<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

7月30日 プロジェクターモニター、ゲット

8:30、出勤。
机の上に大きな封筒が・・・。
何だろうと思いつつ、開けてみると・・・何と、ずいぶん前、インターネットで応募していた「プロジェクターのモニターの活用に採択されたという通知」でした。
電話で問い合わせてみると、夏休み中から、来年の3月末まで、プロジェクターを貸していただけるとのこと。もちろん、モニターなので、アンケートに答えたりする必要はあるのだろうが。
これで、プロジェクターをいつでも気軽に使うことができる。

午前中は、学年会。
今日もまた、運動会の組体操の音楽。
音楽を聴きながら、いろいろとイメージを出し合う。
かなり細かな部分まで、作品のイメージが固まってきたように思う。

午後は、今度は、学年で、算数ドリルの検討。
さすがに、これだけやっていくと、ドリルの課題がかなり明確になってきた。
これをあと何回かやれば、まあ、今出版されているドリルの中で最強のものを考えることができるのでは・・・とさえ、思ってしまう。
いや、思えるまで、検討してみたい。
[PR]

by sitoi | 2007-07-30 20:19 | Comments(0)  

7月29日 昔を思い出し、未来を思う

朝から、庭掃除。
この間、庭の掃除をしていなかったので、草が生え、落ち葉が重なり・・・・。
小一時間、汗を流す。
その後、妻の車の掃除。で、一人、スーパー銭湯へと向かう。
と、ゆったり午前中を過ごす。

午後は、明後日からアメリカに向かう娘に貸すデジタルカメラ用の大容量のSDカードを買いに電機屋へ。・・・無事、購入。しかし、SDカードの値段、安くなりましたねえ。

夕方から、スーツを着込んで、京都の東急ホテルへ向かう。
今年、退職されたY先生を囲む会。
電車の中では、ひたすら読書、「オロロ畑でつかまえて」(荻原浩著・集英社文庫)。

退職された先生の囲む会は、堅苦しくて、うーん・・・って感じなのだけれど、今回は全く違った。本当にこじんまりとした部屋で、まさしく囲む会。
Y先生の希望で、本当に少ない人数で・・・となったらしい。

Y先生と同じ学年を組ませていただいたのは、もう20年も前のこと。
その時の学年の教師、4名が全員揃った。
「みんなで、子ども達が汚した壁を掃除に行ったよねえ」
「○×君がさあ・・・」
「あの時、糸井さんが・・・」
・・・思い出話は尽きることなく、楽しいひとときを過ごした。

私は、Y先生に、
「二学期、授業を見に来て下さい」
とお願いをして別れた。
あれから、20年。ほんの半歩でも授業が上手くなりたい、子ども達を見る目を高めたい・・・それだけを考えて、過ごしてきた。

「ほんとに糸井はアブノーマルやからなあ」
と笑いつつ、私がやりたいようにさせて下さったY先生。

きっと、もっと普通にやれよ、こうすればいいやん、と思われることも多々あっただろう。
それを押し殺して、私の思うようにさせていただいた。
今の私があるのは、Y先生のおかげだと思っている。

20年・・・今もアブノーマルなのかもしれない。
でも、小さくまとまるなんてつまらない。
今の私の授業を、今も変わることなく自分を貫いているつもりの私の授業をY先生に見てもらうつもりだ。
[PR]

by sitoi | 2007-07-30 20:05 | Comments(0)  

7月28日 地球を学ぶ!子ども環境劇場

朝、娘を駅まで送ったついでに、洗車。
久しぶり・・・汚い車になっていたので、嫌で嫌でたまらなかったのだが、時間がとれなかった。
きれいにして、すっきり。

9:30、妻と一緒に京北へ向かう。
今日は、「地球を学ぶ!子ども環境劇場」最終日。
高雄を抜けて、京北町へ。
昼間に走ると、いいドライブコースだ。
京北町でゆったり昼食をとり、差し入れを物色。
私は、ゼリーを。妻は、杉の木でできた栞を。それぞれ子ども達の数だけ購入・・・。

12:00過ぎに京都府立ゼミナールハウス到着。
子ども達は、ちょうどお昼を食べているところでした。
「どう、演劇できた?」
と、聞いてみると
「うん。ぼくはな・・・」
と、役柄を話してくれました。自信ありげな様子です。

会場に座っていると、保護者の方から声をかけられた。
「あのう、名物先生なんだそうですね。」
「いえ、いえ、そんなことないですよ。」
話を聞いてみると、この保護者の方は、コミュニティというスタンスから、学校にアプローチし、演劇を取り入れようとされているようでした。
「でもね、先生が動いて下さるかどうか・・・」
との話に、「・・・・」。言葉を返すことができませんでした。

