<   2007年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

1月28日 一日中、パソコンに向かう・・・

午前中は、ぼんやりとパソコン・・・。

午後は、英検から戻ってきた娘とパソコン。
社会レポートに付き合う羽目に。

ここ数日、急に携帯電話のことが気になりだしている。
携帯電話の授業での活用法についてだ。
興味を持つのが遅すぎるのだが、まっ、仕方ない。

まずは、GPS機能。
それで、GIS総合研究所のHPを参考に、じっくり見せていただいていた。
すると、偶然GIS総合研究所の川添さんからメール。
安全マップもそうだけど、他にもいろいろ研究できそうなんだよなあ・・・。
やってみようかなあ・・・。

結局、一日、パソコンに向かっていたなあ。
[PR]

by sitoi | 2007-01-28 22:40 | Comments(0)  

1月27日 もっとテキパキと思いつつ・・・

朝、起きてすぐ、松下教育研究財団の申請書を書くことに。
1月31日締め切りなので、この土日に仕上げないと間に合わないので・・・。
がんばって、ああだこうだと自分の考えてることを整理してみる。
ほぼ仕上がり、ホッと一息。

今日は、若い先生方の研修会に参加させてもらおうと思っていたのに、池田先生@京都橘大学に連絡を取るのを忘れていて、結局行けず・・・駄目だなあ。

そうそう、昨日、参観してもらった学生から手紙をもらった。
一部分、紹介したいと思う。

本日は、本当にありがとうございました。
今、一番に感じることは、「早く教壇に立って授業がしたい」という思いです。
糸井先生の授業を観て、本質的な楽しさを感じました。子ども達の興味関心を引き出し、子ども達が生き生きしていました。しかも、全員がです。
すごく刺激を受けました。また、見学させて下さい。
何卒、よろしくお願いします。

まっ、これは褒めてもらいすぎだけど、観てくれた学生が、
「早く教壇に立って、自分もやってみたい」と思ってくれたなら、こんなに嬉しいことはない。

午後は、「知を育てるということ」(藤原智美著・プレジデント社)を購入し、ゆったり読書。
読みたい本はたくさんあるのだけれど、今は、頭が仕事モードなので、教育関係に絞って読書していくことになる。
様々な最先端の学校を訪問され、まとめられているこの本は、教育関係者には必読だ。

夜、以前、お世話になった校長先生からの突然の電話。今は、もう退職されている。
何でも、2月中旬に、同窓会に招かれているとのこと。
そこで、何年か前、糸井先生に頼んで修復したオープンリールビデオテープをもう一度お願いしたい・・・とのことだった。

もう、6年前くらいだろうか。
その校長先生が、私のもとに、オープンリールビデオテープを持って来られた。
昔、こういうテープで撮影、再生する機械があったそうだ。
それで、卒業生と一緒に記念にいろんな撮影を試みられたそうだ。
ところが、今、気がつくと、もうそんな機械は存在しない。
記念のテープだけが残って、再生不能になってしまったというのだ。
同窓会を前に、何とか、教え子と一緒に観たいということで、宇治市内の電機屋に相談したところ、たった4本程度のテープをVHSのテープにするのに40万円かかると言われたとのこと。
そこで、悩まれた末、糸井さんなら、何かいい方法知ってるのと違うか・・・と持ち込まれたのだ。
「糸井さん、とりあえず預けるし・・・・頼むわ」
と、両手を合わせて頼まれたものの・・・・あの時は、本当に途方に暮れた。

結局、いろんなところに電話をかけて、最後の最後で、ソニーが何とかしてくれることになり、東京までテープ片手にお願いに行ったのでした。(東京に行くついでに・・・・です)
それでも、かなりの金額が必要になったのを覚えています。

