<   2018年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

2月24日 野中先生、ありがとうございました

土曜日なれど、出勤。
4校時の授業を終えて、すぐに地下鉄。
ギリギリ歩いても間に合いそうなので、椥辻駅から歩いて京都橘大学へと向かう。
a0023466_09013628.jpg
本当に久しぶりに、野中先生のお話を伺う。
5年ぶりだそうだ・・・。
この間、初任者指導で全国を回られ、提起されていた授業づくりの本を出版され、・・・。
お元気そうで何よりでした。
そして、相変わらず、聞く人を惹きつける話術の上手さを堪能させていただきました。

お話を伺う中で、私自身の学級づくり、授業づくりを反省すべき点をいくつもチェックすることができました。
感謝、感謝です。

来月は、金先生に登壇いただきます。
新学期直前の3月31日です。
お申し込みは、こちらから!



[PR]

by sitoi | 2018-02-25 09:08 | Comments(0)  

2月19日 今週末は野中信行先生に御登壇いただきます!

今週末、土曜日は「明日の教室」です。
野中信行先生に御登壇いただきます。
野中先生のブログに、以下のように紹介いただきました。

京都での明日の教室が迫っている。

久しぶりの京都になる。今まで4つのDVDを出しているが、その時からどのように変わっているのか、それを提起したいと思っている。また初任者向けの「1週間のシナリオ」も、今回大きく改訂をした。初任者ができることに絞り込んでいる。それも、ここで配布したい。4月から教職につかれる初任者の人も、ぜひ来ていただきたい。

お申し込みは、以下のサイトから!




[PR]

by sitoi | 2018-02-19 22:10 | Comments(0)  

2月18日 休日は美術館が一番だなあ

午前中にやらなければならないことを片付けて、電車に乗って京都の町へ。
本に掲載されていた老舗の食堂で中華そばで昼食。
・・・やっぱり、グルメ本はあてにならないなあ(笑)。
白川沿いにある小さなカフェで珈琲をいただきながら読書。
a0023466_22165779.jpg
今日のお供は今野敏、「捜査組曲・東京湾臨海署安積班」。
いやあ、この東京湾臨海署シリーズは大好きです。組織とかリーダーといったことを深く考えさせられます。
で、白川沿いを歩きながら、美術館へ。
a0023466_22164446.jpg
今日は、近代美術館のゴッホ展を観る。
館内で妻と待ち合わせ。
いやあ、とっても勉強になりました。
ゴッホと浮世絵を学ぶには、最適の展示でした。満足、満足。
a0023466_22234490.jpg
やっぱり美術館はいいなあ。


[PR]

by sitoi | 2018-02-18 22:25 | Comments(0)  

2月17日 刺激的な本に囲まれて・・・

先週、中村健一さんから新刊書が届いた。
中村さんは毎回、新刊書を贈って下さる。
感謝、感謝である。
さて、今回の本は、中村さんの人気シリーズ「策略本」の第4弾となる「策略ブラック学級開き」(中村健一著・明治図書)である。
a0023466_10470739.jpg
「はじめに」を読むと、何でも過去の3部作が合わせて3万部売れたとのこと。
へーっ、驚きの数字。教育書で、この数字は凄いの一言です。

さて、この4作目であるが、実に読みやすい。
この読みやすさと、分かりやすさ、そしてウイットに富んだ文体が、中村さんの売りなのだろう。
ブラック等と銘打っているが、ある意味、正攻法だと思いながら読ませていただいた。
若い先生には、お薦めの一冊である。
こういう本をサクッと読んで、気になったところ、たとえば引用されている野中信行先生の著書も読んでみたり・・・、紹介されている向山洋一先生の本へ、そこから斎藤喜博先生に繋がったりと、読書の幅を広げていけるといいなあと思う。

この本もきっと売れるよ、中村さん。
中村さんの手腕に脱帽の一冊。
・・・でも、もうこういった装丁はやめてほしいなあ。
電車の中で広げるのが、ちょっと恥ずかしいです(笑)。

そして、今日は朝から原稿のままの本を読んでいる。
まだ出版前なので詳しくは書けないが、さる方から出版前の原稿を読んで、意見がほしいということで原稿をお預かりしたもの。
これが、凄くて、1ページ読むのに、唸ってしまって、なかなか先に進めない。
読みながら考えさせられる素晴らしい一冊なのです。
この本が出版されたら、紹介しますので、皆さん、是非ともお買い求めください。
すごいですよ・・・、さあ、続きを読み始めましょう。

[PR]

by sitoi | 2018-02-17 11:00 | Comments(0)  

