわからなくても・・・」

本の帯を書かれているのは、鷲田清一さん。それだけでも、この本がたんなるダンスの記録ではないことが分かっていただけると思う。
鷲田さんは、こう書かれている。

「わかる」ことで消えてしまうことがたくさんある。「わかる」より大事なのは、驚き、とまどい、思わずさわりにいきたくなること。

多くの教育者に読んでほしい。
きっと、感じるものがあるはずだから・・・。
あーっ、久しぶりにダンス公演を見に行きたくなりました。
a0023466_22272254.jpg

[PR]

# by sitoi | 2018-07-11 22:27 | Comments(0)  

7月10日 7月の「明日の教室」のお知らせ

こともあろうに、7月の「明日の教室」のお知らせを書くのを失念していました。
今週末、7月14日(土)です。
お時間のある方、是非!

七月の明日の教室は、東京から宗我部義則先生にお越しいただきます。宗我部先生は、お茶の水女子大学附属中学校の国語科の教諭を長く勤められていらっしゃる、国語教育のエキスパートのお一人です。




[PR]

# by sitoi | 2018-07-10 22:06 | Comments(0)  

7月7日 大雨の続く日々

昨日、今日と連続の休校。
きっと全国の多くの学校もそうだったのだろう。
子どもたちと同じように教員も自宅待機ということだったのだが、昨日は管理職は打ち合わせのため出勤。
大雨の中、学校へ。
月曜日までのことを確認し、帰宅。
そんな大雨の中、カナダから帰ってきていた娘は大分へ。
多くの交通機関がストップし、名神高速道路も通行止めになっている中を伊丹空港へ。

今日は、朝からとりあえず掃除。
心がザワザワする時は、掃除をすると何となく気が落ち着く。
掃除してスッキリした和室で読書しながら過ごすことに。
a0023466_07210124.jpg
今日の読書は、瀬尾まいこさんのエッセイ。
ほんわりした内容に、大雨の中、ざわつく心が落ち着いていく。
a0023466_07221983.jpg
夜は、娘を迎えに伊丹空港へ。
明日は晴れるといいな・・・。

[PR]

# by sitoi | 2018-07-08 07:23 | Comments(0)  

7月4日 「教師の仕事術 10の原理・100の原則」

堀裕嗣さんの新刊「教師の仕事術 10の原理・100の原則」を読み終えました。実は、何度も何度も読み返していて、未だ読み終えたという感覚ではないのですが、とりあえず、この辺で読後の感想めいたものを書いておきたいと思います。


まず、この本の表紙には「『時短』と『成果』を両立させる」とか「働き方を変えるための成功法則110」などといった言葉が並んでいるのですが、この本の題名は、私は「働き方を変えるための仕事術」とした方がすっきりしていてよかったのにと思っています。


仕儀術に関するビジネス書は多く、それらを読む中で、自分の仕事に生かしてきた教師も多いと思います。かくいう私も、その一人です。それらビジネス書に書かれている内容は、当然「成果を上げるための仕事術」です。ビジネスの世界と教育の世界は違いも多いので、それらの本から教育の場に置き換えて使えるものを学んできました


では、教育書の中に仕事術を扱ったものがなかったかというとそうではありません。そういった類のものはあるにはありましたが、その多くは「初任者に対して仕事のハウツーを分かりやすく書かれたもの」であったように思うのです。「この時間にこれを済ませておきましょう」とか「こうやると楽ですよ、仕事を簡略化できますよ」といった具合に。そこには「成果を上げるために」という目的は希薄だったのではないでしょうか。


ところが、この本に書かれているのは、まさしく「成果を上げるための術」に他ならないのです。そして、その多くはビジネスの世界でも通用する事柄ではないのかというのが私の感想です。ですから、この本は「働き方を変えるための仕事術」と題して、一般書としてバーンと販売すればよかったのにと思うのです。そうすれば、きっと販売価格も抑えられたのにね。そして、教育界からビジネス界が学ぶ初の書になったかもしれないなあ(笑)。


でもね、この本は、覚悟を持って読まないと、結構、過激です。こんな言葉が並んでいます。


あなたは五時以降や土日を最初からあてにする人間に、堕落しているだけなのです。

《活きている時間》は待つものではなく、自分で創り出すものなのです。


その通りだと思うのです。仕事で成果を上げたい人にとって間違いなく必読の書になると思います。



[PR]

# by sitoi | 2018-07-04 23:39 | Comments(0)  

7月1日 15000人の子どもとアーティストの出会い

昨日、理事として関わらせていただいている(ここ数年、関われていないのですが)NPO法人子どもとアーティストの出会いからチラシが送られてきました。
a0023466_09023503.jpg
10周年企画です。
「15000人の子どもとアーティストの出会い」が、8月5日(日)梅小路公園緑の館で開催されます。
ミニワークショップや様々な事例紹介が行われるようです。
お世話になりっぱなしの堤さん(芸術家と子どもたち理事長)も登壇されるということで、この日は何としても参加しようと思っています。
詳細は、以下のサイトから!
時間がありましたら、是非、ご参加ください。



[PR]

# by sitoi | 2018-07-01 09:09 | Comments(0)  

6月30日 夏越の祓

6月30日は「夏越の祓」ということで、石清水八幡宮へ。
a0023466_22181650.jpg
その後、定番の「水無月」をいただく。
a0023466_22182601.jpg
今日は、蒸し暑いので、映画館へ。
「焼肉ドラゴン」を観る。いい意味で予想とは違った映画だった。
今月は、「万引家族」に続いて2本目。
共にいい映画だった。邦画、がんばってるなって感じ。

さて、明日は娘が帰ってくる・・・。

[PR]

# by sitoi | 2018-06-30 22:23 | Comments(0)