<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

5月27日 予算を組まずに企画を立てない!

継続した取り組みにするなら、まず予算をきちんと立てること。
それすらできない者は、企画を立てないこと。
今日は、いらいらすることが多く、自戒の念を込めて書き記しておきたい。

もう、こんなことに巻き込まれるのはまっぴらだから・・・。

私は、現在、「明日の教室」の運営に関わっている。
始めるにあたって、池田先生と講師謝礼に関わって確認したのは2点。
一点目は、有名無名に関わらず、講師謝礼は均一にする。
お招きする心は一つ。誰よりもその方に来ていただきたかったから。有名だろうが、無名だろうが関係なし。
私達にとっては、日本一の方という点で同じだから。
二点目は、赤字になった場合は、我々二人で何とかする。
以上。

その志は、全国の分校でも共有してほしい。

私は、今、教材に関わる研究会を開催している。
交通費と食事代は支給していただいている。
研究会には、学生も一人入れた。
「学生はどうしましょう?」
と、教材会社が聞いてきた。
「同じでないと困ります」
と、私は答えた。
必要だから来てもらっている。
学生も私も同じだ。
同じレベルだと思って、その意見に耳を傾けてほしい。

ボランティアでお願いしますだとか、
学生なら、なんてことを言わないでほしい。

本当に悲しくなってくる。
できないなら、やらないことだ。

誰に言ってる?
自分にです。
あまりに力のない自分が嫌になってくる一日でした、今日は・・・。

明日から、また、初心に戻って頑張ります。
[PR]

by sitoi | 2013-05-27 22:57 | Comments(0)  

5月24日 今週もいろいろありました

ここのところ京阪電車の中ではフェイスブックでみなさんの近況に目を通し、地下鉄に乗り換えると読書を始めるという毎日。
相変わらずケータイに興味が持てない私だが、業務でgoogle+を使用する必要が生じ、このところ無理してケータイに触れる時間を増やしている。

今年は本当に久しぶりに持ち上がりの学年を担当させていただいている。
まあクラス替えはあったので、そのままの持ち上がりではないものの、本当に有難い。
どの学年でもそうだろうが、特に6年生を1年間だけ担任するのと、5年生から2年間担任するのでは、全く違ったものになる・・・。

今週は役員のお母さん方とも懇談する場があったのだが、非常に穏やかな時間を過ごすことができた。
たんなる雑談といった中身で1時間ほどの時間を過ごすことができた。
素晴らしいことだなと思う。

つまり、この1年で子ども達と、保護者の方々と、ほんの少しかもしれないけれど、「信頼」というものを共有できたと信じている。
まず、これがなければ何も進まない。
「信頼」の上に、いろんな取り組みが成立する。

あの人になら任せられる。
大丈夫。
あの人の言うことならやってみよう。

そう、どんな素晴らしい言葉も、信頼なくしては届かない。
反対に、信頼があれば少しくらいの無理も通る。

今週もいろいろあったけど、結果的には子そも達の頑張りに救われた。

夜は、妻とフィンランドの女の子(7月末まで我が家にホームステイ)とラーメンを食べに!
「明日は土曜日だけど大学で、明後日は日曜日だけど出勤」
と話すと、
「働きすぎですね」
とのこと。
フィンランドの教育事情を聞くことができ、いろいろ勉強になっている。
[PR]

by sitoi | 2013-05-25 08:13 | Comments(0)  

5月21日 今週末の「明日の教室」

今週末の「明日の教室」は、驚くほど人が集まらず、いい感じ・・・。
今、13人となっているから、まあ当日も20人を切るあたりだろう。

私は、社会科教育について語ろうと思っている。
この間の京都芸術センター、6月の岡山、8月の北海道では、アートを切り口として教育を語ります。
あくまでも切り口なので、アートに興味がない人にとっても、「ああ、そういうことなのか」と思っていただけるようにしたいと思っています。

来月発売になる本にも、アートのことは書いています。

しかし、よくよく考えてみると、私は社会科教育について、じっくりと語ったことはありません。

今年度、大学の後期の授業で、社会科教育について15回の授業を担当するにあたってシラバスを書く必要に迫られ、書いていくうちに、「これって、結構面白い授業なんじゃない?」と思ったのです。
こういう大学の授業を受けたかったと・・・。
まっ、やる前なら何でも言えるわけでして・・・。

まあ、それで、さわりだけでもちょっとやってみようかなと思った次第です。

有田和正先生の実践に憧れてスタートした私の社会科授業が、どのような変遷を経て、今、どのようなスタイルの授業となっているのかをお話したいと思います。

少ない人数になりそうなので、ゆっくりお話できると思います。
お時間があれば是非お越しください。

というわけで、今日から資料を作り始めます。
[PR]

by sitoi | 2013-05-21 22:09 | Comments(0)  

