<   2018年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

1月20日 誰が見ていても、誰も見ていなくても・・・・

誰が見ていても、誰も見ていなくても・・・。
この言葉は、若い頃から、常に自分に言い聞かせてきたこと。
この言葉の先に続くのは、「同じでなければならない」である。

簡単そうで、これがなかなか難しい。

本校の研究発表会が、いよいよ迫ってきた。
来週の土曜日、1月27日(土)である。
保護者の方の参観もあるということなので、1000名近い方が学校にお見えになるのではないだろうか。
授業だとか、分科会の用意に追われている。

今、私の頭の中にあるのは、上記の言葉と、野中先生の言葉だ。
野中先生は、研究発表会の授業を「ごちそう授業」と称されている。
つまり、その時だけのいつもとは違う授業を指す。
そうじゃなくて、大切なのは「味噌汁。ご飯」のような毎日の基本の授業でしょう。それを大切にしましょうよと。

だから、私は「誰が見ていても、誰も見ていなくても・・・」に、こだわりたい。
もちろん、公開授業ということで、いろんな縛りがある。
けれど、基本の授業の流れは同じでありたい。
いつもの私の授業を見ていただき、御意見をいただきたいと思っている。

いつものように資料を用意し、いつものように問えば、いつものように子どもたちは考え、話すだろう。
そこに参観者が誰もいなくても、教室が埋まるほどの参観者がいようとも、同じなのだと信じたい。




[PR]

by sitoi | 2018-01-20 08:42 | Comments(0)  

1月19日 野中先生の講座の申し込みを始めました

2月の「明日の教室」は、野中信行先生です。
野中先生に最初に御登壇いただいたのは、野中先生の現役最後の年でした。
もう、10年前になるのですね。
それから定期的にお越しいただくようになり、数えてみると、何と7回御登壇いただいたようです。
7回目のお話が終わった時、
「糸井さん、もうこれで明日の教室は卒業させてもらいます。もう、話し尽くしたわ。」
とおっしゃっていました。

ところが、それからも、野中先生は続々と新たな提案、新たなお仕事を続けられており、もうそろそろ京都に来ていただきたいなあと思い、連絡を取らせていただいた次第です。

年々、学級経営が難しくなっている教育界。
是非、多くの先生方に野中先生のお話を聞いていただきたいなあと思います。

以下のサイトで申し込みを始めました。
どうぞお早めにお申し込みください。



[PR]

by sitoi | 2018-01-19 21:49 | Comments(0)  

1月17日 「明日の教室」のホームページができました

今日も早めに帰ることができたので、珈琲を入れて読書することに。
本格的な珈琲を飲み始めたのは、高校生の時・・・。
珈琲豆を買ってきて、ミルで豆を挽き、サイフォンで珈琲をいれていた。
大学生の時は珈琲専門店でバイトし、様々なストレート珈琲を飲ませてもらえたので、だいたいの味が分かるようになった。
今は、豆は挽くけど電動ミルだし、珈琲メーカーで入れるしねえ・・・ちょっと手抜き。
でも、家でのんびり飲む珈琲が一番美味しい。
a0023466_21564854.jpg
今日の読書は「アノニム」(原田マハ著・角川書店)だ。
この本もアート系の内容で、面白い。

そうそう、「明日の教室」のホームページができました。
というのも、NPO化していく作業を進めています。
もう、理事や社員といった必要なメンバーは揃いました。
ホームページ上で、新しい動きをどんどん紹介していくつもりです。

*あっ、紹介文がNPO法人になってしまっていますが、まだNPOにはなっていません(笑)

[PR]

by sitoi | 2018-01-17 22:03 | Comments(0)  

1月15日 ゆとりの時間をもつこと

今の勤務校に代わってから、平日、ゆとりの時間をもつことが難しくなった。
朝は、基本的に5:30に起きて、すぐに出勤の用意。
帰宅も21:00前なんてことが普通・・・。

