5月20日 学内研修会

今日は、放課後、学内研修会。
研修会の講師は、あの岩下修先生である。

以前にも書いたが、今、岩下修先生に、私のクラスの子ども達は、国語を教わっている。
岩下先生の国語の授業の板書を消しながら、私は社会科の授業をスタートさせているのである。
いやはや、すごいことである。

岩下先生のお名前を知るようになったのは、今から、21年前。
名著「AさせたいならBと言え」(岩下修著・明治図書)によってである。
以来、岩下先生の著書、雑誌論文から、多くのことを学ばせていただいてきた。

その岩下先生と同じ学校で、同じ学年で仕事をさせていただくことができることになろうとは・・・いつも書くことながら、人生って分からないものである。
そして、私は、いつも、運命という言葉で、自分を納得させるのである。

で、今日の岩下先生の講演テーマは「授業力をあげる10の技」であった。
素晴らしいものであった。
こま内容であるが、ここでは書けない。いや、書かない。

なぜかと言うと、研修会後、すぐに、岩下先生に、こうお話させていただいた。
「先生、素晴らしいお話でした。私達だけで独占するのはもったいない話です。この内容で、明日の教室で話していただけませんか?」
「分かりました。やりましょう。」
ということになったからです。
もちろん、話の中には、模擬授業も取り入れていただく。

私が、岩下先生と同じ職場になったのは、「岩下先生の実践をいろんな形で多くの人に伝えるため」だと思っている。「明日の教室」にお越しいただき、岩下先生の2枚目のDVDを作成していきたいと思っている。

そして、今回は、岩下先生と内容について細かく詰めることができる。
御登壇は、秋を予定している。まさしく、必見の内容になるはずである。お見逃しのないように・・・である。
[PR]

by sitoi | 2010-05-23 09:54 | Comments(1)  

Commented by Kaya 平井 at 2010-05-23 20:57 x
DVD2作目やりましょう。
楽しみです。

<< 5月21日 合同研修会 5月19日 社会見学を考える >>