人気ブログランキング |
ブログトップ

学校から新しい風を!

8月23日 校内研修会一日目

朝、8:30、出勤。
昨日、届いていた「小学生防災探検隊マップコンクールセット」を先生方に配る。
同時に、昨夜、書いた「学び通信」を印刷し、机上に配る。

今年度、全校分のセットを注文したのは、10月に実施予定の「演劇で防災」に関わってのことである。先生方に配った「学び通信」に、こんな風に紹介してみた。

◇数分話し合った末、蓮行さん@劇団代表から、出されたプランは、
「糸井先生、ホップ・ステップ・ジャンプ計画で行きましょう!」
というものでした。これは、

ホップ・・・劇団員と児童会本部児童による校区探検(ネタ集め)とワークショップ
ステップ・・・公演
ジャンプ・・・公演を見た子ども達が自主的に校区探検を始める

というものです。
昨年の公演で、私が良かったなあと思ったのは、劇を見た後、「ゴミしたらあかんなあ」と言い出す子ども達がたくさんいたことです。
 だから、今年の劇を見た後、子ども達が「校区にはいろいろなものがあるんだなあ。自分も見てこよう」なんて自然に言い出すことを期待していますし、もし、本当に、そんな動きが始まれば、とっても素晴らしいなあと思います。

◇ただ、もちろんやるからには、そこを目標にしますので、子ども達が「やりたい」と言った時に必要な道具を揃えておこうと思い、「防災探検隊マップコンクールセット」を注文しておいた次第です。
 劇団の方と児童会本部で、マップ作りをするつもりです。全クラスにやって下さいとはいいませんので、ご安心を・・・。念のため、防災探検隊とは、

ぼうさい探検隊とは、子ども達が楽しみながらまちを歩き、まちにある防災や防犯に関する施設や場所などを発見してマップにまとめる実践的な防災教育プログラムです。
 本マップコンクールは、ぼうさい探検隊によるマップの作成を通じて子どもたちが防災意識や地域への関心を高めるとともに、地域住民が探検をサポートすることで安全で安心な地域社会に向けた地域コミュニティの強化を目的としています。

というものです。子ども達がやりたいと言い出した時には、このセットを活用下さい。


さて、今日は、午前中は、国際理解教育に関する研修。
中国残留孤児の問題について、学びを深める。
実際に講師をお招きし、講演を聞く・・・本当に胸が締めつけられる話の数々。

巨椋池農地防災事務所の方から電話。
小学校の授業のためのパワーポイント作りに、力を貸していただけるとのこと。
また、小学校を会場としたパネル展示も協力いたただけることになった。
有り難い・・・これで、4年生の社会科授業に一石を投じることができそうだ。

午後は、企画委員会、職員会議。

帰宅後、明日の研修会に向けて、パワーポイントの修正を行う。
明日は、学力問題についての分析と今後の方向性についての研修会。
私が、60分を進め、その後、講師の先生をお招きしている・・・楽しみだ。
by sitoi | 2006-08-24 07:17 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)