<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

2月23日 「THE 学級経営」発行される!

午前中、町内会の仕事であっという間に・・・。
妻と娘を京都駅まで送り、車でそのまま学校へ。
今日は合唱部の発表会・・・。
歌あり、ダンスあり、・・・そして、ミュージカル。
何と休憩をはさんで2時間の公演。
素晴らしかった・・・。
学年の、クラスの、子ども達が頑張っている姿を見るのは気持ちよいものだ。

今日は余裕があれば、久しぶりに大阪にダンス公演を観に行きたいと思っていたのだが・・・。
何だか、身体が熱っぽくて、家でゆっくりすることに。

帰宅すると、「THE 学級経営}(明治図書)が届いていた。
私も末席で参加させていただき、書かせていただいた。
これは、実に興味深い本だ。
a0023466_20292684.jpg

16人の人気教師が語る「学級経営のポイント」とは?

学校現場で活躍する16人の人気教師が、「学級経営」のポイントをまとめた必携の1冊!
【執筆者】堀 裕嗣/赤坂真二/飯村友和/石川 晋/糸井 登/大野睦仁/門島伸佳/金大竜/多賀一郎/中村健一/福山憲市/古田直之/堀川真理/山田将由/山田洋一/渡邉尚久
[PR]

by sitoi | 2014-02-23 20:30 | Comments(1)  

2月22日 娘のためにカレーをつくる日

気持ちのよい朝。
幼児教室に行く妻を見送った後、掃除。

メールをチェックすると、「明日の教室・東京分校」より講師依頼あり。
5月に東京に行くことになりそうです。
以前はいろんな仕事の関係で、頻繁に東京に行っていたのですが、久しぶりの東京です。

昼食は、「王将」へ。
年に数回だが、無性にここの餃子が食べたくなる。
餃子とビールを頼んで、カウンターの隅で本を読む。
a0023466_818506.jpg

「ソッカン 特別国税徴収官」(高殿円著・ハヤカワ文庫)読了。
ドラマは全く見ていないのですが、なかなか面白かった・・・です。

たまに行くジャズを流す店で、ちょっと次の本の構想を練る・・・。

買い物をして帰り、カレーをつくることに。
今夜は、久しぶりに娘が帰ってくる。
まあ、もう娘のためにカレーをつくる日もそんなに多くないだろう。
「美味しい」と言って食べていたので、それで満足。

明日から、妻と娘は二人でパラオへ旅行。
私は当然のことながら、仕事があるので留守番。
まっ、そんなことができるのも幸せなことなのだと思う。
[PR]

by sitoi | 2014-02-23 08:25 | Comments(2)  

2月21日 発売開始!「言語活動が充実する…」

本日、学事出版より編著「言語活動が充実するおもしろ授業デザイン集」が発売になりました。
低学年・中学年・高学年の3冊同時発売です。

今日、偶然、職場で「授業づくり」について話す場を設けていただいたので、宣伝もさせていただきました(笑)。
私は、題名に入っている「授業デザイン」という言葉が気に入っています。
この言葉は、編集者からいただきました。

本の中でも触れたのですが、…
会議がうまく進まないのは、なぜだろうと考えた時、「司会が悪い?」「参加者が悪い?」といった考え方をしても駄目だと考えます。
会議そのもののデザインがなってないのだ、そう思います。

みんなの考えをシェアしたいのなら、たとえばワールド・カフェといった手法を用いてみる。たったそれだけのことで、同じメンバーで全く違ったものとなるでしょう。

この本の中では、言語活動を充実させる活動中心の授業のつくり方を、教科ごとに協同学習やドラマ教育などの手法を取り入れた実践例を踏まえてわかりやすく解説しました。授業づくりに悩まれている先生方へのヒントになる授業デザインを多数収録しています。

a0023466_9235653.jpg

a0023466_9241349.jpg

a0023466_924319.jpg

こちらからお買い求めいただくことができます。
[PR]

by sitoi | 2014-02-22 09:25 | Comments(0)  

