<   2015年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

12月30日 珈琲を飲み、ワインを飲むいつもの休日

朝、お腹が空き、目が覚める。
キッチンで味噌汁を作り、ご飯をいただく。
普通に食事ができる幸せ。
お腹の調子がやっと落ち着いた。

妻を誘って、馴染みのカフェでモーニング。
ベトナムの叔父さんから頂いたノートを使って、教材研究。
カフェに置かれた新聞を丹念に読み、引っかかった言葉をメモするという方法。
今日は、「京都新聞」の社説に書かれた記事が興味深かった。
関連するサイトがこれ!
午後、田舎への土産を買った後、家の掃除。
ついでに愛車も掃除してスッキリ。

夜は、ワインを飲みながら、「学力の経済学」(中室牧子著・ディスカバー)を読み始める。
さて、明日からは帰省だ。
それにしても体調が戻ってよかった・・・。


[PR]

by sitoi | 2015-12-30 22:38 | Comments(0)  

12月30日 1月の「明日の教室」発表者の変更について 

1月の「明日の教室」のミニ模擬授業者が1名変更になりました(変更者は赤字)。
以下のようになります。

日時:2016年1月9日(土)

場所:京都橘大学

日程:
10:30 受付開始
11:00 開始 はじめに
11:10 レポート発表
     ・田中僚先生(京都・立命館小学校)
     ・木上徹也先生(兵庫・小学校)
     ・門脇哲郎先生(兵庫・小学校)
     ・小池翔太先生(京都・立命館小学校)
12:30 昼食
13:30 ミニ模擬授業
     ・伊藤雄大先生(奈良・小学校)
     ・佐藤隆史先生(兵庫・小学校)
14:40 ③石川晋先生「今、私が考える教育」
16:00 ④石川先生の話をもとに鼎談(石川晋・池田修・糸井登)
17:00 終了 おわりに

以上のように発表者は埋まっております。
発表の時間はとれませんが、「参加者に見ていただきたい」という方は、レポートを持参下さい。皆さんにお配りし、懇親会などの場で感想を交流するというのはいかがでしょう。

発信することで、書くことで、教師としての技量が高まると考えています。
ぜひ、希望される方はレポートをご持参下さい。

お申し込みは、こちらから!

[PR]

by sitoi | 2015-12-30 09:28 | Comments(0)  

12月30日 1月の「明日の教室」の意義 

1月の「明日の教室」参加者数が、思ったように伸びない。
不思議だなあって思う。

休日のたびに各地で開催されている研究会の数々。
参加者数を見てみると、それなりの数が集まっている。
たぶん若手教師が中心なのだろうが、その意欲と危機感が伝わってくる思いだ。

かくいう私も、若い頃は、名人と言われる先生の授業や講演を聞きにいろんな場所に行ったものだ。
そこで見た授業、そこで聞いた話を自分の教室に持ち帰り、自分なりに修正し実践してみたものだ。これを修正追試という。
修正追試を重ねるうちに、自分なりのものが少しつくり出せるようになってきた。

その自分なりの実践をレポートにまとめ、「授業づくりネットワーク集会」で発表するのが、私の教師としての力量を高めていくことになった。これは間違いない。

今、全国には素晴らしい教師がたくさんいらっしゃる。
そのもとに多くの若手教師が集まり、その授業を、教育哲学を学ぼうとされている。
それは素晴らしいことだ。
けれど、そのほとんどの若手教師が、その域に達することはできない(と思う)。
それは、その域に達することができなかった私が一番よくわかっている(のかもしれない)。
しかし、私は、学級を維持しながら、自分の授業を続けていくことができている。
それは、拙いかもしれないが、自分なりの授業を形成することができたからなのである。

