<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

7月31日 感想をいただきました

明日の教室・大阪分校代表の川本先生が、拙著「エピソードで語る教師力の極意」の感想をブログに書いて下さいました。川本先生、ありがとうございます。
以下、紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お世話になっている明日の教室代表・立命館小学校の糸井先生のご著書です。
先月に発売され、ずっと手元にあったのですが読めなかった、読まなかった本です。
パラパラっとめくりながら、ちょこっと読みながら感動していたのですが、もっと落ち着いたときにじっくり読みたいなと思い、置いておきました。
そして夏休みに入ってからゆっくりじっくり読ませていただきました。

糸井先生はこの本のことをご自身の遺書であると言われています。
遺書とは、ご自身が学ばれてきたことで若手に伝え続けたいこと、残したいこと。

糸井先生には、明日の教室大阪分校でライフヒストリーの講座をしていただきました。
その講座と重なるエピソードもありますが、その講座で語られなかったエピソードも書かれています。そして、とてもわかりやすく書かれています。

読み終えたとき、具体的なことは、言いたくない・書きたくないという気持ちになりました。
いい映画を見たときに感想を言いたくない、その世界、感じに浸りたい、その世界を崩したくないといった気持ちと同じです。

糸井先生に大変お世話になっている僕には、この本を読んでいると、懇親会で、隣で、前で、糸井先生が落ち着いた穏やかな語り口で教師として大切なことを語ってくれているそんな光景が思い浮かびます。

糸井先生がなぜ多くの実践家の方から一目置かれ、尊敬されているのかを感じることのできる本です。糸井先生をご存知の方にももちろん読んでいただきたいし、糸井先生のことをあまり知らないかたにもぜひ読んでいただきたい本です。

糸井先生と出会えてよかった、これからも学ばせていただきたいという気持ちにさらになりました。
糸井先生のように子どもたちとのエピソードをたくさん語れる教師になりたいと心から思いました。
だってそれは目の前の子どもたちをよくみて、どうすれば子どもたちにとっていいか考え、実践し、振り返っているいう証拠だから。
自分の一日一日の行動を振り返り、改善したい気持ちになりました。
糸井先生ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の本の依頼を受けた時、大阪分校で話した内容を思い出しました。
私のライフヒストリーをあの講座でまとめさせていただけたとが、大きかったです。
本当にありがとうございました。
[PR]

by sitoi | 2013-07-31 15:48 | Comments(0)  

7月30日 故郷へ

妻とフィンランドの女の子と3人で故郷へ。
フィンランドへ帰る前に日本海を見せてあげたくて・・・。

道路が整備されて、今では、我が家から日本海に面した伊根町までは車で2時間半ほど。
高台にある舟屋の里公園は食事も美味しくて、よく足を運ぶスポット。
今回も、ここまでドライブして、昼食。
a0023466_8374375.jpg

私が、実践している授業は、
「伊根町という町です。どうぞ!」
と言って、こんな写真を見せるところから始まる。

私にとっては、当たり前の展開で、全員挙手を要求している。
そう、写真から分かることを発表するのだから、全員の手が挙がって当たり前。
事実と疑問が出されることになる。

海の上にある四角や丸いものが争点になってくるだろう。
そこを深めていく。

資料と活動。
そこに社会科の楽しさを求めたい。

覚えりゃいいんでしょ・・・。
それは違う。
それを授業の事実で示したい。

この1枚の写真もいつか授業で使いたい。
そんな写真が数えきれないほどある。

話しがそれた。
二人を橋立で降ろし、私は実家に戻り、母と墓掃除。
その後、二人を橋立駅の横にある日帰り温泉に浸かりながら待つ。

帰宅途中、これも気に入っている肉屋に寄り、丹波牛を購入。
夜は焼き肉。
[PR]

by sitoi | 2013-07-31 08:50 | Comments(0)  

7月29日 会議終了

今日は、勤務校の会議終了日。
たくさんの人間が、いろんな考えを出し合い、考えの違いを分かりあったり、討議したりするのは難しい。
いつも、そう思う。
私が公立小時代尊敬していたS先生は、会議ではいつも理路整然と自分の考えを述べられた。
「糸井くん、会議に参加する以上、自分の考えを出さないといけないよ。自分の考えが出せないようでは参加している意味がない。」
そう教えてくださった。

