5月14日 ここが正念場・・・と思いつつ

毎日、「九九百問」のプリント続けている。
全く同じプリントである。
昨日、子ども達の中から、
「またぁ、もうあきたぁ・・・・」
との声が上がった。

「そうか、あきたか。じゃあ、ここから、だな」
と。
飽きたところで辞めては駄目なのである。
もちろん、手を変え、品を変え、子ども達が飽きないようにする取り組みもある。
だが、そればかりでは駄目だと思う。
敢えて、同じことを繰り返さすことも、また、大事なのだと思う。

昔、子ども達に、こんなことを言ったものだ。
「駄目だ、と思うのは、百回やってからにしなさい」
百回繰り返すことで、できるようになることもたくさんある。
もちろん、百回繰り返してもできないこともある。
とりあえずは、百回だ、と。

飽きの状態を抜け出せば、それは習慣化されていく。
習慣化された時、それは、確実に力になるのだと思う。

ここが正念場なのだと思う。

掃除プロ制に危機・・・。
昨日、こりゃあ、二軍に降りてもらわないと・・・というグループが出てきたのだ。
早速、クラスで話し合い。
「やったかどうかはっきりするようにめあてをはっきりした方がいい」
とのこと。

かくして、「床は10回ふく」「黒板は毎回水拭きする」等々、やることをはっきりさせていった。

今日の教室掃除は素晴らしかった。
やらなくてもいいところまで、どんどん、子ども達が見つけては掃除していったのだ。

飽きの状態から、粘って、更に、ステップアップさせていく。
それが、この時期なのだと思う。

明日は、二回目の保護者参観。
月曜日は、代休を利用して、府内の先生が一人、参観に来られる。
・・・子ども達の事実を見てもらう。余計なことは考えず・・・そう思っている。
[PR]

by sitoi | 2009-05-14 18:14 | Comments(0)  

<< 5月15日 ということです 5月13日 EDU★COLLE >>