ブログトップ

学校から新しい風を!

2月17日 いかん、いかん・・・

いかん、いかん。ブログが書けないまま一週間が過ぎてしまった。
いろいろあったんだけど、もう忙しすぎて、どうにもならない。
いろんなところからのヘルプに応えているうちに、自分の仕事が回らなくなってしまっている。

この連休も読書。
妻に読んでみてよと勧められ、出口汪さんの本を数冊。
4月にはお招きして講演会を企画しているそうだ。
出口さんの書かれていることは、非常に明快で、これからの初等教育の指針になるだろうこと。

今日は、一人ファミレスに出かけ、のんびり読書。
a0023466_16500968.jpg
で、これから娘にもらったチョコレートを食べて・・・さあ、明日からまたがんばろう。
a0023466_16510396.jpg

# by sitoi | 2019-02-17 16:51 | Comments(0)

2月11日 遅ればせながら観てきました

今日は、妻は朝早くからお茶会。
で、私は妻を駅に送った後、マクドで珈琲。
ゆったり小一時間、読みかけだった「夜を守る」(石田衣良著・双葉社)を読み終える。

今日は雪がちらほら。
いったん帰宅し、簡単に掃除をした後、図書館へ。
いつものように4~5冊の本を借りて、映画館。
遅ればせながら「ボヘミアンラプソディー」を観る。
a0023466_17143334.jpg
クイーンはもちろん知っているが、どうかなあと思いながら観たのだが、懐かしい曲の数々に打ちのめされた。
ああ、そうか、知ってるじゃん、クイーン。
多くの方が書いておられるように、最後のライブの場面は圧巻。
いやあ、よかった。

帰宅後、明日、急に娘が帰ってくるようなので、カレーを仕込むことに。
カレーの材料と、一緒に飲む日本酒を買って帰宅。
ゆったりした休日でした。

# by sitoi | 2019-02-11 17:21 | Comments(0)

2月10日 朝風呂から出てほっこりしながら・・・

やっと休日だあ、というのが実感。
今、朝風呂から上がって、コーヒー飲みながら、これを書いています。

先週は連日、会議やら保護者対応に追われ、精神的にきつい一週間でした。

昨日は、土曜日ですが出勤日でした。
けれど、低学年はお休みなので、授業はなく、金曜日に実施したテストの採点をしておりました。
「テストの採点は学年の方で・・・」
とおっしゃるが、
「いえ、テストの採点は授業者がやるべきものですから・・・」
とお話しし、採点をし、観点別に見ながら、子どもたちの学習の様子を確認していく。
とっても大事な時間・・・。

あれやこれやと手を変え品を変え、授業を進めている。
もう少し向上させてやりたいなあと思う。

先週は、時間的にはきつかったのだけど、毎日、班長になった2年生の子どもたちと班長会を行った。
基本路線は高学年と同じ。
ちょっと心配していたのだけれど、何のことはない。6年生の子どもたちと大差はない。
しっかりした子どもたちである。
まあ、女子が多いのでにぎやかですけど。
リーダーとしての自覚と意欲をもって参加してくれた。
土曜日に、担任の先生から
「この子とこの子はどうなっていますか?」
という質問があったので、班長たちが考えているグループ分けの用紙を見てみると、すべて問題がないように分けられていた。
グループ分けの観点は、
「喧嘩せずに、注意し合えるグループにする」
である。

このグループで、話し合いを中心に据えた授業を行い、お楽しみ会の計画と実施を行う。
あと一か月。その後は、もう私が指導することはないだろう子どもたちだ。
「ああ、楽しかった」と思えるゴールを用意してやらないとね。


# by sitoi | 2019-02-10 09:27 | Comments(0)

2月9日 岩下修先生の学級通信本

昨年、岩下修先生にお願いして、若い頃の学級通信を冊子にしたものを2冊お借りしています。
岩下先生が20代、教師になられて3年目の学級通信です。
昨年から「明日の教室」から、電子ブックの形で学級通信本を出版するようになったので、岩下先生の若かりし頃の学級通信も出版しようと思っているのです。

しかし、悩みながら年を越してしまいました。
というのも、40年以上前の手書きの学級通信は、紙がかなり変色してしまっているということと、冊子になっているので、きれいにコピーをとることができないのです。
岩下先生の貴重な資料を裁断するわけにもいかず・・・。

悩んだ挙句、先日から少しずつ、パソコンで打ち直す作業を始めました。
文字をパソコンで打ち直し、岩下先生手描きのイラストは写真に撮ってレイアウトを考えて貼り付ける。

