人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

2004年 06月 05日 ( 4 )

6月4日 指導主事計画訪問

朝、今日の授業の最終チェック。
修学旅行翌日という子ども達の状態が最悪の日になるだろう今日が、何と指導主事計画訪問の日となってしまっていた。
おまけに、我がクラスは、2時間連続の授業公開となっている。

2時間目が算数の授業。これは、小中連携の授業公開ということで、TTの授業。中学校の先生が授業を進められ、私はサポート役だ。
3時間目は、本当は音楽の時間なのだが、私の授業を見ていただかなければいけないことになっているので、時間割を変更。時間割を変更する場合は、できるだけ道徳の授業をするようにということなので、素直に道徳の授業をすることにした。

子ども達の状態をイメージしながら、朝からの授業をチェックしてみる。
いつもより早めに出勤し、教室の窓を全開、空気を入れ換える。

1時間目の授業はいつもよりテンポをあげ、列指名を多くし、リズムを作ることにのみ専念する。1時間目のリズムが2時間目につながるのだ。
さて、2時間目。算数の「立体」の授業は、紙粘土と竹ひごを使って、直方体を作ってみるという活動。集中力の途切れてしまう子に声かけをしてまわる。
何とかいつもの状態で授業をしていただくことができた。いつも以上のことができるわけもなく、いつもの状態でできれば、今回は上出来だ。

3時間目は、道徳。今回のテーマは「ボランティア」。まず、子ども達に、この言葉を聞いたことがあるかどうかを問うところから授業はスタート。
中心教材に「副読本」を使い、整理していくのに「心のノート」を使用。最後のまとめとして、「今、君たちが学校で取り組んでいる縦割り掃除の活動も、社会という場ではないけれど、学校の中での活動としては同じような意味を持つんじゃないかな。副読本の中に出てきた『ぼく』と自分を重ねて、もう一度、考えてみてほしい。あっ、この後、一年生からの手紙が届いているので渡しますね。」と締めくくった。

一年生からの手紙は、一年生の先生方に、この授業に合わせて書いてもらうように頼んでいたもの。給食時間に届いた手紙を子ども達は嬉しそうに読んでいた。

指導主事先生がどのように授業を見られたかは知らないが、今できることをとりあえずやり切れた・・・。

午後からは、神戸のジーベックホールと電話のやりとり。
秋の遠足の日にお願いしていた「民族音楽:ガムラン体験」が無事、実施できる運びとなったとのこと。
さて、来週からは、二学期に向けての準備も進めていかなければならない。
by sitoi | 2004-06-05 08:36 | Comments(0)

6月3日 修学旅行二日目 やっぱり体験活動も・・・

a0023466_81120.jpg
午前3時50分に、予定通り、目覚める。
顔を洗って、4時ちょうどに子ども達を起こしに回る。
ここ二見の名物(?)は、夫婦岩から見える日の出・・・なのだ。
まだ暗い空を見上げると曇りの様相なのだが、とりあえずは行ってみることにする。

夫婦岩までは、旅館から10分もかからない。
ぞろぞろ歩いていると、やはり同じように旅館から修学旅行生が出てくる。
夫婦岩に到着したのが、4時20分といったところ。まだ暗いのだが、実にたくさんの人出。今日の日の出は4時40分となっている。
待つ間に徐々に空が明るくなっていく。結局、日の出は見れなかったのだが、こんな時間に、こうやってみんなでべちゃべちゃ喋りながら時を過ごすのも、いい思い出なんじゃないかな・・・と思う。
その後、海岸を散歩し、砂浜で少し遊んで、6時前に旅館に戻る。