何で私が・・・と思いながらも、教え子のために多額のお金をかけても見ることができるようにと思われた校長先生の心意気に惹かれて、あの時は、お手伝いしたのでした。

うーん、しかし、あれから6年。
懇意にしていただいていたソニーの方は、まだいらっしゃるのだろうか。
それに、あの時の資料などはもう手元には残っていない。

でも、今回も、また、「もう糸井さんにお願いするしかないし・・・頼むわ」。
この言葉に、弱いんだなあ・・・月曜日から、真剣に動いてみよう。
[PR]

by sitoi | 2007-01-27 22:35 | Comments(2)  

1月26日 学生達の訪問

今日は、3名の学生+支援教員でお世話になったT先生の授業参観。
2時間目開始の10分前に到着いただき、まずは2時間目の「読み書き計算タイム」を観ていただく。
「読み」は、百人一首の暗唱。20首分だ。パワーポイントで、最初の、「秋の田の」までが出るように設定してある。残りの部分を暗唱。
「書き」は、新出漢字2つ。筆順は、動画で見ることができるように設定。これを、プロジェクター画面で見ながら、子ども達と筆順を確認し、ノート2ページ分をまとめていく。
「計算」は、いつものA4用紙両面刷り1枚。片面が3桁×2桁のかけ算、もう片面は3桁÷2桁のわり算となっている。片面を4分30秒で終えることにしている。この時間設定が、我がクラスの現状では一番良い時間なのだ・・・。
この「読み」「書き」「計算」を45分で、毎日、実施しているのだ。

3・4時間目は、家庭科授業のため、空き時間。そこで、別室で、いろんな話をさせていただいた。また、前任校での福祉理解教育の取り組みのDVDを観ていただく。昔、「教育トゥデイ」というNHKの番組で紹介されたものだ。

5時間目の授業は、社会科。
授業前に、こんな話をしておいた。
「2時間目の授業と、5時間目の授業は、全く違ったタイプの授業です。でも、共に、私が大事にしている授業です。どちらも、私の授業です。」と。

さて、チャイムと同時に授業開始。
子ども達の様子を見ながら、少し、子ども達のテンションを上げていく。
復習で、工業地帯や工業地域の場所をパワーポイントで映し出し、答えさせていくのだ。
更に、いくつか復習の課題を与えた後、今日の課題。

「40年前の今の工業生産高を見ると、一番違うのは、何工業だった?」
「せんい工業!せんい工業がすごく減ってる!」
「そうだったよね。そこで、今日は、そのことを少し考えてみよう。せんい工業が、こんなに減ってしまったのは、なぜだろう?」
a0023466_10343920.jpg

子ども達の時間を与え、予想したことをノートに書かせた。

私が、ここで、予想の中に欲しかったのは「外国からの輸入」ということだ。
そして・・・いろんな予想が出される中、この「輸入」に関することも出された。

子ども達に、そして、こう問うた。
「この中で、今、この場で、確かめられることはないですか?」
ザワザワする中で、いろんな意見が飛び交う。

私は、こうヒントを出した。
「せんい工業で作られる製品って、何でしたか?」
「あっ、洋服!洋服を調べてみたらいい!」

「そうだね、じゃあ、調べてみよう。今、ここで!」
クラスみんなで、大騒ぎしながら、自分の服、友達の服をチェックしてみることに。
「あっ、中国製や」
「えっ、これも中国!」
「えっ、えっ、これも中国やで」
「ベトナムー!」
「日本製や」
「中国」
「中国」
「中国」
・・・・・と、こんな感じ。中には、パンツまで調べて、「中国や」と叫ぶ、男子アリ。

「やっぱり、輸入してるんだね。なかでも、中国製が多かったねえ」
「ところで、どうして、中国製が、こんなに多いんだろう?」

予想したことを書き上げ、発表。
子ども達に、順に発表させていったところで、今日の授業は終了。
「何か調べられることがあったら、宿題ね」と、付け加えて・・・・。

つまり、二つの授業は、子ども達のテンションの方向性がまるで違うものなのだ。
例えば、2時間目の授業は、全く私語はない。鉛筆で字を書く音が響く感じ・・・・。
5時間目は、口々にいろんな意見を言い合い、うるさいこと、この上なし。でも、授業には参加しているという状態を作っているもの。

