6月30日 宿泊体験学習の引率から思うこと

木曜日から一泊二日の宿泊体験学習の引率に行ってきました。
今回は3年生。初めての、管理職としての引率同行というものでした。
管理職といっても、主幹教諭という位置づけです。
今年は、今回の3年生の引率と、秋には海外の宿泊に同行することになっています。

今回3年生に同行させていただいたことで、本校の宿泊体験学習(3年~6年)の全てに同行したことになります。
そのことで見えてくるものもありました。
やっぱり、実際に行ってみるものです。

そして、担任ではないことで、今までよりも客観的に子どもたちの様子と指導の様子を見ることもできました。
もちろん、力量の高い先生方が揃っていますので、私などが直接、指導に加わるような場面は皆無の二日間でした。

宇治にある野外宿泊センターでの二日間。
厳しい指導の後のフォローを忘れない先生方の姿。
できた子どもを抱きしめる先生方の姿。
隙間の時間に子どもたちと雑談に興じる先生方の姿。
たくさんの素晴らしい指導を見せていただきました。
私の仕事は、それらをうまく振り返ってもらい、共有してもらうことなのだろうと思います。

私自身、子どもたちへの指導の在り方を学ぶ良い二日間となりました。



[PR]

by sitoi | 2018-06-30 09:30 | Comments(0)  

<< 6月30日 夏越の祓 6月30日 DVD発売のお知らせ >>