<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

11月29日 あれから、もう15年くらいたつのかなあ

学校鑑賞会。
狂言鑑賞のため、金剛能楽堂へ。

茂山千三郎さんによる能楽の説明。そして、体験講座。
その後、「柿山伏」「「附子」という定番の演目を鑑賞する。

その昔、公立小学校時代に、子ども達を能楽堂に連れて来たことを思い出す。
あれは、もう、17年ほど前になると思う。
そのきっかけになったのは、茂山千三郎さんがラジオで、
「子ども達に狂言を是非見てほしいんですよね。」
という言われたのを偶然聞いたことにある。

その後、すぐに茂山さんに「見せてやりたい」という手紙を書いた。
で、鑑賞費用代が足りなくて、近隣の小学校との合同鑑賞会という扱いにすることに。

楽しかったなあ・・・。
その後も、その鑑賞がきっかけで、家族で何度か狂言を見に行った。

そんなことを思い出した。
金剛能楽堂から庭を見ると、見事な紅葉が広がっていた。
さすが京都・・・である。
a0023466_2151922.jpg

[PR]

by sitoi | 2012-11-30 21:51 | Comments(0)  

11月28日 改めて気づかされたこと

午後、某新聞社の取材を受ける。
取材の内容を突き詰めていけば、私という人間がどのようにして創り出されたのか?
といったことになろうか。

話し出すと、あちこちに脱線してしまったことも手伝って、3時間半もの話になってしまった。
うーん、これをまとめれば、本一冊になるか?といった感じ。

しかし、話すことによって改めて気づかされたこともあり、感謝、感謝の時間であった。
さすがに、取材後は疲れてしまい、仕事にならなかったが・・・。

私の行ってきた実践は、そこだけを見ればとんでもないようなものもあるが、自分にとっては、
自然であり、必然であった。
そして、自分自身が感じ取ったものは、絶対的なものであった。
それだけのことだと思う。

だからこそ、これからの残された教師人生が大切なものになってくる。
これも、改めて気づいたこと。
頑張らないとね・・・。
[PR]

by sitoi | 2012-11-29 20:47 | Comments(0)  

11月24日 日帰りの帰省

昨日は、関西空港から飛行機で帰るという娘を送りがてら、家族でりんくうタウンへ。
娘の買い物に付き合った後、娘と二人で、りんくうタウンのスーパー銭湯へ。

夕方、関西空港で娘を見送る。
ここ数年、関西空港に来ることが本当に多くなった。
こんな人生が待ち受けていようとはね。

娘は、今度は、海外の留学に向けて動き出しているようだ。
娘の動きを見ていると、世界はすぐそこにあるって思えてくる。
面白いなあ・・・。

一夜明けて、今日は、一人で帰省。
夏以来帰省していないので、少し、母の顔を見て、一緒にランチでもというわけ。
昨夜のうちにドライブのお供にと、山下達郎のベストアルバムを借りておく。
懐かしいなあ。

紅葉の山々を見ながら車を走らせる。
a0023466_7342429.jpg

で、丹後はやっぱり、こんな天気。
海を見ながら、母と昼食。
a0023466_7352653.jpg

墓参りを済ませ、何だかんだと家の用事を済ませ、・・・・
夕食用の刺身を買い込み、・・・・・
帰路に着く。
a0023466_7373727.jpg

さあ、明日は仕事しないとね。
[PR]

by sitoi | 2012-11-25 07:39 | Comments(0)  

11月23日 九州での講座

まだまだ先のことと思っていた「明日の教室・北九州分校」での講演が近づいてきた。
もう2週間である・・・。

まだまだ先と言えば、来年の夏の講座について、もう打ち合わせが始まっている。
来年の8月は、北海道で講座を持つことが決まっている。
「授業づくりネットワーク」の全国大会である。
豪華な講師陣の末席に加えていただくことが決まっている。