放課後も少し、そのあたりの話をして、16:00からは、関西電力の方が来られて打ち合わせをしている様子を観てもらう。
17:00過ぎ、学生達を車に乗せ、樟葉駅まで送る。

いい勉強をさせていただいた。
またのお越しをお待ちしております。今度は、一緒に夕食も・・・と思う。
要望があれば、いつでも、参観を受け付けていきたいな、と思っている。
[PR]

by sitoi | 2007-01-26 21:38 | Comments(0)  

1月25日 ノート指導あれこれ

ノート指導に力を入れていた時期もあった。
ノートの上下半分のところに線を引かせ、上半分を授業中に、下半分を家庭での復習に使わせたこともあった。
だが、この数年、ノート指導に力を入れることのないまま過ごしていた。

昨日の算数の時間、子ども達の様子を見ていて、どうにもノートの雑な取り方が気になって仕方なかった。
「どうすればいい?」
そこで、算数の授業の後、急遽、こんな指示を出してみることに。

「算数のノートを出しなさい。今日、ノートを取ったページを開きない。」
「5分間、みんなのノートを見て回ります。お互い見て回りましょう。」

5分後、今度は、子ども達一人一人に、2枚の紙(5センチ四方くらい)を配る。
紙に名前を書かせた後、
「すごい工夫してまとめめてるなあ。きれいだなあって思ったノートの上に紙を置きましょう。」
この後、置かれた紙の数で、「ノート名人ベスト3」を発表。拍手でたたえ、デジカメでノート写真を撮り、みんなが見ることができよう、教室に掲示した。

たったこれだけのことだけど、今日の算数の時間。
少し、子ども達のノートを取る姿勢が変わった。
今日は、子ども達がノートを書いているところを拡大してデジカメでパチリ!
少し、ノート指導もしていこうと思う。

放課後、「防災教育チャレンジプラン」の報告書の整理。
明日が締め切りなのだが、何とか整理を終える。
締め切り一日前の仕上がりというのは、私にとっては快挙(?)。
その後は、最終報告会のプレゼンテーション資料の整理も少し・・・。

その後、明日の授業の準備。
明日は、学生4名に向けての参観授業を実施する。
「読み書き計算タイム」と「社会科」の授業を観てもらうことにしている。
もちろん、普段通りの授業だが、その中で、私の授業の意図するところを見てもらいたいと思っている。
教科書、資料集と格闘(?)する中、明日の社会科の授業が見えてきた・・・。
パワーポイント資料を少し準備して、終了。
[PR]

by sitoi | 2007-01-26 06:54 | Comments(0)  

1月24日 井戸端会議 アート×教育

以下の井戸端会議が確定したとのこと。
素晴らしいです。きっと、新たな発見があるはず・・・。
当然のことながら、私も参加します。時間の都合がつく方は、是非。

アートNPOリンク 第3回井戸端会議 
     「アート×教育 ~英国・学校教育でアートが大活躍!」
─────────────────────────────
アーティストが学校を訪れ子どもたちと触れあい、交流するアート・ワークショ
ップ・プログラムは、日本のみならず世界的に広がっています。
なかでもとりわけ先駆的な活動をおこなっているのが英国。英国で活動している
『クリエイティブ・パートナーシップ』の活動を紹介します。また、英国の事例
を伺うだけでなく、ここ関西地域で同じような活動をしている『子どもとアーテ
ィストの出会い』の取り組みをケーススタディに、今後この事業を継続・発展さ
せるために必要なことについて来場者も交えて意見交換をおこないます。
とくに、活動の評価の仕方や教員や保護者への説明・紹介の仕方、プレゼンテー
ションの説明方法などについて、英国の先駆的事例に学びます。
─────────────────────────────
日  時:2007年1月31日(水) 17:00~18:30(16:45集合)
会  場:京都教育大学附属桃山小学校
ゲスト : スティーブ・モフィット氏
     (クリエイティブ・パートナーシップ、ディレクター/英国)
料  金:無料
定  員:20名(要事前申込)参加方法 事前にお申込みの上ご参加ください。
申込方法: 下記申込み先にメールまたはファックスにてお申込み。
     [記入事項]1) お名前(ふりがな)
           2)電話番号、メールアドレス
           3)ご所属(学生の場合は、大学名と専攻を記載)
           4)職業(学生の場合は、学生と記載)
     [申込み先]NPO法人アートNPOリンク
           forum@arts-npo.org
           TEL/FAX 075-231-8607

