12月11日 めっきり寒くなりました

めっきり寒くなりました。
相変わらず、賀茂川沿いをウォーキングしながら学校まで歩いているのですが、・・・寒い!
もう冬景色。今朝の様子はこんな感じ。
a0023466_21455003.jpg
そして、相変わらず、2年生の授業を悩みつつ、奮闘中。
来週は少し学習ゲームのようなものもやろうと思うのだけれど、今はまだ我慢。

二学期になって始めていた歴史学習のまとめも今は休止中。
通勤読書で「隠蔽捜査7棲月」(今野敏著・新潮社)を読み終える。
いやあ、よかった。このシリーズは本当に面白い。なかでも、この7はよかった。お薦めです。

そうそう、自宅のパソコンのモニターを買い換えました。
amazonでセールをやっていて、23.8型モニターが何と9400円。
昨日届いて、早速チェンジ。快適です。しかし、安い、この大きさで新品で10000円を切るなんて・・・。
今、amazonを見ると、同じ製品が13980円となっていました。いい買い物をしました。

[PR]

# by sitoi | 2018-12-11 21:57 | Comments(0)  

12月9日 毎週、怒涛の一週間

2年生の学級での授業を続けている。
今までの仕事も減るどころか増えているので、とんでもないことになっている。
私は基本、仕事机の上にはパソコン以外のものはほとんど置かない。
机の上が雑多になっていると気が散るタイプなのだ。
ところが、今は絵本やら2年生の教科書やら、歴史の資料などの本が山積みとなっている有様だ。
そこに、先生方からの学級通信やら週案、学校に届いた手紙などが毎日届けられるので、・・・。
でも、そんな日常にやっと少し慣れてきた。

今日は、午前中は妻はお茶会。
私は図書館に行き、本を7冊ほど借りてきた。
月に2回、10~15冊程度を図書館から借り、読むようにしている。
お茶会が終わるのを待ち、一緒に京都までドライブ。
妻が行ってみたかったというカフェでランチ。
a0023466_22103838.jpg
食後の珈琲を飲みながら、早速、借りてきた本を読む。
a0023466_22104867.jpg
その後、今日は、京都国立近代美術館へ。
「没後50年 藤田嗣治展」へ。
a0023466_22110033.jpg
この展覧会もお薦めです。
時代とともにその画風を変えつつ、しかし、藤田嗣治ならではの絵を進化させていったことが分かる展覧会でした。
これだけの数の作品を見る機会はなかなかないと思う。
ミュージアムショップで、一冊、本を買う。
読みたい本、読まなくちゃいけない本がこうやってどんどんたまっていくのだ。
a0023466_22111865.jpg
写真のカードは、妻のお茶会を待っているときに買ったもの。
竹下夢二の「椿」だ。季節柄、部屋にでも飾ろうかなと思って購入したもの。


[PR]

# by sitoi | 2018-12-09 22:24 | Comments(0)  

12月2日 久しぶりの彦根城

ここのところ連日忙しい毎日なので、日曜の今日はゆったり。
朝から愛犬の散歩。天気がいいので車をサッと洗って、いざドライブへ。
今日のお供は「アメリカの教室に入ってみた」(赤木和重著・ひとなる書房)だ。
夏休みに荒木先生のワークで少し読ませてもらって、びっくりの好著。
今になってしまったけど、ゆっくり読んでいる。
こういう教育書をもっともっと読みたいなあ。

で、ドライブは久しぶりの彦根。
彦根城にある庭園が紅葉が美しいということなので・・・。
車を飛ばして約1時間。近いものです。
まずは、老舗の近江牛の店で、すき焼き鍋をいただく。いやあ美味しい。
その後、彦根城。
a0023466_22101741.jpg
井伊直弼の像です。
不断桜も咲いていました。
a0023466_22100717.jpg
本当に気持ちのよい一日。
a0023466_22102982.jpg
a0023466_22103925.jpg
a0023466_22104814.jpg
見事な庭園でした。
最後は、お抹茶をいただきながら・・・。
a0023466_22105792.jpg
今年の我が家の紅葉狩りは、混雑する京都を避けながら・・・のんびりしました。

