プロジェクター、次のステップ等々

昨日、職員室に片隅に埃をかぶった「実物投影機」を見つけた。
数年前は、珍しさもあって、かなりの学校で購入された代物だ。ところが、テレビ画面につないでも、大した大きさにはならなくて、あまり活用されなかった・・・のだと思う。
早速、テレビ画面に接続してみて、壊れていないかチェック。無事、教科書の写真が拡大されてテレビ画面に映し出された。

今日からは、この「実物投影機」も使用することにした。つまり、プロジェクターに接続して、社会科の資料写真などを拡大してスクリーンに映し出すのだ。

今日の授業は、元寇。使用するのは、教科書にも採用されている「竹崎季長」の絵。スクリーンに映し出し、「てつはう」「毒矢」などを確認。そして、馬に乗って戦っている武士をクローズアップ。巨大画面では、はっきりと「肥後国竹崎・・・・」を読み取ることができた。今後の社会科の授業では、「実物投影機+プロジェクター」が大活躍しそうだ。

昼休みは、久しぶりにコンピュータ室を開放。ほぼクラス全員がコンピュータに向かった。休み時間に、遊び感覚で、取り組む。この感覚で一年間取り組めば、かなりの成果を出すことができるだろうと思う。

同時に、4月から子ども達に繰り返し、言っているのが、給食の後の10分の隙間の時間。6年生の子ども達の多くは、給食終了時間の10分前には食べ終わってしまう。そこで、この10分の隙間の時間を活用して、読書したり、漢字練習に取り組んだり、宿題の一部に取り組んだり・・・といった時間にするように、ということだ。
やっと、少しずつ、定着し始めた感じ。この10分も1年間続ければ、とても貴重な時間となるのだ。

午後からは、プール。今日、子ども達の2人組を決定。これは、前回の水泳の様子をビデオでチェックしながら、私が決めた。基本は、「泳ぎの得意な子と苦手な子をセットにする」ということ。つまり、「得意な子」が「苦手な子」をリードする形で2人組で練習していくという授業形態をとることにしたためだ。
午後からのプールは、早速、この2人組で練習開始。目標は「全員25m泳げるようになる」だ。がんばろう。

放課後は、会議がなかったので、廊下に座り込んで女子数人と雑談。こういう時間がとれるのも本校の利点。何か、それぞれやっぱりいろんな思いがあるようだ。

帰宅すると、音楽鑑賞教育振興会に頼んでいた本が3冊届いていた。とりあえず斜め読み。付録に「DVD教材体験版」もついてきたので、週末、ゆっくり読むことにしたい。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-24 21:03 | Comments(0)  

6月23日 参観授業では子ども達の変容を見せる

今日は一学期最終の参観日。

数年前までは、見ていて面白いタイプの授業を参観用には用意したのだが、最近はそういうことを考えなくなってきた。
どちらかと言えば、今、クラスで取り組んでいる授業をそのまま見てもらうことにしている。こう書いてしまえば、しごく当たり前のことなのだが・・・。

つまりは、いつも、自分に言い聞かせているのは、
「人が見ていても、見ていなくても、全く同じことをする。」ということ。
裏返せば、「人に見られて困るようなことは普段もしない」ということだ。

例えば、普段は、子どもを「さん」「君」などつけずに呼んでいるのに、参観日の時は「君」「さん」をつけて呼ぶ人もいる。
普段は、用意しないような凝った教材を用意する人もいる。
でも、子ども達は、そういうことを見逃しはしない。

保護者は、子ども達の変容、クラスの変容を見に来られる。
だから、普段通りの様子を見てもらうようにする。

だから、今、クラスで取り組んでいること。今の子ども達の様子を見てもらえばいいのだ。こんな簡単なことが分かるまでに、ずいぶん長い時間がかかったものだ。

さて、今日の参観授業は、理科。最近、活躍しているプロジェクターとビデオを使っての授業だ。ビデオを一時停止させ、答えを予想したり、図を書いたりする授業を見ていただいた。ビデオを使うことによって、TTの授業のような形態がとれるようにもなってきた。つまり、ビデオの説明を「補足したり」「つっこんだり」といったことが可能なのだ。