※小学校内での開催のため当日の参加はできません。 必ずご予約ください。
 遅刻した場合はセキュリティの関係上、お入り頂けない場合があります。
──────────────────────────────
クリエイティブ・パートナーシップ(英国):
2002年4月に英国文化・メディア・スポーツ省と教育技能省が80億円の予算で
創設したクリエイティブ・パートナーシップ。その後200億円が追加出資され、
現在では36カ所の地域オフィスが、学校やアーティスト、芸術機関と連携して、
創造的な教育活動を展開。

子どもとアーティストの出会い:
2004年4月、京都で発足。アートによって豊かな教育環境をつくりだすことを目
的に、小中学校や児童館など子どものいる現場にアーティストを派遣し、ワーク
ショップによる教育活動を展開している。小中学校等の授業におけるアーティス
トのワークショップのコーディネート、アーティストによる子ども向けワークシ
ョップの企画・制作、教育とアートの関わりを考えるための研究会などを行う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:NPO法人アートNPOリンク
共催:ブリティッシュ・カウンシル
協力:子どもとアーティストの出会い、京都教育大学附属桃山小学校
[PR]

by sitoi | 2007-01-25 06:39 | Comments(0)  

1月22日 やりきれない気持ちで・・・

喪服の用意をして、出勤。
一昨日、我がクラスではないが、本校の保護者が亡くなられたことを緊急連絡で知る。
まだ、小さな子がいるというのに・・・。

放課後、今日は、学年会。
明日は参観日、書き初め展。その用意をする。
通夜が19:00からということで、社会科部の仕事を一気にやってしまうことに。
PDFファイル化する作業が終了。全部で50枚分の資料だ。

19:00、やりきれない気持ちで、通夜に参加。
きっと分かってないのだろう。残された小さな子達に涙はなかった。
その姿が、かえって痛々しい。

学校に戻って、学年の先生の明日の授業の準備を少しお手伝い。

帰宅後、よせばいいのに「たけしのTVタックル」(って名前だっけかな)を見る。
やっぱり、やりきれない気持ち・・・。
ここ数日、「教育再生会議」での報告案なども新聞に大きく取り上げられている。
それらを読んでいて、言いたいことは山ほどある。
でも、ここで、そんなことを書いても・・・という思いが強く、躊躇している。

でも、あまりにやりきれないので、二つだけ書いてみたい。

一つは、やり玉にあげられている「ゆとり」であるが、毎日新聞の1月20日付けの「社説」の内容に私は頷く点が多かったので、主要部分だけ紹介したい。

題名は「目指す学力とは何かを示せ」だ。
つまり、「ゆとり」化があげられた1996年の学力理念は、中央教育審議会答申の中に示されている。それは、「どう社会が変化しても、自分で課題を見つけ、自ら学び、考え、判断、行動し、よりよく解決する力」である。これは「生きる力」と要約された。
では、今回の改革によって、どのような学力を身につけさせたいと考えているのかが、はなはだ不明確ではないかという指摘だ。
言葉として繰り返されているのは、「基礎学力」。そして、代名詞のようになっているのが「読み書き計算」のように思う。
「読み書き計算」は大切だし、本校でも、特に力を入れている。でも、まさか、それで全てなどとは誰も思ってはいないだろう。
私は、「ゆとり」化の時の、学力理念は、そんなにやり玉にあげられなきゃいけない理念なんだろうかと思ってしまう。それを具体化する段階で、問題があったんじゃないんだろうかと思っている。
つまり、そこから先を、不明確なまま、現場に丸投げしてしまったことがまずいんじゃないかと・・・。
ならば、今回、学力理念も曖昧なまま、スタートしてしまったら、・・・・と、考えると、恐ろしいなあと思うのは、私の力不足なのだろうか。