私は、「明日の教室」を立ち上げるとき、このようなことを書いていた(と思う)。

毎月、全国の優れた実践家の授業や教育哲学をシャワーのように浴び続ければ、ここの集う若手教師は、私が何十年もかかって得たものを僅か数年で得ることができると思う。

そして、今、私が考えていくべきことは、若手教師のアウトプットの場を用意することだと考えている。アウトプットすることで、力量が高まるのである。聞いただけで勉強した気になってはいけない。1月の「明日の教室」の模擬授業とレポート発表を用意したのはそういう意味である。
また、参加者も自分と年の違わない若手教師の発表は大きな刺激になるはずである。そういう体験もしてほしい。

三連休の初日という集まりにくい日程であることは承知しているが、是非、多くの教師にお集まりいただきたい。
何といっても、私が全国の優れた教師の中で唯一「天才」と銘打つ、石川晋先生に見ていただけるのだ。この機会を逃さないようにしてほしい。

お申し込みは、こちらから!
[PR]

by sitoi | 2015-12-30 09:22 | Comments(0)  

12月27日 ラオス最終日

ラオス最終日。
今日は、ルアンバパーンで有名な托鉢に参加することに。
朝、5:30にホテルを出て、町まで送っていただく。
6:00前に托鉢の行われる道に着くと、すぐに女の人が寄ってきて、托鉢用のお米とお菓子を売りつけにやってきた。300円ほどでそれを購入し、座って僧侶を待つ。
すると、6:00過ぎから僧侶たちが現れた。
a0023466_17511210.jpg
托鉢を終え、ホテルに戻って朝食。
最終日の今日は、初の晴れ空。
コテージに宿泊したのだが、プールには一度も入れずでした。
a0023466_17512927.jpg
夕方の便まで、町を散策。
寺や博物館などを見て回る。
a0023466_17514349.jpg
夕方になって、私の身体に異変。
お腹が急に痛くなり、吐き気と身体の節々が痛くなるという発熱の症状が・・・。
何度もトイレに行き、とりあえず、飛行機でベトナムへ。
ベトナムの空港では動くこともできず、ただただ吐き気と腹痛、発熱に苦しむ。
ベトナムの空港の椅子で3時間ほど横になり、飛行機へ。
今度の飛行機は大きく、ビデオもあったが、そんな余裕はなく、唸りながら耐える。
途中、キャビンアテンダントが「とても苦しそうに見えるけど、大丈夫ですか。横になられた方がいいでしょう。2つ席が空いているところがあるから、そちらに移動してください。」といって、別の席へ誘導してくれて横にならせていただいた。

今回の帰路は、「安かったから・・・」ということで「成田」着。
そこから、今度はリムジンバスで「羽田」へ。
で、唸りながら、「関西空港」へ。
で、がんばって愛車を走らせ、無事、帰宅。
「もう、あかん、寝る」と言って、何と15時間眠り続けた。
で、やっと、今、吐き気と下痢が収まる中、このブログを書いている。

いやあ、なかなか盛りだくさんな旅でした。


[PR]

by sitoi | 2015-12-29 18:06 | Comments(0)  

12月26日 パクウー洞窟とプーシーの丘

今日は、メコン川を船旅。
1時間ほどをかけて、パクウー洞窟へ。
a0023466_17403122.jpg
洞窟の中は、こんな感じ。
a0023466_17404732.jpg
至る所に小さな仏像が置かれている。
その数、何と4000体とか・・・。
a0023466_17410894.jpg
船の上でランチもいただき、無事、15:00前にルワンパパーンに戻る。
その後、プーシーの丘へ登る。
a0023466_17412724.jpg
夕方、今夜もマッサージへ。
その後、観光ガイドに掲載されていたレストランへ。
この店は食事しながら、ラオスダンスを見る事ができる。
ダンスよりも、生演奏の方が興味あったかな・・・。
a0023466_17414811.jpg

[PR]

by sitoi | 2015-12-29 17:48 | Comments(0)  

