4月23日 居心地の良さが、授業の決め手?

先週のことを書き留めておこうと思う。
先週、かつての相棒の勤務校の公開授業を参観させていただいた。
初任で私が勤務していた小学校に赴任した相棒は、私がそれまで見たこともない素質を秘めていた。
一年間、私が考えていたことは伝え、知っていたことは教え、そして、別れた。
一年経った時には、もう私が伝えることも、教えることも必要なかった。
それほどの逸材だった。

10年以上の時が流れ、相棒は勤務校で研究主任として活躍していた。
そんな学校で、1時間、授業を参観させていただいた。
国語の授業だ。
TTという二人体制の授業で、ドラマ教育の手法を取り入れるという。
参観者は、私以外に、授業づくりネットワーク理事長の石川晋さん。私が、教師の中で唯一「天才」という言葉を使って紹介する方。
立命館大学の武田先生。武田先生はドラマ教育に熟知されていて、私も研修を受けたことがある優れた教育者であると同時に実践家。
さらに、「明日の教室」でもお世話になっているカメラマンの平井さん。多方面で活動を続けるコアプラスの武田緑さん。
さらに、講師としてこの学校の教育に関わっておられるのが、東京学芸大学の渡辺先生。びっくり!
それに、教育委員会の方々・・・。

授業が始まった。
T2の相棒がさらりと授業に入った。・・・・うまい。
ん?T2がいきなり語り出す?
授業をしばらく見ていて分かった。
阿吽の呼吸でT1とT2が入れ替わるのだ。
いや、入れ替わるのではない。
授業というのは、客観的に見れば補強する点が見えてくるもの。だから、T1とT2が入れ替わりながら授業を創るのが良いに決まってる。それをここまで自然体でできるのか、と感心した。
ベテランの先生が、このクラスの担任だというが、この時期にこの状態にクラスをもっていけるのは並大抵の技量ではない。
良い先生に、また鍛えていただいているのだな・・・。

授業分析は、明日、また書いてみたいと思う。
ただ、分かったことは、居心地の良さ、だ。
高飛車な言い方をすれば、10分も見れば、いろんなことが見えてしまう。
だから、45分授業を見続けることが、通常、苦しくなってしまう。
なのに、この授業は、45分間、楽しく?参観できたのだ。
そう、授業の良し悪しって、居心地の良さで判断できるんじゃないだろうか。
だって、楽しそうに学んでいる子どもたちを見るのは、気持ちの良いものだから・・・。

そして、チャイムで授業は終わった。
素敵な学級と素敵な授業を見せていただいた。
明日は、授業後の検討会について書いてみたい。


[PR]

# by sitoi | 2018-04-23 22:31 | Comments(0)  

4月23日 居心地の良さが、授業の決め手?

先週のことを書き留めておこうと思う。
先週、かつての相棒の勤務校の公開授業を参観させていただいた。
初任で私が勤務していた小学校に赴任した相棒は、私がそれまで見たこともない素質を秘めていた。
一年間、私が考えていたことは伝え、知っていたことは教え、そして、別れた。
一年経った時には、もう私が伝えることも、教えることも必要なかった。
それほどの逸材だった。

10年以上の時が流れ、相棒は勤務校で研究主任として活躍していた。
そんな学校で、1時間、授業を参観させていただいた。
国語の授業だ。
TTという二人体制の授業で、ドラマ教育の手法を取り入れるという。
参観者は、私以外に、授業づくりネットワーク理事長の石川晋さん。私が、教師の中で唯一「天才」という言葉を使って紹介する方。
立命館大学の武田先生。武田先生はドラマ教育に熟知されていて、私も研修を受けたことがある優れた教育者であると同時に実践家。
さらに、「明日の教室」でもお世話になっているカメラマンの平井さん。多方面で活動を続けるコアプラスの武田緑さん。
さらに、講師としてこの学校の教育に関わっておられるのが、東京学芸大学の渡辺先生。びっくり!
それに、教育委員会の方々・・・。