後半10分は、跳び箱の最終発表の場面をビデオで視聴。スローモーションで体の動きを見てもらう。最終的には、どの子もずいぶんうまくなった。

保護者の方にどこまで伝わったかは分からないが、子ども達は、落ち着きを増し、意欲的に授業に取り組めるようになってきていると思っている。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-24 06:51 | Comments(0)  

今年はじめてのプール

a0023466_193547.jpg
朝、いつもより早く出勤。今日から「あいさつ週間」の開始なのだ。
校門付近に立ち、子ども達にあいさつするも、無視する子の多さにげんなり・・・。
朝の挨拶の習慣ができている子は約半数といったところが実態か・・・。

クラスの子の数人が、たくさんのアルミ缶を持って登校しているのに気づく。
今年は、子ども達の中から「アルミ缶回収やらへんの?」という声が出て、やることになった。今週末あたりに、一度、換金しようかなと思っている。
今年は、子ども達、集まったお金をどうするつもりかな?

午後からは、2時間続きで、はじめてのプール。
昨年は天候があまりよくないこともあって、十分な指導ができなかった。
今年は、小学校最後の年だから、是非、みんなを泳げるようにして、卒業させたいなって思う・・・しかし、泳げない子の多さには驚かされる。
50人中、きれいに泳いでいる子は、10人程度といったところ。

放課後は、研修の会議。
ちょっとイライラしてしまい反省・・・。まっ、仕方ないか、と思いつつも妥協できない自分に気づく。これが私の短所でもあり、長所でもあると思っている。

今日は、これから読書に費やすつもり。もう一度、いろんな勉強しようと思う。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-22 19:37 | Comments(0)  

台風6号・・・おかけで、あれやこれや・・・

朝5時起床。仕事をしながら台風の動きを確認する。
確実に休校が分かっていたが、今週からの挨拶運動のために、念のため8時前には学校到着。当然、子ども達の姿はない。

9時を待って、「休校決定の知らせと明日の時間割」を学級連絡網を使って知らせる。
午前中に、先週まで2週間にわたって実施した「朝学習の取組の職員アンケートの集約」に時間を費やす。おかけで、エクセルを使ったグラフ化の練習ができた。印刷して先生方に配布。

その後、夏休み中の社会科研究会のフィールドワーク先の「国立国会図書館関西館」に連絡、日程調整を図る。
7月28日の午前中に内定した。担当の方に説明していただき、後半は自由閲覧という形にしたいと思う。

また、学級事務的な仕事も少し整理して行うことができたのはよかった。
台風で授業が一日できなかったのは残念だけど、おかけで日頃なかなか手が回らない仕事もできた。プラス思考でいくことが肝心と自分に言い聞かせる。

午後からは、年休をいただいて、帰宅。
久しぶりにゆっくり教育誌に目を通す。
昔は、教育誌を毎月10冊以上購読していたが、今では、毎月欠かさず購読しているのは、たったの2冊だ。「現代教育科学」(明治図書)と「授業づくりネットワーク」(学事出版」が、それ。さぼっているつもりはないのだが、教育書をもう少し読まないと・・・と思う。

夕方から、家族で少しドライブ。さて、明日からはいよいよプール指導開始。がんばろっと。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-21 22:32 | Comments(0)  

6月20日 父の日

a0023466_62735.jpg
朝、トヨタに車を取りに行く。
オデッセイとのお別れ。娘と一緒に何枚か写真を撮る。
新しい車、WISHは申し分ない乗り心地、満足。

父の日なので、早速、義父と一緒に大津までドライブ。
大津プリンスホテルの中華レストランで昼食。

夜、毎週楽しみにしていたオレンジデイズの最終回。
毎回、確実にヒットをとばす脚本家の力に脱帽・・・だ。

明日は、今年度最初の「宇治市小学校研究会・社会科部会」の開催日。年間活動計画を作成する。今年の夏季フィールドワークは「関西国立図書館」の予定。調整を明日から進める予定。

その後、締め切り間近の「ちゅうでん教育振興助成」「CEC学校企画アドバンス」などについて構想を練る。プランはあるが、・・・どうしよう。とりあえず、文書でまとめてみようか、と思う。

