今年はじめてのプール

a0023466_193547.jpg
朝、いつもより早く出勤。今日から「あいさつ週間」の開始なのだ。
校門付近に立ち、子ども達にあいさつするも、無視する子の多さにげんなり・・・。
朝の挨拶の習慣ができている子は約半数といったところが実態か・・・。

クラスの子の数人が、たくさんのアルミ缶を持って登校しているのに気づく。
今年は、子ども達の中から「アルミ缶回収やらへんの?」という声が出て、やることになった。今週末あたりに、一度、換金しようかなと思っている。
今年は、子ども達、集まったお金をどうするつもりかな?

午後からは、2時間続きで、はじめてのプール。
昨年は天候があまりよくないこともあって、十分な指導ができなかった。
今年は、小学校最後の年だから、是非、みんなを泳げるようにして、卒業させたいなって思う・・・しかし、泳げない子の多さには驚かされる。
50人中、きれいに泳いでいる子は、10人程度といったところ。

放課後は、研修の会議。
ちょっとイライラしてしまい反省・・・。まっ、仕方ないか、と思いつつも妥協できない自分に気づく。これが私の短所でもあり、長所でもあると思っている。

今日は、これから読書に費やすつもり。もう一度、いろんな勉強しようと思う。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-22 19:37 | Comments(0)  

台風6号・・・おかけで、あれやこれや・・・

朝5時起床。仕事をしながら台風の動きを確認する。
確実に休校が分かっていたが、今週からの挨拶運動のために、念のため8時前には学校到着。当然、子ども達の姿はない。

9時を待って、「休校決定の知らせと明日の時間割」を学級連絡網を使って知らせる。
午前中に、先週まで2週間にわたって実施した「朝学習の取組の職員アンケートの集約」に時間を費やす。おかけで、エクセルを使ったグラフ化の練習ができた。印刷して先生方に配布。

その後、夏休み中の社会科研究会のフィールドワーク先の「国立国会図書館関西館」に連絡、日程調整を図る。
7月28日の午前中に内定した。担当の方に説明していただき、後半は自由閲覧という形にしたいと思う。

また、学級事務的な仕事も少し整理して行うことができたのはよかった。
台風で授業が一日できなかったのは残念だけど、おかけで日頃なかなか手が回らない仕事もできた。プラス思考でいくことが肝心と自分に言い聞かせる。

午後からは、年休をいただいて、帰宅。
久しぶりにゆっくり教育誌に目を通す。
昔は、教育誌を毎月10冊以上購読していたが、今では、毎月欠かさず購読しているのは、たったの2冊だ。「現代教育科学」(明治図書)と「授業づくりネットワーク」(学事出版」が、それ。さぼっているつもりはないのだが、教育書をもう少し読まないと・・・と思う。

夕方から、家族で少しドライブ。さて、明日からはいよいよプール指導開始。がんばろっと。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-21 22:32 | Comments(0)  

6月20日 父の日

a0023466_62735.jpg
朝、トヨタに車を取りに行く。
オデッセイとのお別れ。娘と一緒に何枚か写真を撮る。
新しい車、WISHは申し分ない乗り心地、満足。

父の日なので、早速、義父と一緒に大津までドライブ。
大津プリンスホテルの中華レストランで昼食。

夜、毎週楽しみにしていたオレンジデイズの最終回。
毎回、確実にヒットをとばす脚本家の力に脱帽・・・だ。

明日は、今年度最初の「宇治市小学校研究会・社会科部会」の開催日。年間活動計画を作成する。今年の夏季フィールドワークは「関西国立図書館」の予定。調整を明日から進める予定。

その後、締め切り間近の「ちゅうでん教育振興助成」「CEC学校企画アドバンス」などについて構想を練る。プランはあるが、・・・どうしよう。とりあえず、文書でまとめてみようか、と思う。

娘が、色紙をくれる。「ビールのみすぎいけないよ」と書かれていた。
はい・・・明日からちょっと考えよっと。とにかく毎日ビールを飲んでいるのは駄目だよなあ。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-21 06:28 | Comments(0)  

