<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

12月28日 ピンチなのである!

野中先生のブログにて、『ぶらっしゅ・あっぷ指導力』の記事のことを知る。
早速、注文を済ます。
横藤先生が、崩壊したクラスに対して、どのように対処されたのか。
これは一冊の本にするべき実践だと思う。

学校に行き、運動会の組体操のビデオへのダビング。
昨年、一緒に学年を組んだ先生にお渡しする約束をしていたのに、そのままになっていたので・・・。
年を越してしまうのは、申し訳ないので・・・。
オリジナルTシャツも一枚残しておいたので、一緒にプレゼントするつもり。

で、大ピンチなのである。
どなたか、いい方をご存じなら、是非とも教えていただきたい。
というのは、「ドリームコンサート」の件である。
小学校の体育館を使って、アーティストと子ども達の共演ということで、過去3年実施してきたのだが、今年・・・まだ、アーティストが決まっていないのだ。
今年、予算が少ないので、関西在住のアーティストしか無理でして・・・。
もちろん、すでに声もかけた方もいるのですが、難しいということで・・・。
時期は、2月初旬から3月中旬までの土曜日。
土曜日のコンサートまでの数日間、子ども達とのワークショップを実施していただき、そこで生まれたものをコンサートでお披露目してもらうという内容です。

どなたか、そういうクリエイティブな活動をしてくれるアーティスト、ご存じないですか?
あっ、ジャンルは、音楽です。
困った時にいつも相談するのは、野村誠さんなのですが、野村さんには再来年に来ていただく約束をしているので、今回は声をかけていません。

というわけで、ピンチなのである。

夜、ビデオ(DVD)を借りてきて、観る。
ちょっと興味があった「トランスフォーマー」が、それ。
覗きに来た娘と妻には不評でした。
娘と妻は、「こういうの、どこが面白いの?」と言って一瞬で出ていきました。
・・・・ここまでくるとねえ。ガンダムって、こういうのかなあとなどと観ながら、考えていました。
全く興味ないので、ガンダムって、ストーリーは全く知らないのですが。
私には、向いていない映画でした、はい。
[PR]

by sitoi | 2007-12-29 11:01 | Comments(1)  

12月27日 一つずつ仕上げていこう

9:00過ぎに出勤し、教室にこもって仕事をする。
今日は、今後の漢字ドリルの活用法について、一人知恵を絞る。
アッという間に、お昼。

午後からは、学年の相棒と一緒に、二学期までの英語活動のまとめ。
そして、英語の本の執筆打ち合わせ。
とは、言っても、これは、出版が決まったものではない。
出版は決まっていないが、自分達に必要なので、書くことにした。
出版社が決まらなければ、手刷りで、本の形にするつもり。

テーマは、「担任だけで楽しくできる英語活動35週!」といったもの。
担任だけで気軽に楽しくできる英語活動のあれこれを紹介するというもの。
今日は、とりあえずのコンセプトの確認。
そして、まずは、お互い、一つずつ書き上げてみようということにした。

私は、「自動車の名前って、そうだったの!」を書いてみることに。
これは、以前、このブログても紹介したのだが、車の名前に多くの英語が使われていることを知り、楽しく英語のボキャブラリーを増やそうというもの。
見開き2ページで一時間の授業の流れを書き、1ページが児童用のワークシート。もう1ページに資料をつけて、1時間あたりを4ページで仕上げていくつもり。
これが、冬休みの宿題その一。

15:00前、一応、仕事の区切りをつけて、終了。
もともと年休の日なので、ここまでで、帰宅することに。

帰り道、立命館小学校の研究発表会の参加申し込み書を投函。
昨年は、若手の先生に譲ったが、今年は、参加することにした。
昨夜は、ネットで、枚方市立楠葉西中学校の研究会の申し込みを済ませた。
三学期は、ちょっとアクティブに研究会に参加しようと思う。

