<   2011年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

9月28日 理由をつけて褒める、叱る

以前、大変だという3年生を担任したことがある。
2年生の段階で中学生とつるんで遊び、担任には暴力を振るい、教室にも入らない。
そんな2年生だった子を含む3年生だった。

自分達も大変な学年だったくせに、卒業生は4月初めに学校に顔を出し、
「先生、今度、3年生の担任だって。Kがいるからやろ。さすがにあいつは大変なのとちがう?」
と、冷やかす。
「ほっとけ、お前らよりずっと可愛いわ。だいじょうぶ!」
と、空元気を出してみたものだった。

私が、まず、やったことは、そのK君と、二人で話をしたこと。
「ところで、どうする?今年は、教室で勉強するか?それとも嫌か?」
と、私が聞くと、Kは、
「・・・・教室で勉強する」
と答えた。
それで、私は、こう言った。
「よし、そんなら、絶対、勉強きちんと教えたるから、絶対、逃げるなよ。」
と。

始業式から数日たって、ある男の子が、こんなことを言った。
「Kくん、すごいなあ、ちゃんと座ってるよ。」
と。それを聞いた何人かの子は、「ほんまや」と、同じようにKを褒めた。

私は、Kに言った。
「よかったなあ。座ってるだけで、褒めてもらえるなんて。でもなあ、こんなことで、先生は褒めへんで。そんなもん、当たり前のことや。なあ、K。お前、きちんと勉強できるもんな。きちんと座って勉強できるようになったら、褒めたる。それはすごいことやもんな。」

夏休みも、二人で勉強した。
約束通り、夏休みだというのに、遅れずにKはやってきた。

二学期になると、Kが座って勉強するなど、当たり前のことになったし、きちんとノートをとり、意見も言う場面も出てきた。
こうなった時、私は、みんなの前で、Kを大いに褒めた。
「Kは発表できようになったぞ。みんなはどうや。一番、3年生になって頑張ってるんはKとちがうか。みんなも頑張らんとどんどん抜かれるぞ!」
と。

もちろん、叱る場面もたくさんあった。
真剣に怒鳴りつけた場面など数知れず・・・だ。
「お前、約束したやろ。何で我慢できひんねん、座れ!」
腕を掴んで座らせたことだってあった。

叱ること、怒鳴ることを恐れる必要などない。
大事なのは、きちんと理由をつけて、叱ってやることなのだと思う。
きちんと、理由をつけて褒めてやることなのだと思う。

見え透いたおべんちゃらのような褒め方と、その場その場で違った叱り方が、いけないのだと。

今日は、なぜか、そんな昔のことを思い出してしまった・・・・。
[PR]

by sitoi | 2011-09-28 21:53 | Comments(0)  

9月26日 今度の「明日の教室」は必聴です!

10月1日(土)の「明日の教室」は、以前からお伝えしていましたように、千葉大学教育学部教授の藤川大祐先生にお越しいただきます。
私が知る限り、藤川先生ほど幅広く教育学に精通されている大学の先生は他におられません。
その藤川先生に、私が、聴きたい内容をオーダーさせていただきました。

昨日、講演の資料が届きました。
えっ、こんなに話していただけるんだ・・・と、一人興奮しておりました。
以下、藤川先生のブログからの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用開始。

若い教師、教師を目指す人のための勉強会「明日の教室」。私たちは東京分校を運営していますが、発祥は京都です。その京都の「明日の教室」で、10月1日(土)、講演をさせていただくことになりました。

ご案内や申込方法については、以下のページをご覧ください。以下のようなことをお話しさせていただく予定です。他ではこんなふうに話したことはありません。ぜひお聞きいただきたい内容です。

1.授業づくり/授業研究のトレンド
1960年代/1970年代/1980年代/1990年代/2000年代/2010年代
水道方式/仮説実験授業/教育技術の法則化運動/授業づくりネットワーク/築地久子学級
すぐに使える授業づくりのヒント(授業の基本構造/発問の技術/指示の発見/子どもの思考を支える学習リソース/対応で問われる即興の力/授業のストーリーをどう構成するか/授業を支えるルール/教師のパフォーマンス術)

2.メディアリテラシー教育のこれから
メディアリテラシーとは
メディア依存の懸念
スーパー戦隊シリーズはなぜ2月に始まる?
送り手の意図を見破る
世田谷区立駒繋小学校の情報モラル授業例
大震災直後の情報支援、メディアリテラシー