6月18日 「なくしたい言葉」「ふやしたい言葉」

長崎の事件の後、細切れのような形で、子ども達に話をしてきた。
けれど、教師からの一方的な話だけじゃなくて、子ども達の方からも思いを出していけるような授業をしなければ・・・と思ってきた。

事件の後、新聞に九州の菊池先生の学級経営が紹介されていた。
それは、「クラスでなくしていきたい言葉と溢れさせたい言葉を子ども達に紙に書いてもらい、みんなで確認し、教室に掲示していく」というものだ。
この授業をやるタイミングを考えていた。

そして、今日、その授業を実施した。
まず、最初に、御手洗さんのお父さんの手記を朗読した。
教室の空気が緊張したものとなった。
「言葉というものがあまりにも乱雑に使われている実態」「コミュニケーション不足からくるすれ違い」・・・それは、このクラスにもあるものだよね、と話す。

子ども達に2枚の紙を配布。
1枚には「教室からなくしていきたい言葉」、もう1枚には「教室にふやしていきたい言葉」を3つずつ書くように言った。

しばらく待って回収。読み上げていくと、同じような言葉が続く。
「なくしたい言葉」・・・死ね、殺すぞ、バカ(あほ)、泣かすぞ、うざい・・・。
「ふやしたい言葉」・・・ごめんなさい、ありがとう、だいじょうぶ?、がんばれ!
              おはよう、さようなら・・・。

誰もが同じものを求めている。安心して、楽しい思い出がたくさん作れる教室にしたい。
来週からは、全校をあげての挨拶週間だ。意識して取り組めるように声をかけたい。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-19 08:29 | Comments(0)  

粘りを見せ始めた子ども達

a0023466_225740.jpg
体育のヘッドスプリングは今日が最終日。
昨日、レンタルで借りてきたNEWSの曲に合わせて、最後の練習、そして最後のビデオ撮り。ラスト10分で、昨日までできなかった3人の子どもも、体を反らすコツを掴んでくれた。見事、全員が、体を反らすというレベルまでは到達したことになる。
最後まであきらめずに練習に励んだ3人の子ども達に拍手!

音楽の授業は、歌のテストと聞いていたので、少しだけ音楽室の様子を覗きにいく。ふざけず、騒がず取り組んでいる子ども達の様子を見て一安心。
後で、子ども達の評価プリントを見せてもらうと、友達の頑張りを「肯定的に捉えている文が多い」のに安堵感を覚えた。

今日は、粘土を使った「ランプシェード作り」に取り組む。一日に終わらせないと、粘土が乾いてしまって駄目になるので、延々と続ける。
作業が遅くて、給食時間まで食い込む子ども達に付き合っていると、教室では給食当番ではない子も協力して準備を進めてくれていたようだ。どうやら、女子が自主的に考え、動いてくれたようだ。こういった動きができるのは本当に素晴らしい。
さて、午後からも、粘土と格闘。昼休みも潰して取り組む子がほとんど。
最終的には個性的な作品に、仕上げることができたようで、子ども達も満足気だった。

帰宅後、妻と2人で外食。娘は一泊二日の林間学習に出かけた。
天気もよかったし、楽しい一日だったかな。明日帰ってくるから、好きなアイスでも買っておいてやろっと。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-17 22:58 | Comments(0)  

焦らず、一歩ずつ

朝は5時過ぎに起床。
頼まれていたメールマガジンの原稿を書き上げることに。
題名は「学校現場最前線」とした。誰が何と言おうと、現場で、体をはって生きてる。自分の肌で感じたことを文章にしてみた。
7時過ぎに仕上がり、送付。急いで朝食を済ませ、出勤。

今日は、1時間目に、卒業アルバム用の個人写真の撮影を行った。子ども達、照れながらも実に嬉しそうだった。

2時間目は、算数。「立体」のテスト返却。少しずつクラスの平均点も伸びてきている。ただ、今日は暑さののためか、少し集中力に欠ける子ども達。明日、このあたりのことは手を打つつもりだ・・・。

3時間目は、体育。ヘッドスプリングの続き。ほとんど全員がうまく体を使えるようになってきた。明日は、最終日。音楽をかけながら(たぶん盛り上がるはず。曲はNEWSのものを使う予定)一人ずつの技をビデオに収める予定だ。