打ち直す作業は大変ですが、読むだけでは気がつかなかった発見もあり、楽しくもあります。
4月出版を目標に整理していくつもりです。

岩下修先生の20代の頃の教室風景が浮かんできます。
どうぞお楽しみに。


# by sitoi | 2019-02-10 09:11 | Comments(0)

2月5日 2年生の班長会スタート

昼休みに、クラスのみんなから選出された6名の班長を集める。
まずは嬉しそうな顔をしている様子に一安心。
この子たちとクラスの様子を聞きながら、席を決めていく。
今週は毎日、昼休みに集合することを伝え、解散。

今日も、いろんなことがあってバタバタ走り回る。

夕方、早めに退勤し、妻と待ち合わせ。
錦通りを抜けて、寺町通をブラブラ歩く。
古い絵図を売っている店があって、いつか何か買いたいなって思ってるんだけど・・・。
何気なくショーウィンドウに飾ってある巻物を見てびっくり。
蕪村作の巻物。そんなに大きなものじゃないんだけど、値札には「36000000円」と書かれていた。
3千6百万円!・・・家が買えるじゃん!!!いい目の保養ができました。

靴を買うのはここって決めている店を覗くと、感じのいい靴が並んでいて履いてみるといい感じだったので購入。
a0023466_22141868.jpg
ブラブラしながら、ビールを飲んで帰宅。
ああ、いい気分転換でした。

# by sitoi | 2019-02-05 22:15 | Comments(0)

2月4日 今日からまた新たな試練の日々

さてさて、今日からまた試練の日々です。
2年生の子どもたちに、どこまで高学年で行ってきた集団作りが通用するのか・・・。
今日の朝の賀茂川も素敵だった。
a0023466_20533525.jpg
出勤と同時に、教材研究。
1,2時間目の授業に備える。1時間目が算数で、2時間目が国語。
2時間目の国語の授業。少し時間を使って、班長の選挙。
「この人に席替えを任せたいな、この人だったらみんなのことをちゃんと考えてくれるから任せたいって人の名前を3人書いて。」
と用紙を配る。
3,4時間目は会議に出席。
給食をパパッと済ませ、放課後の会議の資料を作成。
5時間目が算数で、6時間目が国語。
国語の後半を他の先生に任せ、会議に出席。
終了後、別の会議に出席。

で、その後、算数の問題集と漢字練習プリントの丸付け。
ホッと一息付けたのが17:30。
そこから明日の集団づくりの構想と事務仕事・・・。

今週はとにかくがんばる!

# by sitoi | 2019-02-04 21:03 | Comments(0)

2月2日 多数参加いただき有難うございました

公開授業研究会。
いつもより1本早い電車に乗るため、星がまたたく空を見ながら自転車を走らせる。
出町柳駅に着くと、今日もきれいな空が広がる。
a0023466_07430118.jpg
学校に着くと、まずは今日の授業の準備。
今日は1時間目、2年生の教室で公開ではない授業を行う。
公開であるかどうかは問題ではない。
誰が見ていおうとも、誰も見ていなくとも・・・である。同じことをする。それが、子どもたちの信頼につながる、と思う。
今日から、きちんと3分割の授業を試みる。
①物語の読み取り ②漢字練習 ③絵本の読み聞かせ だ。
というのも、来週は連日会議が入り、最初の15分しか授業に入れない。
だから、①の部分をやり、②は子どもたちだけでできるようにし、③は代行の先生にお願いしようと思っているのです。
このパターンで来週の国語を進めようというわけ。
今日はテンポが少しずれて反省。

同時に来週から、集団作りの取り組みを始める。
2年生にできるかなあと少し心配でもあるけれど、ここは踏ん張ってやりきるつもり。
子どもたちに合わせながらやっていけば、マイナスになることはないだろう。

2時間目は、2年生の子どもたちの公開授業。
私は様子を見ながら過ごす。

お昼を挟んで、90分の教科ごとの分科会。
私は、いちおう社会科部なので、分科会の司会を担当。
まったく授業を見ることができなかったので、前半の授業検討では少し申し訳ない感じ。
後半は、6年生の子どもたちが授業で考えた課題について、参加者にワールドカフェの手法を体験していただきながら進めていく。
本校の研究主題である「個からつながり」というものを考えたとき、いわゆる講義形式のような机の配置のみで学習を進めていくのは無理がある。
グループで話し合う授業形態をとるだけで、話し合いの活性化を図ることができることを体験していただいた次第。
最後の5分をいただいて、「正解のない問い」から「子どもたちが問いを創り出す」という授業につて、例を出しながら話をさせていただいた。
これが、今は亡き有田和正実践ではなかろうか、と。
そして、それは今求められている授業像ではなかろうかということである。

