11月18日 新鮮な教材研究

ここ10年ほど、教科の教材研究としては社会科しかやってないので、国語や算数って、すごく新鮮。

今日は日曜日。

朝、目覚めるとすごくいい天気。

なので、サッと起きて、洗車。

ついでに、ほんの少し庭の手入れをした後、愛犬の散歩。


妻はランチに出かけるというので、教材研究の資料を鞄に入れて、私は図書館へ。

図書館で何冊か本を借りて、その足でスタバへ。

しかし、2年生の算数って、面白いなあ。

「直角」っていう用語が出てくるんだけど、「90度」は出てこない。

これって、高学年でも問題に出せそう。「直角の意味を90度という言葉を使わず、説明しなさい」といった感じで。

簡単だけど難しい・・・いや、ほんと面白いわ。

国語の教材研究は「わたしはおねえさん」という物語。

簡単だけど、深いなあ。

で、思いついたことをメモして、その後は読書。


今、読んでいるのは「銀河食堂の夜」(さだまさし著・幻冬舎)。

さだまさしさんの書く本は、どれもいい。

歌はあんまり興味ないんだけど、本は間違いなくいい。この本もとってもいい本です。


今日はゆっくり帰宅した後は、家でゴロゴロ・・・。

娘が置いていったノートパソコンをいじってみたり、愛犬と遊んだり・・・まっ、こんな休日もいいものです。


[PR]

by sitoi | 2018-11-21 20:54 | Comments(0)  

<< 11月21日 あの時を思い出せ... 11月16日 どうする、国語? >>