授業が始まった。
T2の相棒がさらりと授業に入った。・・・・うまい。
ん?T2がいきなり語り出す?
授業をしばらく見ていて分かった。
阿吽の呼吸でT1とT2が入れ替わるのだ。
いや、入れ替わるのではない。
授業というのは、客観的に見れば補強する点が見えてくるもの。だから、T1とT2が入れ替わりながら授業を創るのが良いに決まってる。それをここまで自然体でできるのか、と感心した。
ベテランの先生が、このクラスの担任だというが、この時期にこの状態にクラスをもっていけるのは並大抵の技量ではない。
良い先生に、また鍛えていただいているのだな・・・。

授業分析は、明日、また書いてみたいと思う。
ただ、分かったことは、居心地の良さ、だ。
高飛車な言い方をすれば、10分も見れば、いろんなことが見えてしまう。
だから、45分授業を見続けることが、通常、苦しくなってしまう。
なのに、この授業は、45分間、楽しく?参観できたのだ。
そう、授業の良し悪しって、居心地の良さで判断できるんじゃないだろうか。
だって、楽しそうに学んでいる子どもたちを見るのは、気持ちの良いものだから・・・。

そして、チャイムで授業は終わった。
素敵な学級と素敵な授業を見せていただいた。
明日は、授業後の検討会について書いてみたい。


[PR]

# by sitoi | 2018-04-23 22:31 | Comments(0)  

4月22日 59歳になりました。

今日は誕生日で日曜日。
されど、今日もお仕事でした。
午前中、京都駅近くで、私学の小学校が一堂に会して、学校説明会。
受験を考えられていらっしゃる幼稚園児の保護者の方々に学校を説明。
たくさんの方にお越しいただき、会場を片付け終わると、13:00。

急いで、帰宅し、妻と車で琵琶湖畔へ。
琵琶湖畔のFIGAROホールで、ピアノリサイタルを鑑賞。
クラシックなんだけど、ジャズを聴いているようで、至福のひと時。
a0023466_23043537.jpg
100名ほどが収容できる小ホールなのだけれど、また来たいなって思わせる、とてもお洒落なホールでした。
帰り道、前から気になっていた酒屋を覗いてみると、やっぱりこだわりのいい店でした。
で、誕生日なので、地酒を1本購入。ワインのようなフルーティな日本酒です。
a0023466_23084390.jpg
誕生日のプレゼントに妻から眼鏡をいただきました。
というのも、先日、福井県の鯖江に妻の眼鏡を買いに行ったのですが、ほしい眼鏡が10万円以上かかることが分かったので、断念。
ちゃっかり、眼鏡のメーカーと型番を記録して帰り、近所に新しくできたお洒落なお店で頼んだところ、半額ほどで手に入れることができたのです。このお店の接客が素晴らしいということで、私もこの店で購入することになった次第。
1時間ほどかけて、眼鏡を購入。一週間後に仕上がりです。あっ、私の眼鏡はそんなに高くないです(笑)。

何も変わることなく、59歳を迎えることができた。きっと、そのことがとっても幸せなことなのだと思います。
たくさんの方からお祝いのメッセージをいただきました。ありがとうございます。




[PR]

# by sitoi | 2018-04-22 23:16 | Comments(0)  

4月16日 今週末は「明日の教室」です!

ゴールデンウィークまで、あと二週間。
教室は大丈夫でしょうか?
順調に楽しく学級づくりが進んでいたらいいのですが、いろんなことがしんどくなってきているのなら、ここで軌道修正です。
今週末は、「明日の教室」です。
私と池田さんの二人で講座を持ちます。
学級づくりや授業づくりで悩まれている方、どうぞお越しください。



[PR]

# by sitoi | 2018-04-16 22:44 | Comments(0)  

4月15日 「ようこそ一流アーティストたち」から学んだこと

40代の頃、取り組んでいたのが「ようこそ一流アーティストたち」だ。
学校に様々なアーティストたちをお招きし、コラボレーションしながら授業を創っていくという試み。
今、考えると、よくもまあそんなことがせきたものだと不思議で仕方ない。
連絡を取り、出かけ、打ち合わせをし、お金を用意し・・・それを繰り返す。