4時間目、漢字練習に時間を充てる。午後は社会科のテスト。

帰宅後はゆったり。
一応、頼まれていた原稿は仕上がった。明日からは、新たな企画書を書き上げる予定。少し新しいことを思いついたので・・・。
焦る必要はない。一歩ずつ足元を固めながら、進んでいこうと思う。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-16 23:50 | Comments(0)  

読書で落ち着いた朝のひとときを

a0023466_223041.jpg
今週の朝学習は、「読書」。
朝の10分間を子ども達と一緒に読書に費やす。これは実に心地よい。

理科・・・今日もプロジェクターを活用した授業を試みる。快調!
体育・・・跳び箱。ずいぶんたくさんの子がヘッドスプリングができるようになってきた。
算数・・・「見積もり」は理解できているが、肝心の「わり算」でミスが目立つ。
国語・・・一学期の新出漢字練習がほぼ終了。残り一ヶ月は繰り返し練習に充てる。

昼休みは、子ども達と一緒にコンピュータ室に行く。キーボー島を使ったキーボード練習に取り組む子、CDを使って学習に取り組む子と様々。もちろん自由参加なのだが、クラスの8割程度の子が参加。みんな、やる気満々だ。

午後は遅れている歴史学習を一気に・・・。やはり、焦った授業は子どもの乗りが悪くなる。反省しきり。

放課後は、学年の先生と子ども達の実態交流に時間を費やす。

17:00を回ってから、近隣の小学校から電話。急きょ、昨年の運動会の取り組みについて説明するために伺うことに。

帰宅すると、光村図書にお願いしていた「国語デジタル教科書」の体験版が届いていた。「よくできてるなあ」と、ただただ感心。自分の実践の中にもうまく取り入れていきたいと思う部分多し・・・研究の余地大いにありだ。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-15 22:31 | Comments(0)  

アートと学力・・・

朝早く起きて、雑誌原稿を仕上げる。
いつものように満足できるものではないが、書きたいことは書けた・・・と思う。
今回の内容は、「アートと学力」に関わることだ。

昔、「見える学力」「見えない学力」という言葉が流行ったことがあった。
見える学力とは、単純に言うならば「テストなどの結果」であろう。このことだけに振り回されてはいけない・・・と思う。
本当に考えていかなければならないのは「見えない学力」の部分だ。このあたりの議論が希薄になってきているのが、とても気になっている。

アートを学校現場に取り入れることによって、すぐに、「見える学力」の向上とはいかない、そんなことは百も承知だ。
でも、子ども達は変わる・・・それも事実だ。私はそのことを実感している数少ない現場教師なのかもしれない。誰が何と言おうと、事実なのだから仕方ない。
このあたりのことは、少しずつ、いろんな場で公開していくようにしたいと思う。

今日は、午後から、久しぶりにコンピュータ室での授業。
前半は、キーボー島。定期的に時間をとるつもりだったが、なかなかとれなかった。もう自分達で、ログインまでできるようになっているので、私は様子を見て回るだけ。
後半は、6年生用のケンチャコ(学習CDソフト)に取り組んでみる。初めてだったので、CDの挿入などに手間取る子も。いろんなゲーム要素が入っているので熱中。時間が終わっても、放課後の時間も続ける子もいるほどだった。

放課後は、教師による仕上げのプール掃除。その後、企画委員会。議題が盛り沢山でなかなか終わらず・・・疲れた。

夜は、再度のメルマガ原稿依頼。やっぱり書き出しを決めて少し書いたところでダウン・・・明日中には仕上げないと。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-14 23:43 | Comments(0)  

6月13日 けいはんなフィルハーモニー管弦楽団

a0023466_231432.jpg
昨日は、調子に乗ってついついビデオ三昧・・・。
遅ればせながら「24時間」にはまってしまった感じ・・・だ。

で、今日は早起きして、原稿書きに専念。
書き出しは決まっていたので、わりとスムーズ。でも、とにかく原稿書くのに時間がかかるタイプなので、3時間ほど・・・。

ほぼ仕上がった時点で、コンサートの予約。
今日は、原稿の目途をつけて、「けいはんなフィルハーモニー管弦楽団」の公演を家族で聴きに行こうと思っていたのだ。
いやあ、よかったです。とくに指揮者の藏野雅彦さんの動きは、まさにコンテンポラリーダンサーのようでした。

