人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

7月15日 お気に入りの琵琶湖~京都大原へのドライブ

朝早めに家を出て、ブルーベリー狩りへ。
ところが毎年出かけている農園に車から電話すると、今年はやっていないとのこと。
仕方ないので、お昼よりずいぶん早い時間に、ジャズを流してくれる店でランチ。
a0023466_19004636.jpg
いつもは混み合う店もガランといい感じ。
美しいピアノトリオの演奏を聴きながらランチをいただく。
a0023466_19005905.jpg
その後、この店でランチをした後は必ず行くことにしているギャラリーへ。
a0023466_19030213.jpg
今回はガラス工芸作家の作品が並んでいた。
お店の方とも少し馴染みになり、お茶などをいただく。
本当に洗練された空間で気持ちいい・・・。
a0023466_19031515.jpg
今回、高くて買えなかったけれど、気に入ったのは。これ。
a0023466_19032701.jpg
その後、山越えのドライブコースで京都大原へ。
三千院の横の道を山に入り、音無の滝へ。
ひんやりと心地いい空間。
a0023466_19070781.jpg
山を降り、これまたいつも伺う実光院へ。お抹茶をいただき、庭を散策。
本当に癒される空間。
a0023466_19083932.jpg
夕方早めに帰宅し、明日からのラスト一週間に備える。
よーし、頑張ろう!

# by sitoi | 2019-07-15 19:09 | Comments(0)

7月14日 恋する古伊万里

午前中は、お茶会に参加する妻を見送って、愛犬とゴロゴロ・・・。
珈琲を淹れてジャズを流して、朝風呂に入るという極楽コース。
昼間に帰ってきた妻と、丹波までドライブ。
兵庫陶芸美術館で開催されている「恋する古伊万里」へ。
a0023466_21261932.jpg
まずは、美術館内のレストランで遅めの昼食。
a0023466_21264795.jpg
小雨の天候だが、緑は美しい。
素晴らしいロケーション。
a0023466_21263294.jpg
大きな美術館ではないが、気持ちよく見て回れる空間。
今日、一番気に入ったのは、この器。
a0023466_21323665.jpg
ゆったり見て回った後、前回、訪れた時、行けなかった窯元へ。
素敵な器があったので、購入。
a0023466_21351573.jpg
この窯元は茶室もあり、そこもお邪魔し、しばし寛がせていただく。
庭も気持ちよく手入れされており、今後、丹波焼を購入する時はここに来ることになるだろうという感じ。
a0023466_21374644.jpg
さて、帰ろうかと車を走らせていると、何やら感じのいいカフェを発見。
入ってみて、びっくり。
私好みのオーディオが設置されていた。
a0023466_21393324.jpg
珈琲を頼むと、シュガーもミルクもついてこない。
ブラックで飲まないと意味ないでしょといった強気の姿勢(?)
うん、合格。
また通いたいカフェが一つ。

さて、明日はやっぱり琵琶湖だな!

# by sitoi | 2019-07-14 21:42 | Comments(0)

7月13日 日野田さん、ありがとね

今日は学校は休みなのでゆったりした朝を過ごす。
今日は雨。
小雨の降る中を京都橘大学へと向かう。
もう、こうして100回以上の研究会を開催してきた。

でも、今日は特別の日。
日野田さんが「明日の教室」に顔を出してくれていたのは、もう10年ほど前になるのだろうか。
それから、大阪の高校で校長をやることになりましたって報告してくれたのが、ん?、6年前、くらいなのかなあ。
36歳、全国最年少の校長の誕生だった。
そして、箕面高校で驚くべき結果を出し、・・・話を聞くべく箕面高校で「明日の教室」を開催したのも、ついこの間のことのようだ。
今は、武蔵野大学中学高等学校の校長先生として、さらに凄い数字をたたき出されている。

勤務校の若い先生方に是非、自分事として話を聞く機会を持ちたかった。
「へーっ、すごい」で終わらせず、「あなたならどう現実に立ち向かいますか」ということ。
日野田さんに、
「来てほしい」と連絡を取ると、
その日のうちに、いや数時間後には、
「行きます」
という返事が届いた。
超多忙な中で、まず「行きます」と返事をくれたことが嬉しかった。
結局、日程上、学校での開催とはいかず、「明日の教室」での開催となった。
結果的にその方がよかったかなと思える一日でした。
姫路から、三重から、名古屋から・・・、高校生や大学生、一般企業にお勤めの方まで、いろんな方が参加してくれた。

