2018年 04月 08日 ( 1 )

 

4月8日 はじめての仕事

4月7日、始業式。
教員生活36年目が実質スタート。
今年、私は担任を持たないことになりました。
教師になって、35年間連続で学級担任として働いてきました。
担任を持たない始業式は、何とも寂しいものでした。

その代わり、始業式の後の各学級の学活の様子を見て回りました。
こんなに違うんだ、と驚きました。
つまりは、最初の子どもたちとの出会いの場に何を用意するか、どんなことを語るか。
どんなに打ち合わせをしたとしても、同じにはならないのだなと思いました。
そして、同じにするのは無理があるとも思いました。
だって、子どもが違うし、教師も違うのだから・・・。

今年一年は、各学級の先生方の仕事のお手伝いを黒子に徹して行うこと。
それが、私の仕事。

土曜日は、帰宅したのが19:30。
夕食を食べた後、倒れこむように爆睡。
疲れたあ・・・。

そして、日曜日の今日は、早起きして車を洗い、神戸までドライブ。
我が家にホームステイしていた女の子が結婚し、子どもも生まれ、東京に住んでいるのだが、神戸に来ているというので、会いに行くことになった次第。
ちっちゃな子って、見ていて飽きないなあ・・・。
ホテルで一緒に食事をして、神戸から新幹線で帰るのを見送って、帰宅。

京都に戻って、お香の店へ。
この前、妻が行き、とてもよかったというもので・・・。
a0023466_22000327.jpg
路地を曲がると、京都にはこんな店があるんですよねえ。
いやあ、いい店でした。
私は、お香が好きなので、こういう場所もまた落ち着きます。
一つお香を購入して帰宅・・・。

[PR]

by sitoi | 2018-04-08 22:02 | Comments(0)