<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

1月26日 ドリームコンサートのお知らせ

ドリームコンサートのお知らせです。

ドリームコンサートは、小学校にアーティストをお招きし、ワークショップを実施する。
そのワークショップで創り上げられた作品をアーティストと子ども達が一緒にステージに上がり、学校の体育館を利用して、コンサートを開くというものです。
アーティスト子ども達の共演、まさにドリームコンサートです。

第4回目となる、今年は、京都・大阪を中心に活動されている女性二人による音楽ユニット「たゆたう」さんをお迎えして実施することが決定しました。

3月1日(土) 13:00開場 13:30開演予定。入場は無料です。
内容は、 ①「たゆたうライブ」
      ②「ワークショップ裏話~曲のできるまで~」
      ③「たゆたう&子ども達による新曲発表」
      という構成で、1時間程度を考えております。

このコンサートに関しては、「芸術家と子どもたち」に支援いただく中で、実施しております。

多くの方々に、アーティストと子ども達が出会うことによる可能性について考えていただける場になればと思います。
是非、3月1日は、平盛小学校の体育館にお越し下さい。
[PR]

by sitoi | 2008-01-26 08:38 | Comments(0)  

1月25日 「マジック・アワー」@キセル

アッという間の金曜日。
今週も、本当に早かった。

今週の目標は、近畿経済産業局主催の「エネルギー検定・エネ検U15」を実施してしまうことだった。
昨年末に、担当の方から、学校でやってみてほしいと言われ、受けたもの。
気にはなっていたのだが、取り組めないままとなっていた。
今週に入ってすぐ、テキストを印刷し、一度、子ども達に自主学習させ、終えることができた。
ホッと一息・・・の一週間だった。

外部から講師をお招きしてという授業も、「禁煙教育」「伏見の歴史学習」という二つを無事、終えることができた。

静かに一週間を終えたいところだったが、そうもいかず・・・。
今日も、一日の締めは、男子の指導に追われる形となった。

実は、今日は、野村誠さんのライブ&トークを立誠小学校に聴きに行く予定を立てていた。
行こうとすれば、学校を勤務時間終了と共に出発しなければならなかったのだが・・・。
指導に追われ、はい、無理でした。

ただ、同時に、二日前の1月23日に発売になったキセルの新譜「マジック・アワー」をタワーレコードで買うことに決めていたので、遅れながらも四条河原町へと向かうことに。
このブログで何度か紹介したように、キセルの兄は、教え子だ。
その縁もあって、本校に来ていただき、ライブをしていただいただけでなく、子ども達との曲作りにも取り組んでいただいた。
そのキセルの久しぶりの新譜。これは、もう買うしかないわけである。
タワーレコードで購入すると、限定グッズ(未収録曲が入ったCD)がついてくるというわけで、近くのCDショップではなく、タワーレコードまで足を運ぶことにしたのです。

さて、タワーレコードに着いたのが、19:00前。
店内には、何と、キセルコーナーが設置されておりました。
CDも、何十枚と平積みされており、びっくり!
迷わず手に取り、レジへと向かう。
「お客様、申し訳ありません。もう、既に未収録曲のCDはなくなりました。サイン会の引換券はおつけできます。」
「・・・・・そうですか。はい、分かりました。」
うーん、やっぱり、発売日に来るべきだった。ちょっと悔しい・・・。
a0023466_7421173.jpg

とってもいいCDなので、皆さん、是非、買って下さい!!

