<   2013年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

11月24日 京都の紅葉

午後から京都駅近くのイオン。
カメラのレンズを購入。
これで、デジタル一眼レフカメラが揃った。

で、北野天満宮へ。
以下が一眼レフで撮影した紅葉。
a0023466_20413852.jpg

a0023466_2042973.jpg

a0023466_20422624.jpg

ゆったり紅葉を楽しんだ後、上七軒でお抹茶をいただく。
これが購入したカメラ。
a0023466_20432495.jpg

冬のフィンランドの旅に備えての購入です。
[PR]

by sitoi | 2013-11-24 20:43 | Comments(0)  

11月23日 そういうことだったのか

久し振りの「明日の教室」。
京都橘大学の木々も見事に紅葉。
a0023466_20352860.jpg

今回の「明日の教室」は、マジック。
池田先生一押しの人選なので、期待して大学の門をくぐる。

研究室にて、あれやこれやと話し込む。
1時間にも満たない時間の中で、最近の教育事情や、「明日の教室」のこれからのことを確認していく。

さて、いよいよマジックの開幕。
a0023466_9233518.jpg

しばらく見ていて、なぜ池田先生がこのマジックにこだわられたのかが理解できた。
これは、私が公立小学校に力を注いだ総合学習だと思った。

つまり、マジックを教えたいわけじゃない。
マジックという活動を通して、考えてほしいことがあるということだ。
総合学習の場合は、「学びの本質」ということになるだろう。
そして、教師向けに開いた今回のマジックは、「教育の本質」といったことになるだろうか。

たとえば、マジシャン山下さんはこんなことを言われた。
「私の言葉、動きにはすべて意味があります。」
そして、その言葉と動きに秘められた意味をお聞きした時、参加者は、
「うーん」
と唸らざるを得ないのである。
そこで、池田先生が、教育の場合はね、と説明を加えられる。

そういうことだったのかと思った次第だ。
同様の試みシリーズ化できるかもしれないな、そんな可能性を感じた講座だった。

マジックのネタも仕入れることができ、教育の深い部分も考えることができるマジック、参加できなかった方は、是非、DVDをお買い求めください。(笑)
[PR]

by sitoi | 2013-11-24 20:37 | Comments(0)  

11月22日 「まず、家族!」でいい

火曜日はあっという間に中間テスト。
なのに、まだテストができず・・・。
とりあえず頑張り、約90%できたところで時間切れ。

今日は学校帰りに、兵庫の先生と待ち合わせ。
編著本の打ち合わせ。

まだ、バファリンのお世話になりながらの日々。
[PR]

by sitoi | 2013-11-24 20:33 | Comments(0)  

11月20日 大学8回目の講義

月曜日から、ずっと熱が下がらず、節々が痛いのでバファリンを服用しながら頑張っている。
薬で痛みは和らぐものの、ボーッとした感じ。
授業内容については、また明日書くことにしよう。
[PR]

by sitoi | 2013-11-24 20:29 | Comments(0)  

11月17日 いつも思うのは、出会いは必然だということ

日曜日の朝、少し身体がだるい・・・。
でも、今日は、我が家に2週間ほどホームステイ(?)していたベトナム人のJちゃんが初給料をもらったのでランチを御馳走させてほしいと言ってくれていたので、寝ているわけにはいかない。

Jちゃんとの出会いは、とっても不思議。
娘がAPUの学生寮に入ることになった時、学生寮に着いた私たち家族を迎え入れ、寮の中を案内してくれたのがJちゃんだったのです。
で、その後、Jちゃんはインターンとして京都グランビアホテルに来ることになり、娘から2週間ほど泊めてあげてほしいという連絡が入り、我が家に来たことがあったのです。

その後も、春休みに我が家に遊びに来たりして、関係は継続していました。

そして、この秋から大阪での就職が決まったのです。
何と、我が家から車を飛ばせば30分程度のところに住むことになりました。
妻はJちゃんのことを気にかけており、これまでも数回、食事を一緒にしたり、遊びに行ったりしていました。
そんなこんなののランチのお誘いだったのです。

ハンバーグの美味しい店でランを御馳走になりました。
a0023466_9361152.jpg

その後、京都駅に移動して抹茶のいただける店で休憩。

Jちゃんと別れ、妻と二人で散歩。
a0023466_955489.jpg

六角堂まで歩く。
今日は池坊の催しがあり、妻が通っている華道の先生の作品も展示されているということで、館内を見て回る。すごい人手に驚きました。
a0023466_952494.jpg

京都の秋を堪能した一日でした。
[PR]

by sitoi | 2013-11-23 09:54 | Comments(0)  

11月15日 仕事を楽しまねば・・・

小学校での仕事以外に、大学での講義の仕事をいただいた。
はっきり言ってきつい・・・。
週の半ばの水曜日。帰宅は、23:00前になる・・・。
当然、授業の準備もある。
きつい・・・だからこそ楽しまねばならないと考えている。

定期的に原稿依頼をいただくようになった。
今は3本を抱えている。
加えて、編著本。
正直、きつい。
だからこそ、楽しむ。そういう気持ちが必要だ。

それに月に一度の「明日の教室」と「社会科教材研究会」。

まさか、これだけの仕事ができるようになるとは・・・。

でも、できるなら、もう少し先まで見てみたいし、行ってみたい。
そのためには、仕事を楽しむこと。それを忘れてはならないと思う。

今日は、月に1度の「社会科教材研究会」の日。
私が声をかけて集まっていただいた方々とテストの可能性を探る。
僅かの時間を使って、本屋に向かう。
a0023466_10401489.jpg

