10月24日 突然のことに、頭の中は真っ白・・・

朝、学年の先生から、体調不良のために休みをとることになりそうだ・・・との話が。
少し心の準備はしていたものの、頭の中は真っ白・・・。

とにかく、午後から、お休みをとっていただくことに。
とにかく、この半年、そばで仕事ぶりを見せていただくことができたことは一生の宝だ。
これからの、教師人生の中で活かしていきたいことは山ほどある。
今は、ただただ身体を休めていただいて、また御一緒できることを願うばかりだ。

午後、女の子達は、泣きながら、千羽鶴を折り出していた。
「色紙がなくなったら言えよ。先生、買ってきてやるからな。でもな、今、取り組み始めている合奏、絶対に完成しような。○○先生、心配してたからさ、完成させて、ビデオに撮って見せてあげような。」
「うん、私達、がんばるし・・・。」

放課後になっても、何か、帰宅する気持ちにもなれなくて、ぼんやり、いろいろと仕事をしている自分がいた。
さて、これからどうする?
この半年とて、全速で駆け抜けてきたつもりだが、今の力では足りないことになった。
さらに、最速で走ることはできるか?自分に問いかけてみる。

「おい、おい。できる、できないの問題じゃないだろ。できないなんて、言えるのか?」
もう一人の自分が、必死にそう答えていた。

11月、信じられないほど多くの仕事を抱えている。
絶対に全てをやりきろう。黙々と仕事をしよう・・・・。
笑顔で戻ってこられる○○先生の姿を待ちながら・・・・。
[PR]

by sitoi | 2006-10-24 22:40 | Comments(1)  

Commented by Fuji at 2006-10-24 23:06 x
毎日、本当にお疲れ様です。今日は、私もずっと心が重たかったです。〇〇先生の存在の大きさを感じずにはいられませんでした。それでも、そうばっかりは言ってられませんものね。私も、〇〇先生に教えていただいたことを大切にしながら、学級作りをしていく様子を伝えていかないといけないのだと思っています。

 糸井先生は、いつも、人一倍周りに気を配っておられて、その姿、やさしさに本当に心を揺さぶられます。先生は、これからますますお忙しくなられると思いますが、私に少しでも力になれることがあればおっしゃってください。先生と一緒にお仕事をさせていただくことが、私にとっては、とても貴重な勉強になっています。一緒に、〇〇先生が帰ってこられるまで頑張りましょうね。

<< 10月26日 空回りはよくない... 10月23日 いのちを守れ!平... >>