2月13日 4度目のフィリピンは目的を持って

昨日、今年の夏のフィリピン行きの飛行機のチケットを妻に手配してもらった。
今年の夏で、4度目のフィリピン旅行となる。
過去、3回はすべて違う英語スクールだった。
一週間英語漬けになる旅行である。

今年は、昨年と同じところにお世話になる予定だ。
1日は、豪華ホテルで美味しいものを食べてリゾート気分。
1日は、離島ボランティア。美しい離島でのボランティアとシュノーケリング。
残り5日間は朝から夕方まで英語レッスン。

これって、本当に素晴らしい一週間です。
親子での体験ツアーとして、「明日の教室」で企画したいなあと思っている。
だから、離島ボランティアの一日に離島にある小学校との交流を組み入れたい。

家族で一週間を丸々一緒に過ごすのは、とても素敵な体験になると思う。
助成金を申請したりして、一人すべて込みで10万円くらいで実施できないかなあと考えている。

今年の夏のフィリピンはそんなことを考えながら過ごしてこようと思う。
英語を学びながら、フィリピンの人たちにも何か貢献できるような、そんな取り組みにしたい。

これを、まず、60歳になる頃に形にしてみたいな・・・。
何だ、やりたいことは、まだまだいっぱいあるんだな。

[PR]

by sitoi | 2018-02-13 21:53 | Comments(0)  

2月12日 4月の「明日の教室」は池田さんと一緒に登壇します

第一回目の「明日の教室」は、池田さんと2人で登壇した。
最初は、2人でやろう・・・という感じだった。
あれから10年(11年かなあ)。
途中から、DVD撮影、販売も行うようになった。
DVDは、多くの大学にも買い上げていただき、活用していただいているようだ。

「糸井さん、池田さんはDVDを撮らないのか?」
というお尋ねもいただいていたが、
「主催者がそれをやるのは、何か嫌だ・・・。」
と、お断りしていた。

今回、今の形の「明日の教室」は最終年度となるにあたり、
「DVDを撮っておこうか。」
と、軽いノリでDVD可することになった。

池田さんはICTを活用した授業例。
私は、ワークショップを活用した学級づくり。
DVD化することで、どこでも活用することができるだろう。

4月21日(土) 京都橘大学で実施です。
どうぞ、お越しください!




[PR]

by sitoi | 2018-02-12 17:00 | Comments(0)  

2月12日 久しぶりに南に向けてドライブ

今日はドライブしようと、朝一番に愛車の洗車。
すると、水をかけたところから凍っていく有様・・・。
まっ、とりあえず簡単に洗うことに。
その後、愛犬オーも連れて公園へ。
この景色は、幼児教室用のマンションから。
a0023466_16402657.jpg
前が公園となっており、ここで散歩。
しかし、寒い!
この公園からほんの少し歩いたところに、大きな公園があって、そこで、妻の華道の作品が展示されているということで、覗きに行くことに。
a0023466_16424164.jpg
雛人形と一緒の展示は、なかなか素晴らしかった。
a0023466_16423014.jpg
で、愛犬を家まで連れ帰り、よく行くカフェでモーニング。
a0023466_16440656.jpg
毎回、素敵なカップに珈琲を入れてくれるのも楽しみ。
今日はモカをいただく。
その後、久しぶりに南に車を走らせる。
お茶の産地、和束町をウロウロ・・・。
ゆったりした三連休でした。


[PR]

by sitoi | 2018-02-12 16:46 | Comments(0)  

2月11日 やりたいことをやり続けること

朝から原稿を抱えてカフェでのんびり。
かねてからやりたかったことの一つ、自分が読んでみたいモノを本にすることを形にする。
売れないかもしれない、でも読んでみたいと思うモノ、読む必要があるものを本にして届けるということ。
実は何年か前、(株)カヤの平井さんに相談してe-bookという形で本にしたことがある。
これは本というより、本では表現できない音声なども入れてデータ化したもの。
たった一つだけれど、岩下修先生の音読データをe-bookにすることができた。

そして、今、「明日の教室」の10年の人脈をもとに電子ブックをつくり、販売する計画を進めていく。
「明日の教室」に登壇いただいた、あの先生の若い頃の学級通信、あの先生のブログを編集・加筆したもの等々・・・。
昨日も原稿が届いた・・・。
これらを本にしていく。
これは既に、池田修先生が趣味の料理本をibook Authorで電子ブックの形で販売されている。
今回、この形を使って販売しようと思う。
販売価格は、1冊100円。
4月に10冊程度の電子ブックを発売する形で動いている。

