<   2014年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

12月16日 ゼロから学べる生徒指導

今日から午前中授業。
午後は個人懇談会。
ただ、今回は午前中に長岡京で授業をし、午後は北大路校舎に戻るという強行軍。

午前中、子ども達に終業式の確認をする。
合唱コンクール優勝クラスは、終業式の場で全校児童を前に合唱を披露することになっている。
「で、どうする?」
ということ。
子ども達は、練習をするというので、練習時間だけを確認し、任せることにした。
休み時間、教室を覘くと、自分達で集まり、練習を行っていた・・・。
もう一度、歌えることが嬉しくて仕方ない様子・・・。
更にパワーアップした歌を披露して、二学期を締めくくりたい・・・。

午後は、保護者の方との個人懇談。

終了後、すぐに帰宅。
途中、カフェに寄って読書。
a0023466_22290903.jpg
「ゼロから学べる生徒指導」(長瀬拓也編著・明治図書)。
いろいろ考えさせられる点があり、私にとっては珍しくメモを取りながら読書。
結局、読み切れず・・・書評は、また明日。

早めに帰宅できたので、ジャズをたっぷり聴きながらのんびり過ごす・・・。


[PR]

by sitoi | 2014-12-16 22:32 | Comments(0)  

12月15日 人を育てる~有田和正追悼文集~

いつもより早めに学校を出て、途中、ワインを買う。
で、家の近くのマクドナルドに立ち寄って、読書。
a0023466_21502162.jpg
「人を育てる~有田和正追悼文集」(小学館)にじっくり目を通す。
これは、本当に素晴らしい本。
第一章は、「総合教育技術」に連載されていたものをまとめたもの。
これが、実にいい。

子どもを教えるとは、
人を育てるとはなんなのか。

読みながら、深く考えさせられました。

そして、この本には、有田先生最後の模擬授業の様子も再現されている。

読み終えて、ため息が出た・・・。
ああ、もう有田先生はいらっしゃらないのだな、と。

是非、多くの先生に読んでいただきたい一冊だ。


[PR]

by sitoi | 2014-12-15 22:02 | Comments(0)  

12月13日 学級経営について語るべきもの

「明日の教室:終了後は、今年度最後の懇親会。
今回も、クリスタルカフェで。
a0023466_22580246.jpg
2時間ほど、美味しいお酒をいただいて、私はそのまま帰宅。
のはずであったが、若手教師から誘われ、途中、居酒屋へ。

そこで、1時間ほど、学級経営について話す。
話し終わって気づいた。
ああ、これって、どこでも話してない内容だなあ、と。

ここで話したのは、私の学級のつくり方。
で、ちょっと変わっている。
でも、大事なことだと思うのだけれど、案外抜けている先生が多い。
で、失敗をされている。
本人は気づいていないのだが、失敗なのだ。
そうか、これをまとめればいいのか・・・そんなことを考えた次第。

まずは、今、書いている本を仕上げてから、考えよう。


[PR]

by sitoi | 2014-12-14 23:04 | Comments(0)  

12月13日 苫野一徳さんを迎えて

土曜日の午後は、合唱コン終了後、子ども達と一緒に学校を出て山科へ。
今日の午後は、今年度最後の「明日の教室」。

学食でお昼を済ませ、池田研究室へ。
苫野さんは、もう来られていて、御挨拶。
苫野さんの名前を私が知ったのは、2年前くらいだろうか。
あれよあれよという間に、まさに時の人になられた感じだ。
本を次々に出され、それがことごとく話題になっていく。

まだ34歳だ。
着ておられる服もファッショナブルで、大学の先生にはとても見えない。
今は、熊本大学で教鞭をとられており、今日も無理を言って熊本からお越しいただいた。

3時間半の講演。
実に刺激的な時間だった。
全国各地から講演や対談のオファーが相次いでいるのも納得である。
a0023466_22542372.jpg
しかし、苫野さんの示して下さった「これからの教育の進むべき道」を実践レベルで検証していけるかどうかが大事なことである。
私も、自分の授業の中で、それを具現化していきたい。

うーん、哲学者って凄いなあ・・・それが単純な感想かな。

[PR]

by sitoi | 2014-12-14 22:54 | Comments(0)  

12月13日 合唱コンクール終了

土曜日なれど出勤。
今日は、合唱コンクール当日。
これで、中高等学校の新校舎での学習が始まって、ちょうど一週間。

今日の合唱コンクールは、中高等学校のホールにて開催される。
何と1000人収容できる立派なホールだ。

我がクラスの自由曲は「エール」だ。
かなり難易度の高い曲。

直前の練習は4クラス、1つの部屋で行った。
四隅で、それぞれクラス独自の最後の声出しを行う。
これが凄かった。ビデオに撮ればよかったと、いささか後悔。
4つの曲の音が交差する中で、それぞれのクラスが素晴らしい集中力を見せていた。

我がクラスは1番手。
子ども達が歌い終わった後、客席を振り返ると、何人もの方が涙しておられた。
私のクラスの保護者ではない方が・・・。
ああ、これで負けなら仕方ないな・・・という歌声だった。

そして、審査発表。
優勝のアナウンスがなされた時、多くの子(女子みんな?)が号泣していたそうだ。(私は舞台袖で、教師の出し物の備えていたので、残念ながら見ていない。)
子ども達の歓声は聞こえてきた・・・。

よかったなあ、そう思う。
勝てたことではない!クラスで泣ける取り組みになったことが、だ。
そうでなけりゃ、意味がない。
たかが合唱コン、されど合唱コンなのである。

[PR]

by sitoi | 2014-12-14 22:37 | Comments(0)  

12月14日 授業づくりエンタテインメント!

