5月19日 また書き出そうと思う・・・

気がつけば10日以上ブログを更新できなかった・・・。
忙しかったといえばそうなのだけど、それ以上に、書こうという気力が湧いてこなかったというのが事実。
学級がうまくいっていない?
うーん、そんなことはない。
子どもたちは遅々たる歩みだが、チームへと変化しつつある。
日々、子どもたちとのやりとりは新鮮だ。

昨日は、昼休みに、班長たちとはこんなやりとりがあった。
「で、どうなの?今の状況は・・・」
「えっと、私の班はすごく平和です。昨日も宿泊学習の分担を決めるとき、あっ、じゃあこれはぼくがやるわ。そう、ありがとう、じゃあ私はこれを・・・って感じですんなり決まるし、もめ事もないです。」
「えっ、ぼくの班はちょっとやばいです。給食のときなんか険悪なムードです。もう会話が途絶えて、ちょっと息苦しい感じです。○さんと□くんは言い争いが絶えないんです。どうしようかなって悩んでます。」
「じゃあ、○さんと□さんの席を少し替えてみたらいいんじゃない?」
「あっ、それだったら、ぼくの班も隣同士で少しうるさいので、ちょっと替えたいです。」
「じゃあ、今日の放課後、集まって考える?」
「今日は、ちょっと残れません。」
「わたしもちょっと無理かなあ・・・」
「じゃあ、月曜日の朝、少し早めに登校して相談する?」
「それなら大丈夫。じゃあ、月曜日に!」

で、その後、班長の一人、△さんがやってきて、
「あのさあ、先生、席を替えるって方法はどうなのかなあ?」
「ん?どういうこと?」
「だってさあ、席を替えるってことは、本当のところは解決してないってことでしょ。」
「なるほど」
「一生懸命考えた末の席なんだから、替えるんじゃなくて、やっぱり頑張らなきゃいけないんじゃないかなあ」
「なるほど。月曜日の朝に、ほかの班長に話してみたらいいんじゃない」
「はい。そうします」

放課後になって、一人の女の子とちょっと話す時間がもてた。
この子は、本当にやさしい子。
毎日、一年生の教室に給食のお手伝いに行き、最終日には「先生、もう終わり?もうちょっと行きたかったなあ」
とつぶやいていた子だ。
この子は、険悪なムードですと班長が言っていた班にいる。
「あのさあ、○さんと□くんがやばいって班長から聞いたんだけど、どう?」
「えっ?そんなことないって私は思うけど・・・」
「でも、給食のときとか険悪なムードなんでしょ。机も少し離してるって聞いたけど・・・」
「でも、それって、ほんの5cmくらいだよ。私は今の班で仲良くしていけるって思ってるよ」
「大丈夫?」
「大丈夫だって。だって、みんないい人だから・・・」
なるほどなあ、ちゃんと機能してるんだ。険悪なムードにオロオロする班長。何とかなだめていこうとする子もいる。だったら、この班ももう少し頑張らせてみることが大切か・・・と思った次第。

そうそう、昨日は朝から女子を怒鳴りつけた日でもあった。
この一か月歯がゆい思いをしながら見ていた女の子を、だ。
この子もとってもいい子だ。
もっと、もっと伸びていかなくてはならない。
ただ、朝の登校がギリギリの時間が続いていて、鞄の整理ができないまま朝の時間が始まる日が続いていた。
「いい加減にしろ!それって、間に合ってないだろ。そういうのはだらしがない!しっかりしろ!」
大声で、である。
その後、何度も、何度も考えた。
なぜ、自分は怒鳴ったんだろうって。もう一度、あの場面があったとして、自分は怒鳴るのか?なぜ、怒鳴ったんだ。
いつも、私は怒鳴りつけた後には、自分に問いかけるようにしている。
教師は、その瞬間、瞬間の出来事に対応していかなければならない。
それは、気分であってはならない。
気分で怒鳴っていてはいけない。
自分の真意はどこにあったのかを整理していかないととんでもないことになる。
そう、信頼を失うということだ。
私が、たどりついた答えは、
「そうか、自分はあの子をずっと怒鳴ってやりたいと思っていた。だけど、気兼ねしてできなかっただけなんだ。もう大丈夫だと判断したんだな。怒鳴っても信頼は失わないと・・・。」
ということだった。
放課後、帰るときに、その子が近づいてきて、
「先生、月曜日からもう少し早く来るからね」
「そうだね」
「うん、さようなら」

