<   2007年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

2月28日 あきらめないこと!

あきらめないこと!
結局、私が、子ども達に、最後に伝えたいこと。
もう、今、目の前にいる子ども達と過ごす時間は限られている。
いろんな勉強をしながら、いろんな活動をしながら、結局、そのことを伝えたいのだ。

ハンバーガーの授業だって、そうだ。
「分からない」「できない」「面倒だ」・・・・その向こうに、「楽しさ」が待っている。
でも、あきらめていては、その楽しさにたどり着くことはできない。
ああっ・・・・。これって、自分の生活にも当てはまること。
そうか、人生って、そういうもんだよなって納得。

今日は、四苦八苦しながも、6つの班全てから、オリジナルハンバーガーのプランが出された。

1班 「和風水菜バーガー」
2班 「関西風バーガー」
3班 「関西風水菜バーガー」
4班 「京目玉バーガー」
5班 「水菜エッグバーガー」
6班 「焼きそバーガー」

ふぅっ、でも、まだまだ前途多難・・・。
明日の放課後は、子ども達と材料の買い出しだ。
苦しいけれど、・・・・楽しもう。
[PR]

by sitoi | 2007-02-28 22:24 | Comments(0)  

2月27日 オリジナルハンバーガー

オリジナルハンバーガーの授業、三日目。うーん、難しい。
今日は、まず、班の中で各自が自分の意見を出す中で、班のオリジナルハンバーガーを一つに絞っていく授業。
まず、クラスで1時間。見ていると、なかなか、「おーっ!」というような案は出てこない。

続いて、栄養教諭の先生から、授業を1時間していただく。
世界各国の特色あるハンバーガーを教えていただく。
この資料は、マクドナルドから送っていただいたもの。
その後、水菜に合う食材、調理方法のヒントを教えていただく。
その後、調理についての重要な指摘が一点。
「野菜は必ず熱処理をほどこして使用すること」
つまり、生野菜は使えないということ。これが結構難しい。

午後、4・5年生での合同音楽。
「呼びかけ」と「歌」の練習。
・・・・もう、しばらく合同練習はやめようと思った。
なぜかというと、ざわつくばかりで、高まり合えないから・・・。
もう少し卒業式近くなってからで充分なので、ひとまず、これで終了。
後は、それぞれの学年で、自信を持って声が出せるように練習しておくこと、とした。

放課後、久しぶりにベースギターの練習。
やっと、最後まで音が確認できたという有り様。大丈夫かあ?

その後、学年の先生と近所のお店を3軒回る。
オリジナルハンバーガーの食材の値段を確認して回った次第。
ついでに、塩焼きそばと卵とバターロールパンを購入。
学校に戻ってから、塩焼きそばと水菜&卵焼きを作ってみる。
それをバターロールパンに挟んで食べてみる。職員室に残られていた先生方にも試食していただく。・・・・美味しい!何か、少し分かってきたぞ・・・といっても、子ども達が分かったわけじゃないけど。
結局、社会科の勉強と一緒で、「頭で考えて、足で稼ぐこと」だ。子ども達が、こういう風に学んでくれればいいんだけどなあ。

21:00、帰宅。
劇団の方と「コミュニケーションティーチング」について、やりとり。
来年度、動き出す予定・・・。
とりあえず、疲れている。寝る!
[PR]

by sitoi | 2007-02-28 06:37 | Comments(0)  

2月26日 キャリア教育推進フォーラム

藤原和博校長先生・・・聞きたい、聞きたいと思いながら、なぜか、まだ一度も話をお聞きしたことのない方だ。
今まで、何度も、話を聞けそうな機会はあった。
あったが、なぜか、直前で、都合が悪くなり、一度も聞けないままとなっていた。

日曜日の朝日新聞に、藤原和博校長先生の講演会の案内が掲載されていた。

キャリア教育推進フォーラム
「よのなか科」藤原和博校長先生 講演会
「ビミョーな未来」をどう生きるか

2007年3月18日(日) 13時30分~15時
大阪商工会議所7階 国際会議ホール

藤原和博校長先生は、言わずと知れた「杉並区立和田中学校」の校長先生。
この日は、私は東京の報告会から帰ってくる日だから、そのまま新幹線で新大阪まで乗って、会場へと考えている。

今朝一番に、FAXで申し込みを済ませた。
やっと、念願の藤原和博校長のお話が聞けそうで、今から、ワクワクしている。
[PR]

by sitoi | 2007-02-27 06:35 | Comments(0)  

