9月24日 心が震えた東山魁夷展

今日は、京都国立近代美術館で「東山魁夷展」を鑑賞。
a0023466_20380557.jpg
唐招提寺の襖絵は圧巻だった。
全ての仕事を断り、10年の時をかけて描き切った襖絵。
素晴らしいではなく、凄かった・・・。
そして、この襖絵を描き切った後の晩年の作品がさらに凄い・・・。
どこまで丁寧に描き切れるか、そこに心を注ぎ込めるかという心境に至ったという。
晩年の絵は見る者の心を捉えて離さない。
絵の前でじっと立ち止まる人たち。思いは、私と同じなのだろう・・・。

鑑賞後は、心を落ち着かせるためにカフェで珈琲。
a0023466_20434429.jpg
一筋入ると、京都は別世界。
人も少なく、心地よい音楽と珈琲。
さあ、明日からまたがんばろう!

[PR]

by sitoi | 2018-09-24 20:46 | Comments(0)  

<< 10月6日 バタバタ過ごしていた日々 9月23日 音楽に浸る一日 >>