9月18日 9月と10月の「明日の教室」

間際になってしまいましたが、9月の「明日の教室」の紹介をさせていただきます。
9月は、恒例の琵琶湖でカヌーです。
9月23日(金)、琵琶湖のオーパルで行います。

・・・・・・・・・・・・以下、池田先生のブログから引用。

明日の教室の恒例になりました夏のお楽しみイベント。琵琶湖のカヌー体験。
運動が苦手なあなたも大丈夫。カヌーは極めて安全な乗り物です。

電線のない広い空を独り占めに。
湖面ぎりぎりからのアングルはまたこれが格別。

午前中に簡単なレッスン。午後にカヌーツーリングに出ます。
風向きによっては対岸まで往復できるかもしれません。

これがお弁当とプールとジャグジーがついて、2000円。
驚きでしょ?

お待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・引用終了。

お申し込みは、こちらから!

*カヌーを楽しんだ後、更にジャグジーを楽しむために、水着持参をお薦めします!

さて、10月は、千葉大学より、藤川大祐先生(千葉大学教育学部教授)をお迎えします。
10月1日(土)です。お見逃しのないように!
藤川先生のプロフィールは、以下の通り。

【プロフィール】
千葉大学教育学部教授(教育方法学・授業実践開発)。

1965年、東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学(教育学修士)。金城学院大学助教授等を経て、2001年より千葉大学勤務、2010年より千葉大学教授。2010年度千葉大学学長特別補佐。

メディアリテラシー、ディベート、環境、数学、アーティストとの連携授業、企業との連携授業等、さまざまな分野の新しい授業づくりに取り組む。

警察庁「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」委員(2006年)、千葉県青少年健全育成計画策定委員会委員長(2006年~2008年)、千葉県青少年を取り巻く有害環境対策推進協議会委員(2007年~)、文部科学省「ネット安全安心全国推進会議」委員(2007年~)、安心ネットづくり促進協議会コミュニティサイト検証作業部会主査(2009年~)、総務省「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」青少年インターネットWG主査代理(2010年~)、東京都携帯電話端末等推奨基準検討委員会委員長代理(2011年~)、NHK教育テレビ「伝える極意」番組企画委員、NPO法人企業教育研究会理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟常任理事、日本メディアリテラシー教育推進機構(JMEC)理事長等をつとめる。

2005年、千葉大学ベストティーチャー賞を受賞。

<著書・編著書>
『「個を育てる」授業づくり・学級づくり』学事出版、1993年
『数学する教室』学事出版、1994年
『授業に役立つインターネット・パソコン通信入門』学事出版、1996年
『ディベートで学校はよみがえる』学事出版、1998年
『「総合的学習」の実践アイデア集1 国際理解・人権学習&情報学習編』学事出版、1999年
『「総合的学習」の実践アイデア集2 環境・地域学習&福祉・健康学習編』学事出版、1999年
『すぐに使える授業アイデア!環境学習の実践事例集』学事出版、2000年
『メディアリテラシー教育の実践事例集』学事出版、2000年
『授業分析の基礎技術』学事出版、2002年
『養護教諭のためのメディアリテラシーによる健康学習』学事出版、2003年
『企業とつくる授業』教育同人社、2004年
『やるぞ!!中学数学ワークシート(1~3年)』学事出版、2004年
『企業とつくるキャリア教育』教育同人社、2006年
『企業とつくる食育』教育同人社、2007年
『ケータイ世界の子どもたち』講談社現代新書、2008年
『楽しく学ぶメディアリテラシー授業』学事出版、2008年
『千葉発 企業とつくる先端キャリア教育』千葉日報、2008年
『本当に怖い「ケータイ依存」から我が子を救う「親と子のルール」』主婦の友社、2009年
『学校・家庭でできるメディアリテラシー教育』金子書房、2011年

私と藤川先生との出会いは、藤川先生がまだ大学院生だった時でした。
教師以上の教育全般に関わる知識を持ち、その理論たるや群を抜いていたのを覚えています。
そして、一緒に授業づくりに関わらせていただいたのは、藤川先生が金城学院大学にいらっしゃった時代。
千葉大学に移られてからも、声をかけていただき、いろんなプロジェクトを御一緒させていただきました。

さて、藤川先生には、以下、3つの内容をお話いただきたいと申し上げております。
1.教育界30年の変遷(30年前あたりから現在までの教育界の動向をお話いただきます)
2.メディアリテラシー教育(ケータイも含めたメディアリテラシー教育のあれこれをお話いただきます)
3.学外と連携した教育(企業やアーティストなど、様々な学外の方々との授業の可能性をお話いただきます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年度早々は・・・・お待たせしました!
九州からコミュニケーション教育の達人、菊池省三先生を。東京から教育の鉄人、杉渕鉄良先生をお招きします。現在、日程調整中です。
どうぞ、お楽しみに!
[PR]

by sitoi | 2011-09-19 08:18 | Comments(0)  

<< 9月18日 劇団四季に思う  9月17日 お見せしたいくらい... >>