11月15日 何と35年ぶり?

2年生の教室で授業させてもらえることになりました。

よく考えてみると、新任の時に1年生を担任して、その子たちを持ちあがって2年生を担任して以来、低学年の担任をしたことはありません。ですから、2年生相手に授業するのは、35年ぶりということになるはずです。


昨日、授業することが決まり、早速、教材研究を始めました。

いろんな仕事をほっぽり出して、とりあえず教材研究です。

2年生なので、全くストックしている授業プランはないという有様です。

まあ、でも、この状況から、自分が何を考え、何をするのかが楽しみでもあります。

まず、図書室から絵本を何冊か借りてきました。

もし、自分が低学年を担当することになったら、読み聞かせはやってみたいなと漠然と思ったりしていました。

ピンチはチャンス・・・のはずです。

がんばってみようと思います。


で、今日、初めての国語の授業。

まず考えたのは、15分×3のユニット形式で始めてみようということ。

まず、最初の15分は絵本の読み聞かせ。

1冊目に選んだのは、「わるいわるい王さまとふしぎの木」(あべはじめ著・あすなろ書房)。

楽しそうに聞いてくれる子どもたち。

a0023466_20514535.jpg

二つ目はゲーム。国語とは関係ないんだけれど、ゲームを通して学ばせていきたいことがある。まずは、これは大事!

そして、最後の三つめは、視写。私が黒板に書く文章をノートに丁寧に書くように指示。「きれいに」ではなく「ていねいに」というのが大事な言葉かけ。書けたノートを列ごとに集める。こうして集めておけば、列ごとに返却すればいいので、返却が楽。「ていねいに、指示通りに書いてあるノートには特別なハンコを押して返すよ」と言って、時間ぴったりに終了。


休み時間は、子どもたちと鬼ごっこ。

これもまた大事なこと。


大事なことをていねいに繰り返す。一週間かけて、何かを変えていく・・・。


[PR]

# by sitoi | 2018-11-16 20:52 | Comments(0)  

11月12日 紅葉はいいなあ

12日の朝、無事、帰宅。
寝不足なれど、今日は、休日扱いの一日なので、妻と紅葉を楽しむため、亀岡市へ。
ランチは、私の希望で、烟河へ。
a0023466_21544236.jpg
a0023466_21543191.jpg
a0023466_21545553.jpg
その後、紅葉を楽しむ。
a0023466_21552429.jpg
a0023466_21551378.jpg
ああ、やっぱり紅葉はいいなあ。

[PR]

# by sitoi | 2018-11-13 21:56 | Comments(0)  

11月12日 シンガポール引率無事終了

いやあ、長かった。
水曜日の早朝に関空集合だったので、前日の夜は関空近くのホテルに宿泊して備えることに。
シンガポールの小学校との交流学習はいろんな意味で勉強になった。
最後の一泊は子どもたちはホームステイ。
子どもたちを送り出した後、ホテルに戻って待機。
私は、ホテルのプールで読書。
a0023466_21442543.jpg
プールはホテルの4階で小さいながらいい感じ・・・。
a0023466_21441409.jpg
プールでちょっと泳いだり、読書したりと、至福の時。
2冊の本を読破。
夜は、この日ばかりはビール。
翌朝は、子どもたちがいないので、ちょっと遅めの朝食。
テラスで食事するのが、ちょうど心地よい感じ。
a0023466_21443828.jpg
たった数日なれど、担任のつもりで子どもたちと対応。
やっぱり、子どもたちの指導が向いてるな・・・。

[PR]

# by sitoi | 2018-11-13 21:49 | Comments(0)  

11月4日 琵琶湖畔から大原へ

日の出を見ようと、6:00前からスタンバイするも曇天。
しかたないので、散歩。
しかし、曇天もまた味わい深し。
a0023466_21413829.jpg
朝食を済ます頃には雨。
雨の中を京都大原に向けてドライブ。
大原に着く頃には、雨もあがりいつものコースを歩く。
a0023466_21414821.jpg
いつもの寺で抹茶をいただき、庭を散策。
a0023466_21415989.jpg
その後、古い建物をリノベーションしたカフェでランチ。
a0023466_21421097.jpg
庭も素晴らしく、読書しながらゆったり過ごす。
a0023466_21422132.jpg
15:30には自宅に戻る。
さあ、水曜日からはシンガポールだ。がんばろう。

[PR]

