<   2010年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

8月29日 焼き肉の日?

今日は、朝一番に娘を駅に送った後、午前中に、散髪を済ませ、クリーニングを済ませ・・・。
ホームステイの女の子と妻の三人で昼食。
しかし、日本語がうまい。
高校の3年間で、どうやったら、こんなに話せるのか?
やはり、教え方に、何かがあるのだと思う。

で、午後から、娘が帰ってきて、女3人で大阪の海遊館と船に乗ってくると出かけていった。
私は、ゆったりと、読書。
「空飛ぶタイヤ」(池井戸潤著・講談社文庫)が、それ。
昨日から読み出したのだが、止まらない。
上・下巻なのだが、ぐいぐいと引き込まれる。

夕方、焼き肉の材料の買い出しへ。
牛肉、豚肉、鶏肉、海老にサザエ、ソーセージに、忘れずにビール。
今夜は、娘の幼なじみ宅に伺って、みんなでBBQ。
小さかった子ども達が、大学生や高校生・・・・年をとるわけである。
しっかりと年をとっていかねばと、改めて思う。

いつものことながら、休日はアッという間に過ぎていく。
さあて、明日から、また一週間。頑張るぞ!
[PR]

by sitoi | 2010-08-29 22:02 | Comments(0)  

8月28日 ホストファミリーとなる

土曜日だが、授業日。
土曜出勤は気が重いなあと思っていたのだが、ゆったりと空いている電車に乗るのは、結構好きになっている。特に、土曜の昼間の電車に乗っていると、ほんわかした気分・・・・。

今日は、ワールドウィークの公開日。
幼稚園児とその保護者合わせて400名ほどの参加者あり。
6年の授業公開は、3時間目で、各クラスに100名ほどの参観者・・・・。

これは、英語担当の先生方にお任せ。
しかし、本校の英語スタッフの力、おそるべしである。
だから、子ども達も緊張することなく、終わった後、「楽しかった」とケロッと言ったりするわけで、唸ってしまう私なのである。

で、ここで、宣伝。
11月の「明日の教室」では、本校の英語スタッフに登壇いただく。
4名のスタッフに登壇いただく予定である。
公立小学校では、来年度から、英語の授業が本格的に実施されるが、私は、その内容に「?」である。
保護者の、いや世の中のニーズに対応したものになっているのだろうか?ということである。
私は、本校の英語教育は、とても素晴らしいと感じている。
ここに、小学校英語教育の一つの進むべき道があるとさえ思っている。
なので、無理を言って登壇いただくことにした。
こういう英語教育が可能だというこを、これからの小学校現場を支える若手に是非、体験してほしい。
明日から公立小学校でも可能な英語授業のあれこれを紹介していただく予定である。
是非、御参加下さい。

今日は、午後から、夏休み中にイギリス研修に行った子ども達の発表会あり。
少しだけ参加した後、途中退席。

大急ぎで帰宅した後、妻と娘と合流。
車に乗せて、関西空港へと向かう。
我が家は、ホストファミリーになることに。
ホームステイするのは、アメリカからやってくる女子高生。
16:00関空に到着。
高校の先生と一緒に待つこと30分。
金髪のいかにもアメリカ人という女子高生と無事、会えました。
で、一緒に帰宅。
今日から約四ヶ月、一緒に暮らします。
日本語がとてもうまいのに驚くと同時に、英語を教えてもらおうと家族みんなで楽しみにしている次第です。
[PR]

by sitoi | 2010-08-29 07:19 | Comments(0)  

8月27日 京都DEガイド

午後、ワールドウィークの取組の一つ、「京都DEガイド」を実施。
これは、6年生の班ごとにAPU学生が一人つく。
で、子ども達が学生を連れて、京都の名所をガイドするという試み。
名所は、金閣・銀閣・二条城・三十三間堂・清水寺・北野天満宮の6ヵ所。
ここから、二つを選び、午後の半日を使って、ガイドする。

ちなみに、ガイドは英語オンリー。日本語は禁止。
使う交通手段は、市バスのみ。

で、13:00。学校スタート。
私は、三十三間堂の担当なので、子どもより一足先に現地へと向かう。

現地に着いて、待つこと30分。
やっと第一弾のグループが到着。
子ども達、実に良い笑顔でした。
記念写真を撮って、「がんばって」の一声をかけて送り出す。
この繰り返し・・・。

最終グループがバス停に行くのを見送り、私も急いで学校へ。
私は、子どもより早く着きたいので、バスと地下鉄を乗り継いで、学校へ。

子ども達の学校着の締め切り時間は、15:50だったのだが、かなり遅れるグループあり。
しかし、何せ、バスのこと。これは致し方なし。
着いたグループから、帰宅させていく。

