9月10日 演劇の可能性

職員会議で、「演劇で防犯」についての提案を終えた。
これで、無事、10月31日(金)に、本校で実施する運びとなった。

「演劇で◎◎」シリーズは、これで何本目になるだろう。

最初の試みは、「演劇で算数」であった。
試行錯誤を経て、パワーポイントを使っての問題提示、背景なども取り入れたもので、現在、休止している状態だ。
これは、演劇の台本を算数の教科書の内容で仕上げていただき、子ども達は演劇を見ながら算数を学び、問題を解いていくことになるというもの。

次に、試みたのが、演劇鑑賞会の内容に学習内容を取り入れてしまおうというもの。
事前に子ども達とワークショップを実施し、台本にも子ども達の意見を反映。
当日は、子ども達も劇団員と一緒に舞台に上がり、出演するというものだ。

まずは、「演劇で環境」。
これは、環境教育がモチーフとなっている。
いろんな財団から助成していただき、現在、全国展開にまで発展中だ。

次は、「演劇で防災」。
これは、防災教育の観点。
毎日新聞が主催する「防災甲子園」で、見事、「希望賞」をいただいた。
現在、神戸市の小学校などで実施されている。

そして、今回の「演劇で防犯」だ。

学校現場における演劇の可能性は非常に大きいと思う。
ただ、どのように・・・ということを考える時間が欠如しているのだ。
一つ一つ形にし、提案を続けていきたいと思っている。

あっ、全ての取り組みは、京都の劇団、「劇団衛星」と共に行っています。
全国のいろんな場で観ることができます。
是非、一度、チェックしてみて下さい。
[PR]

by sitoi | 2008-09-11 06:57 | Comments(0)  

<< 9月12日 ユニット美人新作公演 9月9日 机を離れることで分か... >>