でもねえ、そこには一生分の学びがありました。
私の今の信念の根っこは、ここで学んだことにあります。

その当時、アーティストではないのですが、私が最初にお招きしたのは、藤川大祐先生(千葉大学教授)でした。
40代で、このセレクトができた自分を今でも褒めてやりたい気持ちで一杯です。
その藤川先生が理事長を務められているNPO法人の記事が今朝の朝日新聞に紹介されていました。
a0023466_10283055.jpg
また、昨日、久しぶりに劇団衛星さんから新作の案内が届きました。
蓮行さんと知り合い、そこから演劇を授業の中に取り入れ、平田オリザさんにもお越しいただき、子どもたちに授業していただいたこともありました。ホールを借りて、子どもたちの演劇も見ていただきました(この時の演劇の様子は「明日の教室」のDVDにもなっています。平田オリザさん、北川達夫さんにお越しいただきお話をうかがいました)。
a0023466_10325987.jpg
そうそう、演劇といえば、八幡市の美濃山小学校は全校をあげてドラマ教育に取り組んでおられ、その研修の方法などが素晴らしいということで、ちょっと話題になっています。
そこで、研究主任をしているのが、私のかつての相棒です。
来週の研究会には、何人もの大学の先生方が集まられるということなので、私も混ぜてもらうことになりました。
今の私に何が見えて、何を思い、何を語るのか・・・・楽しみです。

何はともあれ、みなさん、がんばっていらっしゃる。
私もがんばらないとね。


[PR]

# by sitoi | 2018-04-15 10:38 | Comments(0)  

4月14日 春のいけばな展へ

午前中は、車のリコールでディーラーへ。
珈琲をいただきながら読書。
今日のお供は「コーヒーが冷めないうちに」(川口俊和著・サンマーク出版)。
本の世界に入り込むと、1時間なんてあっという間に過ぎていく。

午後は、妻と池坊へ。
16日まで「春のいけばな展」を開催しているので、それを見に行くことに。
ちょっと前までは、いけばなんて全くと言っていいほど興味なかったのだが、妻が家に花を飾ってくれるようになってからは、池坊のいけばな展は毎回見に行くようにしている。
花を見て、お茶をいただく。
何ともいいものです。

本当は夕方からライトアップされるのですが、雨も降ってきたので、今日は夕方には家に戻ることに。
外に展示されていたものが、圧倒的で素晴らしかったです。
外の展示は無料です。
お時間があれば足を運ばれることをお薦めします。
a0023466_23121859.jpg
a0023466_23123462.jpg
a0023466_23124967.jpg

[PR]

# by sitoi | 2018-04-14 23:15 | Comments(0)  

4月13日 結局は、自分に何ができるかを探し続けるということ

30歳の頃の私は、ずいぶん傲慢な人間だったと思います。
教育実践に関しては、もうかなり理解できていると思い込んでいました。

それが、職場が変わったり、素晴らしい実践家と出会うことで、何度も覆されてきました。
今、振り返ってみると、「何で俺が・・・」と思うような待遇が自分を磨く場になったと思えてきます。
だから、私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」なのです。

今年、私は校内で新しくできたポストに就くことになりました。
学級も授業もありません。

新しい場に身を置く時に、思い出すのは、困難校に赴任して2週間ほどたった時に開かれた歓迎会での教頭先生の言葉です。
私は、その2週間、新しい環境に馴染めずに、前の学校と比べてみたり、うまくいかない日々を、心の底では困難校という環境のせいにしていました。
そんな折の歓迎会の場で、自分が何を話したかは覚えてもいないのですが、私と同じように新しく赴任された教頭先生の言葉は鮮明に覚えているのです。その教頭先生はこう言われました。

「新しい環境に戸惑う毎日です。毎日、自分に何ができるだろうと自問自答しながら過ごす毎日です。」

私は、「これもできない」「あれもできない」と過ごしていたのです。
後ろ向きな毎日を送っていた私には衝撃の一言でした。

それ以来、どんな場に身を置こうとも「自分に何ができるだろうと探し続けること」と考えるようにしてきました。
すると、いつだって、何かが見えてくるものなのです。

新たな仕事として、先生方の学級通信を拝見してチェックするように言われました。
自分だったらと考え、ほんの一言でもメッセージを添えてお返ししようと決めました。
先生方の週案のチェックにも、同様にメッセージを添えます。

