5月6日 それが目標だと思いたい

新学期が始まってから一か月が過ぎたのがなあと、今更ながらカレンダーを見て思う。
担任なし、授業なしの日々って、どうなるのだろうとスタートした新学期。
仕事がないのかと思いきや、結局、帰宅時間はこれまでも遅くなった日々・・・。

時間があれば、各教室の様子を覗きに行く。
そこが現場であり、そこに全てがあると思っているから。

先生方の学級通信、週案には、一言、コメントを添える。
それが、コミュニケーションの始まりだと信じているから。

早い段階で、保護者の方々と連絡を取るようにする。
担任ではないからこそ、話ができることもあると思うから。

校内研修を実りあるものにする。
私が学んできたものを校内に何らかの形で残す。
それが、私学に変わった一つの理由だったはずだから。
今年度は、複数回に渡って「学級づくり」の話をさせていただく。
連休明けは、立命館大学の荒木先生をお招きして、30分ずつ研修の場を持つ。

ほんの些細なことを積み上げて、学校を変えていけるといいなあって思う。
そして、それが私の教師人生の最後の目標だと思いたい。

[PR]

by sitoi | 2018-05-06 09:08 | Comments(0)  

<< 5月6日 連休の締めくくりは龍安寺 5月5日 今年も高槻ジャズスト... >>