娘が、色紙をくれる。「ビールのみすぎいけないよ」と書かれていた。
はい・・・明日からちょっと考えよっと。とにかく毎日ビールを飲んでいるのは駄目だよなあ。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-21 06:28 | Comments(0)  

6月18日 「なくしたい言葉」「ふやしたい言葉」

長崎の事件の後、細切れのような形で、子ども達に話をしてきた。
けれど、教師からの一方的な話だけじゃなくて、子ども達の方からも思いを出していけるような授業をしなければ・・・と思ってきた。

事件の後、新聞に九州の菊池先生の学級経営が紹介されていた。
それは、「クラスでなくしていきたい言葉と溢れさせたい言葉を子ども達に紙に書いてもらい、みんなで確認し、教室に掲示していく」というものだ。
この授業をやるタイミングを考えていた。

そして、今日、その授業を実施した。
まず、最初に、御手洗さんのお父さんの手記を朗読した。
教室の空気が緊張したものとなった。
「言葉というものがあまりにも乱雑に使われている実態」「コミュニケーション不足からくるすれ違い」・・・それは、このクラスにもあるものだよね、と話す。

子ども達に2枚の紙を配布。
1枚には「教室からなくしていきたい言葉」、もう1枚には「教室にふやしていきたい言葉」を3つずつ書くように言った。

しばらく待って回収。読み上げていくと、同じような言葉が続く。
「なくしたい言葉」・・・死ね、殺すぞ、バカ(あほ)、泣かすぞ、うざい・・・。
「ふやしたい言葉」・・・ごめんなさい、ありがとう、だいじょうぶ?、がんばれ!
              おはよう、さようなら・・・。

誰もが同じものを求めている。安心して、楽しい思い出がたくさん作れる教室にしたい。
来週からは、全校をあげての挨拶週間だ。意識して取り組めるように声をかけたい。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-19 08:29 | Comments(0)  

粘りを見せ始めた子ども達

a0023466_225740.jpg
体育のヘッドスプリングは今日が最終日。
昨日、レンタルで借りてきたNEWSの曲に合わせて、最後の練習、そして最後のビデオ撮り。ラスト10分で、昨日までできなかった3人の子どもも、体を反らすコツを掴んでくれた。見事、全員が、体を反らすというレベルまでは到達したことになる。
最後まであきらめずに練習に励んだ3人の子ども達に拍手!

音楽の授業は、歌のテストと聞いていたので、少しだけ音楽室の様子を覗きにいく。ふざけず、騒がず取り組んでいる子ども達の様子を見て一安心。
後で、子ども達の評価プリントを見せてもらうと、友達の頑張りを「肯定的に捉えている文が多い」のに安堵感を覚えた。

今日は、粘土を使った「ランプシェード作り」に取り組む。一日に終わらせないと、粘土が乾いてしまって駄目になるので、延々と続ける。
作業が遅くて、給食時間まで食い込む子ども達に付き合っていると、教室では給食当番ではない子も協力して準備を進めてくれていたようだ。どうやら、女子が自主的に考え、動いてくれたようだ。こういった動きができるのは本当に素晴らしい。
さて、午後からも、粘土と格闘。昼休みも潰して取り組む子がほとんど。
最終的には個性的な作品に、仕上げることができたようで、子ども達も満足気だった。

帰宅後、妻と2人で外食。娘は一泊二日の林間学習に出かけた。
天気もよかったし、楽しい一日だったかな。明日帰ってくるから、好きなアイスでも買っておいてやろっと。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-17 22:58 | Comments(0)  

焦らず、一歩ずつ

朝は5時過ぎに起床。
頼まれていたメールマガジンの原稿を書き上げることに。
題名は「学校現場最前線」とした。誰が何と言おうと、現場で、体をはって生きてる。自分の肌で感じたことを文章にしてみた。
7時過ぎに仕上がり、送付。急いで朝食を済ませ、出勤。