二つ目は、教育現場に、企業の理念のようなものを入れようとするならば、どうして、民間企業から校長になられた方を委員に入れなかったのかなあと思ってしまう。
東京には、リクルートから校長になられた方、ベネッセから校長になられた方等がおられ、手腕をふるっておられるというのに、だ。

・・・・やりきれないけれど、時は止まってはくれない。
明日は、参観日。
子ども達のために、力がつくと信ずる授業をやり抜くしかない。それが、現場だ。
[PR]

by sitoi | 2007-01-22 23:35 | Comments(1)  

1月20日 キャリア教育に興味ある方へ

今朝、久しぶりに藤川大祐先生@千葉大学助教授のブログを拝見して、驚いた。
2月14日(水)に大阪商工会議所主催のキャリア教育推進フォーラムに、コーディネータとして参加されるとのこと。
藤川先生とは、昨日、お会いしたのだけれど、バタバタしていて、ほとんどゆっくりお話できなかった・・・。ありゃあ、大阪に来られるんだと、驚いた次第。

このフォーラム、「企業が子どもたちに伝えたいこと」という題名からして、興味大だ。ただ、開始時刻が、13:30となっているのが痛い!うーん、年休とれるかなあ・・・と悩んでいる。
とにかく、キャリア教育に興味ある方にはお薦めのフォーラムだ。定員300名と書かれているので、お早めに御予約を!
[PR]

by sitoi | 2007-01-20 11:16 | Comments(0)  

1月20日 食育に興味ある方へ

以前にも紹介したと思うのだけれど、マクドナルドの食育サイト「食育の時間」から、2年前に全国の5校で実施した食育の授業の指導案とDVDを申し込むことができます。
で、驚いたことに、これ、無料なんです。送料もいらないそうです。
私が行った授業案、DVDにも少し映ってます。食育に興味ある方、お薦めです。とにかく無料です。早い者勝ちです!

なお、私は、この5校の実践のうち、奄美大島の藏満先生が実施された授業をもとに、新たな授業を3月2日(金)に実施するつもりです。
また、報告します。
a0023466_1162820.jpg

[PR]

by sitoi | 2007-01-20 11:07 | Comments(0)  

1月20日 教師にオフはない・・・と思う

教師にオフはない・・・と思う。
だって、何してる時でも、授業のことを思いついたりするもの。
一昨日も、何してる時だっけ?急に授業プランを思いついて、自分でもびっくりした。
つまり、そんなものだと思う。

今日は、絶対、ゆっくり寝るぞーって思ってたんだけど、娘と愛犬オーが、部屋に乱入してくるもんだから、結局、7:00過ぎには起きてしまうことに。まっ、これでも、充分朝寝したってことになるのだけれど・・・。

メールチェックすると、学生から、昨日の感想が届いていた。一部分を紹介する。

僕自身、なにかイメージだけが膨らんでいたんですが、やる気にあふれている子も、引き気味に参加する子も、恥ずかしがっている子もいる・・・・
現実の色んな子どもたちが、それぞれの反応を示していて、そして糸井先生が、本当に多忙で、難しい環境の中で時間を搾り出し、多くの方をつないで実践されてることが、実感できて、本当に大きな収穫でした。

「ダンスで理科」のような魅力的な授業をやってみたいと漠然と思っていた昨日までと、実際の難しさや、課題や子どもたちの姿を目にすることができた今では大きな変化があります。

糸井先生のされる「ダンスで理科」の魅力やすごさを再現しようと考えるから自分になんかできっこないと怖気づいてしまうだけで、僕が惹かれていた「ダンスで理科」や「糸井先生の授業」の魅力的な部分を自分に取り込んで、自分なりに、身の丈にあった形で少しずつ創り上げていけばいいのかなと。