今年もいいクラスを担任させてもらっている。
とにもかくにも幸せなことである。

また、日々の出来事を書き始めようと思う・・・。


[PR]

# by sitoi | 2017-05-19 08:24 | Comments(0)  

帰省 三日目

毎年、朝は早く起きてジョギングに出かけていたのだが、今年はのんびり寝てしまった。
とりあえす、朝風呂へ・・・。
風呂は大きくはないのだが、小さなホテルなので、今朝も風呂は私ひとり。
露天風呂もあるので、のんびり。

で、朝食。
これが、実に素晴らしい。
a0023466_18525757.jpg
a0023466_18532611.jpg
a0023466_18523854.jpg
コーヒーはテラスでいただく。
愛犬オーも、のんびり・・・。
a0023466_18543996.jpg
9:30にチェックアウトし、昼前には帰宅。
午後は家の掃除を済ませ、畑を整備し、トマトを植えた。
さあ、明日から、また頑張ろう!

[PR]

# by sitoi | 2017-05-07 18:56 | Comments(0)  

帰省 二日目

二日目はあいにくの雨。
午前中に、昨日購入したベッドが届けられ、設置をお手伝い。
昼前に、母を誘って、ホテルでランチ。
a0023466_13564341.jpg
事前にランチ券を購入しておいたので、ランチセットに飲み物もついて、ジャスト1000円。
a0023466_13570055.jpg
午後、実家で少しのんびりして出発。
午後は天気も回復し、久美浜のお気に入りのホテルへ。
このホテルは毎年、この時期に利用する。これで、3年目。
15:00到着。何と、快晴に!
a0023466_18403058.jpg
愛車「UP!」です。
a0023466_18423504.jpg
ウェルカムドリンクとドルチェをいただきながら、テラスでのんびり・・・。
ここは犬もOKなので、愛犬オーも一緒にのんびり。

部屋は和洋室でゆったり。
そして、食事が、素晴らしい。
a0023466_18444909.jpg
a0023466_18454513.jpg
a0023466_18461169.jpg
a0023466_18451354.jpg
a0023466_18464632.jpg
夜もドッグランでゆったり・・・。
a0023466_18473438.jpg
当然、温泉です・・・。

[PR]

# by sitoi | 2017-05-07 18:48 | Comments(0)  

5月5日 帰省 一日目

渋滞の中、帰省。
昼食後、墓参りを済ませた後、母の買い物に付き合う。
「母の日」のプレゼントにベッドを購入。
その後、愛犬オーとゆったり散歩。
海沿いの道は、天の橋立がきれいに見えて、風も心地よい。
a0023466_13512839.jpg
公園に着くと、オーは大喜びで走り回る。
a0023466_13522697.jpg
a0023466_13524881.jpg
夜、実家の二階から、2枚のレコードを救出(笑)。
「えーっ!」と妻に呆れられながらも、持ち帰ることに。
a0023466_18255907.jpg
1枚は、ボブ・ディランの名盤「THE FREEWHEELIN」。1曲目が「風に吹かれて」です。
a0023466_18284640.jpg
2枚目は、山下達郎のアカペラ「ON THE STREET CORNER」。うーん、渋い。