13:30、開場。
何人かの保護者の方は、はるばる大阪から足を運んで下さいました。
14:00、開演。
環境警察は、本校でも取り組んでいただいた内容です。
しかし、当然のことながら、子ども達とのワークショップの中で、いろんな違った内容が取り入れられており、同じものではありませんでした。
子ども達、素晴らしかったです。
特に、小学校高学年の女子2人は、声の出し方だけでなく、表現の仕方が素晴らしかった。
終演後、会場のあちこちから、
「よく、こんな短期間で・・・」
「すごいなあ」
といった感想が聞こえてきました。

終演後の振り返りの時間に、子ども達の中から、
「また、このメンバーでやりたいなあ」
「友達ができるか不安だったけど、・・・楽しかった」
との意見が出されました。
演劇だけでなく、川遊びをしたり、星の観察をしたり、楽しい三泊四日だったようです。
川では釣りをして、おにぎりを食べて、鮎の塩焼きにも挑戦したそうです・・・。
よかった、よかった。
今回は、妻にいろんな子どもに声をかけてもらったこともあって、私は二日、妻は三日、顔を出すことになりました。そんなこともあって、子ども達の笑と満足げな顔を見て、二人でホッとしました。

16:00過ぎ。私は自分の車で、妻は子ども達と一緒に貸切バスで、帰宅することに。
娘をピアノの先生宅で拾って、一緒に帰宅。
芸術家と子どもたち」から、ASIASの2004年~2006年の活動記録集が送られてきた。
今回の記録集は、カラーページも多く、とてもきれいな仕上がりとなっている。
こういう記録集が、どうして出版社から出すことができないのかなあ?
売れる本だけじゃなくて、売らなければならない本を出すことも出版社の大事な仕事だと思うのだけれど・・・。まさに、この記録集は、売らなければ、売って、こういう授業の事実があることを広めてもらいたいものなのだ。

今夜も、サッカー観戦。
・・・・残念。
[PR]

by sitoi | 2007-07-29 12:14 | Comments(0)  

7月28日 第五回 明日の教室のご案内

うーん、ボーっとしていて、「第五回 「明日の教室」のご案内」を紹介するのを忘れていた。
気がつく、気を回して、池田先生がブログで紹介して下さった。
ということで、以下、「第五回 「明日の教室」のご案内です。

第五回 「明日の教室」のご案内

第五回のご案内をいたします。今回は学級づくりと授業づくりの両分野で、若手教師に力強いメッセージを発信されている野中信行先生を講師にお招きします。

野中先生は、今年で小学校の教諭をご退職されます。教師、教育の世界を目指そうとしている若い人たちに、今までのご経験からこれからの学校教育が目指す方向や、教師が身につけなければならない指導力について、大いに語って頂く予定です。

これから教師になろうとしている学生のみなさん、教師としてスタートを切ったばかりの先生方、是非多くの方に野中信行先生を体験して頂きたいと思います。お待ちしております。

日時:8月25日(土)  13:30~17:00

会場:京都橘大学児優館 臨床教育実践スタジオ

講師:野中信行さん@横浜市立大池小学校教諭

内容:「新卒教師時代を生き抜く心得(仮題)」
著書の中にある、野中先生による学級経営の心得の全てを伝授していただく予定です。

会費:一般2000円、学生1500円
なお、会の後、野中先生を囲んで懇親会を予定しています。自由参加で3000円程度です。

申し込み:http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P2213754  

            ◆

講師略歴  

講師   野中信行さん@横浜市立大池小学校教諭
著書には、「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」「学級経営力を高める3・7・30の法則」「新卒教師時代を生き抜く心得術60・やんちゃを味方にする日々の戦略」があり、学級経営に力を注ぎ、数多くのクラスを鍛えてきたベテラン教師、いや、スーパーベテラン教師です。今年の運動会でも小学校6年生に50m走で負けませんでした。
野中先生のブログです。http://nonaka.moe-nifty.com/5555/
[PR]

by sitoi | 2007-07-28 08:24 | Comments(0)  

7月27日 再会

午前中、地域学校。
文字通り、地域の子ども達が一同に会する。
地域の小学生、中学生、養護学校に通う子ども達・・・。
その数、270名余り。

引率してこられた先生と目が合い、
「えーっ!」
と思わず、お互いに声を出す。
もう、15年?、いや、ひょっとすると、もっと久しぶりなのかもしれない。
そこに立っておられたのは、同じ学年を組んで、勉強させていただいたK先生だった。
K先生は、私より少し年輩の講師の先生なのだが、子どもの中に入り込み、自然に集団を組織していく力は何とも素晴らしいものがあった。