街はもうイルミネーションが始まっている。

今日も良い学びの時間となった。
[PR]

by sitoi | 2013-11-17 10:40 | Comments(0)  

11月13日 大学の講義7回目

本校では、月に1回「お弁当の日」がある。
縦割りのハウスで一緒にお弁当を食べるなどして学校全体の交流を深めている。
ところが、今回は、クラス弁当。
それではと、1年生の先生に連絡を取り、1年生と一緒にお弁当を食べることに。

今日の6年生のお弁当がまた特別。
調理実習で、「オリジナル丼」をつくり、それを食べるというもの。
子ども達が私の分もつくってくれて、「麻婆丼」なるものをいただく。
・・・・・美味しかった。

で、その後、1年生と6年生で一緒に「けいどろ」を楽しむ。
グラウンドの中で判別できるように、全員赤白帽を着用。
素直にこういう活動ができるのが、この子達の良いところだなあと再確認。
a0023466_10245710.jpg

大学の講義は、早7回目。
今日からいよいよ指導案をつくり、模擬授業を実施する。
私は、現場で通用する「教材研究→指導案作り」を指導するつもり。
「授業時間で全てを行います。課題を持ち帰ってもらうことはありません。」
そう断言して、授業をスタート。
[PR]

by sitoi | 2013-11-17 10:28 | Comments(0)  

11月9日 子ども達のがんばりに拍手

土曜日で、学校休業日なれど、出勤。
今日は、京都市小学生駅伝として名高い「大文字駅伝」の予選会の日。
学年の子ども達が走るので応援のために宝ヶ池へ向かう。
電車内で保護者の方と一緒になり、そのまま一緒に現地へ向かう。

予選会では、7校14チームが走り、本大会に進めるのは優勝チームのみという厳しい選考会。
昨年も一昨年も2位で、涙をのんだ。

一区から1位となった本校は、2位以下をどんどん引き離し、ゴールした時は2位に2分以上の差をつけ、ぶっちぎりの優勝。いやあ、本当にすごかった。
a0023466_19291067.jpg

で、午前中が気持ちよく終わる。

午後は、今度は立命館大学平和ミュージアムへと向かう。
子ども達の作品を展示するため。
明日から10日間、子ども達の描いた「平和ポスター」を館内に展示でもらえるのだ。
ミュージアムで社会科部の先生と合流し、作品を無事掲示。

その後、河原町三条へ。
30年ぶりに、ブルーノートへ。
学生の頃、よく通った京都の老舗のジャズ喫茶だ。
a0023466_1933267.jpg

昔のままの音でした。
そこで、子どもが貸してくれた「ロスジェネの逆襲」(池井戸潤著・ダイヤモンド社)を読了。
あの半沢直樹の続きである。いやあ、面白い!

で、その後、妻と枚方市駅で待ち合わせ。
枚方宿ジャズストリートということで、駅のコンコースでジャズの演奏。
しばし聴いた後、ぶらぶら歩き、夕食。
実に美味しい店だった。
ワインがところせましと並んだ店なので、今度はワインメインで来ようっと。
a0023466_1939567.jpg

a0023466_19392373.jpg

[PR]

by sitoi | 2013-11-10 19:39 | Comments(0)  

11月7日 お茶会無事終了

今日は、保護者をお招きしてのお茶会。
5年生の時から学んできた茶道。
その集大成として、保護者をお招きして、子ども達がお茶をふるまいます。
茶碗も、図工の時間に子ども達はつくった抹茶茶碗を使います。

掛け軸の書も子ども達が選んだものでした。
花も子ども達がいけました。
a0023466_19164387.jpg

茶菓子も、子ども達が考えたテーマ「秋桜」に基づいて、老舗の和菓子屋さんがつくってくれました。
とても良い時間が流れました。

いいですね、日本文化・・・・。

我が家でも、妻がお茶を習いに行くようになったので、お茶の道具が一応揃っています。
先日、福井から、購入した茶碗が届きました。越前焼です。
a0023466_1920595.jpg

[PR]

by sitoi | 2013-11-10 19:21 | Comments(0)  

11月7日 今年初めての参観でした

昨日は、考えてみれば今年初めての参観だったんじゃないだろうか。
いや、もちろん参観日はあったのだけれど、私は授業をしなかったような気がする。

で、昨日の参観は、授業構成としてはあまりよくなかったのだけれど、伊能忠敬の地図を使いたかったので、
まず、そこまでどう進めるかといったへんな作り方をしてしまったせいである。

私の美術館での体験から入って、そこから江戸時代の文化へと話を進め、外国との交流に気付かせる。
ゴッホやモネといった画家を登場させた。
で、浮世絵を紹介し、できるまでの過程を動画で見せる。
で、「鎖国なのに?」となり、蘭学に進み、杉田玄白と伊能忠敬を登場させる。

こんなストーリーを頭の中に描いて、そのための資料を整え、パワーポイントを作成。

授業の最後は、伊能忠敬のつくった九州の地図と現在の地図をパワーポイントを使って重ね合わせる。
これが、ほぼピタリと重なるのだ。
子ども達の中から「おーっ!」という驚きの声が上がる。

この一瞬のために、夏から資料を集め準備した授業だ。
私自身も実際に作業してみて、伊能忠敬の地図の厳密さに「えーっ」でした。
[PR]

by sitoi | 2013-11-10 08:44 | Comments(0)