<   2016年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

4月30日 あっという間にGWの2日が終わってしまった

昨日は、GWの初日なれど、入試業務で出張。
終わってから、古本屋や骨董屋を覗くことができたので、まあ良しかな。
夕食は、妻と娘と待ち合わせて、パスタ。
で、久しぶりにレンタルビデオを借りて帰り、夜はダラーッとして過ごす。

今日は、娘、妻の順で車で送る。
その後、コインランドリーへ。
愛犬オーは、娘と一緒に寝たらしいのだが、おねしょをしてしまい・・・。
この前は、私の部屋に置いてあった靴下で遊び、グチャグチャにしていた。
いつも私が帰ると、部屋に飛び込んでくるのに、来ないからおかしいなあと思っていたら、どうやら怒られると思って、反省していたらしい。

で、その後、家の掃除と車の掃除を済ませ、愛犬オーと散歩へ。

午後は久しぶりにスーパー銭湯へ。
ぼんやりとあれこれ考える。
何だか追いたてられるように仕事をこなした4月だったので、こういう時間がとても大切。

夕方から、これまた久しぶりに自転車に乗って夕飯の買出し。
あっという間にGWの2日間が終了・・・。

明日は、恒例の丹後のホテルへ。
ホテルで一泊して、翌日、実家へ。
GWが過ぎていく・・・。


[PR]

by sitoi | 2016-04-30 23:13 | Comments(0)  

4月28日 ああ、おもしろいなあ・・・

明日からゴールデンウィーク突入。
今までの学級経営と比べると、今年の場合はフニャフニャした感じ。
私が「はい、じゃあ、静かにして!」なんて言っても、子ども達はザワザワフニャフニャしている感じです。
4月は、今まで以上に子どもウォッチングに徹した一ヶ月だった・・・。

それにしても、4年生の子ども達っておもしろいなあ。
4月の最初は、「よーし、6年生にも負けないすごい4年生に育てたい」なんて野望(笑)も少しはあったのだけど、ちょっと違うなっていうのを感じた一ヶ月。

今は、どのようにして「4年生らしく伸び伸びと、みんなで成長していける集団にしていくか」といったことを考えている。
伸び伸びさせたいなら、押さえつけても仕方ない。
「みんな」をキーワードに、ゆるやかだけど、笑いの絶えない集団だなって感じ・・・。

ゴールデンウィークが終わったら、いろいろ仕掛けていきたいなって思っている。

ゴールデンウィーク中に、副担の先生が結婚される。
ということで、一昨日から、副担の先生に内緒で、寄せ書きを作り始めた。
内緒なのに、嬉しそうに副担の先生に言いたくて仕方ない子ども達・・・。
「おいおい」って感じ。
で、今日の帰りの会で、日直の子どもから、副担の先生にプレゼント。
副担の先生にも喜んでいただけたが、それ以上に嬉しそうにしていたのが、子ども達。
こんなやりとりにも、「ああ、4年生ってこういう感じなんだ」と思う次第です。

極めつけは、今日は副担の先生に寄せ書きを渡したりしていたので、帰る時間がいつもより少し遅くなってしまいました。木曜日は、私が引率して駅まで送っていたのですが、今日は「早く帰りなさい。はい、さようなら」と言って、教室で子ども達を送り出しました。

教員ルームで、電話をかけ、ホッと一息。
送り出して10分くらいたった頃でしょうか。
クラスの子が、やってきて、
「先生、はやく来て!みんな待ってるよー。」
えっ、待ってるの?・・・驚いて、児童玄関前に行ってみると、ズラッと2列に並んで子ども達がいました。
「あっ、先生、おそいよーっ」って。
ああ、そうなの。こういうのは絶対なのねって感じ。
「ごめん、ごめん。じゃあ、帰ろうか。」
駅まで送って行き、既に始まっている会議に遅れて合流。

教材研究も一からやらなきゃいけないし、何だかんだで手のかかるわけだけど・・・何だ、4年生ってやっぱりおもしろいじゃんっていうのが、この一ヶ月の振り返りという感じかな。

[PR]

by sitoi | 2016-04-29 09:13 | Comments(0)  

4月24日 御朱印帳制作WSに参加

午後から六地蔵へ。
妻と一緒に御朱印帳制作WSに参加。
a0023466_21530768.jpg
寺や神社に行くことが多いので、御朱印帳がほしいなあと思っていたところ。
自分だけのお洒落な御朱印帳を持つなんて格好いいじゃないですか。
というわけで、本気モードで参加。
a0023466_21570940.jpg
いやあ、講師の先生の教え方もお上手で、楽しく2時間ほどの時間を過ごしました。
で、無事、オリジナル御朱印帳が完成しました。
ただし、5日間はプレスした状態で保管しておくように言われたので、まだお見せできません。

さあ、これで、連休中の楽しみが一つ増えました・・・。


[PR]

by sitoi | 2016-04-25 21:59 | Comments(0)  

