人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

2009年 08月 11日 ( 2 )

8月11日 人間ドック

やらなくちゃならないことはたくさんあるのに、本ばかり読んで過ごしている。
昨日は、何とも涼しい一日で、かねてから、ゆっくり読みたかった「風が強く吹いている」(三浦しをん著)を読み始める。読み始めると、とまらない。
いやあ、この本も素晴らしかった。
a0023466_14585912.jpg

で、今日は、人間ドック。
昨日の夜21:00以降は、何も食べず、飲まずで過ごす。
朝、9:00、いつもの病院に到着。
今日の読書は、「ダッシュ」(五十嵐貴久著)だ。
これが、またまた面白い。
a0023466_1459431.jpg

帯に書かれていた文章が、これ。

『1985年の奇跡』の五十嵐貴久の久々の痛快直球青春小説。
アホな高校生たちの一途さが胸を打つ!

まさに、その通り。
もう検査を待つ時間が、全く苦にならず、過ごすことができた。

今日の検査の段階では、全く心配ないそうだ。
めでたし、めでたし。

その後、ご褒美の(?)新阪急ホテルのランチバイキングへ。
この病院は検査終了後、このホテルの食事券をくれるのだ。

ゆったりと食事しながら、「ダッシュ」を読み終える。
『1985年の奇跡』にノックアウトされた方には、お薦めの一冊だ。

帰宅後、明日からの帰省の準備。
今年は、娘のクラブ活動の関係で、私一人で帰ることにした。
コンピュータやら、資料やらを持ち帰り、田舎で仕事をするつもり・・・だ。
by sitoi | 2009-08-11 15:05 | Comments(0)

8月9日 コミュニケーションティーチング

昨日、今日の二日間、妻の幼児教室の子ども達が、演劇ワークショップに取り組んだ。
ワークショップの担当は、もちろん、劇団衛星。

今回のワークショップの狙いは、Web上に、防災演劇を立ち上げることにある。
ですから、ワークショップの後の演劇の様子を本格的に撮影するとこになっている。
二日目で、撮影である。

私は、ワークショップの様子は見ず、本番の公演の時だけ、見に行かせていただいた。
で、子ども達のうまさに驚いた。

今回、出演した子ども達の中には、先日の京北キャンプに行った子どももいるようだ。
それにしても、である。
演劇は、30分程度あったと思うのだが、誰一人として、台詞を間違わなかった。
繰り返すが、本番まで二日しかない日程なのである。

台詞を間違わなかっただけではない。
子ども達は、まさに生き生きと演じていたのである。

私達、教師が、クラスで演劇公演をすることになったとしたら、どれくらいの時間がほしいというだろう。
たぶん、一ヶ月くらいのことは言うだろう。
一ヶ月もらったとしても、このレベルの演劇ができるとは思わない。
しかも、出演した子ども達の多くは、低学年児童なのだ。

家に帰ってから、妻に、ワークショップの様子を聞いた。
時間のない中で、劇団の人が一番大切にしていたのは、コミュニケーションティーチング・・・であった。
子ども達のコミュニケーション能力を高めることに一番重きを置いているのである。

ここにきて、コミュニケーション、コミュニケーションと騒ぎだし、英語だ、何だと、言っているが、・・・ここに、その答えがあるではないか。
本当に、外国語活動をすることで、コミュニケーション能力が向上すると思っている人がいるのだろうか?
そんなはずがない。
そう、思いませんか?
何かが、ずれている・・・そう、私には思えて仕方ない。
by sitoi | 2009-08-11 14:44 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31