<   2006年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

8月31日 夏休み最後の日

朝、8:30出勤。
まずは、教室掃除。
二学期のドリル類も届いていたので、教室に運んでしまう。
その後、明日の授業の用意。初日から授業しようと思う。

学年だよりを書き、明日の遠足の下見の準備をしていると、アッという間にお昼。

少し早めに学校を出て、市役所で昼食。
パッと食べて、ロビーで読書。
昨日、購入した「1985年の奇跡」。
読み始めると面白くて、気がつくと13:10。
急いで、宇治市歴史資料館へと向かう。

13:30から、「巨椋池の授業の資料のパワーポイント化」についての検討会。
私の方から「巨椋池の授業のための10のトピックス」を提案させていただく。
いきなり全てを作るのはちょっと無理があるので、今から半年かけて、来年の3月には完成させる形で進めていくことになった。
巨椋池農地防災事業所に全面的にバックアップしていただけることになった。
これで、宇治市の全ての小学校にパワーポイントを使った巨椋池の授業を広めることができそうだ。まずは、11月の研究授業に向けて、試作品を作ることになりそうだ。
忙しくなるかもしれないけれど、こういう忙しさは大歓迎だ。

帰宅後、娘の自由研究を手伝う羽目に・・・もう!って感じ。

いよいよ夏休みも今日で終わり。
振り返ってみれば、なかなか充実した夏休みだった。
さて、明日から、気合いを入れ直して頑張るぞーっ!
[PR]

by sitoi | 2006-08-31 21:55 | Comments(0)  

8月30日 フゥーッ、疲れた・・・

いつも通り6:00に目が覚めたのだけれど、いつも通りの珈琲を飲むことができない。
今日は、人間ドックの日なのだ・・・。
9:00過ぎに京都駅着。
今年は、人間ドックの病院に「武田病院」を選んだ。
人間ドック・・・駄目です、何せ、あの血液採取の注射、刺さっている腕を見ることができません・・・怖いです。バリウム、吐きそうです・・・駄目です。

何とか半日、がんばりました。
で、少し、気づかされたことがありました。
というのも、最後にお医者さんに、今日の検診結果で分かっていることなどを教えてもらいながら、問診がありました。
もう、この時には、気分はすっかり病人です。
そんな時、お医者さんに
「ああ、ここの数値はとってもいいですよ」
「うん、いいですよ」
という言葉を何度か言われたのです。
するとね、素直に嬉しいのです。
「ああ、やっぱり褒めるって大切だなあ」
と思った次第です。
今までの病院では、
「はい、異常ないです」
と言われる程度で、「とってもいいですよぅ」なんて言われませんでした。
この一言だけで、「来年もここに来よう!」と思いましたもの。

さて、支払いを済ませると、看護婦さんが、
「お腹が空かれたでしょう。この券を持って、新阪急ホテルのレストランで食事して下さい」
と、昼食券を渡してくれました。
そうなんです。今年、「武田病院」にしたのは、新阪急ホテルの昼食券が貰えるという情報を得たからなのです。
ルンルン気分で、新阪急ホテルへ。1Fのレストランで昼食バイキングをお腹一杯食べました。

その後、大型書店のはしごをした後、地下鉄で四条烏丸へ。
少し歩いて、京都文化博物館へ向かう。
「マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿展」を観る。
マリア・テレジアの美しさにも見とれたけれど、それ以上に見とれたのは、17世紀の宮殿に置かれていた日本製品の数々・・・。素晴らしい細工が施されていた。

その後、ブラブラ歩いて、河原町三条。
映画でも観ようと思ったのだけれど、時間が合わず。
どうしようかなあと思いながら歩いていたら、インターネットカフェの割引券を手渡される。
「あっ、ここにしよう」と思い、入店。
雑誌や漫画を読んで、ボーっと過ごす。

18:00から、「ダンスで理科」の打ち合わせ。
17:00前には店を出て、途中、本屋で、「1085年の奇跡」を買う。
池田さん@京都橘大学のお薦め本だ。夏休み最後の読書本として購入!
その後、「ダンスで理科」の打ち合わせを行うと、予想以上に楽しそうな内容。
気がつくと20:00。2時間も打ち合わせしてしまった。

21:30、帰宅。さあて、今日は、ビールを飲むぞ!
いよいよ、明日は夏休みラストだ。
[PR]

by sitoi | 2006-08-30 22:06 | Comments(2)  

8月29日 京都橘大学での講義終了!