2月26日 ギリギリだあ・・・

朝早く起きて、マクドナルドとの連携授業の報道連絡表を書き上げる。
朝一番、ワニバレエコンサートとマクドナルドとの連携授業、二つの報道連絡表を学校長に提出。目を通していただき、出していただく。ホッと一息。

食育授業2時間目。
ハーワーポイントを使って復習。
3つの指令を提示。
①6つの食品群の中から、4つ以上のものを使うこと
②関西(京都・宇治)ならではのものにすること
③原価を100円以内におさえること
さあ、どうにることやら。子ども達の動き、全く読めず・・・・不安。

学年音楽。
「ありがとう」の合奏は、リズム隊を除けば、ほぼ大丈夫。
明日からは、新たな課題に取り組む。ギリギリだあ・・・。

昼休み、書きかけの「年度末反省用紙」を仕上げる。
放課後、その用紙をもとに、今年度の重点研究の総括。これまたギリギリの仕事。
その後、来年度のことについて、学校長と雑談。少し、見えてくるものアリ。

一息ついて、マクドナルドとの連携授業の書きかけの指導案を仕上げる。
18:00過ぎ、完成。

その後、学年で、明日の授業の打ち合わせ。
20:00、帰宅。
メール、チェックすると、いくつか嬉しいメールアリ。
指導案をメール添付で送って、ホッと一息。

明日の授業のことを考えていると、アッという間に23:00。
うーん、こんな毎日は、ちょっと疲れるなあ・・・毎日がギリギリだあ。
[PR]

by sitoi | 2007-02-26 23:12 | Comments(0)  

2月25日 ワニバレエ報道連絡表

ワニバレエコンサートもいよいよ間近になってきた。
今日は、報道連絡表を完成した。
以下のようなものだ。
事前に連絡いただければ、どなたでも見に来ていただけます。
無料です。素晴らしいコンサートになること、間違いなしです。
多数のご来場、お待ちしております。

  NHK教育テレビ「あいのて」出演者と子ども達との夢の共演
                    ワニバレエコンサートを平盛小学校で開催 


平盛小学校では、子どもたちとアーティストとの幸福で刺激的な出会いを創出するNPO、“芸術家と子どもたち”の支援のもと、NHK教育テレビ「あいのて」(幼児向け音楽番組)出演者に4年生児童との曲&ダンス作りと共同コンサートを依頼。子どもたちと音楽家の共同コンサート「ワニバレエコンサート~音楽劇ワニバレエ(仮称)~」を開催します。 

出演する4年生の子どもたちは、「あいのて」出演の音楽家との音楽ワークショップを体験し、コンサート当日を迎えます。演奏曲目の中には、子どもたちと音楽家との共同制作による新曲も予定しています。コンサートでは、音楽家も子どもたちと一緒に演奏に参加します。アーティストとの濃密な時間を経験した子どもたちが、コンサートで、どのよう曲を披露するか、ご注目ください。

*「あいのて」(NHK幼児向け音楽番組)出演音楽家今回のワークショップ&コンサートには、「あいのてさん」と称して番組に出演されている3人の音楽家、野村誠さん(番組の音楽・音響監修者)、片岡祐介さん、尾引浩志さんをはじめ、番組音楽に携わっておられる林加奈さん、鈴木潤さん、ウェインさんといった音楽家にも参加いただけることになっています。

①ワークショップ
日時  3/5 3/6 3/7 3/8 3/9  
授業時間は現在未定。全日、放課後の活動あり。 場所 平盛小学校4F音楽室

②「ワニバレエコンサート~音楽劇ワニバレエ(仮称)~」 
日時 3月10日(土)13時30分開演(開場13:00)場所 平盛小学校体育館
[PR]

by sitoi | 2007-02-25 14:08 | Comments(0)  

2月25日 水菜でバーガー

結局、昨日はほとんど一日家でパソコンに向かっていた。
向かっていたのだが、結局、文書は全く仕上がらなかった。
で、結局、寝る前になって、ぼんやりと来週一週間が見えてきた・・・。

そんなこんなで、今日は、朝起きるとすぐに月曜日と火曜日二日分のパワーポイント資料とワークシートを書き終えた。

その後、娘と公園に行き、サッカー・・・。
もう完全に娘の方が上手いので、相手にはならないのだけれど・・・。

帰りに、スーパーに寄って、いろいろと食材を購入。
今日の昼ご飯は、「水菜でバーガー」の試作品作り。

まずは、娘が作った「たこやきバーガー」
たこやきと言いつつ、たこは入っていない。中に入っているのは、水菜とチーズ。
うーん、微妙・・・桜エビも入れた方がいいんじゃないかというのが、我が家の感想。
a0023466_12382895.jpg


