<   2018年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

1月28日 善哉の日

午前中、妻は華道に出かけたので、ゆったり珈琲を飲みながら朝を過ごす。
で、掃除、洗濯を済ませ、愛犬と散歩。
その後、のんびり風呂に浸かっていると、妻が帰ってきたので、午後は一緒に一休寺へ出かけることに。
そう、あの一休さんの寺です。


平成17年より1月最終日曜日を「一休善哉の日」として、その一年間の各人毎の誓いの言葉を奉納してもらいます。その一年の自分自身の目標を新たにし、一年間その言葉を持って、生きていく力づけにしようとするものです。そしてその後、一椀の善哉がふるまわれます。ひとりひとりの誓った善き行いの実現を後押しします。
一休禅師は1月1日生まれ、大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになり「善哉此汁(よきかなこのしる)」とおっしゃったことから善哉となったと言われています。
一休善哉の日は、ひとりひとりのこころに存在するエネルギーにわずかながらも灯りをともし、21世紀の世界を地球の片隅からより善き世の中に方向づけられればと始めることになりました。(一休寺のHPより)
a0023466_18074031.jpg
a0023466_18075376.jpg
a0023466_18080701.jpg
公開研も終わって、いい区切りに、今年の誓いができました。

夕方、早めに帰宅して、のんびりビールを飲みながら読書です。
a0023466_18100095.jpg



[PR]

by sitoi | 2018-01-28 18:10 | Comments(0)  

1月27日 自前の授業法・・・なのかなあ

公開研究会が終わりました。
たくさんの方にお越しいただき、感謝、感謝です。
私の公開授業は2時間目で、1時間目に他のクラスの授業を見てまわりました。
いつも元気な子どもたちがガチガチになっている様子が一目で分かります。

ありゃあ、そんなに緊張するかなあ・・・などど思いながら、ちょっとわがクラスの子どもたちが心配になり、体育の授業に出かけていった子どもたちの様子を見に行くことに。
何のことはない、元気に走り回っています。

で、教室に戻って、子どもたちは帰ってくるのを待つことに。
ところが、授業5分前になっても帰ってきません。
もう、参観者は続々と教室に集まって来られているというのに・・・。

遅れて帰ってきた子どもたち、
「先生、着替えていいですか?」
「いや、この状況じゃあ無理でしょ。」
「えーっ・・・・。」
「いやいや、だって無理でしょ。」
「先生、お茶飲んでもいいですか?」
「いいよ、でも授業まであと3分だよ。急ごうね。」
お茶を飲んでいる子どもに、
「あのなあ、この状況で緊張したりしないの?」
「ん?何が?」
「はい、もういいです。まあ、そんなもんだよね。」
と、こんなバタバタ間の中、授業が始まりました。

あとは、いつも通り。
いつものように、子どもたちとやりとりをしながら進めていく。

先日、このブログに「誰が見ていても、誰も見ていなくとも・・・」という文章を書きました。
それを見た野中信行先生が私の文章にふれながら、
という文章を書かれていた。

私は拙著「教師力の極意」(明治図書)の中で、「参観授業になるといつもと違う反応をする子どもたちから、だって先生が違うもん」と言われたことを記しました。教師になって1年目のことです。

どんな時も、子どもたちは見ているのです。
だから、日常がすべてなのです。
日常をどう向上させていくか。それを30年以上考え続けてきたのです。

ただ、満足しているかと言えば、まったくそんなことはありません。
また、明日から日常を向上させていく努力を続けたいと思っています。

[PR]

by sitoi | 2018-01-28 09:47 | Comments(0)  

1月21日 何がやりたいかを考えさせていただいた

実は、昨年の春あたりから、「明日の教室」のNPO法人化を考えていました。
けれど、少し調べてみると、いろんな書類を書かなければならないことや、金銭の処理など、知れば知るほど二の足を踏んでしまうことになったのです。

そもそも、なぜ「明日の教室」をNPOにする必要があるのか?
今までの10年、特に不自由もなく、のんびり開催を続けてきたのです。

それは、今の形態では実施するのが難しいことにも、NPOになればチャレンジできるのではないかと考えたからです。
ホームページ上には、もう書いてあるのですが、
たとえば、
子どもたち向けの「明日の教室」を開催したい。
もともとアート関係の取り組みをしていた時は、お金をかき集め、子どもたち対象のワークショップをしていたのです。
講師をお願いできる人材には事欠きません。
たとえば、
学校や教育委員会の支援をしたい。
「明日の教室」に参加してくれている若手教師の中には、うちの学校の研修に来てほしいと思っている人だって、きっといるはず。
だけど、謝礼金などの問題で口に出せない人だっているだろう。
じゃあ、そこに「明日の教室」が資金を用意できれば、きっとそういう学びの場はもっと広がるだろう。
たとえば、
海外の学校と、教材開発だって・・・。