ここ数日、自然に6:00前には自然に目が覚める。
身体はオフモードからオンモードに既に切り替わった感じだ。

8:00過ぎに学校着。
明日、夏休みの「ダンスで理科」の研究会のことで打ち合わせを行うので、資料をコピー。
何やかんやとやっているうちに、アッという間に8:30。
新任のF先生と一緒に橘大学へ向かう。
杉浦先生@東京和田中学校も、今日の講義に来られることを知り、急遽、F先生もお誘いすることにしたのだ。
こんな機会は滅多にないことなので。
自分の発表を聞かれることは少し恥ずかしいのだけれど、そんなことはどうでもいいや、と思った次第だ・・・。

橘大学は思ったほど道が混んでいなくて、9:10過ぎには着いてしまう。
10:00過ぎまで、大学内の喫茶コーナーのようなところで、珈琲を飲みながら、F先生と雑談。こんなゆったりした時間も、ふだんの学校の中ではないので、いい機会だった。

10:10、池田先生@京都橘大学が授業されている教室に案内していただく。
まさに、授業の真っ最中だったのですが、紹介いただき、学生達の元気のいい挨拶。
授業開始前に、杉浦先生@東京和田中学校も到着され、一緒に講義を受けていただくことに。
10:40、緊張の中、講義開始。
今日は、模擬授業の時間をとった。内容は、私の持ちネタ「語り絵」の授業。
学生達、真面目に、楽しそうに参加してくれてホッと一安心。
学生達の求めている講義であったかどうかは、いささか自信がないのだが、予定していた内容を終えることができた。

お昼は、学食で。
学食で、食事できるなんて、何て幸せ。
350円程度で、ランチをいただく。うーん、京都橘大学の学食、恐るべし。美味しかったです。

午後は、杉浦先生の講義に参加。
語りの柔らかさ、話の流し方・・・さすがに優れた教師は、ひと味違うなあというのが感想。
最後は、杉浦先生が新聞に連載されていた記事をもとにワークショップ。

杉浦先生の講義の後、池田先生の研究室で、少し雑談。
その研究室の居心地の良さに軽く嫉妬・・・いいなあ。

最終講義は、杉浦先生と池田先生、それに私の三人が、学生からの質問に受け答えする形で進められた。
学生達の質問に答える中で、新たな学びあり。いい勉強をさせていただいた。

授業終了後、学生達と山科の居酒屋へ。
私は車だったのと、明日、人間ドックを控えているので、軽く食事。
杉浦先生から、東京の教育情勢の話をいろいろお聞きし、大収穫。
教志netの学生達も複数参加してくれて、いろいろ楽しい話も。

20:00、二次会に向かう面々に御礼と別れを告げて、帰宅。
いい、勉強になりました。池田さん、こんないい機会を与えてくれて、本当に有り難う!
[PR]

by sitoi | 2006-08-29 22:01 | Comments(0)  

8月28日 教師の仕事を楽しむために!

今日は、年休をとっていたのだけれど、朝から出勤。
実は、今日は、職場の日帰り旅行の日。
大学で話をしに行く前日は、いろいろ準備をする必要が出てくるだろうと今年はパスしていた。
で、家で仕事する予定だったのだけれど、印刷する必要もあって、出勤となってしまった。

パワーポイントを使って、今回も資料を作っていたのだけれど、具体的なテーマをいただいていないことに今頃になって気づく。
「あれっ?いったい何を話に行くんだろう?授業のことを話すことになってるけど・・・」
自分は、いったい学生に何を伝えたいんだろう?
そんなことを自問することから、もう一度、パワーポイントを作り直していった。

何だかんだと考えて、結局、テーマは「教師の仕事を楽しむために!」となった。
最近、「やめたい」とか「忙しすぎる」とか、いろんな不満を漏らす教師が多いけれど、私は、今の生活が、今の仕事が好きだし、やめたいとも、忙しすぎるとも思わない。
「そりゃあ、糸井さんは好きでやってるから・・・」
と言われると、
「えっ?好きでやってるんじゃないの?」
と、驚いてしまう。
私は、教師という仕事は、「好きで、やりたい人」がする仕事だと思っているので。
ただ、むやみに子どもが好きを連発する人は、どうも嘘っぽいと思うのだけれど・・・。

お昼までかけて、パワーポイントと印刷物を仕上げる。

午後は、自宅に戻り、読書。
「ナイフ」(重松清著・新潮文庫)を読む。
こんなに自由に小説を読めるのも、夏休みだけだ。
学校がいったん始まれば、もう教育に関する本を読むだけで精一杯。

さて、明日も新たな出会いが・・・。
早めに寝て、明日に備えることに。
[PR]

by sitoi | 2006-08-29 06:45 | Comments(2)  

8月27日 悩み続ける・・・

今日は、朝から、出勤。
日曜日なんだけど、保護者の方々と一緒に学校清掃をすることになっている。
9:00~10:30ほどの間、教室や廊下の窓拭きを保護者の方と一緒に取り組む。

