9月5日 台風の過ぎ去った後を見て思う

昨日は凄まじい暴風だった。

向かいの家の瓦が落ち、家の前の道路は瓦が飛び散り悲惨な状態。

台風が過ぎ去り、夕方になって我が家もチェックしてみると、テレビアンテナが倒れ、瓦も何枚かずれている様子。

夜になって、アンテナの撤去をお願いするために調べていくと、家の火災保険の対象になりそうなことが判明。保険会社に連絡をとるなどバタバタ。


で、今日、いつものように出町柳の駅から歩こうと、賀茂川沿いまで来て、びっくり。

樹齢数百年と思われる素晴らしい柳の木が真っ二つに裂けてしまっているのです。

何百年も生きてきた老木が、昨日の暴風に耐えられなかった・・・。

今年になって、担任を外れたからでしょうか、自らの老いを感じるようになりました。

今まで、食生活にも無頓着に過ごしてきたのですが、この夏の人間ドックの数値が芳しくなかったこともあり、少し意識して生活することにしました。

a0023466_22022710.jpg

例えば、今までは朝食の時間がとれないから、大きなおにぎり一つ作ってもらって、学校に着くとそれをかじりながら仕事していました。それをやめ、起床時間を20分早くして、ヨーグルトやバナナ、食パン半分を食べて出勤するようにしています。例えば、平日にビールを飲むのを控えることにしました。


同じように暴風を受けても、健康な若木は倒れません。必要以上に大きくなり、弱ってしまっている老木は倒れてしまいます。せめて、健康な老木にならねばと思います。


[PR]

by sitoi | 2018-09-05 22:04 | Comments(0)  

<< 9月8日 日野田直彦さんの新著... 8月21日 最終日、卒業式 >>