今日の日程は、船に乗って、その後は「鳥羽水族館」の見学。これまたグループ活動。
「鳥羽水族館」の見学は、子ども達、少し時間をもてあましていたようだ。子ども達がよろこんでいたのは「タッチプール」だ。やはり、せっかく海の近くに来ているのだから、見学だけでなく、体験活動を入れた方がいいんじゃないかな・・・という感想を持った。
前任校では、私が引率する時に、水族館の学芸員さんと連携して「礒遊び体験」を取り入れ、子ども達に好評だった。課題として、引き継いでいくようにしたい。

学校に到着したのは17:00前。短時間の反省会の場を持って、無事、修学旅行の終了。帰宅途中に時計屋に寄って、妻の誕生日プレゼントを買う。Gショックという時計の電波時計バージョンだ。幼児教室に行く時は、こういったタイプのものがいいらしい。
その後、予約していたレストランへと直行。娘のお気に入りの店、サンマルク。妻の誕生日が修学旅行から戻ってくる日になってしまったので、夕食の用意を私がする時間がないため、今回は、レストランでお誕生日夕食となった次第だ。

帰宅後、当然のことながら、爆睡!
by sitoi | 2004-06-05 08:12 | Comments(0)

6月2日 修学旅行一日目 楽しかったスペイン村

a0023466_75017.jpg
ここ数日、雨が降り続いていたため、天候が気になっていたのだが、爽やかな素晴らしい天気に恵まれ、修学旅行へと出発。欠席者0、何よりだ。
宇治市の小学校の修学旅行の行き先は、伊勢志摩方面だ。内容は、様々なのだが、本校は、「スペイン村」と「鳥羽水族館」の二つの施設を見学することになっている。

さて、一日目の今日は、「スペイン村」の見学がメイン。午後の時間を使って、たっぷり遊ばせる。引率教師は、時間を決めて、集合場所にて待機する。
平日の「スペイン村」は、まさに乗り放題・・・。ジェットコースターに5回ほど乗った強者もいたようだ。
ここでの活動は、行動班での集団行動だったのだが、子ども達が仲良くそろって活動できたのは予想以上の成果だった。いつもは勝手な行動をとってしまう子どもも集団に支えられながら活動している姿を見て、やはり集団作りの大切さを再確認した次第だ。

夜は、やはり興奮してしまって、鼻血を出す子。ドアにお腹をはさみ(?)泣き出す子、頭痛を訴える子等々、てんやわんやの忙しさ・・・。
結局、私は、子ども達の部屋の前の廊下に布団を運び、そこで横になることにした。
子ども達の部屋が全て静かになったのは、午前1時30分を過ぎた頃だったろうか。
何はともあれ、大きな怪我もなく、修学旅行一日目の夜は更けていった。
by sitoi | 2004-06-05 07:51 | Comments(0)

6月1日 おはようタイム

a0023466_73755.jpg
長かった一週間が終わった。
この日記も書けないままとなっていた。まとめて振り返ってみることにしたい。

朝一番「おはようタイム」とは、月に一回、児童会を中心に開催される全校朝礼のことだ。今回は、5月から始まった「縦割り掃除」(1年から6年までで小集団を作り、その小集団で掃除に取り組んでいる)についての状況をブロックリーダーから紹介するというもの。もちろん、これ以外にも、保健委員会からの発表や日本語教室からの発表など盛り沢山の内容だ。

ブロックリーダーというのは、4つの小集団のまとめ役だ。全部で6人、我がクラスのブロックリーダーは全員女子となった。(女子が積極的に立候補し、こういう結果となった)前日に、子ども達に出した指示は、「具体的に状況を発表すること。頑張っている人は名前を出して誉めてあげよう。」ということだった。
普段はあまり大きな声で発言できない女子が、大きな声を出して、みんなの前で発表できたのが、何よりの収穫だった。

明日からは、いよいよ一泊二日の修学旅行。
午後からは、インターネットで、活動場所のホームページを見ながら、活動計画の最終チェック。そして、学年集会。

明日は、夜の見回りでほとんど寝れないだろう・・・ということで、早々に就寝。
by sitoi | 2004-06-05 07:39 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)