で、先週は、研究授業の準備をしながら、講座のことをぼんやり考えていた。

自分が伝えたいことをやることにした。
そう考えると、そんなに多くのものはないわけです。

北九州分校では、今までの講座ではやらなかったものを1つ組み入れることにした。
来年の夏は、キーワードの中に「学級づくり」を組み入れることに。

北九州では、菊池省三先生とお会いできるのを楽しみにしている。
京都にお越しいただいた際、九州分校を立ち上げるとのお声をいただき、現在に至っている。
今や、菊池先生は、日本で一番お忙しい先生と言っても過言ではないだろう。
そんな先生と時間を共有できるのである。
・・・・幸せなことだ。

九州では講演翌日は、レンタカーを借りて、別府まで行き、娘とランチでもと思っている。
ということで、今から、講座の資料をつくってしまおうと思っている。
[PR]

by sitoi | 2012-11-23 08:40 | Comments(0)  

11月22日 今週も早かった・・・

火曜日から、大学が週末まで休みということで九州から帰ってきた。
何の違和感もなく、そこに娘がいるという不思議さ・・・。

今週は、中間テスト作りと研究授業の準備に追われた一週間だった。

その研究授業を今日、終えた。
「中部地方」の授業で、結局、3つの授業の可能性を感じ、教材研究を進めていた。
「うなぎの養殖」と「原子力発電所」と「お茶づくり」の3つだ。

うなぎと言えば、静岡を思い出す。最近のうなぎの高騰をもとに授業が組めないかと教材研究を進めてみた。
うなぎの値段の推移、生産量と輸入量・・・そのあたりを調べていった。
また、中部地方といえば、原子力発電所。静岡のあたりは、原子力発電所と風力発電が両方、隣設した場所がある。このあたりの写真を切り口にいろいろ考えさせることはできないかと資料を集めていった。

結論として、うなぎの授業は、水産業の場面で取り扱うべき授業だと判断。次回、5年生を担任した時に挑戦することに・・・。
また、原発の問題は、1時間では収まりそうもない。資料集めを継続して準備を進め、6年生あたりで討論の授業として扱うのが妥当だと判断した。これも最低でも2時間は必要か・・・。

ということで、今回は「お茶づくり」の授業で45分をつくることに。
とにかく2日間ほど、お茶に関するサイト、静岡に関する本を読み、「自分の?」がどこにあるのかを探し続ける。突き詰めれば、私の教材研究は全て、そこにある。

「?」・・・面白いなあと思ったのは、「防霜ファン」と「宇治茶の紅茶」の2つ。
この二つをもとに授業を構成していくことに。
ここに、地図で確認する作業や歌を歌いながら歌詞の意味を確認する活動を組み入れる。

つまりは、3段階ということか。
1段階は、「?」が生まれるネタ探し
2段階は、「?を活かす発問や指示」を考える
3段階は、45分の授業形態を考え、子ども達の集中力が途切れないようにする

まあ、そんなにうまくいかないが、授業を見ていただく。
事後研では、いろいろな意見をいただき勉強になった。

会議後、来週行われる中間テストを印刷・・・。
ホッと一息。

今週も早かった・・・。
[PR]

by sitoi | 2012-11-23 08:27 | Comments(0)  

11月18日 今日は快晴!

カーテンを開けた状態で寝るのが好きだ。
朝日に照らされて目覚めるのが好きだから・・・。

ところが、日々の起床時間は5:00なので、まだ夜のよう。
今日は快晴の日曜日。
朝寝を楽しみ、6:30、朝の日差しを浴びながら起床。
何と気分の良いことだろう。

今日は、日曜日なれど、子ども達の引率で大阪へ向かう。
引率といっても、現地集合、現地解散ですけど・・・。
CAPSコンテストっていう大会。
担当の先生の都合が悪くなり、代役を引き受けることになった。

16:00前には終了するようなので、その後、京都に向かい、妻と待ち合わせて、ライトアップした京都の紅葉を楽しもうと思っている。

さて、では、出発までの時間、原稿の書き直しをすることにしよう・・・。
[PR]

by sitoi | 2012-11-18 07:52 | Comments(0)  