夕方まで、ゆったり仕事して、夕食作り・・・といってもキムチ鍋だけど。
夜は、のんびりテレビ三昧・・・冬休みならでは。
[PR]

by sitoi | 2007-12-27 16:11 | Comments(0)  

12月26日 来年を見据えて・・・

朝、練習試合の娘を京都市内に送り、その足でマクドナルド。
朝食メニューを注文して、ゆっくり読書。
先日、紹介した藤原和博先生の本なので、メモを取りながらの読書。
出てきたアイデアも、書き留めていく。

9:00過ぎに出勤。
今年度、12月28日までは、全て年休の処理をした。
年休を普段取ることはないので、まとめて消化した。
だから、9:00過ぎの出勤で構わないのだ。
所謂、自由出勤ということ、だ。

すぐに教室に行き、乾いた雑巾で床を拭く。いや、拭くというより、磨く。
三学期、きれいな教室で子ども達を迎えたい・・・そう、思う。
何となく、三学期の幕が開くのではない。
意図的、計画的に、終えなければならない。
それが、6年生の担任の義務だと思うから。

きれいになった教室で、ジャズを静かに流しながら、コンピュータに向かう。
ここのところ、また、キース・ジャレットを聴き始めている。
本当に落ち着く・・・。
来年、49歳。40台最後の来年が、自分にとっての勝負の年となる。
一日たりと無駄にしたくないと思う。

昼前に、近隣の小学校に向かう。
若手の先生の話を聞くためだ。
話を聞いて、少し厳しいことを言い過ぎたかもしれないと、ちょっと反省している。
たとえば、こんなことを言った。
「まず、考えなきゃいけないのは、子ども達にとって、どうかということだと思う」
「この教室を掃除することから、始めないといけないと思う」

いったん崩れ始めた教室は、戦場だ。
ならば、武器も持たず、呑気に出かけては駄目だ。
まず、できる限りの、子どもの分析をすること。そのために、情報を集めること。
やらねばならないことを書き出して、それをやるために、何が必要なのかを考えること。
最悪の場合を想定して、その時、どうするかを考えること。

時間が足らなくて、うまく伝えられなかった。
私自身が、もっと分かりやすく、具体的に話ができるようにしていかないと・・・。

午後、娘を迎えに行き、買い物をして帰宅。

帰宅後は、部屋で仕事。
[PR]

by sitoi | 2007-12-26 16:23 | Comments(2)  

12月25日 教室でゆったりと仕事

朝、娘と一緒に、ipodをいじる。
娘がお婆ちゃんからもらったプレゼントが、ipod。
コンピュータにituneをダウンロードして、ipodをつないでみると、アッという間に曲が入っていった。かっこいいです。

その後、今日は、三ヶ月ぶりの、気管の定期検診。
やっぱり麻痺したままだそうだ。
今度は、春休みに来て下さい、とのことでした。

で、出勤。
教室で、仕事することに。
二学期の実践をまとめて、報告文書を作る。
ジャズを静かに流しながら、コンピュータに向かう。
うーん、ゆったり・・・。一時間半ほど集中して、仕上げてしまう。

ついでに、教室の床にワックスをかけてしまう。
きれいになった教室で、あと三日ほど仕事するつもりだ。

夕方、出版社から、企画案をいただく。
無事、出版にたどり着けるか・・・。
来年は是非とも本を書きたいと思っているのだけれど。

夜、NHKの「ドキュメント・考える」を見る。
石田衣良@作家が、「自殺を防ぐ童話を作れ」というミッションに、48時間で挑むというもの。
考えていく過程が、とても面白かった。
「やっぱり」という部分と、「ほほう」という部分アリ。
ものすごく大きなヒントを頂いた感じ・・・もったいないので、ゆっくりと、自分の中で、今日のヒントを熟成させたい。
[PR]

by sitoi | 2007-12-26 00:21 | Comments(3)  

