<   2016年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

12月30日 1月の「明日の教室」はあべたかさん

朝からパソコンに向かう。
1月の「いなづまの会」の準備。
ここでは、とりあえずの今までの私の実践の総決算をさせていただいて、・・・次に進みたいと考えている。企画していただいた事務局の先生には感謝、感謝である。

さて、1月の「明日の教室」は、阿部隆幸先生に御登壇いただきます。
私が中国を満喫している間に告知が始まっていた。

お申し込みは、こちらから!

やっと阿部さんに御登壇いただける。そう思いながら、阿部さんのことを書いてみた。

阿部隆幸先生、ちょっと言いにくいです。
あべたかさんですね。
あべたかさんのことを知ったのはいつだっただろう?
いつだったのか忘れてしまったけれど、もう10年以上、いつもあべたかさんの実践には注目してきました。
ファンといっても過言ではありません。
公立小学校時代には、一度、福島から講師として宇治にお招きしたこともあります。
そのときは、「手軽に使えるICT」といった感じの内容だったと記憶しています。

私にとっての、あべたかさんの魅力は、その「自然体」にあります。
あれだけの実践をされながら偉ぶったところが一切ない。
そして、常に新しいものを取り入れられている。
「明日の教室」を立ち上げてから、ずっとあべたかさんに登壇いただくタイミングをはかっていました。考えているうちに、10年が過ぎました(笑)。

ICTのあべたかさんは、「『学び合い』の実践家」として一躍著名になられました。
そして、公立の小学校教師から一転、大学の先生となられました。
まさに、機は熟した・・・という感じです。
というわけで、1月の「明日の教室」には、上越教育大学教職大学院准教授の阿部隆幸先生に御登壇いただきます。

阿部先生には、成功する『学び合い』について存分に語っていただきたいと思っています。
御著書の題名が、そのまま講演の内容となると思います。
つまり、「成功する『学び合い』はここが違う!」「だから、この『学び合い』は成功する!」「開かれた『学び合い』はこれで成功する!」です。

私事ですが、二学期の個人懇談会の席で、ある保護者の方が新聞記事を持ってこられました。
そこには、大きく上越教育大学の西川純先生が紹介されていて、『学び合い』の授業が大きく取り上げられていました。
「先生、こういうのやってもらえませんか?」と、お母さん。
その後、お母さんと少し、『学び合い』の授業についてお話しました。

今、『学び合い』の授業は、想像以上に広がりを見せています。
アクティブラーニングという言葉が連呼される昨今、その実践として『学び合い』の手法が取り上げられています。
だからこそ、今、教師は、そこに貫かれている教育理念を学ばねばなりません。
阿部さんは、きっとICTや社会科の授業を絡めながら、私がぞくぞくするような実践のヒントを語ってくれるに違いありません。

1月28日(土)、多数の御参加をお待ちしています。
[PR]

by sitoi | 2016-12-30 18:56 | Comments(0)  

12月29日 無事、帰国!

関空近くのホテルに着いたのは、早朝の5:00.
すぐに寝て、8:40起床。
ホテルの大浴場でのんびり。
その後、朝食をいただいて、10:00にチェックアウト。

愛車で高速をぶっ飛ばし、11:00には帰宅。
すぐに洗濯。少し休んでから妻のリクエストで鍋焼きうどん風のものをつくる。

メールをチェック。
夏のフィリピンで執筆した原稿は、2月頃に出版されることになった。
「伝説の教師」シリーズの最終刊となる。
さらに、新たな驚きの原稿依頼が届いていた。
そこに私へのニーズがあるのかという思い。
しばらく考えて、「そうか、それが私が最後にまとめるべきモノなのか」と一人納得する。
一か月以上の猶予があるので、何とか書き切っていきたい。

午後は、愛犬オーと久しぶりにのんびり。
夕食は、どうやら私の好物であるらしいトンカツ。
夜は、アマゾンで映画鑑賞。あーっ、冬休みだっ!
[PR]

by sitoi | 2016-12-30 09:59 | Comments(0)  