2月18日 いろんなことが繋がって面白いな

「明日の教室」の講師依頼がいろんなところで繋がって面白いことになっている・・・。
実現すると、凄いなあと思う。

繋がると言えば、パラオ。
今度の日曜日から、妻と娘はパラオに旅行に行くそうだ。
「ちょっとパラオに行ってくるけど、いいよね。」
といった感じ。
私はと言うと、
「うん、いいよ。気をつけてね。」
と言った感じ。

で、パラオって聞いたことあるけど、よく知らないので調べてみると、何と太平洋戦争の激戦地のひとつ。
せっかくなので、パラオで導入の授業をつくり、本日、授業してみた。
繋がるっておもしろい。

ヒトとヒトも繋がると凄いパワーになるけど、授業も日常と教材が繋がると凄いパワーを発揮する。
繋がるって、大事なことだ・・・そう思う。
[PR]

by sitoi | 2014-02-18 21:34 | Comments(0)  

2月16日 やはり「人」だな・・・

二度寝、三度寝を楽しむ日曜日。
午前中は、珈琲を飲んで、車洗いをしただけ・・・。
優雅な日曜日。

昼前に妻を誘って、愛犬探しに出かける。
お昼は久しぶりに宇治のイタリアンの店へ。
a0023466_20351369.jpg

美味しいパスタの後はデザート。
a0023466_2036423.jpg

ここから山科のペットショップへ。
この店は、前の愛犬を買った店。
やはり店員の対応が素晴らしい。

いろんな情報を教えてくれる。いかにも専門家。
ただ、残念なことにオスのマルチーズがいなかった・・・。
何せ、名前は「オーゾー(王三)」なわけだから、オスでないとね。

やはり、最後の決め手は、犬ではなく、店でもなく、「人」だな。
どんな人が売っているのか。
それに尽きるのだと思う。
これって、全てに共通していることだけど・・・。

で、せっかく山科まで来たので、滋賀県へ。
「本当に、あなた滋賀県が好きねえ」
と妻に言われながら湖西道路を走らせる。

で、一番好きなカフェで一息。
最高のオーディオ機器で静かにジャズやボサノバが流れる店。
店の造りも申し分ない。
a0023466_20421324.jpg

そして、美味しい紅茶をいただきながら読書・・・。
[PR]

by sitoi | 2014-02-16 20:45 | Comments(0)  

2月15日 うまくいく授業って・・・

昨日の学年での談義の中で、「うまくいく授業」というような話になった。
まあ、もっと単純に言えば「どうやったら授業がうまくいくのか」ということになるのだろう。

「うまくいっていない授業」というのは簡単に定義できる。
「子ども達が授業に集中していない」ということだろう。
でも、「うまくいっている授業」をどう定義するかは難しい。
そりゃあ、子ども達が集中しているってことでしょうとなるのかもしれないけれど、・・・。

たとえば、社会科の授業を年間100時間やるとして、毎回、同じような展開の授業は組まない。
たとえば、昨日。
2時間目まで授業があって、その後は、バスでお出かけの日。
子ども達は、落ち着きがないだろうし、ハイテンションの子もいるだろう。
じゃあ、45分どうしようかな・・・と考える。

最低限やりたいことを25分でやってしまって、残り20分は復習のビデオを見せよう。
25分の構成はどうしよう。

こんな風に考える。
イメージ通りに授業は流れた。
しかし、こんな授業はうまいったとは言えない。

けれど、確かに、これも私の授業だ。

幸いにも、来週は授業について話をさせていただく場がある。
自分なりに整理をしてみたいなあと思う。
きっと、その先に、今から執筆を始める社会科授業の本の内容があると思うから・・・。

そうそう、大学の授業の評価も終えました。
相変わらず忙しい日々です。
しかし、大学の授業は私にとっても良い学びの場となりました・・・。
[PR]

by sitoi | 2014-02-16 10:57 | Comments(0)  

2月14日 ホテルでテーブルマナー・・・

期末テストも無事終わり、今日は6年生の子ども達とテーブルマナー講習会。
給食でお世話になっているプリンスホテルへ貸切バスで向かう。

何と、滅多にない大雪。
近隣では大雪警報が・・・。
幸い、京都市は注意報だけで、道も大丈夫だろうということで予定通り実施。
さすがに道は渋滞しており、30分程度の遅れ。
琵琶湖も雪で真っ白・・・。
a0023466_1031818.jpg