# by sitoi | 2018-11-04 21:49 | Comments(0)  

11月3日 琵琶湖畔への小旅行

珍しく、妻も土曜休日。
それならばと、琵琶湖畔への一泊小旅行。

まずは、お昼に比良のカフェでランチ。
いつもながら心地よい音でジャズを聴かせてくれる店。
a0023466_21225754.jpg
しかもランチもいつもながら美味しい。
いつも立ち寄るギャラリーへ。
a0023466_21251404.jpg
その後、高島までドライブ。
海津にあるカフェ&骨董店で休憩。
この店は湖に面したテラスで珈琲がいただける。天気も良く素晴らしい景色が広がる。
a0023466_21265986.jpg
a0023466_21261003.jpg
古い器の中に、オバケのQ太郎の茶碗を見つける。
娘の名前は「Q」なので、買って帰ろうかということになり、値段を聞くと「2000円」なり。
すかさず、妻が「じゃあ、2つで3000円でどうですか?」と言葉を返す。
「・・・いいでしょう」
ということで購入。
a0023466_21255590.jpg
いかにも雑なつくりなのだが、それが妙に味がある。
その後、早めにホテルにチェックインし、ゆったりくつろぐ。
a0023466_21262469.jpg
夜は、料理長お薦めのコースを堪能・・・。

[PR]

# by sitoi | 2018-11-04 21:31 | Comments(0)  

11月2日 自衛消防業務講習を終えて

昨日、今日の二日間は、自衛消防業務講習に参加してきた。
場所は、京都市民防災センター。
a0023466_08242502.jpg
朝9:00から夕方まで、みっちり講習で、最終日には60分のテストがあるといういささか気の重い講習会でした。
しかし、大型施設内には、この講習を受けた人が必要ということで、年に10回くらいだろうか、設定されている講習会はコンサートのチケットのように大人気(?)。まあ、人気なんじゃないと思うけど・・・。
これまでも、電話するたびに、「もう満席です」と断られてきたので、今回は、申込開始日の開始時間ぴったりに電話をかけた。その甲斐あって、今回の座席は1番。きっと申し込みが一番だったのだろうと思う。

受講料が38000円もかかり、テストで点数が取れなかったら残って補講ということもあり、皆さん真剣そのものの受講態度。
ここでは、大きく3種類の講習を受けた。
教師という立場で考えると、とても参考になるものだった。
一つ目は、テキストの重要個所を読み上げられ、そこをマーカーでラインを引いて付箋にキーワードを書き込み、貼り付けていく学習。
二つ目は、いわゆる実技。ロールプレイをしたり、実際の消火機器を扱ったりする学習。
三つ目は、テスト。ただし、テキストを見ても構わない。

単純に考えると、一つ目が一番苦痛だ。一日目はこれが丸一日続いた。しかし、眠くならなかった。それは、ラインを引く、付箋にキーワードを書き、貼る、という活動があったからに他ならない。こういう活動を入れることの大切さを感じた次第だ。
そして、三つ目。たとえば社会科の学びとして、こういった活動も面白いかもといった発見。60分のテストでしたが、集中して取り組んだので、60分があっという間でした。

まっ、無事、修了証をいただくことができ、めでたし、めでたし・・・でした。

[PR]

# by sitoi | 2018-11-03 08:41 | Comments(0)  

10月31日 老害と言われぬように

授業をする立場から、授業を見る立場になった。

これがなかなか難しい。


的確に褒め、的確に改善点を示してあげたい。

だけど、見る側はついつい厳しくなってしまいがちだ。

たとえば、野球を少しかじったレベルの方でも、イチロー選手のバッティングに物申すことができるわけだ。

言うは易し、そのことを忘れてはなるまい。

授業を見ながら思う。自分はできるのかと。

偉そうに言えるのかと。


そんなことばかり考えていると、冷静なコメントができなくなってしまう。

モノも言えずに、見当違いのことを言うようでは、老害以外の何物でもない。

だから、あてのない教材研究も続ける。


自分自身への厳しさを持たなければいけないと最近強く思う。

今日は、休み時間に低学年の子どもたちと一緒にドッジボールをした。

「先生、明日も来てな」

こういう関係を続けなきゃいけない。

学校を離れるその日まで・・・。


何だか、急に老人のようなことを書いたのには少し理由がある。

この前、娘が帰ってきた時、職場の話を聞いていた時、

「いやあ、60歳前のおばあさん先生が・・・」というくだりがあって、妻が大爆笑。

「ここに、60歳前のおじいさん先生がいますけど」と、ね。

娘は「えっ!そうなん。もう60歳前なん?」

「いやいや、何言ってるの。あと半年で60歳やで」と話していたのです。

まあ、そうですよね。私も若い頃、60歳なんて言ったら、おじいさんという感覚でしたもんね。


いやあ、でもあと半年で60歳だけど、困ったことに若い頃と考えていることはあんまり変わらないんだな…。


[PR]