LPレコードは高校生の頃から集め始め、たぶん500枚程度はあったのですが、ほとんど処分しました。
処分しきれなかったものが、実家の2階に30枚程度残っているのです。
しかし、今にして見れば、この2枚だって、なかなかのアルバムですねえ。
しかし、どんどんLPレコードが増えていくなあ・・・。

[PR]

# by sitoi | 2017-05-07 18:33 | Comments(0)  

5月4日 高槻ジャズストリート

朝、6:00前に起きて、パソコンに向かう。
依頼されていた原稿が難しくて、何を書いたらいのか整理できず、本を読みパソコンにキーワードを打ち込んでいく。
集中して、2時間ほど・・・。
何とか執筆の方向性が見えてきて、今日はここまで。

9:00前に妻を送り、その後、久しぶりにマクドで読書。
「トッカン the 3rd 」(高殿円著・早川書房)。

家に戻り、愛犬オーの散歩と、洗車を済ます。
昼前に、高槻に向けて出発。今日は、「高槻ジャズストリート」へ。
昨日、今日の2日間、高槻の町はジャズで溢れる。
毎年、時間をがあると行くようにしている。
素晴らしい取り組み。ジャズの生演奏が聴き放題で、すべて無料なのである。

今日は、阪急高槻駅前で、座ってビールを飲みながらジャズを聴いた。
a0023466_09313441.jpg
夕方、阪急電車で京都へ。
妻と待ち合わせ、デパートへ。
明日から帰省するので、お土産を購入。

夜は、パソコンで映画を観る。
昨夜、洗車用のシャンプーをアマゾンで購入すると、ビデオの金券がついてきたので、それを利用。
しかし、便利な世の中である。
昨夜注文した洗車用のシャンプーは今朝届いた。送料も無料だ。
おまけにアマゾンのビデオの金券がついてきて、それで映画を観ることができるときている。
パソコンは21インチの画面なので、テレビと変わらないし、スピーカーはBOSEなので、テレビより音はいい。
便利だけどねえ・・・。
便利だけど、不便の中にこそ喜びもあるのだろうな。



[PR]

# by sitoi | 2017-05-05 09:42 | Comments(0)  

5月3日 連休初日は、のんびり散歩

午前中、愛犬オーも一緒に散歩がてら、近所のカフェへ。
テラスでモーニングをいただく。
「横浜1963」(伊東潤著・文藝春秋)を読み終える。
で、また散歩していると、つつじがきれいに咲いている公園を発見。
a0023466_21193736.jpg
よく見ると、藤棚も・・・。
a0023466_21201845.jpg
蹴上の浄水場のつつじが公開されていることを思い出し、ドライブ。
混んでいる道を避けながら、祇園に駐車。
「祇園ふりふり」を思い出し、妻とランチ。
a0023466_21223504.jpg
女将の週替わりのランチだったっけ、そんな感じのものを注文。
フェイスブックで「いいね」をおすと、飲み物が無料でついてきます(6月までだったかな)。
a0023466_21245544.jpg
この場所で、この店で、ゆったり食事ができて、一人2000円以内。いい店です。
その後、のんびり蹴上の浄水場へ。
a0023466_21264726.jpg
a0023466_21270546.jpg
京都は、ほんとにいいところです・・・。



[PR]

