<   2014年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

5月30日 蛍ナイター開園

最近、帰宅すると原稿書き・・・。
疲れている私を見かねてか、妻から「蛍ナイター」へのお誘い。

で、今日は、宇治駅で待ち合わせ。
そのまま宇治市の植物園へ。
ここのレストランは結構気に入っていて、テラスで夕食。
a0023466_2254918.jpg

a0023466_22542817.jpg

で、その後、植物園へ。
a0023466_2255289.jpg

園内を散歩して、蛍を楽しむ。
その後、宇治をドライブして帰宅。
20年以上勤務した懐かしい町、宇治。

さあ、明日も勤務日。
がんばろう!
[PR]

by sitoi | 2014-05-30 22:56 | Comments(0)  

5月28日 学校と外部との連携

現在、二つのNPOの理事を引き受けている。
あと、アドバイザーが一つ。
どれも、10年来のお付き合いだ。

けれど、どれも、今、形だけで協力できていないというのが実情だ。

今日は、学校帰りに理事を受けている一つの「子どもとアーティストの出会い」の事務所に立ち寄り、理事長から昨年の活動報告と今年の予定をお聞きする。
というのも、この前の日曜日が総会だったのだが、学校の業務と重なったため、欠席してしまったのだ。

事務所は、四条烏丸の路地裏。
こんな階段を上がったところにある。なかなか雰囲気のある場所。
a0023466_21354468.jpg

今年は文科省の委託事業が入ったり、新たな企画も動き出しているそうだ・・・。
話を聞きながら、ちょっと反省。
私が、あと5年の間にしなければならないことの一つに「アートと教育のよりよい関係を築くこと」がある。
これは、私が何とかしなければならないこと・・・。

頑張らなきゃね・・・・。
[PR]

by sitoi | 2014-05-28 21:39 | Comments(1)  

5月25日 リフレッシュは琵琶湖で・・・

今日は日曜日なれど出勤。
朝のうちに原稿を一つ仕上げる。これは、東京の新聞(だと思う)。
まあ、出勤と言っても学校説明会なので、9時過ぎに家を出る。

で、仕事を終えて、17:00帰宅。
リフレッシュが必要・・・妻を誘って琵琶湖へとドライブ。
琵琶湖畔のカフェで夕食。
a0023466_2285942.jpg

夕食後、湖畔を散歩。
a0023466_22104263.jpg

さあ、また一週間がんばろう!
[PR]

by sitoi | 2014-05-25 22:11 | Comments(0)  

5月23日 おもてなしの心を学ぶ

本校の高学年は茶道を学ぶ時間があります。
学校の中に本格的な茶室があり、そこで茶道の先生に来ていただき教えていただくのです。
これが実に素晴らしいひととき・・・。

担任である私も一緒に学ぶのですが、本当に良い学びの時間です。
たとえば、礼の仕方、正座からの立ち方、歩き方といった基本の所作も教えていただきます。
卒業前には、保護者の方をお招きし、子ども達が焼いた抹茶茶碗を使ってお茶を振舞います。
今日は、こんな和菓子をいただいた後、お茶をいただきました。
a0023466_8275163.jpg

老舗の和菓子屋が今日の授業のためにつくっていただいたお菓子です。
紫陽花をイメージしたお菓子だそうです。

うーん、贅沢なひとときです。
[PR]

by sitoi | 2014-05-25 08:28 | Comments(1)  

5月22日 池田さんと共著を出します

学校で諸事を済ませ京都橘大学へ向かう。
夕刻から、池田修先生の研究室を訪ねる。

思えば、二人で「明日の教室」を始めてから早7年(あってるかな?)、月に一度は会う仲である。
共著を出すなんてことは考えたこともなかったのだけれど、ひょんなことからそうなった。

で、打ち合わせである。
ほぼ3時間びっちり・・・。

想像以上に面白い。
で、来週も、もう一回打ち合わせ。

利他の心で始めた「明日の教室」が回りまわって仕事を運んできてくれる。
人生とはどうなるか分からないものだなあと思う。

昨年、教師生活30年にして、自分の思いを込めた本をやっと一冊書き上げることができた。「エピソードで語る教師力の極意」(明治図書)である。
それが、今年は、共著、編著を含めると、6冊を書く予定になっている。
2月に編著「言語活動本」3冊は出版できた。あと、3冊。このうち、2冊は、池田修先生との共著である。

がんばらないとね。
[PR]

by sitoi | 2014-05-25 08:20 | Comments(0)  

5月21日 今年の歴史の授業

今年は、なぜか社会科の授業が多く、例年に比べて快調に飛ばしている。
今、平安時代。
5月中に鎌倉時代に入ろうかという勢いだ・・・。

この学校に赴任して、4回目の6年生担任、4度目の歴史の授業となる。
今年は、夏休みに歴史の授業に関する本を書く予定なので、今までの自分の授業を整理しながら授業している。

