人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

2008年 01月 26日 ( 3 )

1月26日 ドリームコンサートのお知らせ

ドリームコンサートのお知らせです。

ドリームコンサートは、小学校にアーティストをお招きし、ワークショップを実施する。
そのワークショップで創り上げられた作品をアーティストと子ども達が一緒にステージに上がり、学校の体育館を利用して、コンサートを開くというものです。
アーティスト子ども達の共演、まさにドリームコンサートです。

第4回目となる、今年は、京都・大阪を中心に活動されている女性二人による音楽ユニット「たゆたう」さんをお迎えして実施することが決定しました。

3月1日(土) 13:00開場 13:30開演予定。入場は無料です。
内容は、 ①「たゆたうライブ」
      ②「ワークショップ裏話~曲のできるまで~」
      ③「たゆたう&子ども達による新曲発表」
      という構成で、1時間程度を考えております。

このコンサートに関しては、「芸術家と子どもたち」に支援いただく中で、実施しております。

多くの方々に、アーティストと子ども達が出会うことによる可能性について考えていただける場になればと思います。
是非、3月1日は、平盛小学校の体育館にお越し下さい。
by sitoi | 2008-01-26 08:38 | Comments(0)

1月25日 「マジック・アワー」@キセル

アッという間の金曜日。
今週も、本当に早かった。

今週の目標は、近畿経済産業局主催の「エネルギー検定・エネ検U15」を実施してしまうことだった。
昨年末に、担当の方から、学校でやってみてほしいと言われ、受けたもの。
気にはなっていたのだが、取り組めないままとなっていた。
今週に入ってすぐ、テキストを印刷し、一度、子ども達に自主学習させ、終えることができた。
ホッと一息・・・の一週間だった。

外部から講師をお招きしてという授業も、「禁煙教育」「伏見の歴史学習」という二つを無事、終えることができた。

静かに一週間を終えたいところだったが、そうもいかず・・・。
今日も、一日の締めは、男子の指導に追われる形となった。

実は、今日は、野村誠さんのライブ&トークを立誠小学校に聴きに行く予定を立てていた。
行こうとすれば、学校を勤務時間終了と共に出発しなければならなかったのだが・・・。
指導に追われ、はい、無理でした。

ただ、同時に、二日前の1月23日に発売になったキセルの新譜「マジック・アワー」をタワーレコードで買うことに決めていたので、遅れながらも四条河原町へと向かうことに。
このブログで何度か紹介したように、キセルの兄は、教え子だ。
その縁もあって、本校に来ていただき、ライブをしていただいただけでなく、子ども達との曲作りにも取り組んでいただいた。
そのキセルの久しぶりの新譜。これは、もう買うしかないわけである。
タワーレコードで購入すると、限定グッズ(未収録曲が入ったCD)がついてくるというわけで、近くのCDショップではなく、タワーレコードまで足を運ぶことにしたのです。

さて、タワーレコードに着いたのが、19:00前。
店内には、何と、キセルコーナーが設置されておりました。
CDも、何十枚と平積みされており、びっくり!
迷わず手に取り、レジへと向かう。
「お客様、申し訳ありません。もう、既に未収録曲のCDはなくなりました。サイン会の引換券はおつけできます。」
「・・・・・そうですか。はい、分かりました。」
うーん、やっぱり、発売日に来るべきだった。ちょっと悔しい・・・。
a0023466_7421173.jpg

とってもいいCDなので、皆さん、是非、買って下さい!!

で、少し遅れてやってきた学年の相棒と・・・、結局、夕食でも食べて帰ろうかということになり、ゆっくり話をしながら、夕食。
うーん、しかし、ヨーロッパ企画とは、縁がないなあ。
今夜のトークは、野村誠さんと、上田誠さん@ヨーロッパ企画とのトークということで、楽しみにしていたのだが・・・。
以前も、ヨーロッパ企画の公演は、チケットが完売しており、見に行けなかったし・・・。

帰りの電車は、ウトウト・・・ちよっと、疲れてる。
by sitoi | 2008-01-26 07:37 | Comments(0)

1月24日 伏見ジュニア河川レンジャー

今日は、伏見ジュニア河川レンジャーの皆さんに来校いただき、伏見の歴史に関して、子ども達にレクチャーしていただいた。
45分の授業がきちんと流れるようにパーポイントが作成されており、勉強になりました、はい。
子ども達にとって、琵琶湖疎水の話が聞けたのは、とてもよかったです。
京都市内の小学生は、郷土の歴史として「琵琶湖疎水」について学びます。
宇治市内の小学生は、郷土の歴史として「巨椋池の干拓」について学びます。
ですから、子ども達は、「琵琶湖疎水」については、全く知らない状況だったのです。
今後、京都市内の美術館や動物園などに出かけた時、琵琶湖疎水のことを思い出してくれたらなあ・・・と思います。

放課後、意を決して、学校前のコンビニ、セブンイレブンに行きました。
授業の協力依頼をするためです。
どのタイミングで授業をしようか迷っていた「コンビニの授業」を2月15日(金)からスタートさせることに決めました。
この授業は、シティ・サクセス・ファンドの助成を受けて実施します。その関係で、シティ・サクセス・ファンドの方から授業を見学したいという申し出を受けており、授業日を決定する必要があったのです。

この授業には、大きく三つの狙いがあります。
一つは、経済の働きについて考える視点。二つめは、働く人について考えるキャリア教育の視点。そして、三つめは、食について考える食育としての視点です。
2月中旬にスタートし、三月初旬まで授業は進みます。

コンビニの店長さんからは、無事、協力を快諾いただきました。この土日で、授業の骨格を整理していく予定です。
by sitoi | 2008-01-26 07:14 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)