6月2日 「学び通信」ブログでの紹介はここまで

書き始めた「学び通信」をこのブログで紹介してきました。
今日、紹介するのが「№4」。
週一のペースで一年間発行する予定です。
教育に関すること、町歩きに関すること、そして趣味の読書に関することを書き綴る。
書けるのかなあと始めてみると、難なく書けることが判明。
次号からは、もう少し深い内容に・・・と思っているので、「学び通信」のブログ公開はここまで・・・です。

今回も些細な事ですが、何かの参考になれば幸いです


◎アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリング博士が考案した

割れ窓理論(Broken Windows Theory

という言葉をご存じですか?

 1枚の割られた窓ガラスをそのまま放っておくと、さらに割られるガラスが増え、ごみが捨てられ、やがて地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになるという犯罪理論です。1994以降、ニューヨーク市で、当時のジュリアーニ市長が、この「割れ窓理論」を実践し、割れ窓の修理や落書きなど軽微な犯罪の取締りを強化した結果、犯罪が大幅に減少したことでも有名な理論です。

 つまり、小さな犯罪を徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪をも防止できるということです。そして、この理論を効果的に使っているのがディズニーランドだと言われています。パーク内ではゴミが落ちていることはありません。スタッフが昼夜問わずパーク内を清掃し、常に清潔な状態に保つようにしているからです。そうすることが、ゲストのマナー向上にも繋がっているそうです。なるほどなあって感じです。

 

◎「聖徳太子と言えば法隆寺や四天王寺が有名だけど、京都の町中にも聖徳太子ゆかりの寺があるよ」と、子どもたちに紹介するのが六角堂(頂法寺)です。

四天王寺建立のために用材を求めてこの地を訪れていた聖徳太子は旅の疲れを癒すため木の枝に護持仏をかけて沐浴をしたところ護持仏が重くなり、その場で一晩を過ごすことになりました。すると、夢の中に護持仏があらわれ「この場所にとどまって衆生の救済に当たりたい」というお告げがあったため、この地に御堂を建て護持仏を本尊として祀ったといわれています。それが六角堂です。

地下鉄烏丸線の御池駅と四条駅のちょうど真ん中あたりに位置する小さなお寺で、気軽に立ち寄れる場所となっています。この池のほとりに、小野妹子を始祖とする僧侶の住坊ができ、「池坊」と呼ばれるようになりました。そう、華道で有名な「池坊」です。ですから、華道「池坊」の道祖は、あの遣隋使で有名な小野妹子なのです。ですから、この寺に隣接してある大きなビルは「池坊」の本社です。小野妹子と池坊、初めて知った時は「えーっ!」でした()


◎今野敏さんという作家をご存じでしょうか。主に警察モノの小説を書かれている作家です。警察モノなのですが、警察内の人間模様がうまく描かれていて、これまた大好きな作家のお一人です。この今野さんが書かれた小説の中に「割れ窓理論」が紹介されたものがあります。今野さんのヒット作品の一つ「任侠シリーズ」の中の「任侠学園」(中央文庫)という本です。この本は荒れた学校をやくざが立て直していくという話。楽しく読むことができます。また、今野さんがいじめ問題をモチーフに書いた「慎治」(中央文庫)も、いじめを考える時に参考になる一冊です。ただ、私が今野さんの作品の中で一番好きなのは隠蔽捜査シリーズです。この中に出てくる竜崎伸也警視長の仕事に対するスタンスが何とも格好いいのです。お時間があれば、是非、読んでみて下さい。


[PR]

by sitoi | 2018-06-02 07:48 | Comments(0)  

<< 6月3日 琵琶湖一周? 6月1日 学級づくりの難しさ >>