今の学校で歴史を授業するようになって考えるようになったのは、教科書の歴史と京都の町を関連づけるようなものをなるべく組み入れるようにすること・・・だ。

たとえば、今日の授業は、「藤原氏の繁栄」がテーマ。
藤原氏が朝廷の要職を独占していく様子を表から読み取っていくのが前半。
後半は、いきなり写真の読み取り。
公立時代は、「分かることを3つ以上書きましょう。時間は3分です」といった指示を出して活動させたものだが、今はいきなり発表をさせることが多い。
その方が授業のテンポを崩さすに済むから・・・。

見せた写真は、このようなもの。
a0023466_7385535.jpg

子ども達は「天満宮という文字」「狛犬」「提灯に描かれた梅」・・・等々に気付いていく。そして、写真に「北野」と書かれた部分を発見し、これが「北野天満宮」であると予想する。

続いて、写真を2枚見せる。
1枚は、太宰府天満宮。もう1枚は天神祭(大阪)の様子だ。

3枚に共通するものは、「梅」のマーク。

京都、福岡、大阪・・・3つの違った場所のモノに同じマーク(神紋)が描かれている。これはなぜだろう?
ここから、菅原道真の話をし、有名な歌「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」を声に出して詠み、百人一首の句も紹介する。
「このたびは・・・」という歌である。札には「菅家」と書かれているが、これは菅原道真の句。

最後に、各地にある天満宮を紹介する。
何と京都市内だけでも・・・・。
北野天満宮(京都市上京区)
水火天満宮(京都市上京区)
菅原院天満宮神社(京都市上京区)
霊光殿天満宮(京都市上京区)
菅大臣神社(京都市中京区) ※通称「菅大臣天満宮」
錦天満宮(京都市中京区)
文子天満宮(京都市下京区)
火除天満宮(京都市下京区)
北白川天満宮(京都市左京区)
吉祥院天満宮(京都市南区)

これで、授業は終了。
何人の子どもが忙しい中、天満宮に足を運ぶか・・・それで授業の真価が決まると思っている。

今年は、この授業パターンに、ドラマ教育と協同学習を組み入れていくつもりだ。
[PR]

by sitoi | 2014-05-25 07:55 | Comments(0)  

5月19日 6月の「明日の教室」

6月の「明日の教室」は、国語教育について学んでいきたいと思います。

石川晋先生(北海道)と植西浩一先生(広島)のお二人にお越しいただき、それぞれ実践をエピソードを交えながら語っていただきます。その後、お二人の対談という形で進めていきたいと思います。

今回の企画は、昨年の夏、神戸で開催された「明日の教室・大阪分校」の席で持ち上がりました。登壇されていた石川晋先生が参加されていた植西浩一先生と意気投合し、私の元に一緒に来られ、
「糸井さん、是非とも、植西先生と一緒に国語教育について語りたい!語り合う場をつくってほしい」と切望されたのです。

国語教育をリードされてきたお二人の講座が開催できるという話を断る理由はありません。その場で、「分かりました。必ず実現させます」とお約束して、早一年。やっと、その場をつくることができたというわけです。
 
国語教育が、たんなる一教科ではなく全ての学びの基礎となり、果ては学級経営とも深く関わっていくことが実感できる講座になることと確信しています。多数の御参加をお待ちしております。

日時:  2014年6月28日(土) 13:30~17:00

場所:  京都橘大学

参加費: 3000円

講座内容:

第一部 植西先生「私の国語教室-作文・ノート・聴くこと-」

第二部 石川先生「過去から今を照射する・・・私の作文指導、読み方指導の変遷」

第三部 対談「お互いの実践を聞き合う中から・・・」

講師プロフィール

植西浩一(うえにし・こういち)
1955年、大阪府生まれ。
奈良教育大学大学院修士課程修了。(現職教員としての内地留学)
1978年、4月 奈良県生駒市立生駒北中学校教諭
1982年、4月 奈良教育大学附属中学校教諭
(2008年、4月~2010年、3月 奈良教育大学教職大学院講師-併任-)
2012年、4月 広島女学院大学准教授
著書
『国語科自己評価法の開発』 1997,6 明治図書
『中学校新国語科の展開1 活用型の国語科授業づくり中学校編』2009,7明治図書
『中学校新国語科の展開2 楽しくなる国語の授業づくり』 2011,11 明治図書
34年間、中学校国語科教員として教壇に立ち、国語科における評価、作文指導、ノート指導、聴くことの指導、対話の指導、総合的な学習や学校行事と結んだ国語科の指導等をテーマに実践研究を続けてきた。現在は、中学校・高等学校の国語科教員養成に携わっている。