どうやって、NPOにしていったのか。どうやって、お金の面をクリアしていったのか。
これが、私の次の書籍になるような気がしています。

二の足を踏んでいた私は、逃げ場をなくすために、まず、「人に声をかける」ことからスタートしました。
NPOには、役員4名、社員10名(役員を含む)が必要です。
声をかけた皆さんから「快諾」をいただき、まず10名の仲間が揃いました。
これで、もう撤退することはできません。

NPOにするには、まだまだ時間がかかりますが、HPができ、そして、新企画が動き出しています。
乞うご期待です!

[PR]

by sitoi | 2018-01-21 09:55 | Comments(0)  

1月20日 誰が見ていても、誰も見ていなくても・・・・

誰が見ていても、誰も見ていなくても・・・。
この言葉は、若い頃から、常に自分に言い聞かせてきたこと。
この言葉の先に続くのは、「同じでなければならない」である。

簡単そうで、これがなかなか難しい。

本校の研究発表会が、いよいよ迫ってきた。
来週の土曜日、1月27日(土)である。
保護者の方の参観もあるということなので、1000名近い方が学校にお見えになるのではないだろうか。
授業だとか、分科会の用意に追われている。

今、私の頭の中にあるのは、上記の言葉と、野中先生の言葉だ。
野中先生は、研究発表会の授業を「ごちそう授業」と称されている。
つまり、その時だけのいつもとは違う授業を指す。
そうじゃなくて、大切なのは「味噌汁。ご飯」のような毎日の基本の授業でしょう。それを大切にしましょうよと。

だから、私は「誰が見ていても、誰も見ていなくても・・・」に、こだわりたい。
もちろん、公開授業ということで、いろんな縛りがある。
けれど、基本の授業の流れは同じでありたい。
いつもの私の授業を見ていただき、御意見をいただきたいと思っている。

いつものように資料を用意し、いつものように問えば、いつものように子どもたちは考え、話すだろう。
そこに参観者が誰もいなくても、教室が埋まるほどの参観者がいようとも、同じなのだと信じたい。




[PR]

by sitoi | 2018-01-20 08:42 | Comments(0)  

1月19日 野中先生の講座の申し込みを始めました

2月の「明日の教室」は、野中信行先生です。
野中先生に最初に御登壇いただいたのは、野中先生の現役最後の年でした。
もう、10年前になるのですね。
それから定期的にお越しいただくようになり、数えてみると、何と7回御登壇いただいたようです。
7回目のお話が終わった時、
「糸井さん、もうこれで明日の教室は卒業させてもらいます。もう、話し尽くしたわ。」
とおっしゃっていました。

ところが、それからも、野中先生は続々と新たな提案、新たなお仕事を続けられており、もうそろそろ京都に来ていただきたいなあと思い、連絡を取らせていただいた次第です。

年々、学級経営が難しくなっている教育界。
是非、多くの先生方に野中先生のお話を聞いていただきたいなあと思います。

以下のサイトで申し込みを始めました。
どうぞお早めにお申し込みください。



[PR]

by sitoi | 2018-01-19 21:49 | Comments(0)  

1月17日 「明日の教室」のホームページができました

今日も早めに帰ることができたので、珈琲を入れて読書することに。
本格的な珈琲を飲み始めたのは、高校生の時・・・。
珈琲豆を買ってきて、ミルで豆を挽き、サイフォンで珈琲をいれていた。
大学生の時は珈琲専門店でバイトし、様々なストレート珈琲を飲ませてもらえたので、だいたいの味が分かるようになった。
今は、豆は挽くけど電動ミルだし、珈琲メーカーで入れるしねえ・・・ちょっと手抜き。
でも、家でのんびり飲む珈琲が一番美味しい。
a0023466_21564854.jpg
今日の読書は「アノニム」(原田マハ著・角川書店)だ。
この本もアート系の内容で、面白い。