一年間、文部科学省での会議に参加させていただく機会があった。
司会の方の議事の進め方・・・。
参加者の意見の鋭さ・・・。
議事録の正確さ・・・・。
学ぶ点が多かった。

その会議では、発言しないでいると、司会の方が、
「この点について、糸井さんはどのようにお考えですか?」
と指名された。

我々教師は、会議というものについて、今一度学ぶべきだ。
その時、思った。

今の私を見たら、S先生はこう言われるかもしれない。
「糸井くん、もう少し勉強しないとな・・・。」

早めに退勤して、樟葉に戻って、駅前のモスカフェで妻を待ちながら読書。
ここは、ビールとポテトが頼めるのです。
ビールもハートランド・・・・いいでしょ。

携帯を何気なく見ると着信が・・・。
「糸井さん、今日、会議だよ!」
あっ、教材に関する会議が夜に入っていたのを失念・・・。
ごめんなさい。

何だかんだで、明日からは夏休み。
よーし、勉強するぞ!
[PR]

by sitoi | 2013-07-30 09:03 | Comments(0)  

7月28日 流し素麺

朝から男山レクレーションセンターへと向かう。
我が家からは車だと10分もかからない距離。
a0023466_8181327.jpg

ここで、今日は一日火の番。
お手伝いに来てくださった方々、3名と一緒に素麺をゆでた後、芋や茄子、ジャガイモ、万願寺などを焼く。
たぶん、2kgぐらいは痩せたと思う・・・。
a0023466_8212334.jpg

120人分の素麺を完食していただきました。
すごい・・・。
子ども達は、竹でプランターを作ったり、アスレチックで遊んだり・・・。
地域のお年寄りのNPOとも協同した取り組みとなっている。

夜は、フィンランドの女の子と一緒に宇治の植物園にあるレストランへ。
この店、なかなか感じが良いのです。
今夜は偶然、ジャズの演奏もありました。
a0023466_8263510.jpg

a0023466_8265673.jpg

なかなか充実した一日でした。
[PR]

by sitoi | 2013-07-30 08:27 | Comments(0)  

7月27日 琵琶湖畔で夕涼み

午前中に、洗車と庭掃除。
もう、これは、夏休みの定番メニュー。
妻は午前中は幼児教室で仕事。

待ち合わせて、一緒に昼食をとり、午後は一緒に買い物。
明日は、妻の幼児教室恒例の流しソーメンの会。
幼児と保護者の皆さんを合わせると総勢100名あまり・・・。
100人分のソーメン、焼き芋用の芋、茄子。枝豆に胡瓜、トマト等を買い込む。

夕方に無事終了。
その後、ドライブでもということになり、琵琶湖畔へ。
a0023466_2202279.jpg

で、琵琶湖畔の店で夕食。
なかなか良い店をまた一つ見つけました。

帰宅すると、アマゾンで注文していた本が届いていました。
今夜はワインを飲みながら読書・・・・の予定です。
[PR]

by sitoi | 2013-07-27 22:02 | Comments(0)  

7月26日 夏休み開始後、早一週間

気がつけば、夏休みに入って早一週間である。
懇談会が3日間、その後、研修会が2日間・・・。
あっという間だった。
この二日間は、連続して飲み会に参加・・・。

今日の研修では、自分自身の授業を振り返る良い機会となった。

思えば、本校に赴任した年は1時間の授業は、40分であった。
ずっと、45分で授業を行ってきた者にとって、この時間は衝撃であった。
しかし、1年が過ぎた時、40分の授業に慣れると同時に、自分自身の授業力の向上を感じたものだ。
それは、意識して、自分の授業の中の無駄を省こうとしたことにある。

しかし、翌年から、授業時間は45分となった。
授業に余裕が生まれた。
私は、この5分を余裕、「間」の時間として使ってきたように思う。

今日の研修で、5分間の使い道を考えざるを得ない状況に自分を追いやることができた。
これで、また一つ、夏休み後の自分の授業の修正点が見えてきた。

夏休み後の授業は大きく変わる。
とは言うものの、子ども達には分からないと思う。
そんな修正だが、私にとっては、大きな修正。

この夏休みに、そのための準備を進める。
夏休み開始一週間で、良い課題をいただいた。
まさに、感謝である。

さあ、勉強しよう!
[PR]

by sitoi | 2013-07-27 07:27 | Comments(0)  