# by sitoi | 2017-05-03 21:28 | Comments(0)  

5月2日 ひと月無事終えたことを祝う

早めに退勤し、学年の先生方と一献。
このひと月を無事終えられたことを祝う。
たんなるひと月ではない、この一年間の鍵をにぎるひと月なのだと思う。

わがクラスも、このひと月の中に、子どもたちの変化や成長がたくさん見てとれた。
とりわけ、班長たちは大きな成長が見てとれた。
4月の後半は、1年生の給食の片づけは班長たちに任せた。
とりあえず1分でも早く行って手伝いをしようと思っているのが見ていて分かる。
給食終了10分前には、1年生の教室に行くようになった・・・。
「先生、何分前に行ったらいいですか?」
「それは、君らの方が分かってるだろ?自分たちで相談して決めればいい。」
そのまま昼休み、教室に残り、1年生の子どもたちの手伝いをするようになっていた。
その様子を私は、離れた場所で、毎日、見るようにした。
ほんの少しの時間しか取れないが、必ず見に行くようにした。
ここが大事なのだ。絶対に、がんばっている子の姿を見る。
見ることが「承認」なのだ。
「承認」を重ねて、その上で、「褒める」のだ。
今日は、給食を終えた子どもたちに声をかけて、グラウンドに一緒に遊びに出たようだ。
「自主的な動き」から「主体的な動き」へと変化してきたのを見届け、嬉しく思った場面だった。

班長たちと一週間をかけて、席順を決めていった。
休み時間は、班長会議というありさまだった。
「これで、仲良く勉強できる座席になった?」
「はい、大丈夫です。」
「本当に協力してやっていける?」
「大丈夫です」
席替えを行った。
もちろん、文句を言う子どももいるわけで・・・。
その日は、席替えでの嬉しさも加わり、昨日より騒がしい教室となった。
「班長、ちょっと来てくれる」
「何を考えているんだ!この騒がしさは何だ!」
と、怒鳴りつける。
その日のノートに、ある子はこんなことを書いていた。
「班替えをした。みんな嬉しくて、ちょっとうるさかった。・・・・班長たちが先生に呼ばれて、叱られた。・・・叱られなきゃいけないのは、ぼくたちだと思った。班長たちに悪いことをしたなあと思った。・・・この班で仲良くがんばりたいです。」

ひと月が終わった。
まだ、何もうまくはいっていない。
でも、ひと月で、子どもたちの気持ちは少しだけ整理できていったように思う。

[PR]

# by sitoi | 2017-05-03 09:45 | Comments(0)  

4月30日 教材研究はもはや趣味です

妻は今日も友人とランチ。
で、一緒に四条まで行くことに。
私は、昼は王将で餃子を食べながら読書。
本日は、社会科関係の本を読みました・・・。

で、町を散策。
もうすぐ六角堂を授業で扱うので、写真を撮影。
その後、CDショップで「LPレコード」が販売されていたので何気なく見ていると、アル・ジャロウの「輝き」があるであはないですか。私が40年前、高校生だったときに購入し、生涯のベストアルバムに掲げているアルバムです。もちろんCDはあるのですが、・・・はい、購入です。
a0023466_22240898.jpg
何だか、1枚、2枚と増え続けるLPレコード。そろそろプレーヤーを買わないとね(笑)。
その後、骨董屋さんを見ながら、一保堂へ。
ほうじ茶がなくなっていたので、購入。
a0023466_22264025.jpg
夕方に、三条で妻と待ち合わせ。
「無鄰菴」へ向かう。
「無鄰菴」というのは、明治時代、元老山縣有朋が造営した別荘である。
その庭の美しさが有名なのである。といっても、訪れるのは初めて。
今回、ライトアップされていることを知り、行ってみることにした次第。
a0023466_22350673.jpg
庭師の方の話を聞いているうちに暗くなり・・・。
a0023466_22355261.jpg
これも、また教材研究だけど、まあ、趣味のようなものです。


[PR]

# by sitoi | 2017-04-30 22:36 | Comments(0)  

4月29日 たぶん初めてのバレエ鑑賞

午後、のんびり電車に乗って大阪へ。
妻は友人とランチということで午前中から大阪。で、フェスティバルホールで待ち合わせ。
a0023466_23283512.jpg
淀屋橋から川沿いの道を歩く。
やっぱり川沿いの道って何だかいいなあ。
フェスティバルホール前は、きれいにつつじが咲いていた。
今夜は「フィンランド国立バレエ団」の公演を見る。
ムーミンも出てきて、何だかほっこり・・・。
公演が終わると、すっかり夜。
a0023466_23331444.jpg
電車の読書は「7デイズ」(五十嵐貴久著・PHP)。
のんびり読む読書にいいです・・・。あっ、刑事モノです。