4月23日 モジュール参観、懇談会、体験教室に送別会

今日は一回目の参観授業。
参観授業といっても、モジュール参観。
本校では、朝の8:25~8:35の10分間をモジュールタイムと称して、音読や計算に充てている。ということで、詩の音読と100マス計算の様子を保護者の方に見ていただく。
まあ、クラス替えをして間もないので、こんなものでしょう・・・といったレベル。
まあ、焦らずに・・・である。

で、3時間目は学級懇談会。
担任の私と副担の先生の自己紹介。
で、ちょっと子ども達の様子を紹介した後、昨日、学年集会で読み聞かせした絵本「おこだでませんように」(くすのきしげのり作)をお母さん方に読み聞かせ。
「クラスの子ども達は、こんな感じです・・・だから、学年全体で、子ども達をしっかり見ていこうと思っています。」とお話しした。

その後、今年度の大まかな活動を紹介。

最後に、「じゃあ、みんなでゲームしましょうか。」
と言って、「シャベリカ」をお配りする。
和やかな中、学級懇談会を終えた。

サンドウィッチを食べて、午後は体験教室の準備。そして、お出迎え。
途中から、学校を出て、医療フォーラムのパネラーとして登壇。
なかなか興味深い会であった。

終了後、学校の保護者会の送別会へ。
お子さんを担任させていただいた保護者の方といろいろ話ができ、有意義な時間を過ごせた。

帰宅途中、カフェに立ち寄り「下り坂をそろそろと下る」(平田オリザ著・講談社現代新書)を読む。是非、多くの方に呼んでいただきたい一冊!
そういえば、もう何年も平田さんにお会いしていない・・・。

これからの教師人生の残り4年は、会いたい人に会う4年にしたいものだ・・・。


[PR]

by sitoi | 2016-04-24 22:00 | Comments(0)  

4月22日 57回目の誕生日

朝から、「お誕生日、おめでとうございます!」。
子ども達からお祝いの言葉をいただく。
「先生、すごい人気ですね」と、学年の先生から驚きの声。

何のことはない自己紹介の中にこうなる仕掛けを入れていたのだ。
120名ほどの学年の子ども達を見る。
なんていうか、年老いた私と子ども達の距離感は遠い・・・。
元気のいい子はどんどん近寄ってくるけれど、やっぱり気になるのはどちらかと言えばおとなしい子。
最初の自己紹介で、
「先生の誕生日は、もうすぐなんだ。だから、いつも学年のみんなと仲良くなったころには誕生日が終わってしまっていて、お誕生日おめでとうって言ってもらえないんだよ。でね、今、教えておくね。あっ、メモなんか取らないよ。でも、さあ、一回言っただけの誕生日を覚えてくれていたら、それはもう感動だよね。そんな人がさあ、忘れ物を一回くらいしたって、先生は許しますよ。まあ、もし、覚えてくれていて、お誕生日おめでとうって元気に言ってくれたらだけど・・・。」
とまあ、こんな話を入れておいた次第です。

昨年もたくさんの子からお祝いの言葉をいただきました。
6年生だから、早速、学級委員なんかが動いてくれたり・・・。

でも、まあ、今年は4年生。かわいらしいですね。
こんなにメッセージもいただきました。
a0023466_08442990.jpg
多くの子と、一言、二言だけど話ができました。
それが、一番の収穫です。

今日、一番にお祝いのメッセージを届けてくれたのは、何と卒業生でした。
もう中学三年生なのに、私の誕生日を覚えてくれていて、メッセージをくれる・・・感動です。

また、たくさんの方からフェイスブック上でお祝いのメッセージをいただきました。
どうにもフェイスブックが苦手な私。この場で御礼申し上げます。

教師人生もあと4年。もう少し先まで進みたいと思っております。

夜は、妻と娘からプレゼントをいただく。
ありがたいなあ・・・感謝、感謝です。




[PR]

by sitoi | 2016-04-24 08:45 | Comments(1)  

4月21日 できない理由を考えることは大事!

物事に行き詰ったときは、できない理由を考える。
理由を考えることができたなら、もうできたも同じ。
だって、次は、それを解決する方法を考えればいいのだから・・・。

これは、若い頃、ソニー関係者(誰だったか忘れました)の本から学んだこと。

こう考えただけで、ポジティブになれる。
今日の帰宅は、21:40。
単純に仕事が終わらずに、この時間になってしまった。

今のままでは、これから半年あまりずっとこの帰宅時間になってしまう。
どうするか?
仕事のスピードをあげればいい。
これは、いい訓練ができる・・・と思うことにした。

目標は、8:00帰宅だ。
仕事量を減らさず、達成したい。
そう考えると、何だかやる気が出てくるのである。

[PR]

by sitoi | 2016-04-21 22:49 | Comments(0)  

4月19日 「明日の教室」のこと、あれこれ

どうやら、5月の青山先生登壇のことを書きながら、日程を明らかにしていなかったらしい・・・。
とりあえず、5月と6月の日程を書いておきます。

5月21日(土) 青山新吾先生
6月25日(土) 三宅貴久子先生

会場は、ともに京都橘大学です。

夏に丹後で「明日の教室」が開催できないかなあと思っています。
どこかで一泊して、ダラダラと教育談義にふけるような会が開けないかなあと思うのです。
池田さんと一緒にお邪魔して、昼はきちんと講座をもって、夜は池田シェフの料理を堪能しながらダラダラと・・・。
このブログをお読みいただいている方で丹後の方がいらっしゃいましたら、どなたか開催していただけませんか?