12月25日 像に乗り、タート・クアンシーの滝へ

今回、旅したのは、ラオスのルアンパバーンという町。
古く、美しい町並みは世界遺産にも登録されている。
ホテルの朝食は、メコン川を眺めながらのオープンテラスでいただく。
a0023466_11590157.jpg
その後、像に乗せてもらうツアーに参加。
a0023466_11575455.jpg
その後、タート・クアンシーの滝に連れていってもらう。
この滝は泳いだりダイブしている様子が紹介されていたので、私たちも水着を用意していたのだが、この日の気温は長袖シャツで過ごすのがちょうどよい感じで、眺めるだけに。
すると、一緒にツアーに参加していた女性がビキニになってサンタの帽子をかぶって滝の中に。
a0023466_11582847.jpg
それにしてもきれいな滝でした。
晴れていたらもっときれいだったのでしょうが、生憎の曇り空でしたが。
a0023466_11581060.jpg
夕方からはナイトマーケットを散策。
その後、家族揃ってマッサージへ。1時間のマッサージで、約900円。安い!


[PR]

by sitoi | 2015-12-29 12:05 | Comments(0)  

12月24日 いよいよラオスへ

朝、フォーを食べに連れて行ってもらう。
これまた、家族だけでは入らないだろうなあと思える地元の店。
a0023466_11320006.jpg
あっさりしていて、美味しかったです。
で、またコーヒーでも、ということになり、カフェに移動。
偶然、昨日、家族で散策していた時に、時間があったら寄りたいねと言っていた店でした。
a0023466_11361115.jpg
で、お薦めのココナッツコーヒーをいただく。昨日のエッグコーヒーとよく似た感じで、甘くて美味しい。
a0023466_11322569.jpg
その後、シルクの店に連れて行ってもらい、「この店はいい品揃えだから、必要ならここでお土産を買うといいですよ」と言われた。
で、妻と娘は何点かスカーフを選び、私もせっかくだからとネクタイを1本買うことにした。
支払いになって、お母さんが、「これは私たちファミリーからのプレゼントです。受け取って下さいね」と言われて、プレゼンしていただくことになってしまった。

私は、こんなに人のために何かを考え、行動したことがあるだろうか。
本当に、人と人の絆ということを考えさせられた2日間となった。

さて、そして、いよいよラオスへ。
信じられないような小さな飛行機。所要時間は1時間20分ほど。
ついた空港から見える景色はこんな感じ。
a0023466_11324895.jpg
さて、どうやってホテルまで行ったらいい?
空港の方に尋ねてみると、ホテルに連絡を取ってくれて、迎えに来てくれるとのこと。
空港から20分ほど。メコン川に面したホテルに到着。
a0023466_11330948.jpg
ちょっと休憩した後、町へ出てみることに。
このホテルは町の対岸にあり、どこかへ行くときはメコン川を横断する必要がある。
こんな船に乗せてもらい、対岸からはホテルの車で送迎してくれた。
a0023466_11332629.jpg
さて、今夜のビールはビアラオ。
世界どこに行っても、ビールはビールだなあ。まずくて飲めないなんてないものね。
a0023466_11334645.jpg

[PR]

by sitoi | 2015-12-29 11:51 | Comments(0)  

12月23日 まずはベトナムに向けて出発

朝、8時、関西空港で娘と待ち合わせ。
ラオスへの直行便はないので、まずはベトナムへ。
これが小さな飛行機で、シートにビデオがついていなかった。
ガーン・・・持参していた今野敏の本を読んで過ごす。

今回のベトナム泊では、以前、我が家にホームステイしていた女の子に相談したところ、良さそうなホテルを教えてくて、予約を済ませてくれた。
・・・だけでなく。空港からホテルまで30分くらいかかるから、弟が迎えに行くと言っているとのこと。

空港につくと、「itoi family」と書いた用紙を持って、弟が迎えに来てくれていた。
ホテルまで送ってくれて、「夜に父母と一緒に迎えに来るから、一緒に食事をしよう」と言って帰っていった。
とりあえず、まだ夜まで時間があるので、観光名所の教会を観に行き、カフェに入ってビールをいただく。ハノイビールというビール。