というわけで、合間、合間の時間に、K先生と、近況報告やら何やら・・・。
もう、50歳は越えてられると思うのだが、相変わらず、お美しいのには驚いた。
「糸井先生、奥様、お元気にされてる?ミニスカートがとっても似合ってらしたわよね。」
「いや、もうミニスカートは・・・40歳を越えましたよ。」
「えーっ!」

午後は、出張。
早めに出て、市役所近くのイタリアンレストランにて昼食。
うーん、という悲しい味だったが、ゆったり読書はできたので、よしとする。
今日は、宇治市生涯学習センターにて、「国語科の学力を育てる教師の力量」と題した講演会に参加。講師は、京都ノートルダム女子大学の勝美健史先生。
とてもよかった。「質の指導」においての、様々な視点からの提言は、今、自分がうやむやになっている部分がクリアになった感じ。
「見える学力」と「見えにくい学力」とがあり、国語科においては、「見えにくい学力」の部分の方が圧倒的に多いというお話は、非常に納得できるものであった。
勝美先生の著書は目を通したことがないので、この夏、読んでみたいと思う。
アッという間の2時間だった。

また、この講演会で、昔、同じ学年を組んで勉強ささせていただいたS先生と隣同士に座らせていただいて、近況報告。
S先生は、昔、私が、もういっぱしに一人で何でもできるなんて思っていた頃に、教師としての力の差をぞんぶんに感じさせていただいた凄い方だ。
この方が、子どもの前に立つだけで、空気が変わった。
空気というものを考えるようになったのは、S先生の授業を観てからだった。

終了後、帰宅。
途中、久しぶりに、四季彩館に立ち寄り、風呂に入る。
石鹸やシャンプー、タオルもついて、500円。
貸切状態の風呂でボーッ・・・・。うーん、夏休みだ。

夜は、学校の打ち上げに参加。
いろんな先生から、「身体はもう大丈夫ですか」と声をかけていただく。
飲んで、食べて、少し早めに退席させていただく。

まだ、無理をせず、休養をとりながら、しっかり仕事をしていきたい。
周囲に迷惑をかけず、ひたすら、自分のやりたい仕事に打ち込む夏にしたいものだ。
[PR]

by sitoi | 2007-07-28 07:31 | Comments(0)  

7月26日 ペースを守る

夏休みだけど、普段と同じペースで生活している。
これが、実に調子よい。
朝、6:00に起きて、コンピュータをいじり、7:30に家を出る。
実は、これは、普段より30分ずつ遅いペースだ。だから、少し余裕がある。
この余裕の感覚が、またよいのだ。

今日は、補習、最終日。
「分数のたし算」と「分数のひき算」の引き算に取り組む。
昨日の「通分」がスムーズだったので、今日の課題も実にスムーズ。
「何で、できひんかったんやろ」
と、不思議がる子ども達・・・。
「二学期は、もっと集中すれば、きっとできるよ」
いい感じで、補習を終えることができた。

補習の後、急いで、郵便局へ。
先日、通崎睦美さんんの新譜「1935」が届いた。
聴き慣れた曲の数々・・・今は、車の中で聴いています。
で、そのCD代の振り込みに。

学校に戻ってみると、打ち合わせが始まっていた。
明日は、本校で、地域学校の取り組みが開催される。
私は、グランドの駐車スペースのライン引きが担当。
学年で、50台程度の駐車スペースのラインを引くことに。
汗だくになりながら、終了。実は、こういうの得意です。

午後、関西電力の方と、社会科部の夏季フィールドワークの打ち合わせ。
今年は、関西電力の方にお世話になって、天ヶ瀬発電所とアクア琵琶の二つの施設を見学する。見学に関して、貸切バス、施設の見学手続きなどを関西電力にお願いしている。バス代も支援いただき、無料で見学できる運びとなった。
打ち合わせ後、本校の5年生についても、支援していただくお願いをしてみる。快諾いただいた。有り難いことだ。

打ち合わせ後、フィールドワーク時の昼食のレストランに予約を入れる。
琵琶湖近くの瀬田川は、「しじみ」が特産物の一つで、シジミご飯が有名。
ということで、しじみご飯を食べることができる店を探しておいたので、その店に予約を入れた次第だ。うまく、いい席を用意していただくことができそう・・・。

打ち合わせの前後は、音楽編集。
CDを積み上げ、コンピュータと格闘している私を見て、
職員室の先生方が不思議そうな顔で、
「糸井先生、何やってるんですか?」
「いや、運動会の組体操の音楽編集をしています。」
と答えると、
「あーっ、もう、そんな仕事を・・・」
音楽をいじりながら、イメージを膨らめていく。それが私のやり方だ。

