<   2017年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

2月28日 さて、次!だな・・・

2月も今日で終わり。
実は、今週から賀茂川沿いを歩いて出勤を復活させました。
冬場はあまりの寒さに断念していたのですが、もう春だということで、無理やり復活です。
でも、やっぱり、朝の30分程度の散歩通勤はとってもいい。
音楽を聴きながら歩いていると、いろんなアイデアが降ってくるのです。
それに、この景色です!
a0023466_21464086.jpg
学校に着くや否や、原稿を見直して修正したものをサクッと送ってしまう。
まあ、今日が締切日なので、・・・。
ふーっ、小学館の原稿を書かせていただくのは初めてでした。
いい勉強をさせていただきました。感謝、感謝です。

今日は、最後の参観・懇談会でした。
多くの保護者の方に集まっていただけて、・・・今年も楽しかったなあというのが実感です。

その後、あれやこれやと仕事をしてると、あっという間に19:00。
メールチェックすると、編集者の方から、原稿OKの返事をいただけていた。
よし、ということで妻と待ち合わせて、一度、寄ってみたかった天丼屋で夕食。
調子に乗って一番高い天丼を頼んだら・・・。
a0023466_21540363.jpg
お腹一杯・・・。
さあ、次だ!頑張るぞ!

[PR]

by sitoi | 2017-02-28 21:54 | Comments(0)  

2月26日 上手い、下手ではなく・・・

午前中は原稿執筆に集中する予定だったのだが、家の下水の調子が悪くなり、その対応に追われる。
業者には連絡しない。基本は自分で直す、だ。
結局、昼前まで奮闘。
その後、風呂に入ってすっきり。

90分、集中して執筆。
その後、車に乗って、立命館朱雀キャンパスへ。
全校の子どもたちの作品を展示した作品展の最終日。
撤収のお手伝いをすることになっていたのですが、作品も見たかったので、集合時間より40分ほど早めに到着。
子どもたちの作品を見て回る。

本校では3年生から、違う種類の抹茶茶碗つくりに毎年取り組む。
今回も、3年生から6年生の全児童の抹茶t茶碗が並んでいた。
その数、およそ500個といったところ。壮観である。

私がいいなあと思ったのは、2年生の絵画。
動物園で見た動物の絵が貼られていた。
上手いとか下手とかそんなものを超越した作品がずらりと並ぶ。
何か、そう描きたいものを描きましたという思いが伝わってくる絵なのだ。
たとえば、「ゾウの足と鼻だけを描いた」絵があった。きっと、公立小学校の先生だったら描き直し、描き足しをさせるんじゃないかなと思う。でも、この足と鼻だけの絵が実にいい。

見ながら、自分の社会科の授業に置き換えていた。
テストができるとかできないじゃなくて、もう絶対に敵わないっていうくらいの突き抜けた授業ができないものか。
それだな、来年の授業の目標は・・・。

さて、もう少しだけ原稿と格闘して、明日の夕方にもう一度チェックして、サクッと送ってしまうことにしよう。


[PR]

by sitoi | 2017-02-26 21:29 | Comments(0)  

2月25日 うーん、書けないなあ

まあ、いつものことだけど、原稿が思うように書けない。
昨日は、気分を変えようと、夕方から近所のスタバへ。
a0023466_13202387.jpg
ipadにキーボードをつないで打ち込む。
うーん・・・。今回も自信ないなあ。
今、書いているのは「主体的・対話的な深い学び」を踏まえた社会科の教材研究について。
こんなのあんまり見ないもんなあ・・・。
でも、この「主体的・対話的な深い学び」って、私が目指してきた授業とぴったり重なるのに驚く。
こういうことを考えて、授業をずっとつくってきました。
だから、今さら・・・って感じです。
で、もっと言うと、こういう授業をみんなできるのかなあ。
私だってめざしているけど、道は限りなく遠しだもんなあ・・・。
なんてことを考えながら、貴重な土曜休業日が過ぎていくのでありました。



[PR]

by sitoi | 2017-02-26 13:26 | Comments(0)  

2月25日 告知が始まりました!

気持ちのいい朝。
今日は洗濯、掃除を終えて・・・。
今から少し原稿と格闘した後、図書館に行くつもり。
何だか、急に春が来たような天候です。

「明日の教室」の3月、4月の告知が始まりました。





[PR]

by sitoi | 2017-02-25 10:46 | Comments(0)  

2月21日 他人に優しく、自分に厳しく!

今年は6年生担任ではないので、久しぶりに卒業アルバムに一言書くことになった(担任は一言ではなく、たくさん書くのです:笑)。
そのとき、書いた言葉が「他人に優しく、自分に厳しく!」だ。
私自身そうありたいと強く思うのだが、なかなか難しい・・・。
けれど、反対の人間「他人に厳しく、自分に優しく!」にはなりたくないと思っている。
そういう人があまりに多く、あまりにも見苦しいから・・・。

自分より年下だったり、力がない人に対しては、辛口で・・・
自分より年上だったり、力がある人に対しては媚び諂う人・・・そんな人があまりにも多い。

せめて、「他人に優しく、自分にも優しく」・・・このあたりはクリアしたいものだ。

今日は、疲れていたので、本とビールを買って帰る。
a0023466_23084639.jpg
「マインド」(今野敏著・中央公論新社)。とりあえず、今夜はダラーッと読書して寝よう。