日野田さんの話は、教育者であると同時に経営者の話であった。
日野田さんは「先生方のやりたいことを形にしているだけ」とおっしゃるが、そこには数字に基づいたスモールステップの戦略に積み重ねがあってのこと。
今後もさらに突き抜けた取り組みをされるそうだ。

また、数年後、「明日の教室」で、その突き抜けた取り組みを話していただきたい。
日野田さん、ほんとにありがとね。

# by sitoi | 2019-07-14 09:30 | Comments(0)

7月12日 苛立ち、落ち込む中で・・・

毎日が、どんよりした梅雨の真っただ中。
気持ち良い天気の日々が懐かしい。
a0023466_08594689.jpg
この2週間ほど、苛立つことが多い事柄が続く日々。
そんな中、2020年度の教育改革に向けての準備を進める。
行事を精選するのではなく、取り組み方を変える。
学力観を問い直す。
評価の在り方を変える。
授業の在り方を変える。
新しいものをつくるためには、Scrap and buildの考え方を忘れてはいけないと思う。
何か新しいことを始めるなら、今までの何かをやめるということ。
こんなことを資料を読んでは繰り返す。
夏休みの研修では先生方に新しい方向性を示さなければいけない。
こんなこと、自分一人でやっていいのかと不安になる・・・。
けれど、自分以上のことを考えられる人はいないと開き直って、また仕事に向かう。
その繰り返し・・・。

あっという間に一学期が終了しようとしている。
なんだか、最後の年も半分程度が終わったような気がしている。
来年度の働き方に関しても、話を進めなければいけない。
あまりいい待遇で続けられないことも何となく分かってきた。

そんな中、娘から吉報が届いた。
カナダの大学院から帰国した娘は昨秋から母校であるAPUで非常勤講師としてお世話になってきた。
この春に無事マスターを終了し(何とマスター習得見込みで採用いただいていた)、非常勤では生活がきついから、常勤講師に申し込むと言っていた。
非常勤講師と常勤講師ではそりゃあ給与が全く違うことは分かっていたものの、そうは簡単にいかないだろうと思っていた。
それが、昨日、「無事、常勤講師に採用された」との連絡が入った。
いやあ、驚きました。

頭の中によぎったのは、「神様のカルテ」の中に書かれていた一節。

「世の中は難しいことが多い。だからといって、君が難しくなっていいわけではない。どんな理由を述べたところで、嘘と卑怯と小細工は恥ずかしいことだ。」

世の中、本当に恥ずかしい輩が多い。でも、真っ当に生きないとね。
娘は、また、しばらくしたら、カナダに戻り、できれば格上の大学でドクターをとるそうだ。
あっぱれな奴である。
私もあっぱれな奴でなければ娘に合わす顔がない・・・そう思うと苛立ちがスッと消えた。

明日は日野田さんをお迎えしての「明日の教室」だ。
気持ちのよい話をたくさん聞けることだろう。
そういう人との出会いが人生を変えていくのだ。
当日受付も行います。
時間があれば、ぜひ、お越しください。

# by sitoi | 2019-07-13 09:27 | Comments(0)

7月8日 この出会いがあなたの人生を変えるかもしれません

人の人生を左右するのは、人との出会いだ。
これは、間違いないことだ。
私は、日野田さんとの出会いは、そういう類のものになると思っている。

時間の許す方は来るべきだ。
そう、思う。
これが最後の紹介。




# by sitoi | 2019-07-08 22:27 | Comments(0)

7月4日 屋外での読書を楽しむ

賀茂川沿いのベンチ。
a0023466_09092291.jpg

# by sitoi | 2019-07-06 09:09 | Comments(0)

6月30日 夏越の祓

日曜日なれど、入試説明会で出勤。
昼過ぎに無事終了。
京都御苑近くのホテルまで妻が来てくれていたので、合流して遅めの昼食。
a0023466_21435375.jpg
今日のホテルは、デザート、珈琲もついて、税込み1050円。
予想以上の味に大満足。
昼食を終える頃には雨も上がり、それならと護王神社にて「夏越の祓」。
a0023466_21464715.jpg
その後、家の近くでも「夏越の祓」。
a0023466_21473843.jpg
これで、穢れを祓えたはずなので、明日からまた良いことがあるはず・・・。
よし、がんばろう。