[PR]

# by sitoi | 2017-04-29 23:36 | Comments(0)  

4月28日 気負うことはないけれど・・・

本日で4月が終了。
a0023466_08065415.jpg
今日も賀茂川沿いを歩いて出勤。
本日の授業で、賀茂氏を扱う。
本に出てくる「むらからくにへ」。
これを実際の京都に照らし合わせて考えていく授業だ。
本で調べ、現地を調査し、構成を考え・・・何十時間もかけてつくったもの。
ここまでをゴールデンウィークまでに行うことに、私の中では大きな意味がある。
つまりは、動き出す子どもがいるかどうかということだ。

子どもたちが通う本校付近は昔から「むらさきの」と呼ばれていたことを告げる。
この授業には、伏線がある。
それは、その前の授業、邪馬台国の授業だ。
魏志倭人伝の中に、邪馬台国への行き方として「対馬国」などの国名が出てくる。
そう、「対馬」である。何と、1800年ほど前から「対馬は対馬と呼ばれていた」事実に子どもたちは驚く。
ここにも伏線がある。
それが、その前の授業、「中国の歴史」の授業だ。
中国の最古の王朝ともいわれる「殷」には、すでに文字が存在していた。それが「甲骨文字」だ。
何と3600年前ともいわれる。
日本にはまだ文字がなかった時代に中国は文字を使いこなしていた。
この授業では、白川静先生の「サイ」の発見を紹介し、いくつかの甲骨文字を紹介、考えさせている。

さて、「むらさきの」は、「紫野」と書きます。
実は、昔は「村崎野」と書かれていたようなのです。
「村」は、立命館大学(本校の西に位置します)のあたりに「宇多村」とよばれたおおきな村があったことが分かっています。「崎」は、山のすそ野、ふもとという意味でして、本校の西に「船岡山」という山があります。
つまりは、「宇多村の船岡山のすそ野にある野原」といった感じでしょうか。

大きなむらなら、さぞかし力をもった豪族がいたということになります。
豪族がいたということは、教科書通りなら、「古墳」があったということ。
あります、それが太秦にある「蛇塚古墳」。
周りの盛り土はすべてなくなり、石室のみが残っているという古墳です。
写真を見せると、その岩の大きさに驚く。

この豪族の名前はわかっています。
「秦氏」(はたし)です。しかも、渡来人であることもわかっています。
絹織物を朝廷にうず高く献上したことから、この地を「太秦」(うずまさ)と呼ぶようになったそうです。
秦氏は、養蚕や機織りの技術を日本に伝えたことでも有名です。

では、秦氏は京都の真ん中でなく、西に位置する太秦にむらを置いたのか?
そう、「川」です。むらの決め手は「水」でした。
京都の西を代表する川、それが「桂川」なのです。
子どもたちにさらに問う。
「西が桂川なら、東は?」
そう、京都の東を代表する川、それは「賀茂川」です。
賀茂川沿いにもむらがあり、それをおさめていたのが「賀茂氏」なのです。
賀茂氏は、渡来人ではなかったこともわかっています。
賀茂氏ゆかりの神社が、「上賀茂神社」であり「下鴨神社」なのです。
では、秦氏ゆかりの神社はないのか?
名前を聞けば納得。「蚕ノ社」です。蚕ですものね・・・。

ゴールデンウィークに、お父さん、お母さんを誘って京都の散策をする子どもが現れるかどうかが、私の授業の真価が問われるところなのです。
気負うことはないけれど、私は「子どもたちの主体的な学び」とはそういうところにあると考えているのです。

あれま、学級づくりのことを書こうと思っていたのに、授業のことに終始してしまいました。
学級づくりのことは、また後で!


[PR]

# by sitoi | 2017-04-29 08:42 | Comments(0)