疲れたが、子ども達の満足げな表情を見ていると、よかったなあ・・・と思える取組だった。
[PR]

by sitoi | 2010-08-28 22:16 | Comments(0)  

8月26日 公演のお知らせ

お世話になっている方々の公演のチラシが届いている。

まず、通崎睦美さん。
「通崎睦美マリンバコンサート 道がないところにも道がある」
2010年8月31日(火) 19:00開演
マリンバ/通崎睦美  ピアノ/平林知子
京都府立府民ホール・アルティ

今回は、林光・野田雅巳・港大尋、3名の作曲家の作・編曲作品を集めてプログラムを組まれたそうです。
更に、最後は、ピアソラのレパートリーを3曲弾かれるとのこと。
a0023466_21554284.jpg


続いては、劇団衛星さんの公演。
「ブレヒトだよ」が、それ。

劇団衛星「ブレヒトだよ!」 京都公演
KAIKAオープン記念公演
アートコミュニティスペースKAIKA
2010年9月
18日(土)14時
19日(日)18時
20日(月)14時
[PR]

by sitoi | 2010-08-28 22:01 | Comments(0)  

8月25日 学校再開の日

本校は前期、後期の二期制をとっているので、二学期の開始、というわけではない。
が、まあ、まだ私のイメージは、二学期のスタート、だ。

夏休みの課題を集める。
と、夏休み前、課題忘れが多かった子が、きちんと提出しているのに気づく。
「おっ、がんばったね」
と、声をかけると、はにかんだような笑顔で、「はい」と、声が返ってきた。

今日は、学活の時間で、少し余裕があったので、ゲームを一つ。
「先生の好きな食べ物をこの紙に書きます。」
と言って、教室の隅で、子ども達に見えないように書き、紙を折る。
「先生に質問をして、何を書いたのかを当てて下さい。質問の数は、20こです。ただし、質問の仕方は、先生が、はい・いいえのどちらかで答えられるようにして下さい。」
「まっ、とにかくやってみましょうか?」

「それは甘いですか?」
「いいえ」
「それは白い色をしていますか?」
「いいえ」
といった具合だ。
見事、こども達は、私の好きな食べ物を20の質問で当てることができた。
答えは、「納豆」である。
私は、納豆さえあれば、文句は言わない・・・・ほど、納豆が好きである。

で、今度は、子ども達の中から指名し、好きな食べ物を書いて、私の役をやってもらう。
けっこう和むゲームである。
何が、そう、クラスが、である。

午後は、明日から始まるワールドウィーク(APUの学生がたくさんやってくる)とリッツスポーツフェスタ(運動会)の打ち合わせ等々。
また、平常の日々が戻ってきた。
[PR]

by sitoi | 2010-08-28 21:28 | Comments(0)  

8月24日 学校再開前日

明日から、学校再開。
今日は、その前日。
一日早く身体を慣らそうと、いつも通りの6:00過ぎに家を出る。

7:00過ぎに学校最寄りの駅に着く。
が、この時間ではあまりに早いので、近くのマクドナルドで珈琲タイム。
今日の読書は、「さくら色 オカンの嫁入り」(咲乃月音著・宝島社)。
娘のお薦め・・・。

で、8:00過ぎに学校。
明日からの学校再開に向けて、ひたすら準備。

でも、さすがに今日は早めの退勤。

池田先生のブログに、9月からの「明日の教室」のスケジュールがアップされた。
以下の通りだ。

・・・・・・・・・・・・・引用開始

2010年 研究会の予定

09/25(土)   琵琶湖にてカヌーなどを体験
10/23(土)   野口芳宏氏  
11/20(土)   立命館小学校英語スタッフによる、小学校の英語教育
12/18(土)   岩下修氏 
01/29,30(土)(日) 石川 晋、堀 裕嗣、門島伸佳三氏による学級経営、国語教育の講座。新春企画とし               て一泊二日を考えています

・・・・・・・・・・・・・引用終了

1月の新春企画について、紹介しておきたい。
この講座のいきさつについては、以前、ブログで紹介紹介通りだ。
で、この講師陣が集まっていただけるのに、半日ではもったいないだろうということで、一泊二日という初の試みに踏み切ることにしました。
(一泊というのは、実は、昨年、カヌー体験の時、前泊して飲んで楽しんだ・・・というのはありますが・・・)
講座をして、その後も、食事しながら、風呂に浸かりながら、酒を酌み交わしながら、教育談義にふける・・・・そんな会にしたいなあと思っています。

70人程度集まれば旅館を貸し切って実施も可能なのですが・・・・。
一泊二食付で、参加料も含めて、15000円くらいならどうなんでしょう?
私は、ちょうど良い値段だと思うのですが・・・どうですかねえ。
[PR]

by sitoi | 2010-08-28 21:07 | Comments(1)  