これでは、なかなかゆとりの時間ももてないので、今年は意識して早く帰るようにしている。
それでも、通勤に時間がかかるので、帰宅すると、20:00前といった感じ。
でも、この1時間が大きい。
音楽をかけて、パソコンに向かう。
a0023466_22100162.jpg
この写真は我が家の食卓。
このパソコンは正月に帰ってきた娘が置いていったもの。
海外で使うということで、お正月のプレゼントにMac Book Airを娘にプレゼント。
で、代わりに使っていたパソコンを置いていったというわけ。
これ、なかなか面白いノートパソコンで、キーボードと切り離してタブレットにもあるというもの。

音楽を聴きながら、ちょっとパソコンをいじる。
これが、いい。
ゆとりの時間をもつことは大切だなあ・・・。



[PR]

by sitoi | 2018-01-15 22:16 | Comments(0)  

1月13日 新しい企画を続々と立ち上げる

土曜日なれど、出勤。
午後からは、池田さん、平井さんと「明日の教室」企画会議と称して、昼間から飲む。
a0023466_21525189.jpg
で、続々と企画が立ち上がる。
途方もない話のようだが、実現していく気がするのが不思議。

「明日の教室」の7月までの登壇者も決定した。
4月は、4月21日(土)。
私と池田先生の2人で登壇するが、今回の講演はDVD化する予定だ。
私たち2人のDVDは撮らないつもりだったが・・・まっ、いいかって感じ。
私が学級経営絡みのWSを行って、池田さんは国語の授業。

[PR]

by sitoi | 2018-01-15 21:59 | Comments(0)  

1月9日 2月、3月の「明日の教室」の予定

今日から三学期の始まり。
学活はゆったりとペアで冬休みの思い出をインタビューし合う活動から。
インタビューもそうだけど、発表もずいぶん楽しそうに話せるようになってきた子どもたちに成長を感じる。
3時間目は、少し百人一首を楽しむ。

午後は、会議、会議。

この間、調整を図ってきた2月、3月の「明日の教室」の登壇者が決定したので、お知らせします。
2月24日(土)に、横浜から野中信行先生にお越しいただきます。
3月31日(土)には、大阪から金大竜先生にお越しいただきます。
お二人とも、学級づくりと授業づくりについて語っていただこうと考えています。
お二人の話を連続で聞くことに大きな意味があると思います。
近日中に詳細を含めて、告知を始める予定です。

多くの先生方に聞いていただき、考えてほしいなあと思います、自分ならどうするかと。
ご参加をお待ちしています。




[PR]

by sitoi | 2018-01-09 22:23 | Comments(0)  

1月8日 冬休み最終日

朝からパソコンに向かい、研究発表会の指導案を書き上げる。
昨日、珈琲を飲みながら手帳に下書きしていたので、1時間ほどで書き上げた。

昼前から、墓参りに行くことに。
妻の実家の墓が知恩院にあるので、墓参り前に知恩院の近くで昼食を済ませ、骨董屋を覘く。
a0023466_21364334.jpg
庭に置く鉢として使えそうな器を見つけ、購入。
a0023466_21373970.jpg
今日は一日雨降りで、モノクロの写真の雰囲気だったので、一眼レフをモノクロモードにして一日撮影してみた。
その後、ヨドバシカメラに寄り、プリンターを購入。
印刷速度が速くて、プリント単価が安いもの!と伝えると、オフィス用のものを勧められる。
妻の幼児教室用なので、それにすることに。
ポイントがあったので、6000円ほど支払うだけだった。たかがポイント、されどポイント・・・です。

夕方、APUの学生たちを見送るために大阪南港へ。
楽しい日々だったようだ・・・さっ、明日から学校だ!
a0023466_21431796.jpg


[PR]

by sitoi | 2018-01-08 21:43 | Comments(0)  

1月6日 APUの学生を迎えて

久しぶりの5:30起床。
やっぱり寒いし、暗い・・・。

6:00過ぎに愛車で大阪南港へ向かう。
今日から二泊三日でAPUの学生6名を迎える。
今回は我が家に泊まる学生はいないのだけれど、早朝の迎えが無理なお家もあり、その家の学生を出迎え、送ることになった次第。