ペースを守って、仕事に取り組んでいる。
[PR]

by sitoi | 2007-07-27 07:12 | Comments(0)  

7月25日 地球を学ぶ!子ども環境劇場

補習教室3日目。
少し子ども達に変化あり。
それし、少し自信を持ち始めたということ。
この変化は大きい・・・。
つまり、分かるまで説明できる、個々人に対して話ができるというメリットがあるということだ。
しかし、こんなことは当たり前・・・。
「教える」ということに限定すれば、人数が少なくなるほど効率がいいのは当たり前なのだから・・・。
だから、分かるようにするのはできると思っていたのだが、子ども達が自信を持ったというのは、素晴らしいことなのだ。
分かっても、自信は持てない、分かっても楽しくない、という状況はあるのだ。

今日は、分数の「通分」だった。
どの子も、自信を持ってプリントを出し、全問正解して帰って行った。
明日は、補習最終日。
気持ちよく終われるといいな・・・。

今日も、10:00から学年会。
計算ドリルについて、話し合う。
自分達が使いやすい計算ドリルとはどんなものなのか。
とことん話し合って、最終的には、ドリル会社に提案していきたいと思う。
ずいぶん、いろんなことが見えてきたように思う。

その後、今日も、組体操「ジャーニー」の相談。
今日は、相棒が、いろんな効果音のCDを借りてきてくれた。
いろいろ相談するうちに、アッという間にお昼。

午後は、今日も、プール指導。
今日ものんびり2時間の指導・・・。

プール指導後、相棒が編集してくれた音楽を聴いてみる。
一つの音楽に、ところどころに効果音を重ねていったもの。
つまり、波の音が入ったり、車の音が入ったり、人混みの音が入ったりすることで、いろんなところを旅している感じにしようとしたわけ・・・。
予想以上に面白い仕上がり。もちろん、まだサンプル状態だけど。
こういう編集がコンピュータを使ってできるようになったのはすごいこと。
10年前なら、やりたいなと思っても、とてもできなかったことだ。

今日も、16:00過ぎには退勤。
帰宅して少し休憩してから、今日は、京北町に向かう。
今日から、京北町で、三泊四日の「地球を学ぶ!子ども環境劇場」が開催されるのだ。
主催は、お世話になっている「劇団衛星」だ。
とても楽しいプログラムということで、妻の幼児教室から、16名の参加アリ。
ということで、妻と一緒に差し入れを持って、いざ京北町へということになったのだ。

うーん、しかし、京北町は、予想以上に遠かった。
我が家から、1時間半以上かかることが分かった。
子ども達が宿泊している京都府立ゼミナールハウスに到着したのは、20:30。
素敵な環境にある宿泊施設だった。
代表の蓮行さんに、来年度も実施するなら、学生や若手の教師をボランティアで参加させたい。そうすることで、若手の勉強にもなるし、更に楽しいものになるはず・・・と、提言。
来年は、是非、私も参加したいな、と思う。
最終日に、子ども達の演劇を見に来る予定。

今日は、子ども達が就寝するのを見て、退散。
22:00過ぎに再び、我が家に向けて出発。
帰宅後、日本のサッカーの試合観戦。後半に間に合った。
残念な結果に終わったけれど・・・。
[PR]

by sitoi | 2007-07-26 07:43 | Comments(0)  

7月24日 ゆったり授業を考える

補習二日目。
昨日、休んでいた子も参加。
今日は、最小公倍数の授業。
ここをきちんとやっておかないと、分数の復習ができないのだ。
昨日と今日の二日間は、明日からの分数の復習のためにある。
今日も、予定通り、1時間の補習を無事、終える。

その後、お昼過ぎまで、学年会。
運動会の組体操で使用する音楽の選考・・・。
当然、難航。お互いのイメージを出し合い、次々にいろんな音楽を聴いていく。
組体操の題名は決まっている。「ジャーニー」だ。
結局、「くるり」の音楽を中心に音楽を編集していくことを決め、昼食。

午後は、プール指導、2時間。
今日は、まさしく夏日和。プールサイドを裸足で歩くと、飛び上がるほどの熱さ。
夏は、こうでなくっちゃね。
怪我なく、事故なく、無事、プールを終える。

終了後、またも、学年会。
今度は、申請が通ったユニセフ授業について。
おおまかな骨格は決まる。あとは、どれだけ授業の精度を上げられるか、だ。
とりあえず、今までにない授業に仕上げる予定だ。