帰り道、本屋に寄って、「NHK人間講座 私のジャズ物語・秋吉敏子」のテキストを購入しました。全8回の要約が紹介されているのですが、素晴らしいです。是非、多くの方に観ていただきたいなあと思います。

私の部屋には、秋吉敏子さんのファーストアルバム「アメイジング・トシコ・アキヨシ」のジャケットと秋吉敏子ジャズオーケストラの手帳が額に入れて飾ってあります。アルバムが発売されたのは1953年。私の持っているのは再販のCD盤ですが、秋吉さんにサインしていただいたもの。手帳は初めて学校に来ていただいた時、いただいたものです。私の数少ない宝物です。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-14 23:15 | Comments(0)  

6月11日 京都→神戸→京都・・・疲れた・・・

a0023466_9531.jpg
今日は、雨のために延期になっていたプール清掃を実施。
とはいうものの、朝から降ったりやんだりの天気に振り回され、結局、5時間目に2クラス合同で実施した。
2時間で行う清掃を1時間で行うことになってしまったので、ちょっと中途半端なものになってしまった。
そんな中、クラスのT君とK君の動きが素晴らしかった。いつもはやる気の無さが目立つ2人なのだが、他の誰よりも一生懸命動いていた。
「すごいやん、清掃のプロやなあ!」と声をかけると「ヘヘヘ・・・、当たり前やん。よっしゃあ、やるでーっ」と、最後まで頑張り続けてくれた。
こんな子ども達の新たな姿を見つけた時が、担任である私にとって、一番嬉しい時。

放課後は研究推進部会。今年度の研究計画について再提案。
会議終了とともに学校を大急ぎで出る。今日は、神戸のジーベックホールで開催される「神戸の中学生のトライやるウィーク」の発表会を聴きにいくのだ。というのも、この春一緒に仕事させていただいた「子どもとアーティストの出会い・設立準備室」のメンバーが中心になって、音楽家の金子雄生さんをゲストアーティストにアフリカの楽器作りから曲作りまでを「トライやるウィーク」の事業として一週間取り組まれたのだ。開演は18:30・・・。昨日、インターネットで調べてみると、京阪電車、JR、ポートライナーをうまく乗り継ぐと、ギリギリ18:30に到着できるはずだった。

夕暮れの大混雑のJR大阪駅、三宮駅を駆け抜け、ジーベクホールについたのは、18:20過ぎ・・・。ギリギリセーフだった。設立準備室のメンバーに軽く会釈して席に着くと、「芸術家と子どもたち」代表の堤さん、トヨタの山本さんも、来られていて御挨拶。

さて、公演の感想だが、一口でいえば楽しそうだった。中学生の子ども達にとって、まさに至福の一週間だったのだろうなと思う。中学生は10人で、みんな吹奏楽部の子どものようだった。アフリカの楽器を作り、いつもは楽譜に縛られて(?)演奏しているのだろうが、自由に考えて、リズムを創り出す。きっと、今までとは違った感覚が研ぎ澄まされていったのではないだろうか。
圧巻は、最後に子ども達だけで演奏された地域の「港島太鼓」のリズムを創作したアフリカの楽器で打ち鳴らしたもの。これは、いろんな意味でとても興味深かった。

演奏会が終了したのが、19:20。すぐに「芸術家と子どもたち」の堤さんと一緒に、一路、京都に向かう。今日は、21:00から、マリンバ奏者の通崎睦美さんとの打ち合わせ。京都の御自宅に伺うことになっていた。大急ぎで、JR三宮から新快速に飛び乗る。京都駅、地下街で珈琲とサンドイッチ。その後、タクシーで御自宅に。

詳しいことはまだ秘密・・・。だが、通崎さんが、子ども達とのワークショップを引き受けて下さったこと。ものすごく大きなプロジェクトに展開していくだろうこと・・・は、決定した。まさに身の引き締まる思い・・・・だ。
結局、23:00過ぎまでお邪魔してしまう。次の打ち合わせは7月。楽しみだ。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-12 09:06 | Comments(0)