[PR]

by sitoi | 2017-02-21 23:10 | Comments(0)  

2月20日 新刊本の紹介をさせてください

昨年度、書き上げた本が先日出版されました。
「伝説の教師 鹿嶋真弓 明日の教室発! 互いに認め合い高め合う学級づくり」(学事出版)という本です。
池田修先生(京都橘大学教授)と鹿嶋真弓先生(高知大学准教授)と私の共著です。
ずいぶん前、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で拝見した鹿嶋先生の実践が忘れられず、お願いして京都に来ていただき講演していただいたのが御縁の始まりでした。

これで、「伝説の教師シリーズ」として、3冊の本を世に出すことができました。残念ながら、この本で終了です。本当は10冊出したいなと思っていたのですが、思い描いていた方から了解を得ることができなかったこと、伝説すら知らない若い教師が増え、思ったような販売展開が見込めなかったことがあります。

しかし、この本は自画自賛ですが、読むに値する本に仕上がったと思っています。それで、多くの先生に読んでいただきたいので、紹介させていただくことにしました。教育実習に来た社会科専攻の学生が有田和正先生の名前を知らない時代なのです。私たちベテラン世代が、優れた実践家を伝えていく必要性を強く感じています。

ここ最近、教育書のタイトルには必ずと言っていいほど、アクティブラーニングという言葉が記されていました。新学習指導要領の要の言葉として使われ、「この言葉さえ記していれば売れる」という出版業者の思惑からこのような状態に陥っていたのだと思います。そして、実際に新学習指導要領の改定案が発表になったとき、このアクティブラーニングという言葉は使われませんでした。そして、新しい要の言葉として用いられたのが「主体的・対話的で深い学び」です。今度は、教育書には一斉にこの言葉が使われるという有様です。

私たちは「不易流行」ということを考えなければならないと思っています。「主体的・対話的で深い学び」こそ、心ある教師が追い求めてきた授業なのではないでしょうか。はやり言葉に右往左往する必要はないと思います。


[PR]

by sitoi | 2017-02-20 22:09 | Comments(0)  

2月19日 万博公園の梅

午前中、パソコンに向かい、昼前から万博公園に向かう。
梅が見頃で、抹茶もいただけるとのこと。
我が家から車を飛ばせば、40分もかからない。
あっという間に到着。
a0023466_22165919.jpg
桜にはかなわないまでも梅もいい・・・。
a0023466_22175124.jpg
人も少なく、のんびり花を見て歩く。
a0023466_22185620.jpg
万博公園内の茶室でお茶をいただく。
何とも素晴らしい茶室。
a0023466_22200722.jpg
秋の紅葉の季節は毎日お茶をいただけるとのこと。
また、秋に来ようと思う。
それにしても美しい庭だった・・・。
我が家の庭も何とかしないとね・・・。


[PR]

by sitoi | 2017-02-19 22:22 | Comments(0)  

2月16日 「伝説の教師 鹿島真弓」発売開始!

本日、出版社から「伝説の教師 鹿島真弓 互いに認め合い高めあう学級づくり」が届いた。
これで、「伝説の教師シリーズ」は三作目となる。
そして、残念ながら、これがシリーズ最後の一冊となる。
本当に役に立つ本をつくりたい。
若い人に、学ばねばならない方の信念を伝える。
そんな思いからスタートした企画だった。
・・・・残念だ。

さて、シリーズ最後の、この本。是非、多くの方に読んでいただきたい。
絶対お薦めの一冊に仕上がったはずである。
a0023466_22594186.jpg



[PR]

by sitoi | 2017-02-16 23:02 | Comments(0)  

2月16日 ひみつの色の教室

「ひみつの色の教室」とは、今年、志村さんと取り組んだ草木染めの授業の名前。
地下の廊下に子どもたちの作品を並べた。
a0023466_22370463.jpg
両面に作品を貼り、行ったり来たりしながら作品を鑑賞できるようにした。
そして、今日は志村さんや工房の方に来ていただき、振り返りの会を持った。
「色への祝祭」というのが、今日の振り返りのテーマ。
ステージ上には、志村さんの作品が展示された。
a0023466_22393997.jpg
この着物の名前は「地中海」というのだそうだ。
窓から地中海を見た景色がイメージされているとのこと。
来年も取り組みは続けてくださるとのこと。
何とも幸せなことである。


[PR]

by sitoi | 2017-02-16 22:41 | Comments(0)  

2月14日 サクラがつなぐ架け橋

朝、7:30。
今日から一泊二日で、8名の子どもたちの引率。
行先は、福島県いわき市の三和小学校。
私を含めて学年から2名の教師。そして、学校長。
醍醐寺の方3名に、KBS京都の方が2名。

三和小学校に着いたのが、10:20。
子どもたちの交流を済ませた後、サクラの植樹を行う。
テレビ局が2社、新聞社が3社、取材に来ていた。
雪を気にしていたのだが、全くなし。晴天の中、滞りなく植樹を終える。
a0023466_22461120.jpg
a0023466_22465885.jpg
給食を一緒に食べながら交流。
お別れをした後は、海沿いのアクアマリン福島へ。
このあたりは、つなみの被害があった場所。
醍醐寺の方々と一緒に、海に向かい黙祷。

子どもたちの交流が続くといいな・・・そう思った一日だった。

[PR]

by sitoi | 2017-02-15 22:51 | Comments(0)