11月17日 雨降りの土曜日

ふう、今週も今日で終わり。
土曜日なれど出勤日。

朝から雨、雨、雨・・・。
午後から京都市内を散策しようと思っていたのだが、断念。
窓から見る山々は紅葉し美しいというのに。

午後、退勤。
途中、喫茶店に入り、珈琲を飲みながら原稿の書き直し。
原稿をプリントアウトしたものに赤ペンを入れていく。
あれあれ、原稿は真っ赤に・・・。
こりゃあ、この章は、全面的に書き直しだな。

帰宅後、本屋へ。
以前から読みたかった「錨を上げよ」(百田尚樹著・講談社)を見つけ、上下巻を購入。
上下巻を合わせると1200ページにもなろうかという大作だ。
他にも、平田オリザさんの初小説や瀬尾まいこさんの新作が並んでいて、迷ったのだが・・・。
読みたい本が次々に出てきて、何と幸せなことか。

ついでに、鍋の食材を買い込んで帰ることに。
妻の帰宅に合わせて夕食の準備。

夜は、itunesのラジオでジャズを流しながらぼんやり過ごす。
本当はDVDでも借りてきて見ようと思ったりしていたのだが、その気力なし(笑)。
[PR]

by sitoi | 2012-11-18 07:43 | Comments(0)  

11月16日 伝えたいこと・・・

夏休み以降、原稿執筆に苦しんでいる。
毎日、「どうしよう。時間がない・・・」と思いながら日が過ぎていく。

もう締め切りも随分過ぎていく。
本を1冊書くって大変だなって、改めて思う。

数ページの原稿執筆や、ワークシートのような原稿執筆は、これまでに随分経験してきたつもり。
でも、自由に自分の思いを書くって大変だ。
ん?、自分は何を読者に伝えたいのかって悩んでしまう。

今、書いている本って、結局は自分にとってはエッセイを書いているような感覚になりつつある。
原稿用紙に直すと、300枚程度のエッセイを書くことになる。

今週、やっと、ざっくり書き上げたので、手直しを始めている。
読み直すと、ひどいから・・・。

でも、改めて、何を伝えたいのかってことを、数か月考えることはすごく勉強になった。
この経験は、先週の名古屋の講演でも役立ったし、来月の九州の講演でも役立つはず・・・。

今の原稿を終えたら、来年は1年かけて授業のことをまとめたいなって思う。
[PR]

by sitoi | 2012-11-18 07:29 | Comments(0)  

11月13日 忙しい毎日の中で

忙しいと思う。
でも、「心」は「亡」くさないように、心がけているつもり。
けれど、やっぱり、置き忘れてしまう。

イライラしたり、気配りができなくなったり・・・。
駄目だなって思う。

月曜日、ロボットの世界大会に出場している子ども達の吉報を学年の子ども達に伝えた。

世界大会で、堂々の第3位!
日本全体で、過去最高だそうだ。まさに快挙です。

今日、休み時間にクラスの子ども達が輪になって何やら相談している。
「何してるの?」と近寄ってみると、

「○○くんが賞状を作ってきてくれたから、せっかくだから、裏側にみんなで寄せ書きし
ようかっていうことになって…。」
見ると、きれいな賞状が仕上がっていました。

忙しい毎日の中での心配り。子ども達に1本取られました。
[PR]

by sitoi | 2012-11-18 07:12 | Comments(0)  

11月11日 懐かしい風景

今朝も日曜日だと言うのに早起き。
町内の防災訓練の日なのだ。
で、今年は役員なので、朝早くから連絡網を使って電話連絡。

校区の小学校に集まって、防災訓練。
雨降りが幸いし(笑)、雨天の訓練ということで予定より少し早く、お昼前に終了。

で、せっかくの日曜日なので、妻とランチへ。
宇治の植物園横にあるレストラン。
a0023466_1950371.jpg

このセットに珈琲がついて1000円。ゆったりした店のつくりもなかなか良し。

食事の後は、妻を英検会場へと送る。
昨年から、英検のチャレンジを始めた妻。・・・・尊敬です。

待つ間、かつて勤務した小学校区をウロウロ・・・。
懐かしい風景でした。
ここで、まさしく一から鍛え直してもらった気がしています。
27年間通った宇治。懐かしかったです。
[PR]

by sitoi | 2012-11-14 19:47 | Comments(0)