7月24日 八重の桜

今日は、懇談会最終日。
午前中で、無事終了。

午後は、早めに学校を出て、京都文化博物館へ。
a0023466_21483411.jpg

NHK大河ドラマ特別展「八重の桜」が開催されているのだ。
なかなか充実した展示品だった。
当然、授業を意識しながら見て回る。
歴史って勉強しても勉強しても分からないことばかり・・・。
それが楽しい。
簡単に分かってしまうものなんてつまらないものね。
当然、図録は購入。2000円也。
これもいつの日か、資料として授業で使うのだろう・・・。

博物館を出てからはブラブラ歩いて、小粋な店で珈琲を。
今、読んでいるのは「伊能忠敬の歩いた日本」(渡辺一郎著・ちくま新書)。

博物館に行き、本を読み、町を歩く。
こういう積み重ねがあっての授業。そう考えている。
でも、あくまでも、これは趣味。それでいいのだ。
[PR]

by sitoi | 2013-07-24 22:01 | Comments(0)  

7月23日 忘れかけていた言葉

懇談二日目。
いつもと同じ時間に起きる。
学校に着くのがかなり早い時間となるため、マクドで読書。
夏休みに入って3冊目。いいペース。

昨夜、懐かしい方からのメールが届く。
拙著「エピソードで語る教師力の極意」の中でも少し紹介した木上くんから。
今は木上くんじゃなくて、木上先生だ。
そう、学生だった彼は教師となり、教壇に立っている。

いただいたメールの中に忘れかけていた言葉があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、四月より故郷の但馬に帰り、豊岡市で勤務しています。千人規模の学校から二百人以下の学校に代わり、なれないこともありますが、毎日学ぶことが多いです。どんな田舎でもどんな環境でも子どもがいれば、教師の仕事は、大きな夢を持って取り組むことができると思っています。小さくまとまるなという言葉と共に 糸井先生から、学ばせていただいたことです。

本を読ませていただいて勇気がわいてきました。ありがとうございました。

新しい土地にしっかり根をはり仲間をつくり、いつか先生に来ていただき学ばせていただきたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、
「小さくまとまるなんてつまらない」
という言葉だ。

そう、確かに言った。
弱い自分に言い聞かせていた言葉でもある。

教師である以上、最後の最後まで、もがき続けたいと思う。
ありがとう。そうだった・・・・。
木上先生からお声をかけていただく日まで、更に精進せねば」ならない。そう思う。
[PR]

by sitoi | 2013-07-24 05:15 | Comments(0)  

7月22日 夏休みだから・・・

夏休みだけど、いつも通り5:00前に起床。
せっかくなので、ジョギング。
30分hど走って、シャワーを浴びて、出勤。
それでも、7:20には学校着。

今日は一日、懇談会。
15:00過ぎに終了した時はどっと疲れが・・・。

夕方から、締め切り間際の原稿チェック。
ほぼ仕上がる。
明日の朝、もう一度目を通して間違いがなければOK。
[PR]

by sitoi | 2013-07-22 22:22 | Comments(0)  

7月21日 森と湖の国 フィンランド・デザイン

午後から、妻と大阪へ。
大阪で開催されている「森と湖の国 フィンランド・デザイン」を観る。
陶磁器やガラスなどの展示なのだが、明らかに日本のものとは違ったデザイン。
会場となっている大阪市立東洋陶磁美術館を初めて訪れたのですが、なかなかいい雰囲気の施設でした。
見学を終えた後は、喫茶で昼間からビール。
美味い!喫茶の窓からは緑が広がり、ゆったり・・・。
a0023466_22484312.jpg

少し歩いて、緒方洪庵の適塾跡へ。
淀屋橋駅すぐそばにこんな施設があったとは・・・。
せっかくなので、資料も買い込むことに。
いつかこんな資料が役に立つことがあるのです。
a0023466_22524115.jpg

淀屋橋で京阪電車に乗り込み、夕食の相談。
焼き鳥が食べたいねということで、中書島まで乗って、老舗の「鳥せい」へ。
a0023466_22544886.jpg

で、日本酒をいただきながら、焼き鳥。
くつろいだ一日でした。
[PR]

by sitoi | 2013-07-21 22:56 | Comments(0)