昼前に帰宅。
今日は、野村誠さんのコンサートや京都芸術センターでダンス公演なんかがあったのだけど、29日(火)の京都橘大学での授業の用意ができていなくて、午後は、ずっとぼんやり考え続ける。
話したいこと、模擬授業の内容などは、既に決めているものの、それらをどういった切り口で伝えていくかという点が不明瞭。とにかく、私の場合、ぼんやりと考え続ける時間が必要なので、今日と明日は、そのための時間と決めている。

今年の夏も、いろんな場で話をさせていただく機会をいただいた。
7月には、「教志net」に招かれて、学生を前に実践を語る場をいただいた。
8月には、「ダンスで理科を学ぼう」の研究会での実践報告、宇治市歴史講座での講演、マクドナルドの食育セミナーでの実践報告とパネラーなどの機会があった。
そして、29日が夏休み最終の外部での仕事となる。

「学校の先生だから、人前で話すのなんか楽々でしょ」
などと言われるが、とんでもない。
私など、なかなか人を惹きつけるような話ができないので、いつも、ああでもない、こうでもない・・・と悩み抜いて出かけていくことになる。

でも、それが大切なことなのだと思う。
本当にいい勉強の機会をいただいている。

29日の講義には、本校の新任の方をお誘いした。
年休をとって参加します・・・と、その場で、返事をいただいた。
学生に、新任教師に、伝えなければならないことがある。
何を、どう伝えるか、28日、もう一日、考え抜きたいと思っている。
考えて、考えて、・・・それをサラッと伝えてみたい。そんな思いで、いる。
[PR]

by sitoi | 2006-08-28 07:26 | Comments(0)  

8月25日 校内研修会最終日終了

実は、今日から三日間は大阪での研修会への参加を予定していた。
でも、ちょっと学校の研修を欠席するのがまずくなり、やむなくキャンセル。
残念だが、学校第一なので、致し方ない。

今日は、午前中は特別支援教育に関する研修。午後は、生活指導に関する研修会。
昼食の1時間を挟んで、9:00から16:30までビッシリ・・・。

昼食時の1時間は、パンをかじりながら、31日の巨椋池授業パワーポイント作成打ち合わせの叩き台「巨椋池授業10のトピックス」を書き始める。
せっかく作るのだから、10時間分くらいのパワーポイント資料ができればいいなと思う。

終了後も、学年会のようなものをしていたので、今日の終了は18:30。
うーん、夏休みだというのに、頑張りすぎか・・・。
[PR]

by sitoi | 2006-08-26 08:39 | Comments(0)  

8月24日 校内研修会二日目終了

朝、8:00過ぎに出勤。コンピュータ、プロジェクターなどの準備を済ます。
9:00から1時間、学力テストの分析と、授業をどう変えていくかを話す。
後半は、土堂小学校@広島のモジュール授業の様子のDVDを見ていただく。
学習内容、教師のリズム・テンポ、子ども達の表情など、書物だけでは分からない部分を伝えることができたのではないかと思う。

10:30から第二部。講師に、岩崎裕美さん@フリーアナウンサーをお招きしての90分。
「発声の仕方や訓練の仕方」の実技中心の講演。
たくさんの学び、たくさんの笑い・・・プロの凄さを体感しました。
二学期に向けて、即実行できる部分も多し。実り多い研修の場となった。

午後も、企画委員会、職員会議、再度、企画委員会と会議が続く・・・。
グッタリ・・・。

夕食は、何と娘が用意していた。
何でも、学校の宿題とのこと。うーん、こういう宿題も大切だなあ・・・。
おいしくいただいて、早めに就寝。
[PR]

by sitoi | 2006-08-25 07:29 | Comments(0)  

8月23日 校内研修会一日目

朝、8:30、出勤。
昨日、届いていた「小学生防災探検隊マップコンクールセット」を先生方に配る。
同時に、昨夜、書いた「学び通信」を印刷し、机上に配る。

今年度、全校分のセットを注文したのは、10月に実施予定の「演劇で防災」に関わってのことである。先生方に配った「学び通信」に、こんな風に紹介してみた。

◇数分話し合った末、蓮行さん@劇団代表から、出されたプランは、
「糸井先生、ホップ・ステップ・ジャンプ計画で行きましょう!」
というものでした。これは、

ホップ・・・劇団員と児童会本部児童による校区探検(ネタ集め)とワークショップ
ステップ・・・公演
ジャンプ・・・公演を見た子ども達が自主的に校区探検を始める

というものです。
昨年の公演で、私が良かったなあと思ったのは、劇を見た後、「ゴミしたらあかんなあ」と言い出す子ども達がたくさんいたことです。
 だから、今年の劇を見た後、子ども達が「校区にはいろいろなものがあるんだなあ。自分も見てこよう」なんて自然に言い出すことを期待していますし、もし、本当に、そんな動きが始まれば、とっても素晴らしいなあと思います。

