7月31日 本当に出版したかった本です

昨日、紹介したように「明日の教室」から5冊の電子書籍を同時リリースすることができました。
その中の1冊は、私の書いた「学校から新しい風を」です。
そう、このブログの題名そのままです。日々の生活を綴り始めて14年が過ぎました。
公立小学校での学びは「エピソードで語る教師力の極意」(明治図書)の中にまとめさせていただきました。
私立小学校に移ってからのことを何らかの形で残したいとずっと思ってきました。
今回の電子書籍「学校から新しい風を」の中で紹介しているのは、私立小学校での学び、実践です。
私が一番残したかったものを自分でプロデュースできたことを大変うれしく思っています。

これが、私が私立小学校に移って考えてきたことです。
以下、「まえがき」より

4月1日、今日から、ブログの名前を変更します。
「学校に新しい風を!」から「学校から新しい風を!」への変更です。
このブログの名前が私のミッションともいうべきものでした。

いろんな意味で風通しのよい学校にする、様々な異質なものを学校に取り入れることによって、学校を、子ども達を変えていく、向上させていく。そんな思いで、この10年、活動を続けて参りました。

ですが、昨年あたりから、更なる可能性に気づき始めました。
学校で育った子ども達が、その学びを学校という枠の中だけでなく、学校の外に発信していく、いや、社会に働きかけていく、そう、学校から新しい風を送り出し、日本を、いや世界を変えていく。そんな可能性です。それを今後の自分のミッションと捉えたいと。

そんな思いもあって、昨日をもって、公立小学校教師を退職致しました。
そして、本日、4月1日からは、京都市内にある「立命館小学校」教師として、働くことになりました。

これからの教師人生は、この学校で、世界を変えていく、そんな子ども達を育てていけるよう、全力を尽くしたいと思っています。
教師ということでは同じですが、昨日、一日研修を体験して、その厳しさを、改めて知りました。
初心に戻って、もう一度、新任のつもりで、一から、いや0から、仕事を見直していく所存です。

a0023466_08064002.jpg


[PR]

by sitoi | 2018-08-02 08:06 | Comments(0)  

<< 8月5日 子どもとアーティスト... 7月30日 電子書籍「明日の教... >>