夕方、お父さん、お母さん、弟の3人がホテルに迎えに来てくれた。
妻は、以前、日本に来られた時に会っているが、私は初めて。
タクシーで店に向かう。
着いた店は、ちょっと私たちだけだったら入るのを躊躇するだろうなと思う食堂風の店。
ところが、店の中は超満員。
後で聞いたところによると、ハノイの伝統料理を食べさせてくれる店で、名店だそうだ。
名前は忘れたが、いただいたのは、これ。
a0023466_11181426.jpg
で、食べていると叔父さん夫婦も駆けつけてくれた。
ビールを飲みながら、楽しいひと時を過ごす。
「一日じゃ短すぎる。今度くる時は、1週間、いや1ヶ月来てください」
と優しい言葉をいただく。
その後、ハノイに来たら、飲んでもらわないと・・・と、隠れ家のようなカフェに連れて行ってもらう。飲んだのは、エッグコーヒーなるもの。コーヒーに卵を混ぜてあるというのだが、甘くて美味でした。
a0023466_11182865.jpg
その後、散歩しながらホテルに送っていただく。
「明日の朝はフォーを一緒に食べに行きましょう。空港までは息子がお送りしますから大丈夫。」
と言っていただき、お言葉に甘えることに。
a0023466_11184993.jpg
何とも濃い一日となった。


[PR]

by sitoi | 2015-12-29 11:30 | Comments(0)  

12月22日 旅の準備

朝から原稿を少し・・・。
しかし、いつまでかかってるんだよ、と自分に突っ込みたいくらい書き直している原稿だ。
やっと、自分の納得できるプロットが書けた。
まあ売れないだろうけど、自分らしいものだ。
これを若手教師に残そうと思う。
この冬休みにがんばって書こうと思う。

昼前から、クリスマスプレゼントを買いに妻と一緒にあちこちへ。
田舎の母、義父、義母のプレゼントを買い、宅配で送る。

私は、妻からショルダーバッグをいただいた。
一眼レフカメラと本が入る大きさのものだ。
で、私はパジャマをプレゼント。

明日から、ベトナムとラオスを巡る旅に出る。
ゆったりとした時間の中で来年の構想を立てるつもりだ。


[PR]

by sitoi | 2015-12-22 21:52 | Comments(0)  

12月21日 1月の「明日の教室」について

日程は以下のようになります。

日時:2016年1月9日(土)

場所:京都橘大学

日程:
10:30 受付開始
11:00 開始 はじめに
11:10 レポート発表
     ・田中僚先生(京都・立命館小学校)
     ・木上徹也先生(兵庫・小学校)
     ・門脇哲郎先生(兵庫・小学校)
     ・小池翔太先生(京都・立命館小学校)
12:30 昼食
13:30 ミニ模擬授業
     ・伊藤雄大先生(奈良・小学校)
     ・京都橘大学・学生
14:40 ③石川晋先生「今、私が考える教育」
16:00 ④石川先生の話をもとに鼎談(石川晋・池田修・糸井登)
17:00 終了 おわりに

以上のように発表者は埋まっております。
ただ、昨日も「発表したい」というメールをいただきました。

そこで、発表の時間はとれませんが、「参加者に見ていただきたい」という方は、レポートを持参下さい。皆さんにお配りし、懇親会などの場で感想を交流するというのはいかがでしょう。

発信することで、書くことで、教師としての技量が高まる部分もあると考えています。
ぜひ、希望される方はレポートをご持参下さい。

追伸
現時点での参加者の少なさに驚いています。
3連休の初日になりますが、是非、お誘いあわせの上、ご参加下さい。
よろしくお願いします。

お申し込みは、こちらから!

[PR]

by sitoi | 2015-12-21 22:37 | Comments(0)