次は、私が作った「豆腐バーガー」
豆腐、タマネギのみじん切り、パン粉、水菜のみじん切り、卵の黄身をこねて焼いたもの。
うーん、おいしくない。おからを使って、カツオだしなんかも使った方がいいのではというのが、これまた我が家の意見
a0023466_12404973.jpg


これ以外にも、水菜とモヤシを使った焼きそばを作ってみた。
用意していたけれど、作らなかったのは「豆腐ステーキ」と「水菜を使ったお好み焼き」だ。

昨夜、夕食を食べながら、家族で意見が出たもの・・・。

そう言えば、昔は、保護者から、よく
「先生、一年間、家族で、勉強のことで、ああだこうだと食卓を囲みながら話ができました。それがとっても楽しかったです。ありがとうございました。」
なんて、言葉をいただいたりしたなあ。
今回の授業は、まさしくそんな感じになるといいんだけどなあ。
食育って、家族みんなで話し合える勉強だと思う。

さて、午後も、コンピュータに向かうことにしよう。
[PR]

by sitoi | 2007-02-25 12:45 | Comments(0)  

2月24日 教え子の書き込みに励まされ・・・

私は、自分の教師としての力量は決して高くないと思っている。
だから、「指導力不足教師」などという言葉が新聞を賑わすと、ドキドキしたりもするというのが、本音だ。

今でもそうなのだから、昔はもっと力がなかったに決まっている。
よく、昔の教え子が恥ずかしくないようにがんばらなきゃと自分を奮い立たせたりすることもあるくらいだ。

今日、何気なく、「プロ教師に突然インタビュー」のサイトを見てみたら、私の紹介のところに、教え子が書き込みをしていてくれた。
浮田さん、もちろん、覚えている。
そうか、ファッション関係の仕事をしてるのかあ。
私の最初の赴任した学校。今でも、あの学校が私の故郷だと思っている。
キセルのお兄ちゃんを担任したのも、その学校だ。

私は、インタビューの中で、教師の仕事の魅力について、「感動がある」と答えている。
このコメントもそうだ・・・。
そうか、私が話したことが、ほんの少しでも、あの時の子ども達に届いていたんだなあ。
そう思うと、何か・・・感動です。

あれから、20年。やっぱ中途半端なことはできないな。
仕事しなきゃ・・・。
[PR]

by sitoi | 2007-02-24 14:13 | Comments(0)  

2月23日 エチオピアの学習

今日は、文教大学@宇治の松田研究室の学生たちが来てくれて、エチオピアについての学習を行った。
文教大学の松田先生は、もう何年も、エチオピアに学生達を連れていき、その過程で、様々な学びを学生達に与えている方だ。
昨年、一学期に、学生達が訪れ、いろんなアンケートを子ども達に実施し、そのデータを持って、エチオピアに出かけていったのだ。
今回は、実際にエチオピアに行ってみて、分かったことを子ども達に報告してくれるというもの。
全2回で、今日が、その一回目。
うちのクラスは、教室で、プロジェクター等を使ってのプレゼン形式。
となりのクラスは、体育館で、エチオピアの遊びをみんなでやってみるというもの。
2回目は、内容を入れ替える予定。

さて、学生達のプレゼン・・・。
当然のことだが、その内容は、なかなか子どもの実態と合わず、説明の言葉や内容が難しかったり・・・でも、子ども達は、静かに聞いていた。
やっぱり、真剣さっていうのは、伝わるんだなあと、感心した次第。
用意されていた二つのプレゼンが30分程度で終わってしまい、残り15分の質問タイム。うーん、15分も質問が出るかなあと心配したのだが、何と、15分間、途切れることなく、子ども達からの質問が続いた。これには、驚き・・・。

その後、出張。今日は、宇治市小学校教育研究会の理事会。
15:30からの会議が、16:00過ぎに終了。といっても、そのまま帰れるわけもなく、また、学校に戻って、仕事。
少しずつ、指導要録の書き方を学年の先生にレクチャー。
えっ、もう指導要録?と、周囲の先生は驚かれるが、三学期の成績と指導要録は同時進行が一番、仕事上のロスが少ない・・・と私は思っている。

帰宅後、疲れて、何もできず・・・・久しぶりのビールを飲んで爆睡。
[PR]

by sitoi | 2007-02-24 10:53 | Comments(0)  