毎回、思うことだけれど、APUの学生はとても優秀だ。
それは単に勉強ができるとかいったことではない。
自国を離れ、異国の地で学ぶという決意が伝わってくるのだ。
この異国の地で、嫌な思いをすることも、辛いこともきっとたくさんあることだろう。
こういった学生を見ていると、娘も異国の地でこんな風にがんばってくれているといいなと思う。

学生を乗せて帰り、妻と運転をバトンタッチし、私は出勤。
午前中は中高の先生方と会議。
お昼に新年の祝賀会があり、その後、京都の街へ。
ゆったりと日本酒をいただく。
a0023466_08560487.jpg
今日の読書は「海を抱いたビー玉」(森沢明夫著・小学館文庫)。
森沢さんの書く話は、時間をかけた取材に基づいている。
その取材をもとに森沢さんがイメージを膨らめ書かれる話は、本当に素敵なのだ。
こういう授業ができるといいなと思ってしまう。
いよいよ社会科の授業も明治時代になった(遅いです!)。
今の日本をつくるため命がけで生き抜いた方々をしっかり取材(教材研究)し、子どもたちに素敵な話を伝えていきたいなと思う。

[PR]

by sitoi | 2018-01-07 09:02 | Comments(0)  

1月5日 さて、明日から出勤!

久しぶりにカフェでモーニング。
そこで「サライ」という雑誌に万年筆が付録でついてくるという情報を得る。
午後、本屋で無事、ゲット。
ちょっと、青すぎる感じはあるのだけれど、書き味はなかなか・・・。
a0023466_21064056.jpg
今年の手帳は青っぽいものにしたので、いい感じかな。
昨日、今日と二日続けて、夫婦で映画を観た。
昨日は「ギフト」という映画。グッとくるノンフィクションの記録映画だ。是非、多くの方に観てほしい映画だ。
今日は、一転、楽しい映画「嘘八百」。これも、実にいい映画。

さて、明日から出勤。
出勤初日は、早朝に大阪南港までAPUの学生を迎えに行って、そのまま出勤。
さあ、忙しくなるぞっと。

[PR]

by sitoi | 2018-01-05 21:11 | Comments(0)  

1月4日 今年一年にやるべきこと

新年早々、本を読み動き始めていることがある。
それが、今年一年でやるべきことだ。
それは、「明日の教室」のこと。

もう10年以上も前のことになるのだけれど・・・
東京の中学校の教員だった池田さんが、大学の先生として京都にやってきた。
すべてはそこから始まった。
「せっかくだから、二人で何かやりたいね」
と酒を飲みながら話をしたことから、「明日の教室」が始まった。

儲けることはしない。
人が集まらなければ、二人で自腹を切ればいい。

そんな覚悟で始めた「明日の教室」が10年以上続いた。

もう十分だろうという気持ちと、もう少し先へという気持ちの両方があった。
結果、「もう少し先へ」となった次第だ。

今、「明日の教室」のNPO法人化を進めている。
役員をお願いする方、社員となっていただく方に連絡をしているとことだ。

NPO法人として活動していく「明日の教室」は、
① 子どもたちに「明日の教室」を体験してもらえる場をつくりたい
② 若い先生方に「明日の教室」を体験してもらえる研修の場をつくりたい
③ 学校や教育委員会を支援する体制をつくりたい
④ 海外の学校と連携して、子どもたち、先生たちの学びの場をつくりたい
⑤ 教材開発をしていき、世界に向けて発信していきたい

こんな夢を抱きながら、正月からパソコンに向かっています。
まずは、何が何だか分からない多くの申請書を何とかしないとね。

しかし、やると決めたので、やり切ります。
そして、一緒にやっていただく方々が幸せになるNPOをめざします!
 

[PR]

by sitoi | 2018-01-05 09:18 | Comments(0)