で、少し遅れてやってきた学年の相棒と・・・、結局、夕食でも食べて帰ろうかということになり、ゆっくり話をしながら、夕食。
うーん、しかし、ヨーロッパ企画とは、縁がないなあ。
今夜のトークは、野村誠さんと、上田誠さん@ヨーロッパ企画とのトークということで、楽しみにしていたのだが・・・。
以前も、ヨーロッパ企画の公演は、チケットが完売しており、見に行けなかったし・・・。

帰りの電車は、ウトウト・・・ちよっと、疲れてる。
[PR]

by sitoi | 2008-01-26 07:37 | Comments(0)  

1月24日 伏見ジュニア河川レンジャー

今日は、伏見ジュニア河川レンジャーの皆さんに来校いただき、伏見の歴史に関して、子ども達にレクチャーしていただいた。
45分の授業がきちんと流れるようにパーポイントが作成されており、勉強になりました、はい。
子ども達にとって、琵琶湖疎水の話が聞けたのは、とてもよかったです。
京都市内の小学生は、郷土の歴史として「琵琶湖疎水」について学びます。
宇治市内の小学生は、郷土の歴史として「巨椋池の干拓」について学びます。
ですから、子ども達は、「琵琶湖疎水」については、全く知らない状況だったのです。
今後、京都市内の美術館や動物園などに出かけた時、琵琶湖疎水のことを思い出してくれたらなあ・・・と思います。

放課後、意を決して、学校前のコンビニ、セブンイレブンに行きました。
授業の協力依頼をするためです。
どのタイミングで授業をしようか迷っていた「コンビニの授業」を2月15日(金)からスタートさせることに決めました。
この授業は、シティ・サクセス・ファンドの助成を受けて実施します。その関係で、シティ・サクセス・ファンドの方から授業を見学したいという申し出を受けており、授業日を決定する必要があったのです。

この授業には、大きく三つの狙いがあります。
一つは、経済の働きについて考える視点。二つめは、働く人について考えるキャリア教育の視点。そして、三つめは、食について考える食育としての視点です。
2月中旬にスタートし、三月初旬まで授業は進みます。

コンビニの店長さんからは、無事、協力を快諾いただきました。この土日で、授業の骨格を整理していく予定です。
[PR]

by sitoi | 2008-01-26 07:14 | Comments(0)  

1月23日 今年度最後の研修会

今日は、1年生の研究授業の日。
本年度最後の研究授業だ。
なのに、学年でバタバタと、子どもの対応に追われ、肝心の授業の前半を見ることができなかった。
研究主任としては、失格・・・である。

授業としては、子ども達が楽しげに取り組んでいる様子が好感を持てた。
しかし、研究授業とは、何か?
そう考えた時、疑問を感じざるを得なかった。

研究授業とは、研究主題を受けてアプローチする授業のことだと思っている。
研究主題を達成するために、こう考えて、こういう授業を試みた。
その試みを皆で参観し、事後検討するものであろう。
そのような形態に持っていけなかったことも、研究主任としては、未熟だったということである。

学校研究、宇治市の社会科部の研究、これらのまとめを書くように文書が届く。
あれやこれやと雑用といっては何だが、仕事がたまっていく。
休み時間を利用して、少しずつ、これらの仕事をやっていく。
とても合間の時間にできるようなものではないが、少しずつやっておくことが、大切なことを今までの経験から学んでいる。

放課後、事後研。
司会を務める。
いつものことながら、うまく話をつないで、内容を深めていくのは難しい。
[PR]

by sitoi | 2008-01-24 23:18 | Comments(0)  

1月22日 禁煙教育

今日は、三学期最初の参観日。
6年生は、禁煙教育。
府立病院の繁田先生に来ていただき、授業していただく。
何と、4名のアシスタント(?)の方々と一緒に来校された。
給食を食べていただいて、その後、一緒に会場設営。

外国のタパコのCMなどを動画でたくさん取り入れたパワーポイントは、見ている者を飽きさせない。
いろんな小道具もたくさん持ってきていただいて、楽しく、タバコの恐ろしさを知る一時間となった。本当に、恐ろしいです。
そして、今回は、2時間続きの展開で、たとえば、子ども達は、こんなクイズに取り組んだ。

Q:タバコってなに科の植物でしょう? 
① ナス科    ② マメ科    ③ ケシ科
    
Q:タバコに入っている3大有害物質ってニコチンとタールとあとひとつなーに?
   