やりたいことを思い続ければ、自分のできる範囲で形にできる、そう思う。

午後は、妻と映画。
綾瀬はるかの「今夜、ロマンス劇場で」。
いやあ、綾瀬はるかはいいなあ・・・。
この人の出る映画に外れはないなあ。

[PR]

by sitoi | 2018-02-12 09:12 | Comments(0)  

2月10日 他校の実践から学ぶこと多し

今日は、朝から京都女子大学附属小学校の研究発表会へ。
朝、8:40に小学校に到着。
授業は8:55からなのだが、早めに参観教室に行くことに。
たくさんの教室が授業を公開しているのだが、今回は6年生の社会科の授業を参観することで申し込んでいた。
教室に行ってみると、まだどなたも来られておらず、一番乗りでした。

とてもきれいに整理された教室で、教室後方には図工の作品、教室横には社会科のレポート。廊下には歴史新聞が掲示されていました。
小学校は男女共学の学校なのですが、女子大附属ということで、やっぱり女子の割合が多い。
でも、教室の雰囲気はいい意味で女子がリードしている感じで、居心地がいい・・・。

授業の構成としては、子どもたちが事前に調べてきたことをグループで交流し、その後、発表し合い、全体で共有していくというもの。
このクラスの授業をメインで見ることにして、合間に他のクラスの授業もウロウロ見て回らせていただく。
隣のクラスはすごい参観者の数で、教室に入りきらず、廊下も参観者でいっぱいでした。
このクラスの廊下掲示は興味深く、様々な絵画を子ども目線でどう見るかがレポートされていました。
「鳥獣戯画」のレポートがなかなか面白かったです。

学校全体として、この研究会のために周到に準備されてきた様子が見えてきて、・・・なるほどなあと考えるところが多かったです。
私がメインに選んだクラスの社会科授業は、実に丁寧に考えられた授業で、子どもたちも安心して授業に参加している様子が見えてきました。落ち着いた良いクラスでした。驚くような授業の展開ではありませんが、一年間積み上げてこられたモノが見えてきて勉強になりました。

この後、吉永幸司先生の体育館を使っての公開授業があったのですが、もう1時間授業を見せていただいて十分な収穫があったので私は退散させていただくことに。現在、私が見たいものは名人芸(吉永先生は名人だと思っています)ではなく、教室という空間で子どもたちと対峙している教師の姿なのです。最近になって、やっといろんなものが見えてくるようになった気がしています。今日も1時間の授業から実に多くのものを学ぶことができました。それを、一人で振り返りたかったのです。

附属小学校の近くにある京都国立博物館に立ち寄ることにしました。
ここは本当にいい・・・京都に来られる皆さんにお薦めのスポットです。
ゆっくり見て回り、クールダウンしていきました。
a0023466_07541947.jpg
その後、敷地内にある前田珈琲で昼食。
附属小からいただいてきた資料をじっくり拝読しようと袋を開けてびっくり。
今回の公開研究会は参加費無料だったのですが、袋の中に「子どもが輝く読書力を身につける指導術」(吉永幸司・森邦博著・小学館)が入っていたのです。すごい・・・。
これらを読みながら、のんびりランチ。
a0023466_07585634.jpg
よい学びをさせていただきました。感謝、感謝です。


[PR]

by sitoi | 2018-02-11 08:00 | Comments(0)  

2月8日 そんなに簡単なことじゃない

教師って仕事をこなしていくのは、そんな簡単なことじゃない。
事あるごとにそう思う。
この年になったって、毎日、悩んで、悩んで、そんな毎日が続いていく。
今日も、子どもたちとの関りについて発見があった。

学校を早めに出て、カフェで仕事。
静かな場所で読みたい本があったので、今日は小川珈琲に立ち寄ることに。
a0023466_19523849.jpg
この店の珈琲もなかなか美味しい。
小一時間、マーカーで線を引きながらの読書。
この連休中に何とか読み終えたい仕事関係の書。
で、ブックオフに寄り道して、「虹の岬の喫茶店」(森沢明夫著・幻冬舎)を見つけ購入。
この本は既に文庫本で購入し読み終えているのだが、装丁が素晴らしかったので、購入し再読することに。
帰宅すると、注文していた「聖地巡礼」(内田樹×釈徹宗・東京書籍)が届いていた。これは先日読んだ対馬編が面白かったので、注文した大阪・京都。奈良編である。
a0023466_19524602.jpg
こうして、読みたい本がどんどん増えていく。
知りたいことがたくさんある。
それを身につけていくのだって、そんなに簡単なことじゃない。
そうか、あたり前だな・・・。

[PR]

by sitoi | 2018-02-08 20:01 | Comments(0)