人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

2015年 07月 01日 ( 2 )

7月1日 京都だなあ・・・と思う

4時間目に学校に戻り、即、授業。
となりのクラスの女子が、「クラスにどうぞ」と、プレゼントを持ってきてくれた。
a0023466_2216152.jpg

そう言えば、昨日の給食で「水無月」が出たなあ・・・と。

京都では、一年の半分が過ぎた6月30日には「水無月」を食べるのです。
水無月とは、三角形のういろうの上に甘煮の小豆を散らしたあのお菓子のことです。

6月30日は、夏越祓(なごしのはらえ)をするみそぎの日。半年間の身の汚れを祓い、来たる半年の清浄を祈念し、京都ではこの日「水無月」を食べるのです。
その昔、宮中の人々は氷室から氷を取り寄せ、氷を口にして暑気払いをしました。貴重な氷は一般の人の手には入りにくかったため、麦粉を練って氷片になぞらえて食べたのが水無月です。水無月の三角形は氷室の氷片を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表していると言われています。夏の酷暑を乗り切り、無病息災を祈願するお菓子です!

で、この女の子は、毎年、この神社に行って「夏越祓」をするそうです。
そして、全クラスの分をいただいてきてくれたということ。

何だか、ほっこり気分が温かくなりました・・・。
by sitoi | 2015-07-01 22:22 | Comments(0)

7月1日 多くの人が見ていようと、誰も見ていなくても

今年になって長岡京キャンパスでの会議が週に一度入るようになった。
それで、水曜日の午前中は私は教室にいない状態となっている。
これは、担任としては、ピンチである。
教科担任とはいえ、週に一度、午前中にいないというのは、学級の崩れに繋がりかねない。
まして、4月からずっと、このペースで会議が開催されているわけですから・・・。

しかし、裏返せば、これはチャンスとも言える。

本当に「できる」ということは、
多くの人が見ていようと、誰も見ていなくても・・・・できるようになるということなのだと思う。

一週間をかけて、子どもたちに何かを伝え、どうしていくかを考えさせる。
そのことが、子どもたちの中に浸透したかどうかは、実は、この私がいない水曜日にどのように行動するかで明確になるのだと思う。

a0023466_8361493.jpg

by sitoi | 2015-07-01 08:36 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)