一年に一回くらい丹後で開催できるといいなあというのは、数年前からの夢なのです・・・。

[PR]

by sitoi | 2016-04-19 22:15 | Comments(0)  

4月18日 ボタンをかけ違えないこと

毎日、ああそうかという発見の連続です。
私の用意していた言葉と、子ども達の反応に少しズレが生じるのです。
こういう時、子ども達の反応を真摯に受け止めるべきだと考えています。

それを強引に自分のイメージに持っていこうとするから摩擦が生じる。
最初にボタンをはめ違うと、あとは全てずれていってしまうのです。

たとえば、この数年は、ビー玉貯金の実践は行ってきませんでした。
高学年に必要を感じなかったからです。
少なくとも、昨年の6年生の4月段階に用意したとしても、うまくいかなかったでしょう。
今年も、やるつもりはなかったのですが、子ども達の様子を見て、やることにしました。
a0023466_22395145.jpg
今日の日記に、こんなことを書いてきた子がいました。

今週から、本格的な授業がはじまりました。休み時間には、新しいクラスになった友だち(はじめて同じクラスになった友だちや一回同じクラスになったことのある友だち)と遊んでいます。

クラスで、いいことがあったたびにビー玉を入れていくということを聞いたときに、私は「いいことをいっぱいしよう」と思いました。

一週間がたって、ビー玉の数は二段目になっていました。あいさつができた、先生の話をちゃんと聞いて行動できた、プールの時に静かにと注意されずに静かにできたなどです。

私は「みんなが協力したからこんなにふえた」と思ったので、これからもみんなと協力して、もっといいことをふやしていこうと思いました。

どの学年、どのクラスでもうまくいくわけではないと思います。
全ての実践はそういうものなのだと思います。
だから、子ども達を見て、ボタンをかけ違えないように、一つずつ、子ども達の思いや行動を変えていく。そんなことを繰り返しているところです。

[PR]

by sitoi | 2016-04-18 22:44 | Comments(0)  

4月18日 誰にでもできることだからこそ・・・

今日は、学年の先生方に二つのお願いをしました。
一つは、「授業の延長はしないでほしい」ということ。
本校はチャイムのない学校です。
教師も子ども達も、時計を見て動きます。
だからこそ、教師が模範を示さなくてはなりません。
時間で終わるのは難しいことではありません。
途中でも終わればいいのです。

野球の話を少ししました。
たとえば、高校野球は今日負ければ明日はありません。
だから、今日のこの一戦に全力を注ぎ込みます。
この戦いは様々な弊害を生み出すこともあると思います。
しかし、今日の一戦が全てなのです。

しかし、プロ野球は違います。
全て勝つ必要はないのです。
年間で6割程度勝てば優勝なのです。
逆に言えば、どう負けるかが決め手になってくるとも言えるのです。
勝ちにつながる負け方です。

時間がきた時点で、終わりなのです。
続きは、また次回でいいじゃないですか。
一年間で勝負するのだから・・・。

二つ目は、子どもの名前をきちんと「さん・くん」で呼ぶこと。
子ども達がいくら「〇〇ちゃん」と呼んでいても、それを使わない。
クラスの子ども全てが「〇〇ちゃん」で呼び合っているわけではありません。
「〇〇!」と呼ばれている子もいれば「〇〇さん」と呼ばれている子もいます。
これは単純に言えば、子ども達同士の距離感です。

「〇〇!」と呼ばれている子だって、家に帰れば「〇〇ちゃん」と呼ばれたりしているのです。
教師が、子ども達との距離感を変えてはいけないのです。
こういったことをいい加減にしていると、子どもから信頼を失うだけなのです。

二つのことは誰にでもできることです。
だから、いい加減にせず・・・・です。

[PR]

by sitoi | 2016-04-18 22:32 | Comments(2)  

4月17日 六角堂のライトアップ

疲れているので、琵琶湖へ。
妻にあきれられながらも琵琶湖畔へドライブ。
今日もお気に入りのカフェの向かいにあるカフェへ。
a0023466_21380230.jpg
ゆっくりランチをいただいた後、ジャズを聴きながら読書。
流れているのは、ビルエバンス。いい感じでした。
で、そのまま大原を抜けて京都市内へ。
観たかった映画「モヒカン故郷に帰る」にギリギリセーフ。
笑って、笑って、ほんのり、しんみりさせるいい映画でした。

その後、池坊会館で作品展を鑑賞。
a0023466_21381767.jpg
六角堂は池坊発祥の地。
かの小野妹子が始めたといわれている。
今夜はライトアップされるとのことで、夕食を済ませてから、再度、六角堂へ。
a0023466_21383181.jpg

[PR]

by sitoi | 2016-04-17 21:50 | Comments(0)