# by sitoi | 2019-06-30 21:49 | Comments(0)

6月29日 青もみじがまばゆい瑠璃光院へ

今日は休日の土曜日。
午前中は妻は仕事なので、のんびり珈琲を飲んだ後、図書館へ。
昼過ぎに妻を迎えに行き、京都へドライブ。

昼食はよく行く京都御苑近くのホテル。
40年ほど前、私がアルバイトしていたホテルだ・・・。
その当時は何も思わなかったが、今になって、その良さを感じるホテルだ。
レストランから眺める日本庭園が素晴らしい。
a0023466_20534543.jpg
日替わりランチは、ちょっとしたデザートと珈琲もついて1500円。
a0023466_20535966.jpg
その後、春の拝観が明日までとなっている八瀬の瑠璃光院へ。
拝観料が2000円なのはちょっと驚いた・・・が、しかし、本当に寛げる空間。
a0023466_20565511.jpg
この部屋でゆったり写経に取り組む。
用紙もペンも拝観料を払った際にいただいた袋の中に入っていました。
その後、1階に降りると、そこからの眺めも格別でした。
a0023466_20572364.jpg
庭を眺めながら、お抹茶をいただく。
a0023466_20571131.jpg
すぐ近くにあるルイ・イカール美術館は瑠璃光院拝観者は無料で入ることができる。
こういう造りもまた好み。
a0023466_20573659.jpg
今度は秋に来たい!

# by sitoi | 2019-06-29 21:02 | Comments(0)

6月26日 いやはや宝塚ってすごい!

朝、妻からメール。
「映画館で、横浜アリーナの宝塚公演の生ライブが見れるみたいなんやけど、一緒に行く?」
妻はここ2年ほど、宝塚歌劇団の公演に定期的に通っている。
というのも、娘の同級生が宝塚歌劇団に入り、活躍しているので、その応援も兼ねてらしい。
それで、今回も横浜まで行く気でいたらしいが、チケットがうまく取れなかったのだ。
今回、何と娘の同級生が娘役のトップ役に抜擢されたのだ。

ならばと、
「何とか仕事をやりくりして一緒に行くわ。」
と返信。

で、なんとかやりくりして、19:00からの公演に合わせて映画館へ。
映画館なので、映画料金かと思いきや、何と4300円。
a0023466_22135151.jpg
横浜アリーナは満員で12000人の観客が押し寄せたらしい。
そして、全国の映画館でライブ中継。
宝塚歌劇団って、そんな人気だったのねって感じ。

映画館も満員御礼の状態でした。
約3時間のライブだったのですが、いやあ、面白かったです。
いやあ、今度は宝塚に行ってみようかなって気になりましたもん。
男役トップの明日海りおさん、かっこいいですねえ。
そして、娘の同級生、すごいの一言。何か、感動しました・・・。


# by sitoi | 2019-06-27 22:20 | Comments(0)

6月25日 探究型の授業を考え続けています

隙間の時間を使って、探究型の授業を考え続けています。
来年度から、新たな三観点での評価が始まるのだけれど、公立小学校ではどうするんだろう?
この学力観の転換についていけるのだろうか。
苫野一徳さんが書かれているように、とりあえず探究型の授業を取り入れていくのが一番趣旨にあった授業だろう。
そして、時代もそういった授業の転換を求めている。

しかし、これは容易なことではない。
下手をすると、総合的な学習が導入されたときの二の舞になってしまう。

先生方にどのように伝え、具体例を示すことができるか。
この夏に教科書を決め、来年度のカリキュラムについても検討の指針を示さなくてはならない。
そうか、最後の年にこういう仕事をするのかと思う。

学校を無理やり18:45には出る。
賀茂川沿いを歩いて、出町柳に19:20。
a0023466_21480910.jpg
本当に日が長くなった。
通勤読書は、久しぶりの重松清。「どんまい」(重松清著・講談社)


# by sitoi | 2019-06-25 21:50 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31