8月10日 教育と演劇の関係を再考したい

今年は、少し時期がずれて、一昨日から恒例の「京北での演劇キャンプ」。
私が参加するわけではないけれど、妻の幼児教室の子どもたちが多数参加するため、差し入れに京北まで。
初日の一昨日は夜に妻と一緒に差し入れ。
で、本日、最終日は、キャンプでつくった演劇の発表を見るために京北へ。
もう、この取り組みも10年以上。
早めの昼食を京北の蕎麦屋で済ます。
a0023466_08140689.jpg
a0023466_08144658.jpg
いつものことながら、楽しそうに演劇を発表する子どもたちの姿を見ることができた。
なぜ、演劇なのか?
演劇を通して、子どもたちに何を学ばせたいのか?
そういったことをきちんと整理しないといけないなって思う。
演劇の手法を通してではなくて、だ。
その力が演劇にはあると思う。

[PR]

by sitoi | 2018-08-11 08:18 | Comments(0)  

<< 8月11日 慌ただしく帰省 8月7日 再考、授業づくりネ... >>