そうそう、「明日の教室」のホームページができました。
というのも、NPO化していく作業を進めています。
もう、理事や社員といった必要なメンバーは揃いました。
ホームページ上で、新しい動きをどんどん紹介していくつもりです。

*あっ、紹介文がNPO法人になってしまっていますが、まだNPOにはなっていません(笑)

[PR]

by sitoi | 2018-01-17 22:03 | Comments(0)  

1月15日 ゆとりの時間をもつこと

今の勤務校に代わってから、平日、ゆとりの時間をもつことが難しくなった。
朝は、基本的に5:30に起きて、すぐに出勤の用意。
帰宅も21:00前なんてことが普通・・・。

これでは、なかなかゆとりの時間ももてないので、今年は意識して早く帰るようにしている。
それでも、通勤に時間がかかるので、帰宅すると、20:00前といった感じ。
でも、この1時間が大きい。
音楽をかけて、パソコンに向かう。
a0023466_22100162.jpg
この写真は我が家の食卓。
このパソコンは正月に帰ってきた娘が置いていったもの。
海外で使うということで、お正月のプレゼントにMac Book Airを娘にプレゼント。
で、代わりに使っていたパソコンを置いていったというわけ。
これ、なかなか面白いノートパソコンで、キーボードと切り離してタブレットにもあるというもの。

音楽を聴きながら、ちょっとパソコンをいじる。
これが、いい。
ゆとりの時間をもつことは大切だなあ・・・。



[PR]

by sitoi | 2018-01-15 22:16 | Comments(0)  

1月13日 新しい企画を続々と立ち上げる

土曜日なれど、出勤。
午後からは、池田さん、平井さんと「明日の教室」企画会議と称して、昼間から飲む。
a0023466_21525189.jpg
で、続々と企画が立ち上がる。
途方もない話のようだが、実現していく気がするのが不思議。

「明日の教室」の7月までの登壇者も決定した。
4月は、4月21日(土)。
私と池田先生の2人で登壇するが、今回の講演はDVD化する予定だ。
私たち2人のDVDは撮らないつもりだったが・・・まっ、いいかって感じ。
私が学級経営絡みのWSを行って、池田さんは国語の授業。

[PR]

by sitoi | 2018-01-15 21:59 | Comments(0)  

1月9日 2月、3月の「明日の教室」の予定

今日から三学期の始まり。
学活はゆったりとペアで冬休みの思い出をインタビューし合う活動から。
インタビューもそうだけど、発表もずいぶん楽しそうに話せるようになってきた子どもたちに成長を感じる。
3時間目は、少し百人一首を楽しむ。

午後は、会議、会議。

この間、調整を図ってきた2月、3月の「明日の教室」の登壇者が決定したので、お知らせします。
2月24日(土)に、横浜から野中信行先生にお越しいただきます。
3月31日(土)には、大阪から金大竜先生にお越しいただきます。
お二人とも、学級づくりと授業づくりについて語っていただこうと考えています。
お二人の話を連続で聞くことに大きな意味があると思います。
近日中に詳細を含めて、告知を始める予定です。

多くの先生方に聞いていただき、考えてほしいなあと思います、自分ならどうするかと。
ご参加をお待ちしています。




[PR]

by sitoi | 2018-01-09 22:23 | Comments(0)  

1月8日 冬休み最終日

朝からパソコンに向かい、研究発表会の指導案を書き上げる。
昨日、珈琲を飲みながら手帳に下書きしていたので、1時間ほどで書き上げた。

昼前から、墓参りに行くことに。
妻の実家の墓が知恩院にあるので、墓参り前に知恩院の近くで昼食を済ませ、骨董屋を覘く。
a0023466_21364334.jpg
庭に置く鉢として使えそうな器を見つけ、購入。
a0023466_21373970.jpg
今日は一日雨降りで、モノクロの写真の雰囲気だったので、一眼レフをモノクロモードにして一日撮影してみた。
その後、ヨドバシカメラに寄り、プリンターを購入。
印刷速度が速くて、プリント単価が安いもの!と伝えると、オフィス用のものを勧められる。
妻の幼児教室用なので、それにすることに。
ポイントがあったので、6000円ほど支払うだけだった。たかがポイント、されどポイント・・・です。

夕方、APUの学生たちを見送るために大阪南港へ。
楽しい日々だったようだ・・・さっ、明日から学校だ!
a0023466_21431796.jpg


[PR]

by sitoi | 2018-01-08 21:43 | Comments(0)