3.外部との連携
外部との連携がなぜ必要か?
子どもの環境の変化
学校×企業・NPO・地域、学校×アーティスト、子ども×企業・行政×大学、教師×企業・NPO、住民×行政×大学
外部発想で考える授業づくり(「人」への共感、子どもの承認欲求、身体に依拠した学力)
千葉大附属中「社会とつながる数学」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用終了。

これは、もう必聴です。
なかでも、「授業づくり/授業研究のトレンド」は、若い方に是非とも聴いていただきたい。
この授業研究のトレンドの最先端にいたのが、紛れもなく藤川先生です。
その藤川先生から、30年あまりの教育に語っていただけるのですから・・・。
[PR]

by sitoi | 2011-09-26 21:28 | Comments(0)  

9月25日 連休最終日

娘のサッカー試合観戦。
その後、東本願寺へ。
a0023466_21262259.jpg

よく6年間がんばりました。
この頑張りは、誰が何と言ったって、認めます。
a0023466_21263749.jpg

寺を見る。
昔は、そんなこと考えもしなかった。
でも、今は、実物を見たい。
本なんかじゃ駄目だ。
そこに行く。本物を見る、感じる・・・それが大事。
京都に暮らせるのは、本当に幸せなことだと思う・・・。
[PR]

by sitoi | 2011-09-25 21:24 | Comments(0)  

9月24日 芸術の秋なので、更に音楽情報!

通崎睦実さん。
マリンバ奏者であり、着物のコレクターであり、本も書かれ、・・・・とにかく、そのライフスタイルが女性の羨望の的となっている方です。
もともとファンだったのですが、学校に来ていただいて、一ヶ月ほどだったでしょうか。お話を伺ったりする中で、ますますファンになりました。

その通崎さんのコンサートが10月、京都で開催されます。

通崎睦美リサイタル
木琴文庫vol.1
2011年10月13日(木)19時開演
京都府立府民ホールアルティ

チラシも、こんなにお洒落。
a0023466_9195262.jpg

結局、通崎さんのコンサートも、昨年、京都府立府民ホールアルティに聴きに行ったのが最後。
うーん、最近、音楽を聴いたり、絵を見たりしてないなあ・・・と、ちょっと反省。

通崎睦美さんのブログは、こちら!
[PR]

by sitoi | 2011-09-24 09:20 | Comments(0)  

9月24日 「あいのてさん」@京都

「あいのてさん」が京都にやってきます。
「あいのてさん」といっても、ご存じない方が大半でしょうね。

「あいのてさん」というのは、2006年から2007年にかけてNHK教育テレビで放映された「あいのて」という幼児番組に登場した3人の音楽家のことです。
番組内で、この3人の音楽家が身近なモノを使って、とても楽しく、刺激的な音楽を創り出したことで、話題になりました。

この「あいのてさん」の一人、野村誠さんは、私が小学校に初めてお招きしたアーティスト。
初めてお会いしたのが、2000年だったでしょうか。
脳天をかち割られた・・・と言えばいいのでしょうか。とにかく衝撃でした。

以来、1年に一度くらいは小学校という場でいろんな試みを行ってきたのですが、この二年は全くお会いしていません・・・。
近年は、インドネシア、イギリスなどと日本を言ったり来たり、といった形で音楽生活を続けておられます。

その「あいのてさん」が京都でミニライブを開催されます。
まだ、「あいのてさん」を体験されていない方、是非!ぶっとびますよ!

以下、野村誠さんのブログからの引用・・・・・・・・・・・・・・・。

10月16日(日)に、京都のcafe Zanpano(叡電元田中駅からすぐ)にて、あいのてさん(野村誠+尾引浩志+片岡祐介)がイベント「秋の音祭り」にゲスト出演します。
18時スタート、あいのてさん、気まぐれトリオ、OTEという3バンドが出演で、前売り予約は、2000円+1ドリンクオーダーです。予約などの詳細は、追ってお知らせします。

引用終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]

by sitoi | 2011-09-24 09:05 | Comments(0)  

9月23日「明日の教室」@琵琶湖

朝、8:30家を出発。
今日は、「明日の教室」@琵琶湖。
琵琶湖で一日カヌーを楽しむ。

鞄に水着とタオル。それにカメラと本を詰め込んで・・・・。
京都駅からはJR湖西線で、雄琴温泉を目指す。
晴天の中、ゆったりした時間・・・。
今、読んでいる本は、娘から借りた「ワーキングガール・ウォーズ」(柴田よしき著・新潮文庫)