Q:タバコ30本吸う人が15本にへらしました。さてからだの中には入るニコチンは?    ① 減る     ② 増える     ③ 同じ

Q:世界で一番タバコを輸入しているのは?  
  ① アメリカ    ② 日本   ③  中国

解答は・・・・是非、調べてみて下さいね。
全問正解の子ども達は、消しゴム等の賞品をいただいて、大喜びでした。

夜、岩瀬先生@埼玉のブログを拝見していて、2月に同志社大学で開催されるシンポジウムに登壇されることを知る。
即、申し込むことに。これは、皆さん、見逃せませんよ。まだ申し込んでいない方はお早めに!です。
[PR]

by sitoi | 2008-01-24 23:04 | Comments(0)  

1月20日 妻の幼児教室のお手伝い

今日は、朝から、妻の幼児教室のお手伝い。
「凧つくり&餅つき大会」だ。
凧つくりについては、地域のお年寄りの木工クラブ「とんかち」の皆さんに手伝っていただく。
私の学校の若手の先生も3名手伝いにかけつけてくれて、娘と娘の友達も参加してくれて、結局、総勢90名という数になっていたようだ。

凧つくりもよかったけれど、餅つきがよかった。
みんなで、餅をついて、丸めて、その場で食べる。
お年寄りから、幼稚園児までが一緒になって、何をつくる・・・。

やはり、妻にはかなわないなあ・・・そう、思う。

詳しい報告は、妻のHPにアップされているので、是非、御覧下さい。

片づけを終えて、若手の先生達と喫茶店へ。
この学校で、出会った方々だ。
みんな、それぞれ頑張っている。
この若手と出会い、自分だけでなく、少し周りを見渡す必要があることを学んだ。
この人達と出会って、今の私があるのだ、そう思う。
3月に、みんなで旅をしよう。
みんなで、そう決めた。
新たな出発のための旅としたい。

一日一日が、本当にアッという間に過ぎていくなあ・・・。
[PR]

by sitoi | 2008-01-23 18:13 | Comments(0)  

1月19日 のんびりと鴨川をジョギング

朝一番、昨夜、購入したボサノバのCDを聴きながら、一仕事。
2月初旬締め切りの雑誌原稿の構想を練る。
まあ、まだ、ザックリとした構想をメモして、しばらく寝かしておくことにする。

で、今日は、娘と二人で、京都の植物園へ。
と言っても、植物園には駐車場に車を停めただけ・・・。
植物園の駐車場から、ちょいと横に出ると、鴨川。
今月末、娘の学校のマラソン大会のコースが、ここなのだ。

というわけで、今日は、鴨川沿いを二人で走る。
約7kmのジョギング・・・。
いい汗をかきました。

帰宅後、娘のリクエストで、夕食には、ハヤシライスを作ることに。
夜も、ボサノバ・・・やっばり、スタン・ゲッツは、いい。
[PR]

by sitoi | 2008-01-21 22:50 | Comments(0)  

1月18日 授業を観る目

午前中、サクサクと授業を済まし、午後は、枚方市立楠葉西中学校へと向かう。
この中学校、何と、西川純先生@上越教育大学を招いて、学校研究を進めているのだ。
それだけではなく、学校HPは、毎日更新されており、その内容も、公立中学校とは思えない(?)レベルの高いもの・・・。
機会があれば、是非、一度、観たいと思っていたのだ。
で、今日が、学校の公開研究会だったので、年休をとって参加した次第。

しかも、この中学校、我が家から車で10分程度のところにある学校なのだ。
ということで、楽しみに、学校へ。

13:00過ぎ、樟葉西中学校に到着。
授業開始まで少し時間があるので、全体会場の体育館へ。
体育館には、ICTに関連した小冊子がいくつか置かれていた。
お茶をいただきながら、冊子に目を通していると、授業開始の時間。