# by sitoi | 2018-11-03 08:21 | Comments(0)  

10月30日 日日是好日という言葉

「日日是好日」という映画を見て以来、この言葉がいつも私の中にある。
どんな日でも、かけがえのない一日。今日という日は、一回かぎりで二度はない。そんな風に思えば、今日がたとえどんな日であろうとも、大切に過ごそう。そう、今日もいい一日だ。
この写真は、毎朝、私が腰掛ける賀茂川沿いのベンチから撮ったもの。
a0023466_21530399.jpg
こんな曇り空でも、そう思ってみれば、まさに今日しか見れない色合いの賀茂川だ。
毎朝、ここで珈琲を飲みながら、今日やらなければならない仕事を確認する。

今年の私の仕事は時間割があるような仕事ではない。
だからこそ、自分できちんとやることを確認しておかないと、みなさんに迷惑をかけてしまう。
がんばらなきゃな・・・そう思う。

[PR]

# by sitoi | 2018-10-30 21:59 | Comments(0)  

10月28日 家族3人でブラブラ・・・

午前中、朝早く起きて、車を洗車してから、スーツを買いに。
娘と私と一着ずつ購入。
その後、私は図書館へ。娘は義母とスーパー銭湯。妻は保護者の方々とランチ。

その後、家族三人で時間を合わせて、伏見へ。
a0023466_22142981.jpg
今日はここでジャズ。
ブラブラ歩きながらのんびり過ごす。
せっかくなので、娘の土産に日本酒を持たす。

いったん家に戻って、三人でケーキ&珈琲
a0023466_22183406.jpg
それから大阪南港までドライブがてら娘を送っていく。
今回は、フェリーで往復。
これが一番時間の無駄がないそうだ。まあ、寝てれば明日の朝は別府だ。
a0023466_22185954.jpg

[PR]

# by sitoi | 2018-10-28 22:17 | Comments(0)  

10月27日 今日は学校のお祭り

今日は土曜日なれど出勤。
保護者会主催で、バザーがあったり、学校のいろんな場所でゲームや遊ぶ場所が用意されていて、子どもたちにとっては楽しい一日。
保護者の方々はずいぶん前から準備をいただき、本当に頭の下がります。

私は朝から校門前で立哨と子どもたちの整理。
2年生の教室に入ることが多いので、2年生の子どもたちが手を振ったり、時には手をつなぎに来てくれます。
まあ、こんな経験は30年ぶりかなって感じ。
なんだかねえ、新任の時、1年生担任になって、桜並木を子どもたちと手をつなぎ、下校指導をしたことを思い出します。
あの時の手の感触を教師人生の中でずっと忘れることはありませんでした。
ほんとに教師っていいもんだなって。
まさか、最後になって、また低学年児童と関わることができるなんて・・・これも、また幸せなことです。

その後、いくつかの場所でお手伝いをして、お昼になったので、茶室へ向かう。
今日は、お茶の先生が来ておられて、お茶をふるまっていただいているのです。
300円ですが、先生のことですから本格的なお菓子も用意されているんだろうなと・・・。
思った通りでした。お茶もお菓子も実に美味しかったです。さらに、掛け軸とお花が素晴らしかった。
こういう場を小学校という場で持てることが本当に大きな財産です。
子どもたちは、図工で自分の抹茶茶碗をつくり、校外学習で、志村ふくみ・洋子さん指導の下、草木染で自分の袱紗をつくる。そして、立命科の授業で茶道を学び、最後は自分たちでお茶会を用意し、お母さん方をお招きするという場をもっています。

閉会式には、中学校の吹奏楽部の生徒たちが駆けつけてくれて素敵な演奏を披露してくれました。
半年前には、小学校で担任していた中一の子どもも演奏に加わっていました。
いろいろ大変なこともあるんだろうけど、精一杯の笑顔で頑張っていました。
嬉しかったなあ・・・。演奏終了後、少しだけ話ができました。
そうそう、他中学校に進学した子どもも何人か、顔を見せに来てくれました。これは本当に嬉しいことです。

夕方、早めに学校を出させていただいて、四条で妻、娘と待ち合わせ。
今朝大阪着のフェリーで、ふらっと娘が帰って来ました。
3人で食事をして、高島屋で開催されていたチャリティー美術作品展を見に行きました。
入札してみようかなと思っていたのですが、なかなか難しく、今回は断念。

さて、明日は娘と一緒にジャズを聴きに行こう。

[PR]

# by sitoi | 2018-10-28 08:19 | Comments(0)