8月21日 「A-Studio」のように・・・

 「A-Studio」という番組をご存じだろうか。
金曜日の夜、23:00から、放映されている番組だ。

以下、番組のHPから引用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用開始

今一番観たいスターたちの素顔を引き出す!!
「A-Studio」の「A」が表すものは・・・
  ACTOR・ACTRESSの「A」
  ARTISTの「A」
  ATHLETEの「A」
この番組はそんな「A」な方々をゲストに招き、「A」クラスの時間を楽しむことが出来る、プレミアムなトーク番組だ。

番組MCは、数多くのドラマ・映画に出演し、その飾らない姿が共演者からも好感をもたれている笑福亭鶴瓶!
そんなMCだからこそ「A」の方々と素でトークを展開することが可能に。よって旬の俳優・アーティスト・スポーツ選手の素顔を垣間見ることが出来る。さらにアーティストには思い入れのある曲を披露してもらうことも。
多くの若者たちが憧れる有名スターが集い、時にはスタジオを飛び出し、日本一プレミアムなトークが展開される金曜の夜をお楽しみに!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用終了

この番組が結構好きで、見ることが多い。
この番組では、笑福亭鶴瓶が、事前に、ゲストとの関わりの深い人々に会いに行き、ゲストの過去について、あれこれとインタビューし、ゲストの素顔に迫っていくのだ。
その映像をもとに、ゲストと会話を進めていくというもの。

もう、何が言いたいか、お分かりだろうか?
夏休みに体験した、ライフヒストリーアプローチって、こんな具合に見せてほしかったなあと思うのである。
そうか、そういう体験、挫折が、この人の生き方を変えていったんだなって・・・。
つまり、ここでは司会進行がとても大切になるだろうし、何よりも、事前に、その方のターニングポイントといったものを掴んでおかねばならないだろう。
このライフヒストリーアプローチを、教育界に更に浸透していくためには、この番組みたいな進行がいいんじゃないのかなあと思った次第である。
[PR]

by sitoi | 2010-08-23 09:35 | Comments(0)  

8月20日 お迎え、そして、準備

朝、5:00起床。
5:30に、関西空港に向けて出発。
関西空港は、遠いイメージだったのだが、我が家からは、第二京阪道路ができたので、あっという間に近畿自動車道路へと乗り継ぐことができるようになった。
で、7:00前には、関西空港に到着。

妻と娘の到着予定は、7:15だったのだが、到着予定ボードで確認すると、30分ほど到着が遅れるとのこと。
珈琲を飲みながら、読書して待つことに。
昔は、教育書以外はほとんど読まなかったのだが(教育書だけで手一杯で他のものを読む余裕がなかった)40代になって、ビジネス書、一般書にも手が伸びるようになり、50代となった今は、そちらの方が主になってしまった感がある。

私たち教師は、自分らしさを創り出さなければならないのだと思う。
今、私は、現場で、岩下修先生と御一緒させていただいている。
私のクラスの国語の授業は、岩下修先生なのである。
岩下先生の授業が終わった教室で、岩下先生の板書を消し去り、私の授業を始める。
言うに言えないプレッシャーである。

「明日の教室」には、全国から優れた先生方をお招きし、講義や模擬授業をしていただく。
毎回、「ああ、こんな先生になりたい、こんな授業をしてみたい」の連続のはずである。
真似ることは大事だ。どんどん真似ればいいと思う。
けれど、そこから、自分らしさを創り出さなければならないのだと思う。

自分自身を創り出すには、多くのモノから学ばなければならない。
書物から学ぶのもその一つである。
ならば、教育書という狭い世界よりも、どんどん幅を広げた方がいい。
優れた実践家の多くは、漫画を読み、そこからも学んでいるのだ。

人から学ぶのもその一つである。
ならば、教育という狭い世界よりも、どんどん幅を広げた方がいい。
教育というテーマは、どんな方とでも語り合うことができのだ。
異質な方との語り合いの中に、目から鱗、ということが多くあるはずである。

ということを考えたりする中で、40代からは、読書を意図的に変えてきたように思う。
そして、そう、岩下修先生から学び(近くで拝見しているだけで、この夏までに、どんなに多くのことを学んだことか・・・)、そこから、自分らしさを創っていかねばならないと自分に言い聞かせている。

さて、話が横道に逸れてしまった。
8:00過ぎ、無事、妻と娘が帰国。
車中で、いろんな珍道中の様子を聞きながら、9:30には帰宅。
今回の旅は、娘が中学校の修学旅行で二週間お世話になったホームステイ先のお宅に再び訪れるというものだった。
妻も、ホームステイ先の奥さん(お婆さん)が優しかったことを繰り返していた。