2月23日 京野菜(みずな)でバーガー 1時間目

昨日の放課後、家庭科の先生、栄養教諭の先生と、来週のマクドナルドとの連携授業についての打ち合わせの時間を持った。
実際に見ていただくのは、来週の金曜日だが、授業としては、一週間前からスタートさせると決めていた。
全8時間を考えている。つまり、その日だけのイベントではなく、内容の濃いものにしたいと考えている。全8時間の中には、栄養教諭の先生による授業も考えている。

今日の打ち合わせでは、「従来のハンバーガーにはないものをどれだけ子ども達が考えられるか」を中心に据えることで一致できたように思う。
いくつか、必要だと思える資料も確認でき、すぐに、間に入っていただいている企業教育研究会の担当者に連絡を済ます。

そんなこんなで、今日を迎えた。
昨夜、簡単なワークシートを作っておいた。その名前が、
「京野菜(みずな)で、バーガー!」だ。今回のハンバーガー作りに欠かせないものに「みずな」がある。二学期末から、校内の畑で栽培してきたもの。今回の授業は、マクドナルド社と連携したものだけでなく、シティ・サクセス・ファンドから研究助成していただいている。
今回の授業では、以下の三つの学びができるようにしたいと考えている。

一つ目は、「児童自らが、食について学ぶ(食育)取り組みにしたい」といいうこと。
二つ目は、「経済の仕組みについて学ぶ取り組みにしたい」ということ。
三つ目は、「周囲の大人と関わり合う学び(キャリア教育)へと発展させていく取り組みにしたい」ということ。

さて、今日の授業は、まずは、マクドナルドのサイト「食育の時間」の中にある「ハンバーガーは何でできているの?」を使っての授業。
コンピュータ室で、サイトをプロジェクター画面に映し出し、みんなで考えていった。
以前、栄養教諭の先生から「6大栄養素」について教えてもらったことがあるのだが、全く覚えておらず・・・・大笑い。
ハンバーガーの中に、何を入れてもいいというわけではないんだ・・・と、みんなで確認。
それから、少し、「原価」と「売値」について、説明。
とりあえず、「自分たちのオリジナルバーガーを考えてみよう」という宿題を出して、今日の授業は終了・・・・さて、大丈夫か?
[PR]

by sitoi | 2007-02-24 10:42 | Comments(0)  

2月23日 マクドナルドと連携した授業のお知らせ

3月2日(金)、マクドナルドと連携した食育の授業を実施する。
今、その準備で、頭をいためている次第・・・。
参観希望の方は、メール、下さい。
企業と連携した授業としては、この授業が、今年度、最終となります。
以下、マクドナルド社から出されたプレスリリースの一部です。

日本マクドナルド株式会社は、NPO法人 企業教育研究会とともに、3月2日の(金)の3、4校時(10:40~12:15)に京都 宇治市立平盛小学校において、5年生の児童を対象に、京野菜を使った食育授業プログラムを下記の通り実施いたします。

日本マクドナルドでは、未来を担う子どもたちがバランスのよい食生活をおくるための知識を身に付け、食を選択する力を養うきっかけとなるよう、2005年に食育プログラムのインターネットサイトを立ち上げ、実際にその授業コンテンツを学校に提供し、食育活動を支援してまいりました。

今回、平盛小学校5年生の授業では、その食育プログラムのひとつ「ハンバーガーは何で出来ているの?」を見ることで、栄養バランスの必要性を楽しみながら学びます。
続けて、子どもたちは、自分たちで栽培し、収穫した京野菜野菜を使って、栄養バランスを考えたオリジナル・ハンバーガーを作ります。そのオリジナル・ハンバーガーをハンバーガーのプロであるマクドナルド商品開発担当者にメニューのメリットをプレゼンし、プロの視点からのコメントをいただき、プロの仕事への思いに触れる貴重な体験を持ちます。

日 時: 3月2日(金) 10:40~12:15
場 所: 宇治市立平盛小学校
対 象: 5学年
内 容: 授業テーマ:「地産地消!京野菜で学ぶ経済の仕組み」
食育プログラム「ハンバーガーは何で出来ているの?」を見ながら、
栄養バランスの必要性を学び、自分たちで栽培し、収穫した京野菜野菜を使って、栄養バランスを考えたオリジナル・ハンバーガーを実際に作り、メニューのメリットをプレゼンします。
[PR]

by sitoi | 2007-02-24 10:23 | Comments(0)