5月19日 やっと終えました・・・

ここ数日、「エピソードで語る教師力の極意シリーズ」を読み続けている。
こういう本が読みたかった・・・というのが感想。
そのうち、一冊ずつ感謝の気持ちを込めながら丁寧に衆評を書いてみたい。

さて、今日は朝から、その「エピソードで語る教師力」の最終校正。
そう、私の本は、まだ、私の手元にある。
何とか昼前に校正を終え、宅配便で送付。
やっと終えた。
何箇所修正したことやら・・・・情けない限りである。

昼前に、ホームステイの学生が我が家にやってきた。
今日から、7月末まで、フィンランドのヘルシンキ大学の女学生が我が家でホームステイ。
今日は生憎の雨なので、近場をウロウロ・・・・。

夜はゆったり。
さて、明日からまた頑張ろう。
[PR]

by sitoi | 2013-05-19 22:07 | Comments(0)  

5月13日 葵プロジェクト

勤務校では、上賀茂神社と「葵プロジェクト」で繋がっている。
そう、上賀茂神社と言えば、「葵祭」。
その祭りを彩るのが、葵です。
「葵プロジェクト」の活動のひとつに、上賀茂神社に生息する二葉葵を少しいただき、学校で育て、時期がきたら、再び上賀茂神社に奉納するというものがあります。
その活動に参加しているのです。

葵祭も間近となった今日、大きく育った葵を、放課後、代表の児童が奉納することになっていました。
そこで、4時間目、上賀茂神社の方にお越しいただき、少し、葵にまつわる話をしていただくことになっていました。
すると、何とスペシャルゲストもお越しいただけることになったのです。
世界で活躍されている有名なギタリスト田中彬博さんです。

このサイトで、田中さんの演奏を聴くことができます。

この日は、葵プロジェクトの中で生まれた「あおいの歌」という曲を演奏して下さいました。
いやあ、うっとりする美しい曲でした。
田中さんとは、「また、何か一緒にやりたいですね」と言葉を交わしてお別れしました。」

放課後、子ども達と上賀茂神社へ。
a0023466_11374893.jpg

この写真の場所が、日本最古の競馬場って、皆さんご存じでした?
気持ちが良い場所、気持ちが良い天気でした・・・。
[PR]

by sitoi | 2013-05-19 11:39 | Comments(0)  

5月12日 母の日

朝一番、ジョギング。
少しずつ距離を延ばし、時間を増やしている。
とは言うものの、まだ、せいぜい6~7kmといったところ。

昼食は、義母、義父を誘って、ランチ。
母の日なので、心ばかりのプレゼント。

昼食後、私はその足で、京都芸術センターへ。
a0023466_22222895.jpg

20名程度の意欲的な参加者を前に2時間半、講義を行った。

①学校現場の現状
②効果的な指導法
③アートWSの可能性

以上の3点について話をしたつもり。
うまく私の思いが参加者に届いただろうか・・・。

帰宅途中、妻へのプレゼント用に、カーネーションを。
一日があっという間に過ぎていった・・・。
[PR]

by sitoi | 2013-05-17 22:29 | Comments(0)  

5月11日 7月の「明日の教室」は神戸で!

7月の「明日の教室」は、「明日の教室・大阪分校」と共催させていただきます。
素晴らしい一日になると思います。
私と池田先生も裏方として参加させていただきます。

素晴らしい学びの時間と美味しいお酒が待っています。
7月は、どうぞ、神戸にお越し下さい。

第18回 明日の教室大阪分校   

日 時:平成25年7月13日(土) 13:30~17:30(13:00受付開始)

講 師:石川晋先生(北海道上士幌町立上士幌中学校教諭
          NPO授業づくりネットワーク理事長)
    多賀一郎先生(追手門小学校講師、親塾・教師塾主催)

内 容:①オープニング     13:30〜13:40
    ②石川晋先生 第一講座 13:40〜14:40
          「対話を生み出す国語の授業づくり」     
    ③多賀一郎先生 講座  15:00〜16:00
          「心のオアシスとしての『本の教育』」
    ④石川晋先生 第二講座 16:20〜17:20
          「公立学校教員としてしなやかに生きる」
    ⑤クロージング     17:20〜17:30

定 員 60名

参加費 一般3000円 学生1500円


懇親会について

今回は懇親会を第2部とさせていただき、おいしいお酒と日本料理をいただいてから、石川先生と多賀先生の対談から学ばせていただきます。またとない貴重な機会になりますので、ぜひともご参加ください。

第2部 「教室の声を聞け」ー石川晋・多賀一郎が語り合う会ー
18時~19時 懇親会、福寿のお酒と美味しい日本料理で1時間。
19時~21時 対談「教室の声を聞け」