12月24日 今日もまた、ヨドバシカメラ@梅田へ

朝、娘を駅に送り、珍しく、テレビ視聴。ワイドショーっていうのかな・・・。
ほっこりしていると、妻が
「どうする?」
と、やってくる。

「・・・よし、車で梅田まで行くか」
と、返事し、重い腰を上げることに。

というのも、昨夜、ノートパソコンにプリンターを接続しようと、インストールを試みたところ、
うまくいかず、・・・
「プリンターも買い換えようか」
ということになったのだ。

近くの電機屋で、と話していたところ、
「ひょっとして、昨日のヨドバシカメラのポイントカードに、ポイントが少しでも入ってるんじゃないの?」
ということになり、確認してみると、何と、11000点ほど、ポイントが入っていることが判明。
「11000点って、・・・ふつう1点1円だよね。じゃあ、11000円ほどの金額が使える?」
「それは、ないだろう」

ところが、調べてみると、やっぱり1点1円で使えるらしい。
じゃあ、やっぱり、ヨドバシカメラで買おうとなったのですが、プリンターの大きな箱を持って、電車は嫌なので、車で、となった次第だ。

渋滞に巻き込まれることもなく、無事、1時間ほどで梅田に着いた。

キャノンとエプソンの一体型のプリンターが、2万円そこそこで、同じ値段。
店員に、コピーの性能を聞くと、キャノンの勝ち、ということで、迷わずキャノンを選択。
さて、ドキドキしながらの支払い。
無事、11000円程度のポイントを使うことができ、1万円少しの支払いでプリンターゲット。

今日は、クリスマスイブ、ということで、急いで帰宅。

夕方から、いつものように、義父・義母と一緒に夕食。
今年は、いや、今年も、アッという間の一年間だった。
[PR]

by sitoi | 2007-12-24 12:52 | Comments(0)  

12月23日 ヨドバシカメラ@梅田

午前中、テレビで女子高校駅伝観戦。
立命館宇治の圧勝だった。

気をよくして、ノートパソコンを鞄に詰め込み、妻と大阪へ。
そう、ノートパソコンのACアダプターを買うために、ヨドバシカメラ@梅田に向かったのだ。
我が家からは、1時間弱で行くことができる。

ヨドバシカメラは人で溢れていた。
担当の方にノートパソコンの症状を言い、該当するACアダプターを見つけていただく。
さて、問題はここからだ。
ACアダプターの価格は、5980円となっている。
もし、つないでみて、コンピュータが作動しなかった場合、全くの無駄金となってしまう。
「ちょっとだけ繋げるACアダプターはないですか?」
と担当の方に聞いてみる。
「それはないです。」
とのこと。
仕方ない。購入して、すぐに接続してみる。
・・・・駄目でした。パソコンは反応しませんでした。

「ああ、駄目だ。じゃあ、ここで、パソコンを買いますから、少しだけでも安くしてくれませんか。」
と妻が言うと、係の方は、
「一瞬のことなので、返却処理します。」
と言って、5980円を返金してくれた。

うーん・・・さすがです、ヨドバシカメラ。
今のノートパソコンも修理に出して使うのだけれど、妻の仕事が全くできないので、急遽、ノートパソコンを買うことに。
店内を物色していると、信じられない値段のノートパソコンを発見!
何と、64800円なのです。東芝のノートパソコン、新品です。限定10台。
「あっ、これにしよう」
と、二人で即決。

で、よく話を聞くと、インターネットプロバイダーに同時に加入すると、ということでした。
ところが、よく話を聞けば、このプロバイダーは、今、妻のパソコンにつけているeoネットよりも性能が良くて、しかも、私のヤフーBBをやめてしまえば、割安になることが判明。