今日は、1時間目に、卒業アルバム用の個人写真の撮影を行った。子ども達、照れながらも実に嬉しそうだった。

2時間目は、算数。「立体」のテスト返却。少しずつクラスの平均点も伸びてきている。ただ、今日は暑さののためか、少し集中力に欠ける子ども達。明日、このあたりのことは手を打つつもりだ・・・。

3時間目は、体育。ヘッドスプリングの続き。ほとんど全員がうまく体を使えるようになってきた。明日は、最終日。音楽をかけながら(たぶん盛り上がるはず。曲はNEWSのものを使う予定)一人ずつの技をビデオに収める予定だ。

4時間目、漢字練習に時間を充てる。午後は社会科のテスト。

帰宅後はゆったり。
一応、頼まれていた原稿は仕上がった。明日からは、新たな企画書を書き上げる予定。少し新しいことを思いついたので・・・。
焦る必要はない。一歩ずつ足元を固めながら、進んでいこうと思う。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-16 23:50 | Comments(0)  

読書で落ち着いた朝のひとときを

a0023466_223041.jpg
今週の朝学習は、「読書」。
朝の10分間を子ども達と一緒に読書に費やす。これは実に心地よい。

理科・・・今日もプロジェクターを活用した授業を試みる。快調!
体育・・・跳び箱。ずいぶんたくさんの子がヘッドスプリングができるようになってきた。
算数・・・「見積もり」は理解できているが、肝心の「わり算」でミスが目立つ。
国語・・・一学期の新出漢字練習がほぼ終了。残り一ヶ月は繰り返し練習に充てる。

昼休みは、子ども達と一緒にコンピュータ室に行く。キーボー島を使ったキーボード練習に取り組む子、CDを使って学習に取り組む子と様々。もちろん自由参加なのだが、クラスの8割程度の子が参加。みんな、やる気満々だ。

午後は遅れている歴史学習を一気に・・・。やはり、焦った授業は子どもの乗りが悪くなる。反省しきり。

放課後は、学年の先生と子ども達の実態交流に時間を費やす。

17:00を回ってから、近隣の小学校から電話。急きょ、昨年の運動会の取り組みについて説明するために伺うことに。

帰宅すると、光村図書にお願いしていた「国語デジタル教科書」の体験版が届いていた。「よくできてるなあ」と、ただただ感心。自分の実践の中にもうまく取り入れていきたいと思う部分多し・・・研究の余地大いにありだ。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-15 22:31 | Comments(0)  

アートと学力・・・

朝早く起きて、雑誌原稿を仕上げる。
いつものように満足できるものではないが、書きたいことは書けた・・・と思う。
今回の内容は、「アートと学力」に関わることだ。

昔、「見える学力」「見えない学力」という言葉が流行ったことがあった。
見える学力とは、単純に言うならば「テストなどの結果」であろう。このことだけに振り回されてはいけない・・・と思う。
本当に考えていかなければならないのは「見えない学力」の部分だ。このあたりの議論が希薄になってきているのが、とても気になっている。

アートを学校現場に取り入れることによって、すぐに、「見える学力」の向上とはいかない、そんなことは百も承知だ。
でも、子ども達は変わる・・・それも事実だ。私はそのことを実感している数少ない現場教師なのかもしれない。誰が何と言おうと、事実なのだから仕方ない。
このあたりのことは、少しずつ、いろんな場で公開していくようにしたいと思う。

今日は、午後から、久しぶりにコンピュータ室での授業。
前半は、キーボー島。定期的に時間をとるつもりだったが、なかなかとれなかった。もう自分達で、ログインまでできるようになっているので、私は様子を見て回るだけ。
後半は、6年生用のケンチャコ(学習CDソフト)に取り組んでみる。初めてだったので、CDの挿入などに手間取る子も。いろんなゲーム要素が入っているので熱中。時間が終わっても、放課後の時間も続ける子もいるほどだった。

放課後は、教師による仕上げのプール掃除。その後、企画委員会。議題が盛り沢山でなかなか終わらず・・・疲れた。

夜は、再度のメルマガ原稿依頼。やっぱり書き出しを決めて少し書いたところでダウン・・・明日中には仕上げないと。
[PR]

# by sitoi | 2004-06-14 23:43 | Comments(0)