帰宅後、家族で映画、ハリーポッター・・・。
我が家の近くにできた映画館は、本当に空いている。
封切り間もないハリーポッターだけど、お客は、うーん、20名もいない程度・・・。
本当にいい席で、ゆったり・・・。冷房が効きすぎているのには閉口したけど。

さあて、明日も、ゆったり授業のことを考えるぞ。
[PR]

by sitoi | 2007-07-24 22:41 | Comments(0)  

7月23日 社会科部支部長会議

今日から、4日間は学級補習。
今年度は、全学年全クラスで学級補習を行う。

8:30、補習開始。
来るように5名の子に言っておいたのだが、2名が欠席・・・。
時間厳守で、60分。3名の子に補習を実施。
今日は、一学期の内容の「倍数」「約数」について。
さすがに3名の子相手だと、マンツーマン感覚で授業ができる。
3名とも合格で、9:30に終了。

その後、職員室で、学年会議。
前半は、計算ドリルについての分析を行う。
どういったドリルが、子ども達の反復練習にふさわしいのかを今週は分析していくつもり。
後半は、運動会の組体操について。
今日は、とりあえず、5年前のビデオを観ながら、私の考えを伝えてみる。
学年の相棒は、コンテンポラリーダンスができる人なので、その部分を任せたいと思っている。

昼前に、出張へ。
今日の出張先は、かなり遠い。
京都府の社会科部の各支部長が一同に集まる会議。
余裕を持って会議の近くまで行き、マクドナルドで昼食。
昼食後は、読書・・・。

支部長会議では、各支部の年間活動計画の交流。
どの支部も、限られた部会の中で、フィールドワーク、研究授業と意欲的な内容・・・。
ただ、???だったのは、指導主事先生の、
「府の小学校で、社会科を研究している学校は、本当に少ない。各支部で頑張ってもらわないと・・・」との言葉には驚いた。
これだけ、
やれ国語力だ、計算の定着だ・・・と、いろいろ話がおりてくれば、学校の重点が、国語、算数に偏ってしまうのは、当たり前ではないか。
そのあたりのことを抜きにして、社会科部に何だかんだと言われても・・・と思ってしまう。
今の学校の置かれている状況を何とかしないと、自由な研究など・・・と思ってしまう。

まっ、しかし、管理職が中心の支部長会議は、なかなか前向きな意見がいろいろ出され、刺激的な会議でもある。
夏休み早々、いろいろと刺激をいただくことができ、いい会議となった。

帰宅後、ゆったり・・・。
若手の講師の先生から、昨日、無事、採用試験が終わったとの連絡をいただく。
自信はあるようだ・・・よかった、よかった。

夜、学年の相棒の先生からメール。
任せていたユニセフの研究助成が採択されたとのこと。
素晴らしい。初めて書いた申請書で、いきなり採択とは・・・よかった、よかった。
[PR]

by sitoi | 2007-07-23 17:58 | Comments(2)  

7月22日 うーん、ちょっと違うけど・・・。

朝、7:00前にはコンピュータに向かう。
夏休みにやりたいとこは、本当にたくさんある。
押しつけられた仕事ではなく、自分でやりたいと思える仕事が山のようにある私は幸せだなあと思う。
9:30までコンピュータに向かい、その後、娘と公園へ。
1時間ほど、サッカーの練習につきあう。

いったん家に戻って、シャワーを浴びて、娘と二人で、パスタを食べに出かけることに。
今日は、妻は、幼児教室でのワークショップ。

娘と二人で、車で30分程度ドライブして、パスタ屋へ。
うーん、娘がまだ赤ん坊だった頃、
娘が中学生になっても、一緒に二人で出かけることのできる父子になれるといいなあ・・・
と思っていたので、夢がかなっているとも言えるのだろうが、うーん、ちょっと違う。

娘は、ジーンズにショートヘア。男子サッカー部で一緒に練習しているので、かなり体格もがっちりしている。話す内容も、サッカーの話だったり・・・。
うーん、見事に、息子と娘の両方を演じてくれる(?)。

まっ、いいか。幸せなことだ。
美味しいパスタを食べた後(ここのパスタは美味しいです。京都駅の近くです。)、サッカー専門のスポーツ用品店へ。
娘の雨天用のサッカーシューズと、Tシャツを1枚購入。

家に戻ってから、運動会の教材研究(?)として、「バックダンサーズ」というDVDを見始めたのですが、すぐに娘は昼寝をし出しました。その横で、愛犬オーも、一緒に昼寝をしています。
・・・・夏休み・・・です。
[PR]

by sitoi | 2007-07-22 17:44 | Comments(0)