結局、同時加入して購入することにしました。
文字通り64800円でノートパソコンを購入できました。
妻は、「思っていた半額で買えた」と、大喜びでした。

妻と話していたのですが、ヨドバシカメラの店員の対応は◎です。
もう、今後、私は、コンピュータ関連のものは、ヨドバシカメラで買おうと思います。
値段が安いのも勿論ですが、店員の接客態度が素晴らしいです。
いろんな電機屋に行きましたが、群を抜いています。
気持ちよく、買い物ができました。

帰宅後、妻とノートパソコンをいじってみました。
何と、パワーポイントも入っていました。
機能としては、申し分なしです。
もちろん、OSは、ウィンドウズ・ビスタです。
インターネットの接続も簡単でした。
目から鱗・・・です。
[PR]

by sitoi | 2007-12-23 23:56 | Comments(0)  

12月22日 なるほど、情報編集力か

朝、ゆっくりと起き出し、娘を駅送る。
娘は、年末年始を除いて、クラブ漬けの毎日のようだ・・・。

その後、妻のノートパソコンの様子を観る。
動かなくなって、一週間ほどがたつが、バタバタしていて、私はゆっくり観ることができなかった。
どう考えても、ACアダプターだと思う。
というのも、動かない原因は、電源が入らないのだ。
入っても、すぐ切れてしまう・・・という症状だ。
やっかいなのは、妻のパソコンのメーカーが、DELLだということ。
DELLに電して、新しいACアダプターを送ってもらった。
先日、届いたのだが、パソコン本体が数年前のものなので、全く同じACアダプターはないということで、類似品(?)が送られてきた。

型番等で、確認してもらったとのことなのだが、何か書かれている数値が微妙に違う。
結局、つないでみたが、電源が入らない、というのが、昨日までの様子。

そこで、今日は、電機屋などに行き、パソコンの様子を話し、教えを請うたり、パソコンで調べてみたり・・・。

午後は、本屋に行き、目に付いた本を一冊購入。
「人生の教科書 情報編集力をつける国語」(藤原和博・重松清・橋本治著 筑摩書房)だ。
文庫本のコーナーに平積されていた。

「ああ、そう言えば、以前、見たことがあるなあ。」
と、ペラペラ読んでみて、驚いた。
今、私が最も関心があるといってよいことが、詳しく書かれていたのだ。

私が関心があるのは、PISA型のテスト、いわゆる活用型といわれるテストに対応できる子ども達を育てるためのテキストをどう作るかということ。
実際に、この冬休みに、いくつか作ってみようと思っている。

藤原先生は、以前から、学びを、「情報処理力」と「情報編集力」の二つに分けて考えておられ、PISA型、活用型のテストに対応していく力とは、「情報編集力」だと言われてきた。
この本の中には、その具体的な授業、実践例が記されているのだ。

昨日買った「新しい道徳」(藤原和博著・ちくまプリマー新書)を読み終え、早速、読み始める。

で、土曜日の夕食を作り始める。
今日は、ホワイトシチュー。まっ、これはカレーのような思い入れはないので・・・。

夕方から、思いついて、ヨドバシカメラ@梅田に、パソコンの件で電話を入れてみる。
気持ちのよい対応に、ちよっとファンになりました、はい。
[PR]

by sitoi | 2007-12-23 10:32 | Comments(1)  

12月21日 それでも終業式はやってくる

机の上に積み重なった文書を一つ重ねると、また一つ何か文書が届く。
そんな日々を繰り返した二学期。
昨日は、ギリギリになって、やっと仕上がった卒業アルバムの文集をやっと業者に渡し・・・
まだ、全くイメージできない冬休みの出勤の予定を管理職に提出し・・・
成績表やら学年会計やらの最終チェックをし・・・

今朝、やっと机の上の文書の山がほぼなくなり、
二学期の終業式を迎えることができた。
そう、それでも、容赦なく、終業式はやってくるのである。

今日は、成績表を渡すとき、学力テストの話を少しした。
野中先生がブログで紹介されているが、「学力テストトップの秋田県の普通の暮らし」についてである。
テレビを見続け・・・
ゲームをし続け・・・
携帯電話でメールを送り続け・・・
そんな日々から、子ども達を救い出さねばと思う。