12月28日 中国の旅五日目 上海

最終日は、いつもにもましてゆったり。
ゆったり朝食をとり、ゆっくり出発の準備。
a0023466_9272432.jpg

今日も、上海観光。
まずは、魯迅公園と記念館。
a0023466_9284154.jpg

a0023466_929076.jpg

a0023466_9291986.jpg

恥ずかしながら魯迅の本は読んだことがないので、冬休み中に一冊読んでみたいという気持ちになりました・・・勉強不足です。
その後、豫園で、たっぷり自由時間。
テイクアウトの小籠包を購入して食べた後、付近を散策。
a0023466_9333494.jpg

a0023466_933591.jpg

最後は、上海タワーの近くを散策。
a0023466_9351597.jpg

で、夕方に空港着。
最後の最後に美しい夕焼け。
a0023466_936499.jpg

ところが、19:05出発予定の飛行機がなんと、遅れに遅れ、24:30になることが判明。
えーっ、という感じ。
まあ、しかし、航空会社から夕食券が配られた。これが一人200元(4000円弱といった感じ)。で、高そうな店でワインをいただきながら食事。
日本到着が、夜中の4時くらいになるということで、関空近くのホテルを用意してくれるとのこと。
なんだ、いいじゃん。旅が一泊長くなったということで、のんびり空港で時間を過ごす。
今回もなかなか楽しい旅でした。
気がつけば、我が家恒例の冬の海外旅行も、これで、6回目。
韓国、フランス、フィンランド、バリ島、ラオス。そして、中国といった具合。
よく考えてみれば、妻と二人の冬の旅は初めて。過去、5回は娘も一緒だった。
カナダの娘は、今はアメリカを旅しているらしい・・・。
[PR]

by sitoi | 2016-12-30 09:46 | Comments(0)  

12月27日 中国の旅四日目 上海

朝食後、上海へ移動。
バスの中から、上海の町を見る。
a0023466_991716.jpg

ガイドさんの話によると、ここでマンションを購入するとなると1億円ほど必要になるという。
高速道路を走る車は、ベンツ、BMW、アウディといったヨーロッパ車が目につく。ナンバープレートを取得するだけで、140万円ほど必要になるらしい。
いったいどうなってるんだ???
昼食後、上海の町を観光。
まずは、現代アートを展示するM50。もっと時間がほしかった・・・。よかったです。
a0023466_9155941.jpg

バンド。そして上海博物館。
a0023466_9185112.jpg

a0023466_9191041.jpg

新天地で、久しぶりの美味しい珈琲。
a0023466_921555.jpg

夜は、上海カニと紹興酒をいただいた後、上海雑技団。
a0023466_921564.jpg

a0023466_9221955.jpg

今夜は、ホテルも、なかなか豪華でした。
a0023466_9235314.jpg

[PR]

by sitoi | 2016-12-30 09:24 | Comments(0)  

12月26日 中国の旅三日目:杭州

朝から杭州に向けてバスは出発。
a0023466_83553.jpg

a0023466_8353014.jpg

京杭大運河は、紀元前5世紀に開削が始まり、6世紀に隋の煬帝が完成させた大運河で、北京、天津2つの直轄市と河北、山東、江蘇、浙江などの省を流れ、運河沿いには鑑真和上ゆかりの揚州、春秋時代からの古都鎮江、太湖の畔の無錫、水の都蘇州、マルコ・ポーロが「世界で最も華やか」と称えた杭州など詩情豊かな都市が点在している。
おーっ、鑑真かあ。目の前の景色と歴史上の人物を重ね合わせたとき、教科書だけではイメージできなかったものが見えてくる。
小野妹子は、この運河を見たのだろうか・・・驚いただろうなあ。

隋代におよそ100万人もの人々が動員され、6年の歳月をかけて完成した大運河は、中国の統一を確かなものとするとともに、文物の往来も盛んになり、社会の発展や文化の繁栄に大きな役割を果たした。古代の優れた水利技術と、その果たした文化的価値が認められ2014年、京杭大運河は護岸の改修が行われていない1011kmの区間が世界遺産に登録された。

昼食後は、これまた世界遺産の西湖を遊覧しながらの観光。
一元紙幣の裏側に記されている風景だ。
ガイドさんの話によると、「西湖の景色は晴れた日より、雨の日の方がいいよ」ということでしたが、・・・やはり、晴れた日に来たかった。

その後、茶芸店へ。
ここは、中国を代表する緑茶、龍井茶(ろんじんちゃ)の産地なのです。
a0023466_92542.jpg

お土産にいくつか購入し、我が家用には烏龍茶を購入。

夕方、ホテル着。
マッサージに出かける妻を見送って、売店でビール。
ゆったり読書。「あつあつを召し上がれ」(小川糸著・新潮社)。
[PR]

by sitoi | 2016-12-30 09:05 | Comments(0)  