そして今は、漠然とやりたいではなく、どんなことをやりたいか、なぜやりたいか、どんな形ならできるのか、それを少しずつでも考えて行きたいと思いました。

素直に、嬉しいなあと思う。
私のやっていることを真似てほしいとは思わない。
私は師匠だとか弟子だとかいった関係を望まない。
私の実践をきっかけに、共に学び合い、そして、それぞれがやりたいことを考え、可能にしていけるような「仲間」でありたいと思う。学生だろうが、若手だろうが、同じことだ。仲間でいい。
機会があれば、どんどん活動を広げていきたいと思う。

寝ぼけたまま、近所のコンビニへ。
昨日の授業の様子を毎日新聞と読売新聞が取材して下さったので、両紙を購入するため。
毎日新聞、実にうまくまとめていただき感謝。読売新聞、あれっ、記事を見つけることができなかった。まっ、こういうこともある。

今日の予定は、娘がマラソンコースの試走につき合え・・・・と言うので、一緒に、京都市内の北区まで行き、走ってきます。
その後は、来週末締め切りの助成報告書を書かなきゃいけないのと、月末締め切りの助成申請書を書き始めるつもり。
では、行ってきます!!!
[PR]

by sitoi | 2007-01-20 10:59 | Comments(0)  

1月19日 「ダンスで理科」無事終了・・・

一年って、アッという間だなあ・・・。
4月に、よーし、やるぞって開始した「ダンスで理科」の取り組み・・・。
それが、今日で、ひとまず終わり。

いつものように出勤して、職員室配布用の「学び通信」を印刷。
本日の来校者や諸々の情報を書いたモノで、B4用紙両面刷り。
昨夜、書き上げたものだ。
その後、今日、学生さん達の控え室になる多目的室の机、椅子の設置等々。

2時間目の算数の授業は、中学校の先生にお任せして(本来は私はT2)、理科の授業の準備をすることに。
10:00、予定通り、30名弱の方々が来校。

10:40、我がクラスの「ダンスで理科」スタート。
子ども達が楽しみにしている「まねっこダンス」から、授業はスタート。
ぶつからないように歩くワークショップは、徐々に歩くスペースを狭くしていくというもの。
最後は、身動きできないほどのスペースになり・・・。
3.2.1・・・・で、一気に走って広がる。
これ、いわゆる水溶液の濃度を体感させようというもの。
その後、ものの溶け方を身体で表現。
いやあ、楽しい時間でした。
学生さん達のノリの良さも、成功の大きな要因だったと思います。
本当に有り難う!!!

4時間目、教室と体育館を行き来しながら、隣のクラスの「ダンスで理科」も参観。
合間に、新聞記者の取材も少し対応。

給食時間、昼休みと、しげやん@ダンサーを囲んで、学生さん達、来校いただいた千葉大学の藤川先生、関西大学の下橋先生と今日の授業の感想交流。
司会進行は、井手上さん@子どもとアーティストの出会い代表。

最後に、私の方からは、
「またいろいろな授業がありますから、来て下さい。お待ちしています。それから、私の普通の(?)授業が観たければいつでも連絡下さい。一日の全てをお見せしますから・・・。」
と、学生達に告げて、終了。

5時間目は、図工。版画の下絵がほぼ終了。さあ、来週からはいよいよ彫り始める。

放課後、今日が締め切りの教育助成申請書の最終チェック。
何とか仕上げてしまう。内容は・・・まだ企業秘密(?)です。
帰宅途中に郵便局に立ち寄り、速達で郵送。いつもながらギリギリ・・・・。
今日は、職場の飲み会があったのですが、ちょっとパス。帰宅して、妻と喫茶店。

夜、メールチェックすると、早速、学生さんから、授業参観の希望が届いていた。
1月26日(金)の希望でした。当然、「了解」の返事を送る。
ということで、1月26日(金)に私のクラス、学生向けの授業参観を実施します。
もし、希望の方があれば、連絡下さい。
[PR]

by sitoi | 2007-01-19 22:52 | Comments(0)