夕方から、職場の忘年会。
往復の電車の中で、「新しい道徳」(藤原和博著・ちくまプリマー新書)を読む。
何か、今日、成績表を手渡す時に話した中身と重なる部分あり。
これを話だけでなく、子ども達に、感じさせる授業が必要だ。
親たちに、感じさせる取り組みが必要だ、そう思う。

忘年会の席で、本を持っていた私を見て、
「糸井先生って、勉強が趣味なの?」
と、馬鹿げたことを曰う方あり。
日々、追いつめられている自分。
この緊迫した教育界の状況が、みんなには見えないのだろうか?
きっと、同じものを見ているはずなのに、私に見えているものは、違うものなのかもしれないなと思う。
隙間の時間があれば本を読む。
読まなければ、自分に自信が持てない。
ほんとの少しでも、向上したいと思う。
それは、趣味ではない。仕事だ。それが、私の、教師としての仕事なのだ。
そう思っているのだけれど・・・。

明日から、冬休み。
最後の三学期を駆け抜けるための、準備に追われることになる。
最後の日。卒業式の日を後悔の気持ちでは過ごしたくないから・・・。
[PR]

by sitoi | 2007-12-22 09:21 | Comments(2)  

12月19日 年の瀬・・・

いやはや、年の瀬だ。
年の瀬なのに、いや、年の瀬だから、忙しいのか・・・。

昨日から、授業は午前中のみ。
午後は、教室で、事務仕事・・・のつもりが、子どもを残して・・・。
結局、事務仕事は、勤務時間の終了後の時間から。

それでも、あゆみ(成績)の処理を終えた。
学校だけで、処理を終えることができた。
焦ることなく、少しずつ、処理していったので、ストレスを感じることなく、終えることができた。
これからの教師は、家に仕事を持ち帰ることは控えなければならないだろう。
家では、個人情報に関係のない教材研究を。
学校では、個人情報に関わる仕事をこなしていかねばならない。
教師の残業時間の統計がとられていたが、どこまでが残業なのだろう?
教師の仕事って、家でも続くから・・・それって、どうなるのかなあ。

今日の午後は、一気に事務仕事・・・
終わらない仕事・・・
まっ、でも、好きでなった仕事だからね、と思うことにしている。
[PR]

by sitoi | 2007-12-19 18:28 | Comments(2)  

12月17日 諸情報

昨夜、ある先生から、立命館大学で開催される研修会の紹介をいただいた。
12月23日(日)、日本教育再興連盟主催の「第2回学力向上セミナー」なるものだ。
実践講座をされる先生の中に、是非ともお話を聞きたい方あり、だ。
何とか調整して、参加したいと思う。皆さんも、是非!

12月19日(水)テレビ朝日放映の「徹子の部屋」は必見です。
とは言うものの、学校のある時間帯なので、ビデオ録画になりますが・・・。
ワークショップ、コンサート等でお世話になった通崎睦美さんが出演されます。
是非、ご覧下さい。私がファンなのも納得いただげるはずです。

12月25日(火)、琵琶湖ホールのロビーコンサートで、ピアノの調律等でお世話になっている森田ピアノ工房さんが修復された名器のミニコンサートが開催されます。無料です。
これも、是非、行ってみたいなあ・・・。

お世話になっている劇団、劇団衛星さんの公演情報です。
来年1月には、札幌で、2月には待望の新作が京都で公演されます。
チケット等の販売が既に始まっているようです。
なかでも、札幌での公演は、お薦めの「珠光の庵」です。
抹茶と茶菓子をいただいて、演劇を楽しんで、何でこんなに低料金なの?とびっくりされること間違いなしです。お見逃しないように!
[PR]

by sitoi | 2007-12-16 10:38 | Comments(2)