12月25日 中国の旅二日目:蘇州

午前中は、無錫市内観光。
朝から、生憎の雨・・・風も強く、寒い・・・。
まずは運河に沿った街並みを散策。
a0023466_1417201.jpg

a0023466_14173737.jpg

その後、中国庭園の蠡園を観光。
湖では真珠が取れるということで真珠店へ。
気のいい妻は店主の強引なセールスに根負けし、日中友好ということで(笑)、化粧クリームを買わされていました。これできれいになるそうです。
午後は、蘇州の市内観光。世界遺産に認定されている耦園へ。
a0023466_14332636.jpg

a0023466_14334667.jpg

夕食後。雨の中、オプショナルツアーに参加。
運河をクルージング。
a0023466_14354520.jpg

a0023466_14361577.jpg

ホテル着後、妻はマッサージへ。
私は、部屋でのんびりビール。
a0023466_14371937.jpg

[PR]

by sitoi | 2016-12-29 14:37 | Comments(0)  

12月24日 中国の旅一日目:無錫

朝、6:00。関空に向けて出発。
出国手続きを終えた後、ラウンジでゆったり。
9:30、上海に向けて定刻にフライト。
ワインをいただきながら食事。映画1本を見終わらないうちに到着。

今回の旅行はツアーなので、楽ちん。
何と8名の参加者に貸切バス一台。

今日の宿泊は無錫。
途中、水郷古鎮・木涜を観光。
a0023466_13564331.jpg

a0023466_13565987.jpg

無錫にに向かうバスの中で、ガイドさんから無錫の名前の由来を教えていただく。

周、秦時代、無錫には錫(すず)山が多くて、たくさん錫が取れたので有錫(ゆうしゃく)と呼ばれていた。ところが、漢時代の初めまでに、錫は採掘し終わってなくなりました。錫が無くなったということで無錫(むしゃく)とよばれるようになったというのです。
面白いなあ・・・。

江蘇料理の夕食をいただき、早めにホテルにチェックイン。
クリスマスイブということで、夜は妻と無錫の町を歩いてみる。
a0023466_1482372.jpg

a0023466_1484723.jpg

a0023466_149211.jpg

[PR]

by sitoi | 2016-12-29 14:09 | Comments(0)  

12月23日 明日から、また旅に出る

長かった二学期が終わった。
正直、今週はきつかった・・・。
身体がもつかどうか・・・そんな心配をしながら勤務した。
最終日の昨日も、18:00を過ぎても、仕事が終わらなかった。
学年の先生方に支えられ、何とか乗り切った感じ・・・。

昨夜は、一人、ビールで乾杯。

今日は、午前中は、妻に送ってもらって、一人、カフェで二学期のふり返り。
三学期にやるべきことが一つ明確になった。

明日からは、妻と二人で中国へ。
この夏、フィリピンで出会った方々が、中国もいいよと勧めてくださったので、それではとうことで冬の旅行を中国に決めた。
いつものように、妻が旅の手配をしてくれているので、今、やっと行き先を見ているといった具合。
美味しいものを食べて、世界遺産を回る旅だ・・・。

いろんなものを見て、リフレッシュしてきます。

帰国は、12月28日。
ああ、今年もあと少しだな・・・。
[PR]

by sitoi | 2016-12-23 22:44 | Comments(0)  

12月20日 第一回いなづまの会

今日も午後から個人懇談会。
休憩なしの3時間・・・。
保護者の方々に支えていただいているなあと改めて思う。

帰宅後、今夜は私が夕食をつくることに。
昨夜つくったビーフシチューを使ったパスタ。
あっ、写真撮るの忘れました。
妻はチーズと合わせて食べ、美味しいやんと言ってくれていましたので、まあまあということで。

さて、「第一回いなづまの会」の告知を見ますと、増席になっておりました。
ありがとうございます。
少し多めに学級経営の話をして、教材研究の方は模擬授業っぽくしようかなと思っております。
お時間がありましたら、是非!

お申し込みは、こちらから!
[PR]

by sitoi | 2016-12-20 21:48 | Comments(0)  

12月19日 学年レクで締めくくる

朝、5:40。
夜のような朝に家を出る。
電車を降り、薄暗い賀茂川沿いを歩く。
春も夏も秋も素敵な風情を見せてくれた賀茂川。
寒さに震えながら歩き、振り返ると・・・。
a0023466_22341789.jpg

冬も素敵です。

今週は4時間授業。
2時間目に学級委員主催の学年レク。
「学年鬼ごっこ」と「クラス対抗綱引き大会」を1時間で行う。
一学期は少し口をはさんだが、二学期は子どもたちだけで運営した。

さて、三学期はもう少し先まで進もうと思う。

午後は個人懇談会。
この年になっても、やっぱり苦手だなあ。
でも、まあお母さん方と楽しくお喋りできました。
今学期もあと三日・・・。
[PR]

by sitoi | 2016-12-19 22:38 | Comments(0)