で、今月末から12月まで、我が家でもホームステイを受け入れることになっている。
アメリカからやってくる女の子だ。

妻と相談した結果、2階の私の部屋を使ってもらうことにした・・・。
ということで、早速、今日から、私の荷物を一階に下ろし、部屋の掃除と模様替えに取り組むことに・・・。
準備開始の一日となった。
[PR]

by sitoi | 2010-08-22 08:12 | Comments(0)  

8月18日 やはり刺激は必要だ・・・

授業づくりネットワーク大会での「ライフヒストリーアプローチ」について考え続けている。
この手法を教育誌で読んだ時、とても素晴らしい手法だと感じていた。
なぜなら、そこに、その人の哲学が見え隠れするだろうから・・・。
そこに、私は関心がある。

たとえば、土作先生のミニネタを知るよりも、どのようにしてミニネタという手法を使うに至ったのか・・・ということを知りたいと思うのだ。
そして、そうすることによって、先生自身が、また子ども達がどのような変化、向上を遂げたのかが知りたいのだ。

ネットワーク大会でのライフヒストリーアプローチは、私にとっては不発だったのだが、手法としては、やはり刺激的であった。
というのも、私は、公立小学校時代の27年間を一冊の本にまとめたいと思っている。
が、書こうとしても、何をどう書けばいいのか・・・・うまく整理できないまま半年が過ぎていっているのだ。

私の実践は、「プロと一緒に授業を創る」ということでまとめることができると思う。
だが、ミニネタと同じで、どんな実践なのかを紹介しただけでは、ふーん・・・で、終わってしまうのかなと思ってしまうのだ。
ならば、やはり、なぜ、そのようなことをするに至ったかを書く方がはるかに意味があるだろうということに今更ながら気づかされた次第である。

で、急遽、元相棒の藤原先生にメールを送り、「私に聞きたいことをいくつか書いてみて?」とお願い。
昨夜から、その質問に答える形で原稿を書き始めた。
やはり、刺激は必要だなと、感じた次第。

妻と娘がいないので、メリハリのない一日を過ごしている。
ここ数日は、朝起きると草抜き。あと少しで、終了予定。
自分で漬けたぬか漬けを律儀に食し、読書。
昨日は、久しぶりに、池田修先生の名著「教師になるということ」(池田修著・ひまわり社)を再読。
この本は、本当に良い。
なぜ、この本がベストセラーにならないのかが不思議でならない。(本気で言ってます!)
で、古い名画のビデオ三昧・・・・。

さて、そろそろ新学期に備えないと倒れてしまう・・・そんなことを考えている今日この頃です。
[PR]

by sitoi | 2010-08-19 10:04 | Comments(0)  

8月17日 人間ドック

今日は、人間ドックの日。
私学に転勤してみて、改めて、公立の時に恵まれていたことを知る。
というのも、公立小の時は、人間ドックの用紙をいただいて、3000円の支払いでOKだったのだ。
で、今年・・・・。
当初は、学校近くの病院で観ていただけることになっていた。
簡易検査のようだったので、胃のバリウム検査だけオプションで申し込んでみた。
すると、何と、11000円程度の支払いが必要であることが分かった。

えーっ、そんなに必要なの?と思い、じゃあ、人間ドックならいくらかかるのか調べてみた。
何と、40000円程度必要であることが分かった。

これは、どうしたものかと、学年の先生方にも聞いてみると、若い先生方は簡易検査で済ませているとのこと。
年配の先生方の中には、人間ドックに行かれている方もいるとのこと。
事務に申請をすると、6割が補助されることが分かった。
すると、40000円×0.4=16000円が支払い額となる。
更に公立小の時の保険をそのままにしているので、3000円の補助が出る。
16000円-3000円=13000円
これなら、人間ドックの方がいい。

と、決めて、毎年、お世話になっている武田病院へ連絡する。
偶然、この病院は私学の指定に入っており、37800円の支払いでOKのことが分かる。
しかも、人間ドック終了後、ホテルのランチ券もついてくるのだ。
つまり、いろんな手続きをすれば、人間ドックの方がお得・・・だと判断した。

で、午前中、人間ドック。
無事終了して、隣の新阪急ホテルのランチバンキング。
がっつり食べた後、駅前のビッグカメラへ。

最近、ituneのラジオでJazzを聴きながらコンピュータをすることが多い。
で、気になっているのが、その音。
で、いろいろと物色。
やっぱりBOZEのスピーカーがダントツ格好いい。
まっ、今日のところはがまん。

その後、ウロウロといろんなところを歩き回る・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sitoi | 2010-08-18 07:46 | Comments(0)