[PR]

# by sitoi | 2018-12-03 22:20 | Comments(0)  

11月30日 嬉しくて、誇らしくて、そしてちょっぴり悔しかった研究会

午前中、あれやこれやと忙しかったのだけれど、午後から年休をいただき研究会へ。
今日は、八幡市立美濃山小学校の研究発表会。
「表現活動を取り入れた主体的・対話的な授業の創造~表現しながら理解を深める学習者を育てる~」という研究主題。
このブログでも紹介してきたが、今年度、この小学校を訪問するのは三度目。
純粋に勉強させていただくために訪問させていただいている。

今日は6年生の道徳の授業を見せていただいた。
こんな授業になるといいなと思っていた通りの授業を見せていただいた。
私が思い描いていたのは「軽やかな授業」だ。
教師が必要以上に気負うことなく、この子たちとこれから授業するぞっていう軽やかな空気感。
それは、私がいつも心がけていることでもある。
たとえ、何百人の先生方に取り組まれようと、この子たちとならできるやんという感じ・・・。
そんな空気感を感じさせてくれる若い女の先生でした。

授業を見終わって、どうしても一言御礼が言いたくて、
「授業、すごくよかったです」
と声をかけた。
涙が出そうだった。
だってね、すべてが見えるもの。
45分の授業を見れば、それまでその先生が何を大切にされて、どんな授業の準備をされて、・・・分かるもの。

分科会も全体会も、見事なコーディネートだった。
全体をファシリテートしていたのは、もと相棒。
その成長した姿が嬉しくて、誇らしかった。
そして、相変わらず成長しきれない自分がいることがちょっぴり悔しかった。

最後のとどめは東京学芸大学教職大学院准教授の渡辺先生による講演&ワークショップ。
時間配分、内容、構成・・・いやはや凄いとしか言い表せない。
帰り際、「明日の教室に是非、ご登壇いただきたです」と厚かましく一言お願いをして会場を後にしました。

ああ、楽しかった!


[PR]

# by sitoi | 2018-11-30 19:44 | Comments(0)  

11月24日 懐かしい道を行く

連休二日目は、妻は仕事だったので、夕方から平等院に行ってみることにした。

何でもこの連休中はライトアップしているという話なので・・・。

ちょっと遠回りになるのだけれど、昔、通勤に使っていた道を通ってみることにした。

27年間、計5校の小学校に通ったことになる。

懐かしい道だ。

道が渋滞していたこともあって小一時間かかって、JR宇治の駐車場に車を停めた。

お茶の中村藤吉は襖を開け、部屋の様子が見えるようになっていた。

a0023466_21451969.jpg

混雑する宇治橋商店街を抜け、平等院へ。

いやあ、圧巻でした。本当に美しい紅葉。

知らない間にカフェもできていて、抹茶をいただき小休止。

実は平等院は久しぶりだった。

ライトアップもあまり期待していなかったのですが、予想以上の美しさ。

a0023466_21454221.jpg
a0023466_21460532.jpg

宇治橋商店街で、「抹茶キャラメル」を子どもたちと販売したり、クイズラリーを京都文教大学の学生たちと実施したりしたのが、もう10年前のこと。宇治を訪れるたびに、「もし、今も宇治で先生をしていたら・・・」と思うこともある。


「たら、れば」を言い出したら駄目・・・。今の私にできることを考えなくちゃね。


[PR]

# by sitoi | 2018-11-26 21:46 | Comments(0)  

11月23日 紅葉を楽しむ一日

今年の紅葉にあわせてカメラを買い替えた。
やっぱり一眼レフで写真を撮るのは楽しい。

今日は、まず近所の寺からスタート。
a0023466_22512313.jpg
今日からライトアップも始まり、コンサートも実施されるようだ。
次に、松花堂へ向かう。
気持ちの良い庭園。
a0023466_22513453.jpg
その後、近所のカフェでランチ。
a0023466_22514566.jpg
午後は、まずは田辺の観音寺。
a0023466_22541222.jpg
そして、一休さんで有名な一休寺。
a0023466_22542709.jpg
カフェも設置されており、これが「おみくじ」付き。何と「大吉」でした。
a0023466_22544733.jpg
一休寺、今が見頃でした。
a0023466_22545780.jpg