フルコースを美味しくいただきながらテーブルマナーを学ぶ。
いやあ、私も勉強になりました。
最後のデザートはこんな感じ。
a0023466_10322831.jpg

学校に戻ったのが15:00過ぎ。
子ども達を帰宅させ、学年の先生方としばし談話。

今日は、編著本の最終校正がやっと終わった日でもあった。
年末から急ピッチでお世話になっていた本だ。
フィンランドから編集者と連絡を取り合っていたのが、つい昨日のことのようだ。
予定通り、2月末には発売になります。
おもしろい本に仕上がりました。
是非、お買い求めください。
おっと、本の題名は『言語活動が充実するおもしろ授業デザイン集』(糸井登編著・学事出版)です。
低・中・高の3冊セットで同時発売になります。
[PR]

by sitoi | 2014-02-16 10:42 | Comments(0)  

2月11日 やっぱり琵琶湖はいい・・・

疲れると琵琶湖を眺めたくなる。
で、今日は妻を誘って、琵琶湖ホテルでランチ。
a0023466_20571251.jpg

故郷が海のそばだからだろうか・・・。
この景色を見ているだけで癒される・・・。

で、その後はペットショップを数軒回るも、気に入った子犬はいなかった・・・。
今、探しているのは、マルチーズ。
そう、我が家にとって三匹目になるマルチーズである。
もう名前は決まっている。「おーぞう」(王三)だ。
「おうすけ」「おうじ」に続いての、「おうぞう」である。

しかし、同じマルチーズなのに値段がものすごく違うのに驚かされる。
三軒回ったのだが、「24万円」「15万8000円」「9万8000円」・・・・。
何だかねえ・・・。

さて、今日は、次の本のプロットを考えてみよう・・・。
よーし、頑張るぞ。
[PR]

by sitoi | 2014-02-11 21:05 | Comments(0)  

2月10日 ゼロから学べる学級経営

水曜日に実施する定期テストをチェックし、いつもより早めに退勤。
髪の毛を切りに行き、その後、家の近くにできたマックカフェで、珈琲。
妻に迎えに来てもらうまでの時間に「ゼロから学べる学級経営」(長瀬拓也著・明治図書)を読み終える。
a0023466_20485638.jpg

いつもながら、長瀬さんは切り込み方が上手い。
この本での提案は「SRRC=G」ということ。
G=ゴール
S=システム
R=ルール
R=リレーション
C=カルチャー
となる。
なるほど・・・だ。
これらのことが、様々な実践家を例にしながら語られている。
学級経営を考えていく若手教師、学生にとって、非常にわかりやすく書かれている。
お薦めの一冊です。

帰宅途中、ビデオを借りて帰りダラダラと観る。
ああ、久しぶりのダラダラです。
[PR]

by sitoi | 2014-02-11 20:56 | Comments(1)  

2月9日 3月の「明日の教室」

さて、3月の「明日の教室」の御案内です。
3月は、山口から中村健一先生にお越しいただきます。

3月22日(土) 京都橘大学  13:30~17:00

以下、池田先生のブログからの転載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月の明日の教室は、例年野中信行先生にお願いしていました。野中先生の4月の学級開き、学級作り、教師としての立ち位置などの講座は毎回多くの先生方から支持を受け行われておりました。

その野中先生が、昨年度の3月をもって、学級作りに関する講座はお開きにしたいと言うことで、今年はその野中先生が強く押されている中村健一先生にお越し頂くことになりました。

もう、知っている人は知っている。知らない人は全く知らない中村健一先生です。
公開はさせません。いや、後悔はさせません。
お笑い教師である中村健一先生による、4月の学級作り講座。
面白い教室は、どういう指導の下で生まれるのか。
是非、ご参加いただきそのライブ感の中で、学んで下さい。

お待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込みは、こちらから!
[PR]

by sitoi | 2014-02-09 22:19 | Comments(0)