今までとは違った仕事をすることになり、戸惑いの毎日で、この一週間は夜中に何度も目覚めることを繰り返していました。
そんな中の週末。今夜は職場の歓迎会でした。
たいして飲んでもいないのに、帰宅するともうフラフラでした。

でも、自分に何ができるかを探し続けること。このことさえ肝に銘じて置けば、きっと自分はまた成長できると信じている今日この頃です。

[PR]

# by sitoi | 2018-04-14 08:39 | Comments(0)  

4月9日 サポート役に徹する

今年一年は、先生方のサポート役に徹する一年と決めている。
担任なし、授業なし・・・と決まった時、じゃあ、何をするのかと考えた時、そう思いました。

担任をしていた時、こういう裏方をしてほしいと思っていたことをやる。
損得なしに考え、動く。

一年やれば、きっと35年教師をやってきても見えなかったものが、きっと見えるはず。

誰も見ていなくとも、
多くの人が見ていても、
同じことをやりきる。

その信念をこの一年に生かしたい。

明日からは、少し早めに出勤して、登校指導をするつもり・・・。
がんばります。



[PR]

# by sitoi | 2018-04-09 21:30 | Comments(0)  

4月8日 はじめての仕事

4月7日、始業式。
教員生活36年目が実質スタート。
今年、私は担任を持たないことになりました。
教師になって、35年間連続で学級担任として働いてきました。
担任を持たない始業式は、何とも寂しいものでした。

その代わり、始業式の後の各学級の学活の様子を見て回りました。
こんなに違うんだ、と驚きました。
つまりは、最初の子どもたちとの出会いの場に何を用意するか、どんなことを語るか。
どんなに打ち合わせをしたとしても、同じにはならないのだなと思いました。
そして、同じにするのは無理があるとも思いました。
だって、子どもが違うし、教師も違うのだから・・・。

今年一年は、各学級の先生方の仕事のお手伝いを黒子に徹して行うこと。
それが、私の仕事。

土曜日は、帰宅したのが19:30。
夕食を食べた後、倒れこむように爆睡。
疲れたあ・・・。

そして、日曜日の今日は、早起きして車を洗い、神戸までドライブ。
我が家にホームステイしていた女の子が結婚し、子どもも生まれ、東京に住んでいるのだが、神戸に来ているというので、会いに行くことになった次第。
ちっちゃな子って、見ていて飽きないなあ・・・。
ホテルで一緒に食事をして、神戸から新幹線で帰るのを見送って、帰宅。

京都に戻って、お香の店へ。
この前、妻が行き、とてもよかったというもので・・・。
a0023466_22000327.jpg
路地を曲がると、京都にはこんな店があるんですよねえ。
いやあ、いい店でした。
私は、お香が好きなので、こういう場所もまた落ち着きます。
一つお香を購入して帰宅・・・。

[PR]

# by sitoi | 2018-04-08 22:02 | Comments(0)  

4月5日 遅ればせながら・・・

まだ春休みだというのに、本当に毎日バタバタしている。
今日は、お昼を食べに行く時間も、もったいないのでパンを買ってきて、食べながらパソコンに向かう。

家に帰ってからは、春休み中に何とか仕上げたいと思っていた原稿を仕上げた。
それは、この「学校から新しい風を!」の中から教育に関する記事をまとめていく作業。
公立小学校を辞めて、本校に赴任してからのものだ。

公立小時代のことは「教師力の極意」という本にまとめたので、私学に移ってからのことを整理したとは思っていた。
とりあえず、200ページ分くらいをワードに貼り付けていって、そこから削っていった。
最終的に64ページ分まで削っていった。
この8年間、自分の考えてきたことがうまくまとめられたなあと自画自賛している。

これは、電子ブックシリーズの一つとして販売していく予定だ。
題名は、そのまま「学校から新しい風を!」となる。
一冊、100円。
たくさんの方にお読みいただきたいなあと思う。
発売まで、今しばらくお待ちください。

[PR]

# by sitoi | 2018-04-05 22:24 | Comments(0)