まずは、足早に、公開されている各クラスを観て歩く。
「????」
私は、てっきり、「学び合い」の授業を観ることができると思い込んでいたのだが、今日は、そういう公開授業ではないらしい。
その代わりとは何だが、プロジェクターを使用した授業が目立つ。
授業を観て回っているうちに、西川先生@上越教育大学とバッタリ。
ご挨拶し、今日が「学び合い」の授業ではないことを確認。

ならば、ということで、違った角度で授業を観ることに。
・・・いろいろと、勉強になりました。

この研究会、いろいろと大学の先生も来られていたのですが、授業が終わった時点で退散することに。
「学び合い」を核にした話でなければ、今の私は興味なし・・・といったところなのだ。

で、少し早めに家に帰って、クリーニングを出したり、車の整備をしたり・・・いろいろ、普段できなかったことに時間を使う。

夕食は、豚シャブ。うーん、牛肉よりも好みかも・・・。

夜、妻を誘って、ちょっとドライブ。
手頃な水筒がなくて困っているようだったので、プレゼント。
ついでに、CDショップで、スタン・ゲッツの「黒いオルフェ」を購入。
週末は、軽いボサノバで、くつろぎたい。
a0023466_095516.jpg

その後、スタバで、ゆったり珈琲。
[PR]

by sitoi | 2008-01-20 00:10 | Comments(1)  

1月17日 締め切りギリギリ仕上がる

「じゃあ、頼むわね」
とは、教頭先生の言葉。
そうだった。今日は木曜日だから、学生ボランティアの方が来られる日だった。
というわけで、朝からクラスに入ってもらう。

2時間目は、避難訓練。
日本の多くの学校が、今日、避難訓練に取り組んでいることだろう。
1月17日、決して忘れてはならない日だ。
それにしても、今日は、寒い・・・。

今日は、KWN(キッドウィットネスニュース)の提出締め切り。
というわけで、朝から、休み時間ごとに、ビデオ撮影を実施。

今回は、台本を作らなかった。
私からだいたいのイメージを伝え、喋りやすい言葉で台詞を言ってもらう。
そして、カットはなるべく短く。

撮影に協力してくれていた女の子達が、少しずつ楽しそうになっていく様子がよかった。
その後、編集作業に取り組む。
17:00、無事、完成・・・とは言っても、ギリギリ。
その足で、郵便局に行き、速達にて投函。

夜、昨夜、購入した「熱球」(重松清著・新潮文庫)を少し読む。
少し読んでは、いろいろ考える。いや、考えさせられる。
また、いい本に巡り会えた。
[PR]

by sitoi | 2008-01-18 18:58 | Comments(0)  

1月15日 おめでとう

学年の相棒が、小学館の「第43回わたしの教育記録」の「新採・新人賞」を受賞した。
本日、発売の「小六教育技術2月号」及び「小5教育技術2月号」に、その受賞作が掲載されている。是非、読んでみてほしい。

これが一年目なのだと思う。
そして、彼女は泣きながらも、それを見事に乗り越えた。
乗り切った今、一年目を振り返り、まとめることを勧めたのは私だ。
それが、このような賞に入選したことは、自分のことのように嬉しい。
よかった・・・本当によかった。

相棒の実践は、「授業づくりネットワーク3月号」にも掲載される予定だ。
どんどん書いてほしいと思う。
そして、どんどん伸びていって欲しい・・・そう、思う。

さて、今日から、KWNに提出するビデオ作品作りに取りかかる。
とりあえず、作品が始まる前の不文を作ることにする。
京都、宇治、平盛小学校の写真をビデオ編集ソフトに貼り付けて、格好よくスライドしていくようにして、音楽をつける。題名「カタカナ英語でボキャブラリービルディング」と入れて、15秒程度の動画に仕上げて、今日はここまで。
[PR]

by sitoi | 2008-01-17 22:50 | Comments(4)