[PR]

# by sitoi | 2018-11-23 22:57 | Comments(0)  

11月22日 疲れてなんかいられないな

写真は昨夜、町を歩きながら撮ったもの。こんな道を歩いて家路についた。
a0023466_09385558.jpg
a0023466_09390456.jpg
a0023466_09391469.jpg
今週も今日が最後ということで、ゆったりと何て思っていたのだが、バタバタの一日。

急に研究会で話をしてほしいという話が舞い込み、演題を決めて送付する。
書き上げていた依頼原稿の最終チェックを済ませ、送付する。
校内で依頼されていた原稿をひとまず仕上げる。締め切りは今学期中なので、まだ寝かせておく。
週末なので、先生方からチェックのために届く学級通信に目を通し、一言コメントを入れて渡す。
校内で実施するアンケート調査を全校分印刷し、各クラスに配布する。
2年生のクラスで国語と算数の授業を行う。
2年生の生活科の授業のサポートに入る。
算数科の部内研の授業を参観し、事後研には参加できないので、コメントを書いて手渡す。
来週、学校HPにアップする原稿を整理する。
今日、届いた週案をチェックし、一言コメントを入れて、返す。
来週の国語と算数の教材研究を行う。
来週、読み聞かせを行う絵本を選び、借りておく。
放課後の校内研の司会を済ませ、18:30まで、お預かり児童の勉強を見る。

今日の仕事はこんなところだったかなあ・・・。
で、19:00退勤。
今日の授業は、悔しかったなあ。疲れてなんかいられない。
来週も、授業で勝負する!それが今の私の最優先だ。


[PR]

# by sitoi | 2018-11-23 09:58 | Comments(0)  

11月21日 あの時を思い出せば、大丈夫!

朝の賀茂川がほんとに気に入っている。
で、今日は、一眼レフを鞄に入れて、出勤。
朝の賀茂川を撮りたいなって、思って・・・。
a0023466_20560658.jpg
a0023466_20554515.jpg
a0023466_20555508.jpg
ほんの少し、パソコンで色合いを変えてみました。
電車内での読書は「スイート・ホーム」(原田マハ著・ポプラ社)。
この本も素敵だった。お薦めです。

学校では、2年生の子どもたちとの授業。
絵本を毎日読んでいる。
休み時間になると「先生、おにごっこ行こっ!」と手を差し伸べてくれる。
で、手をつなぎながらグラウンドに行くことも。

叱るも、褒めるも同じ。
子どもたちに一生懸命向き合うこと。
子どもの姿から考え、指導すること。
子どもから学び、考え続けること・・・。

大丈夫、あの時を思い出せば、きっと大丈夫!

[PR]

# by sitoi | 2018-11-21 21:03 | Comments(0)  

11月18日 新鮮な教材研究

ここ10年ほど、教科の教材研究としては社会科しかやってないので、国語や算数って、すごく新鮮。

今日は日曜日。

朝、目覚めるとすごくいい天気。

なので、サッと起きて、洗車。

ついでに、ほんの少し庭の手入れをした後、愛犬の散歩。


妻はランチに出かけるというので、教材研究の資料を鞄に入れて、私は図書館へ。

図書館で何冊か本を借りて、その足でスタバへ。

しかし、2年生の算数って、面白いなあ。

「直角」っていう用語が出てくるんだけど、「90度」は出てこない。

これって、高学年でも問題に出せそう。「直角の意味を90度という言葉を使わず、説明しなさい」といった感じで。

簡単だけど難しい・・・いや、ほんと面白いわ。

国語の教材研究は「わたしはおねえさん」という物語。

簡単だけど、深いなあ。

で、思いついたことをメモして、その後は読書。


今、読んでいるのは「銀河食堂の夜」(さだまさし著・幻冬舎)。

さだまさしさんの書く本は、どれもいい。

歌はあんまり興味ないんだけど、本は間違いなくいい。この本もとってもいい本です。


今日はゆっくり帰宅した後は、家でゴロゴロ・・・。

娘が置いていったノートパソコンをいじってみたり、愛犬と遊んだり・・・まっ、こんな休日もいいものです。


[PR]

# by sitoi | 2018-11-21 20:54 | Comments(0)  

11月16日 どうする、国語?