懇親会+対談
は、会費、全込みで5000円(全て料理と飲み物代)
定員 30名

送迎バス・タクシーについて

12時と12時30分にJR六甲道駅より酒心館まで無料送迎バスを準備しています。(各回定員28名)
懇親会&対談まで参加された方のご希望の方には、帰りのタクシー(JR六甲道駅まで)を手配させていただきます。
ご希望の方は、申し込み時にご記入ください。
※1部のみご参加の方は、ご自分でタクシーを手配されるか、阪神石屋川駅からお帰りください。(徒歩8分)

講師紹介

石川晋先生
1967年生まれ 北海道旭川市出身
1989年 北海道教育大学旭川校卒業
2003年 同修士課程修了
2009年 河東群上士幌町立上士幌中学校赴任
NPO法人授業づくりネットワーク理事長

主な著書に『エピソードで語る 教師力の極意』『「対話」がクラスにあふれる!国語授業・言語活動アイディア42』(明治図書)、『これならうまくいく!笑顔と対話があふれる校内研修』『学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ』『中1ギャップー中学校生活になじむ指導のポイント』(いずれも学事出版)、『中学校学級担任のためのポジティブコミュニケーションカード』(民衆社)、『中学校国語科学習ゲーム~授業づくりの活性化につながる体験的な学び~(DVD)』(ジャパンライム)、明日の教室DVDシリーズ第14弾「文学の授業~読む・解く・書く~」(Kaya)などがある。

多賀一郎先生
追手門学院小学校講師
神戸大学付属住吉小学校を経て私立小学校に長年勤務。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。現在、追手門学院小学校講師。専門は国語教育。親塾を神戸と大阪で主催して、保護者教育に力を注いでいる。また、教師塾やセミナー等で、教師が育つ手助けをしている。絵本を通して心を育てることもライフワークとして、各地で絵本を読む活動もしている。
『子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』『全員を聞く子どもにする教室の作り方』『今どきのこどもはこう受け止めるんやで』(黎明書房)など、著書多数。まもなく明治図書より『国語発問づくり10のルール』を発刊予定。

お申し込みは、こちらから!
[PR]

by sitoi | 2013-05-11 09:05 | Comments(0)  

5月10日 仕事は夢を叶えるための手段

昨日は、高学年合同で、先輩からの話を聞く時間を持った。
本校のキャリア教育のスタートだ。
二人の大学生が駆けつけてくれた。
一人は、医者になりたいという夢に向かって、立命館高校MSコースから医学部に進んだ学生。
もう一人は、映画に関わる仕事に就きたいという夢を叶えて、映画会社からの内定を獲得した学生。

二人は、小学生に向けて、自分の思いを実直に語ってくれた。

夢を叶えるには、なりたいという強い思いが大前提であると同時に、なりたいだけでなることはできない。
そのために、今、何をすべきか、次にどうするかというビジョンがなけれがいけない。
そのことを子ども達は強く感じ取ってくれたのではないかと思う。

私自身も、本当に良い学びの時間となった。

なかでも、私が、ハッとさせられた言葉が、
「仕事は夢を叶えるための手段にすぎないと思う」
という言葉だ。

私が、今、やりたいことは何なのだろう?
やはり教育に関わることに他ならない。
そのために教師という仕事に就いている。

だけど、教師という仕事自体は、あと何年かすれば辞めざるをえない時がやってくる。
そうだ、その時は、次の「夢を叶えるための仕事」を考えればいいのだと・・・。
そのために、何をしていく必要があるのか、そんなことを考えなければならないのだ、と。

そうか、もう一度、夢に向かって進んでいけばいいのだな・・・そんなことを考えていた。
[PR]

by sitoi | 2013-05-11 08:56 | Comments(0)  

5月9日 週末に向けて

今週は目が回るような忙しさ・・・。

土曜日は、子ども達が中学校のオープンキャンパスに参加するために、中学校とのやりとりや文書などの作成の必要があり、てんやわんや。

来週には一度テストをする予定で、テスト作成にてんやわんや・・・・。
やっと今日の放課後に歓声したので、明日に印刷を終えてしまうつもり。

日曜日には、京都芸術センターでの講演があるので、その準備。
何とかパワーポイントの資料を作り終えた。
今回は3部構成で行うつもり。
①子ども達の実態
②学校の実態と子ども達の指導のあり方(体験活動を入れながら)
③アートの効用(実践例をもとに)
これで、休憩を挟んで2時間半。

明日は、一つ一つのことを丁寧に仕上げていこう。
[PR]

by sitoi | 2013-05-09 22:20 | Comments(0)  

5月6日 連休最終日

朝一番ジョギング、掃除。
昼前に、妻とドライブ。
a0023466_2133418.jpg

ランチの後、京都の町を散歩。
神泉苑で、ゆったり。
a0023466_2134143.jpg

その後、宇治へ足を伸ばし、中村藤吉本舗へ。
久しぶりの宇治。

さあ、明日から頑張るぞ!
[PR]

by sitoi | 2013-05-06 21:44 | Comments(0)