最後は、荒木寿友先生による「個からつながりを創り出す授業デザイン」というご講演。
荒木先生には2年間にわたって、本校の研究、授業改善に関わっていただいた。本当に有難いことである。
講演の後半は、いろんな具体例を示されながらのお話。
荒木先生は、道徳の授業についてはもちろんですが、こういった授業デザインについても、全国屈指の研究者なのである。

夕方から、荒木先生を囲んで懇親会。
早くから始めたので、飲んで、食べて、20:00には解散。
久しぶりに寺町通をブラブラしながら帰宅。

# by sitoi | 2019-02-03 08:09 | Comments(0)

1月30日 週末は、学校公開研究会です!

今週末、土曜日は本校の学校公開研究会です。
今年度も、全国からたくさんの先生方が参加されるようです。
どうぞ、よろしくお願いします。

今年度の公開研究会では、私は授業はしません。
残念ですが、今年度は社会科の授業をしていませんから、仕方のないことです。

代わりに、社会科の分科会の司会を務めることになっています。
90分間、いろんなワークを取り入れながら進めていけるといいなと考えています。

今朝もすごい寒さ。
でも、こんな日は本当にきれいな景色が広がる。
a0023466_21593410.jpg
だから、やっぱり歩いちゃうんだなあ。
毎日のウォーキングの距離は、5~6km。ちょうど行き返りで1時間ちょっと。
おかげで健康。インフルエンザの脅威のまっただ中でも、そんなもの関係なしです。

明日で、もう1月も終わり。
本当に早いなあ。

# by sitoi | 2019-01-30 22:03 | Comments(0)

1月29日 今週の日曜日は「グッと!地球便」

毎年、夏休みにはフィリピンに行くようにしている。
もう、今年の夏の飛行機も手配済み(妻がとってくれたんだけどね)。
今年の夏で5回目になる。
一応、語学学校に入って、一週間英語漬けになるというのが目的なんだけど、ホテルのオーナーとお酒を飲むのも楽しみだし、ローカルなとても日本人だけでは入らなれないだろう食堂に連れて行ってもらうのも楽しみだし、超豪華なホテルで一日くつろぐのも楽しみだし・・・。
その楽しみの一つに「離島ボランティア」という活動がある。
船で1時間ほどかけて離島に連れて行ってもらう。そこで、島の子どもたちと一緒にゴミ拾いをするという活動だ。
昔ながらの生活を続ける島の人たちにゴミを整理するという習慣はない。何でも捨ててしまう。
昔のゴミはそれで自然に還ったのだろうけど、ビニルやペットボトルなどはそうはいかない。そう、こんな離島にもそういうものがどんどん入ってきているのだ。その結果、島はゴミで溢れ、海岸にはペットボトルが散乱するという悲惨な状態になってしまっているのだ。

そんな状況を見て、この「離島ボランティア」を始めたのが、三浦聖子さん。
私も2年前には、お会いして、離島を案内していただいた。
その三浦さんの活動の様子が、今週の日曜日、テレビで放映されるそうだ。ぜひ、多くの方に見ていただきたい。

日曜日の朝、9:55から読売テレビで放映される「グッと!地球便」という番組だ。




# by sitoi | 2019-01-29 20:43 | Comments(0)

1月27日 一休善哉の日

よく寝た。
休日の朝は、私が珈琲を飲んでいるのを愛犬オーはじっと待つのが常だ。
a0023466_17460547.jpg
こんな感じ。
午前中は、妻は「生け花教室」で出かけていたので、のんびり過ごす。

午後は、妻と一休寺に出かけることに。
1月の最終日曜日、一休寺では「善哉の日」が開催されるのです。
あんことおもちが入った「ぜんざい」ですが、漢字では「善哉」と書くそうです。
この「善哉」の名付け親が一休さんだというのです。

一休禅師は1月1日生まれ、大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになり「善哉此汁(よきかなこのしる)」とおっしゃったことから善哉となったと言われています。(一休寺HPより)
a0023466_21391166.jpg
受付で絵馬をいただき、それに今年の「誓い」を書きます。
奉納し、お経を唱えていただきます。その後、しばし、座禅を組む。
そして、その後、善哉をいただくのです。
とてもいい時間です。
a0023466_21393087.jpg
帰りに図書館に付き合ってもらって、いつものように本を4~5冊借りる。
さあ、また一週間、がんばろう!



# by sitoi | 2019-01-27 18:06 | Comments(0)

E-mail:susumu422☆gmail.com(☆を@にしてください。)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28