本当に早朝の賀茂川はきれいだ。
毎朝歩いているのだけれど、毎日微妙にその景色は様を変えていく。
a0023466_10174899.jpg
さて、今日は2年生での授業の二日目。
2年生って、一日に2時間国語の授業がある日もあるのか。
とりあえず、しばらくは絵本を読むと決めているので、今日は2冊。
a0023466_20565899.jpg
a0023466_20571063.jpg
一応、それなりに思いがあって、吟味して、読むようにしている。
1時間目の授業は、「絵本 → 並びっこゲーム → 甲骨文字の話」
朝なので、「おならうた」で軽く笑い合い、「並びっこゲーム」は学活の内容。
「甲骨文字」の授業は、少し紹介しておくと、

「あのね、今年は何年?」
「2018年」
「そうだね、2018年です。ということは、誰かが1年を決めて、それから2018年たったということです。不思議だねえ。ところで、日本には2018年前にはまだ文字がありませんでした。でもね、そのころのことが少しわかってるんだ。それはなぜかと言うと、中国には、もうその時に文字があったの。ちょっと見せるね。」
「こんな風に亀の甲羅に書かれた文字が発見されてるんだ。」
「あっ、知ってる。先生、甲骨文字って言うんでしょ。」
「よく知ってるね、そう、甲羅や骨に書かれたものが発見されたことから甲骨文字といいます。もう、今から3000年前にはこういった文字が中国にはあったんだ。」
「すごい!」
「でね、こんな文字が発見されると、何て書いてあるか知りたいじゃないですか。たくさんの学者が解明しようと試みたわけです。ちょっと、よく見て。今の漢字と似たようなものがあるんでしょ。」
「あっ、あれって、<早>って感じに似てる!」
「それでね、その解明の中で大きな発見をした人がいるの。それが、白川静さんという人です。いろんな発見があったんだけど、一番大きな発見といわれているのが<口>です。それまで、<口>は<人の👄>をあらわしているといわれていました。でもね、そうじゃない。<口>は<サイ>といわれる<神様への祝詞を入れる箱>をあらわしていることを発見したんです。」
「????」
「たとえば、こんな甲骨文字があります。ちょっと見てね。」
a0023466_10423270.gif
「これは(ちょっと文章だけで説明するのは難しいですね。サイと手からできていることを図を示しながら説明しました)今の漢字にもあります。何て漢字かわかるかな?」
「右!」
「その通り。右手でサイを持っている様子を表しています。サイは右手で持たなきゃいけなかったんです。」
「じゃあ、これは?」
a0023466_10423946.gif
「そうですね。左です。<エ>って表現している部分は、神に仕える人が持つ呪具をあらわしているんだよ。」

で、この後、クイズ形式で「尋」「友」という感じについて考えさせていきました。
最後に、
「そんな中国の人が、日本について、57年に書いたものがあるんです。中国に使いをよこしたから、金の印鑑をお土産に持たしたよって。でもね、そんな2000年も前のこと、嘘でしょって思ってたのね。ところが、その金の印鑑が発見されて、あーっ、本当だってことになって、日本の大昔の様子を中国の昔の本から学ばなきゃってことになったんだ。その金印がこれ(写真を見せる)。そして、みんなのノートに押したわけのわからないハンコは、この金印です。あっ、もちろん、偽物ですけどね。かっこいいでしょ。がんばったノートには、このハンコをバーンと押して返すからね!」

で、ここまでで45分ピタリ!

2時間目の授業は、「絵本 → 漢字ゲーム」。
漢字ゲームは「口」つながりのものを。
漢字ゲームは、私の定番授業。「口に二画」。
はじめて2年生でやりました。まあ、うーん、まあまあ・・・ですかね。

休み時間は、おにごっこ、ドッジボール・・・がんばります!


[PR]

# by sitoi | 2018-11-18 10:59 | Comments(0)