人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

2006年 09月 24日 ( 1 )

9月23日 引き継がれるもの

朝から、今日も娘のサッカーの試合のお付き合い。
京都市の西の外れの学校へ。
前回と同じ学校なので、もう場所も分かっており、心配なし。

娘を会場校に降ろし、妻と二人で喫茶店へ。
試合時間に学校に戻り、妻と二人並んで、サッカー観戦。
いつの間にか、日陰で観戦していると、風が心地よい季節になった。

今日は、2試合が行われたのだけれど、何と、2戦2勝だった。
勝ち負けよりも、私が、素晴らしいなあと思ったのは、チーム内での声かけだった。

学校によって、監督、コーチ、選手達の声かけの仕方は様々だ。
最も対照的だったのが、2試合目。
相手校の声かけのパターンは、
「何やってんじゃ!」
「もっと動け、遅い」
「こっちじゃ、こっちにパスじゃ」
「もっと開けって言ってるやろ!」
という攻撃的な言葉のオンパレード・・・。

娘の学校の言葉かけは、
「集中しよう」
「ごめん」
「はい、こっち」
「開いていこう」
という、何だろう・・・・相手を攻撃しない言葉だ。

この言葉は、試合だけのものではないはずだ。練習中もきっと同じだろう。
選手達は、一年間、この言葉を聞きながら過ごしていく。
そして、きっと、この言葉を引き継いでいくのだろう。
パスが少し長かった時、
「ごめんな」というチームと「遅いんじゃ」というチーム。
私は、娘が「ごめんな」と声をかけるチームに入ったことを嬉しく思った。

先輩から後輩に受け継がれるものは、決して、強い、弱いだけのものではない。
一番大切なものは、そのものに取り組む姿勢ということなのだろうと思う。
そして、そのことは、小学校での様々な取り組みも同じことが言えるはずだ。
今日は、娘の学校のチームから、大切なことを教わった気がした一日だった。

帰宅後、娘はコンピュータで調べモノ・・・。
妻と二人で、プリンターを買いに電機屋へ。
現在、我が家にはプリンターが2台。
1台は、私の部屋にあるキャノンのもの。ほとんど使わないのだが、CDにプリントしたりできるなかなかの優れモノ。
そして、もう1台が、妻のエプソンのもの。これは、幼児教室用のプリントをしたりするので、酷使している。これが、最近、調子悪いという話を聞いていた。

で、今日は、妻にプリンターをプレゼントしようと思った次第。
それにしても安くなったものだ。安売りしていたこともあって、複合型(スキャナー、コピーなどの機能のついたもの)のプリンターを14800円で購入することができた。以前の半額である。

夕方からは、家族で外食。ゆったりと過ごす。

夜、テレビをダラダラと見た後、賞状作りのフリーソフトをダウンロードしてしまう。

さて、明日は、いよいよ楽しみにしていた「京都橘大学児童教育学科開設記念シンポジウム」。
開演前のひととき、懇意にしていただいている佐藤正寿先生@岩手とお会いして、ゆっくり話をすることになっている。
どんな一日になるか、楽しみ、楽しみ・・・・。
by sitoi | 2006-09-24 07:02 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)