駅から、「オーパル」をめざす。
余裕を持って出たはずなのに、若干の遅刻。

今回も、参加者は、9名という一桁を記録。
まっ、いいのである。
私も池田先生も、このカヌー講座をやめる気はない。

えっと、教師にとって欠如している力の一つに「企画力」がある。
「企画」のもとになるのは、結局のところは、知識と体験だと思う。
琵琶湖という途方もなく素晴らしい素材を学校教育に活かせないか?
カヌー体験もその一つになるはずだ。
そんな思いから、「オーパル」にも、教師体験講座ということで、特別料金でお世話になっている・・・。

で、いつものように、午前中は、基本的なカヌーの乗り方をレクチャーいただいて、実際に軽く乗ってみる。
ランチは、施設内のレストランのランチを屋外のテーブルでいただく。
珈琲もつけていただいて、ゆったり・・・。

さて、午後。今回は、何と琵琶湖横断に挑戦。
対岸の琵琶湖博物館をめざし、カヌーを漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ・・・。

全員無事に到着。
一休みして、帰路。
帰路は、皆の口から、
「分かってきた」「気持ちいい」「すごく進むようになってきた」
との声が上がる。
さすがに、長時間漕いでいると、自然に楽なフォームが身についていくものだと実感。
身体は疲れていくが、それ以上にカヌーとの一体感が味わえ、楽しい。

「オーパル」に無事、帰還。
そのまま、みんなでジャグジーへ。
下の写真の左下、プール横にあるのがジャグジー。
ほどよい温かさで、1時間でも入ってられます。
a0023466_842151.jpg

気がつくと、もう日も暮れ始め、今年のカヌーも終了。
a0023466_8421799.jpg

京都駅近辺の居酒屋で懇親会。

で、・・・・来年は更に凄いことになりそうです。
いや、実現すれば、本当に凄い。

今年も大満足の琵琶湖での一日でした。
[PR]

by sitoi | 2011-09-24 08:42 | Comments(0)  

9月21日 ふぅーっ、台風かあ・・・

昨日は、4時間目を終了した時点で、台風のため終了。
給食後、子ども達に帰る用意をさせ、保護者のお迎えを待つ。

13:30、続々と保護者が到着。
教室の子ども達は、1人減り、二人減り・・・・。
子ども達の中から、
「先生、以前、台風が来た時、お母さんを待つ間、遊んだよぅ。」
との声が出される。

で、黒板に、こう書いた。
「14人になったら、泣かないように遊びましょ。」

「いぇ~い!」
「やったぁ、遊べるーっ!」
と、言いながらも、とりあえず、漢字プリント。

で、また1人減り、二人減り・・・・。
あと、18人になったあたりから、
「あーっ、あと4人」
と楽しみにし出す子ども達。

で、一番楽しみにしていた子のお母さんがお迎えに、
「え~っ!」
と、肩を落として帰っていきました・・・・。

で、人数も減ってきたところで、
「じゃあ、遊ぼうか。何して遊ぶ?」
と、聞くと
「フルーツバスケット!」
と、曰う。

で、私も入って、「何でもバスケット」
3回座れなかったら、罰ゲーム。罰ゲームは、国語の教科書の音読。
男女一緒にキャーキャー言いながら遊ぶ。

今年のクラスは、こんなクラスになりました・・・。

今朝は、大雨の中、学校へ。
休校なのは分かっていたけれど、リズムを崩したくないので、いつもの電車。
研究授業は、11月まで延期となった。
すっきりしない部分があった授業なので、これでよかったのかもしれない。
もう一度、頭を整理して、11月に!

ところで、いよいよ明後日に迫った「明日の教室」ですが、今年も参加者は一桁になりそうな気配。
琵琶湖でカヌー・・・・最高なんですけどねえ。
カヌーに乗って、昼寝して、ジャグジーに使って、夕方からビールです。
迷われている方、是非!
[PR]

by sitoi | 2011-09-21 21:39 | Comments(0)  

9月19日 敬老の日

敬老の日。
朝、田舎の母から電話が入る。
今年も、妻が、花を贈っておいてくれたので、その御礼の電話。

いつもの喫茶店のモーニング終了ギリギリの時間までパソコンに向かう。
明後日が道徳の研究授業。
やってみたいことは決まっているのだけど、まだ、踏ん切りがつかない状態。
余計なことなど考えず、まっすぐに授業すればいいだけなのに・・・・この年になってもまだ悩む。

