2006年 10月 01日 ( 1 )

 

9月30日 今年の運動会を忘れないでおこう

晴天の中、運動会が終わった。
子ども達、よく頑張ったと思う。
大きな怪我もなかった。
僅差の勝負が続き、最後まで盛り上がった運動会となった。
・・・・よかったのだと思う。

だけど、私は、きっと、悔いの残る運動会として、今年の運動会を忘れないだろう。
きっと、ほとんどの教師には、私の「悔い」は、理解できないだろう。
でも、歯ぎしりする程、悔しい。それが、私の今の心境だ。

今年の運動会、実は、ひっそり、二度、涙した。
知らない間に、涙が出ていた。

一度は、応援団長の姿を見ていた時。
彼とは、もっと、ぶつかり合うつもりでいた。
でも、ぶつかることを避けた・・・何のことはない、私がだ。
昨夜の打ち上げの席で、先生方から
「団長の○○くん、がんばってたね」
「○○くん、とげとげしたところがなくなったね」
との感想をいただいた。

でも、・・・もっと、彼に関われたはずだった。
もっと、彼の核心部分に触れなければならなかったはずだ。
いろんな状況を考えた時、それができなかった。
一歩踏み込むことをためらってしまった。
悪かったなあ・・・そう思いながら見ていたら、涙が出てきた。

こんなことを書いてみても、誰にも、何も分からないだろう。
でも、いい。自分自身の記録のために書いておく。

もう一度の涙は、いい涙だった・・・のかもしれない。
中学年のダンスを観ていた時のことだから。
新任のF先生の指導されたダンスを観た。
素晴らしい出来だった。
たぶん、この素晴らしさに気づく教師も少ないのだろうなあ。
見栄えをよくする必要なんて、全くない。
よく、ここまで頑張ったものだと感心した。
それに引き換え、自分のやってきたことといったら・・・情けないこと、この上ない。
新任の先生に、大事なものを見せられなかったことは、恥じるべきだ。
本当に恥ずかしい・・・。

何を、こんなにイライラと書いているのかというと、
つまり、
「運動会の取り組みを通して、子ども達に、新しい価値観を与えることができなかった」
ということだ。
運動会で、考えさせるべきことを考えさせられなかったということだ。
子ども達に、新しい発見をさせられなかったということだ。

今年の打ち上げのビールは、苦かった・・・。
明日から、出直しだ。
[PR]

by sitoi | 2006-10-01 18:09 | Comments(0)