休日の朝は、愛犬オーの散歩は私が担当する。
今日は公園まで連れていって走らせてやる。
a0023466_21261502.jpg
公園の中をグルグルと本当に気持ちよさそうに走る・・・。
犬とゆったり歩きながら、街並みや木々の変化を楽しむ。
a0023466_21284466.jpg
親子三人で選挙を終えた後、妻と娘はお茶会へ。
私は鞄に本を詰め込んで、ブラブラ・・・・。

今日、読み終えたのは「授業づくりエンタテインメント!メディアの手法を活かした15の冒険」(藤川大祐著・学事出版)だ。
まず、表紙が「前代未聞」である。何と、AKB48の女の子の写真なのだ。こんな教育書は、ない!ちょっと読むのが恥ずかしいので、カバーを外してみると、何とピンク・・・である。うーん、これも恥かしい(笑)。

何で、AKB48なの?と思われるかもしれない。
しかし、本著の「はじめに」を読むと、それも納得なのである。ほんの一部を紹介する。

教師多忙解消の切り札は、エンタテインメントにあり!
人を惹きつけるエンタテインメントには、授業づくりへのヒントが多くあり、教師の負担をあまり増やさずに応用できる極意を抽出することが可能です。

読み終えての書評です。
「これは若い教師必読の本です。こういう視点で授業を捉えていくことが、これからの授業づくりには必要だと思います。この本では、従来の授業をエンタテインメントの角度から見つめ直し。どうすればいいのかが具体的に書かれています。さらに、授業名人と言われる方々の実践を随所に登場させ、比較し、検証されています。さらに、多くの参考文献まで紹介されているのです。つまり、授業に悩む若い先生は、この一冊で、新たな授業の切り口と、これまでの先行実践を知ることができるのです。」

ちなみに、私のことにも少し触れていただいておりました。
光栄この上ないです・・・。

まあ、読んでみてください。
明日からの授業が楽しみになる・・・・そんなことを考えさせてくれる本です。

[PR]

by sitoi | 2014-12-14 22:09 | Comments(0)  

12月14日 そうだ、選挙に行こう!

日曜日、朝、快晴!
この一週間はいろんなことに追い立てられ、本当に疲れた・・・。
今朝は、目覚まし時計も止め、泥のように眠る。

さあ、とりあえず選挙に行こう!
全ては、それからだ。
今日は、一日、この一週間をじっくり振り返りたい。


[PR]

by sitoi | 2014-12-14 09:21 | Comments(0)  

12月7日 もう13回忌か・・・

朝早く起きて、マクドで読書。
まだ完読できず、完読したら書評を書きたい・・・。

8:30から町内の清掃活動に参加。
公園を掃除・・・。
急いで帰り、法事に出かける用意。
今日は、祖母の13回忌。
妻と二人で参加。
寺は、紅葉でも有名な嵐山の常寂光寺。
もう紅葉のシーズンは終わったというのに、嵐山はかなりの人・・・。

法事を終え、鳴滝の店で昼食。
こんな機会でないと親戚がなかなか顔を会わす場もなし・・・。
本当に久しぶりな感じ。
料理もさることながら、何ともお洒落な店でした。
a0023466_22302844.jpg
庭からは京都の町が一望・・・。
a0023466_22312333.jpg
従妹の御主人はベルギーの方で大学教授。
今度、一緒に飲みましょう・・・と別れました、

帰宅したのは夕方。
読めない本が山積みなのに、また一冊買ってしまいました。
「人を育てる 有田和正追悼文集」(小学館)が、それ。
帰宅後、読み始めると止まらない。
素敵な本です。この本は買うべきです。

有田先生からいただいたハガキは、私の宝物の一つだ。
社会科教師で、有田先生から学んでいない人はいないだろう。
惜しい方を亡くした・・・改めて、そう思う・・・。


[PR]

by sitoi | 2014-12-07 22:39 | Comments(0)  

12月6日 長岡京キャンパスでの学習スタート

立命館中高等学校のキャンパスは、この夏から長岡京に移転し、新校舎での学習がスタートしていています。
その新校舎には、実は、5年生、6年生の教室も設けられています。

その新校舎で2週間、5・6年生の子ども達も学習をする。そんな活動が今日スタートしました。何せ、初めての試みですから、私たち教師も右往左往・・・。

土曜日だというのに、ホッと一息つけたのは。14:00前という有様・・・。
モノがどこにあるか分からない、機器の使い方が分からない、そもそもまだ校舎全体が頭に入っていない等々、苦しい状況です。
ですが、最新の機器を備えた校舎での学びは、子ども達にとってマイナスなわけがありません・・・。

こういう時にこそ、教師の力量が問われる・・・そう覚悟し、実りある二週間にしたいものです。

夕方、帰宅。
読めないままになっている本が山積みされているのが今の状況・・・。
とりあえず、また本の校正です。
仕事に追われる日々が続きます。


[PR]

by sitoi | 2014-12-07 22:19 | Comments(0)