朝と昼を兼ねたいつものモーニングを妻と二人で食べ、今日は映画に行くことに。
上演前に、敬老の日のプレゼントを買ってしまう。
今日の映画は「うさぎドロップス」。
ほんわかと温かくて、良い映画でした。

で、これから義父と義母を誘って、夕食へ。
いつもの敬老の日を過ごせることが、きっと、すごく幸せなことなのでしょう。
そう、思う。
[PR]

by sitoi | 2011-09-19 17:34 | Comments(1)  

9月19日 最後の文化祭

朝、妻と二人で立命館中高へと向かう。
立命館中高は、昨日と今日の二日間、文化祭が開催されている。

娘が入学してから、いや、正確に言うと、試験を受ける前の年にも親子で訪れたので、7年間観に来たことになる。
この文化祭を観て、娘を入学させたいと思った。
言葉粗く言ってしまえば、勉強などどこでもできる。しかし、学校で行われる行事には大きな意味がある、そう思っている。
なぜか、そこでしか経験できないからである。
娘は、この文化祭を6年間体験できた。
これは、公立の中高では決して体験できないことだと思っている。

高校3年最後は、各クラス演劇に取り組むことになっている。
最初に来た時、その演劇を観て、感動したのを覚えている。
高校3年がクラスでこういうことに取り組めるという事実に、だ。

それまでの私の経験は、・・・・
6年生で、合唱や合奏に一生懸命取り組ませる。
で、中学校からのお招きで、卒業生の中学校での合唱祭などに行ってみると・・・・。
そうか、中学では、この程度のことで精一杯なんだな。
生徒指導が大変だものな・・・と、悲しいやら、悔しいやら・・・てあった。

そんな時に見たのが、立命館中高の文化祭だった。
演劇では、脚本から、舞台衣装まで自分達で創り上げるという。
娘のクラスは、テレビで放映されていた「花より男子」をアレンジした演劇であった。
・・・・・・いやあ、素晴らしかったです。

この体験ができただけで、満足です。ありがとう、立命館中高です。
「もう、この文化祭も来ることないよねえ」
と言いながら、妻と学校を後にしました。

学校は、学力うんぬんも大事だけれど、学校行事にもっと力を注ぐべきだと私は思っています。
行事で子どもを育てる。
行事に振り回されるのではなく、そんな感覚で行事に向かい合ってもいいんじゃないかなあ。
[PR]

by sitoi | 2011-09-19 09:02 | Comments(0)  

9月18日 劇団四季に思う 

土曜日の授業。
2時間目終了とともに、子ども達には持参してきた軽食をとらす。
その後、急いで、地下鉄に乗車。京都駅へ。

今日は、劇団四季のファミリー公演を学年の子ども達を連れて鑑賞。
11:30開演で終了は、13:30。
a0023466_8272821.jpg

今年から学年毎に、演劇や音楽などの鑑賞会を実施することになった。
5年は、狂言を鑑賞しに行くようだし、4年は和太鼓だったかな・・・。
で、6年は悩んだ末、劇団四季に決定した。

劇団四季のミュージカルは、以前、一度、観たことがあるのだが、その時は、あまり感銘は受けなかった。
まっ、その時は、「これだけお金をかければ・・・」とか、いろんな思いもあったので、少し冷静さに欠けていたかもしれません。
今回の公演は、ファミリー公演といっても、さすがは劇団四季といった感じでした。
舞台、衣装など、細かな部分まで細かに手がかかっているのがよく分かります。
客席とのやりとりなどはファミリー向けですが、その部分を除けば十分大人も楽しめます。
今回、子ども達も大喜びでした。

チケットは、ファミリー公演ということで、大人も5800円と、劇団四季としては、かなりお安くなっています。
一度、観てみようかという方にはお薦めです。ちなみに子どもは3000円です。

さて、実は、3年生の鑑賞会では、少しだけお手伝いをさせていただきました。
3年でリコーダーの学習がスタートしたから、リコーダーに関わった音楽を聴かせたいと、お聞きしたので。
そう、リコーダーと言えば、NHKの「ピタゴラスイッチ」の曲でお馴染みの栗コーダーカルテットですよね。
で、栗コーダーカルテットに連絡をとって、学校に来ていただけることになりました。
11月です。この時は、何としても、私も聴きたいと思っているのですが・・・・。

子ども達をいろんな文化的なものにふれさせる。
これは、とても大事なこと。
素晴らしい取り組みが始まったと喜んでいます。
[PR]

by sitoi | 2011-09-19 08:41 | Comments(0)