石川晋(いしかわ・しん)
上士幌町立上士幌中学校・教諭、NPO授業づくりネットワーク理事長、北海道子どもの本連絡会運営委員)
北海道教育大学旭川校修士課程修了。2009年より上士幌町立上士幌中学校教諭。
近刊に『「対話」がクラスにあふれる!国語授業・言語活動アイデア42』『音楽が苦手な先生にもできる! 学級担任の合唱コンクール指導』『学び合うクラスをつくる! 「教室読み聞かせ」読書活動アイデア38』(明治図書),『笑顔と対話があふれる校内研修』『学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ』『教師をどう生きるか 堀裕嗣×石川晋』(学事出版)など。現在,「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)誌に,<「公立中学校」でしなやかに生きること>を連載中。

*お申し込みは、今しばらくお待ちください。
[PR]

by sitoi | 2014-05-19 20:00 | Comments(0)  

5月18日 うーん、残念・・・

忙しい一週間だった。
土曜日も授業で、午後も保護者会関連で夕方まで・・・。

ちょっとリフレッシュしないと、ね。
で、夜はワインとビデオ。
観たかった映画を観る・・・。

今朝は、6:30から庭掃除。
その後、妻と一緒に犬の散歩。
愛犬オーは、大きくなりました・・・。
a0023466_2246567.jpg

妻は、今日は幼児教室の遠足。
私は、車をきれいに洗ってドライブへ。
行き先は、琵琶湖沿いにあるお気に入りのカフェ。
1時間弱のドライブで・・・。
a0023466_2249175.jpg

まずは、温泉に行き、ゆったりと露天風呂。
その後、カフェで仕事。
a0023466_22495719.jpg

静かなジャズが流れる。この店のオーディオは、JBLとマッキントッシュ。
で、パスタも美味。
a0023466_22511364.jpg

1時間ほど集中して原稿書き。
ところが、そこに騒々しい団体が・・・。
残念・・・。

帰宅し、夕飯の用意をしてジョギング。
さあ、また一週間がんばろう!
[PR]

by sitoi | 2014-05-18 22:53 | Comments(0)  

5月11日 娘の誕生日

何度か寝直すものの、7:00過ぎには起床。
シャワーを浴びた後、ホテルの朝食。
ビジネスホテルにしては、合格点の朝食。美味しかった・・・。

その後、東京駅に向かい、丸の内口を出てすぐのところにある書店{丸善」へ。
教育書を丁寧に見ていく。
3月に出版した「言語活動本」も平積で置いていただいていた。

藤川大祐先生の本が欲しかったのですが、見つからず・・・。
結局、「駆け出しマネージャーの成長論」(中原淳著・中央公論新社)と「サウンド・オブ・サイレンス」(五十嵐貴久著・文藝春秋)の2冊を購入。

14:00過ぎに帰宅。
すぐに、写真館へ。今日は、ヨーロッパにいたため撮れなかった娘の成人式の写真を撮ることになっていた。
一緒に家族写真も・・・。
妻も着物を着るということでバタバタ・・・。結局、全てが終わったのは17:30。

その後、明日が娘の誕生日(21歳)なので、予約してあった店で夕食。
a0023466_22565915.jpg

a0023466_22571848.jpg

アッという間に休日が終わりました。
さあ、明日からまた一週間頑張るぞ!
[PR]

by sitoi | 2014-05-11 22:58 | Comments(0)  

5月10日 東京でお会いした全ての方に感謝です!

9:30には東京駅に着き、おにぎりの店で朝ご飯。
10:00に丸の内北口で、出版社の方と待ち合わせ、打ち合わせ。
a0023466_22311379.jpg

あっという間に昼前になり、慌てて池袋へと向かう。
軽く迷子になりながら、教育同人社へ。
ここが、「明日の教室・東京分校」会場。
いやあ、凄いビル・・・驚きました。

何人もの顔見知りの方が駆け付けて下さり、本当に、感謝、感謝です。
気持ちよく、話ができました。

会場に、新聞の編集の方が来ておられ、原稿依頼をいただきました。
よくわかりませんが、有難いことだと思います。

懇親会は、池袋の店で。
何だか、本当に有難かったです・・・。
「京都本校もしっかりしなくちゃな・・・」と思いました。

今回の宿泊は、五反田にとっていたのですが、サプライズがありました。
チェックインの際に、
「こちらの勝手で、部屋をグレードアップさせていただきました」
と言われ、なぜかちょっと広めの部屋でゆったり過ごすことができました。

参加していただいた全ての方に感謝です。
[PR]

by sitoi | 2014-05-11 22:42 | Comments(0)