◇ただ、もちろんやるからには、そこを目標にしますので、子ども達が「やりたい」と言った時に必要な道具を揃えておこうと思い、「防災探検隊マップコンクールセット」を注文しておいた次第です。
 劇団の方と児童会本部で、マップ作りをするつもりです。全クラスにやって下さいとはいいませんので、ご安心を・・・。念のため、防災探検隊とは、

ぼうさい探検隊とは、子ども達が楽しみながらまちを歩き、まちにある防災や防犯に関する施設や場所などを発見してマップにまとめる実践的な防災教育プログラムです。
 本マップコンクールは、ぼうさい探検隊によるマップの作成を通じて子どもたちが防災意識や地域への関心を高めるとともに、地域住民が探検をサポートすることで安全で安心な地域社会に向けた地域コミュニティの強化を目的としています。

というものです。子ども達がやりたいと言い出した時には、このセットを活用下さい。


さて、今日は、午前中は、国際理解教育に関する研修。
中国残留孤児の問題について、学びを深める。
実際に講師をお招きし、講演を聞く・・・本当に胸が締めつけられる話の数々。

巨椋池農地防災事務所の方から電話。
小学校の授業のためのパワーポイント作りに、力を貸していただけるとのこと。
また、小学校を会場としたパネル展示も協力いたただけることになった。
有り難い・・・これで、4年生の社会科授業に一石を投じることができそうだ。

午後は、企画委員会、職員会議。

帰宅後、明日の研修会に向けて、パワーポイントの修正を行う。
明日は、学力問題についての分析と今後の方向性についての研修会。
私が、60分を進め、その後、講師の先生をお招きしている・・・楽しみだ。
[PR]

by sitoi | 2006-08-24 07:17 | Comments(0)  

8月22日 社会科会フィールドワーク終了

今日は、宇治市社会科部フィールドワークの日。
場所は、昨年春、新しくできた「巨椋池排水機場」だ。
9:30、宇治市歴史資料館に集合。車に乗り合わせて出発。
今年は、20名の参加者。
10年ほど前、部長になってから、毎年、欠かさず、フィールドワークは実施してきた。
見学先の希望を先生方にお聞きし、依頼から日程調整までを毎年一人で行う。
「よくもまあそんな大変な仕事を・・・」と言われるが、誰かがやらねばならない仕事だ。
そして、社会科教師として、フィールドワークは欠かせない勉強だと考えている。
今年も、無事、実施の日を迎えることができ、ホッとしながら、車を走らせた。

「巨椋池排水機場」では、所長から、パワーポイントを使って、分かりやすく講義して頂けた。
先生方からも、「目から鱗・・・」というような言葉が。
いろんな資料もいただき、40分ほどで見学を終える。
帰りの車の中で、先生方から「パワーポイントの資料が分かりやすかった。ああいう資料をうまく小学生向けに作ったものがほしいなあ」との声。

歴史資料館に戻って、早速、検討委員会のSさんと少し、そのあたりについて話をする。
つまり、小学生向けのパワーポイントを使った資料作成の可能性についてだ。
必要なら、私も作成に加わっていいと思っている。
私が社会科部の部長をするのも、もう長くはない。
部長をしている間に、少しでも、宇治市の社会科教育のためになることをしたいと思う。

昼食を担当校長と二人で。
社会科部の担当校長は、私が新任の時、お世話になった方だ。
24年前、校長先生は6年生の担任だった。
その頃の思い出を語り合っている間に、アッという間に午後の研修の時間。

午後は、場所を小学校に代えて、11月の研究授業の事前研。
研究授業は「巨椋池」と決まっていたので、歴史資料館での講演で使ったパワーポイントを使って、再度、ミニ講演(?)を行う。
もちろん、先生方相手なので、ポイントを整理しながら、30分程度で済ます。
授業者から、いくつか質問も出され、整理していく。
15:00、午後の研修会も無事、終了。

部会終了後、近隣小学校から、
「6年生対象に、9月に、巨椋池を題材とした歴史の話を2時間してほしい」との依頼。
以前、漠然としたお話はいただいていたのだが、正式に学校長間で、講師依頼ということで、話は済んでいるようだ。
6年生約100名を相手に2時間授業する。題材は「巨椋池」。
・・・・やってみることにした。

勤務校に戻って、校長先生に、ちゅうでん教育振興財団の申請が採択されたことを報告。
その後、少し雑談。研究の進め方についても助言をいただく。

今日は、娘が合宿から帰ってくる日。
夜、20:00、無事、帰宅。
娘のリクエストで、近所のパスタ屋で夕食。

明日から、校内研開始。
職員室向けの「学び通信」を書き、明日に備える。
[PR]

by sitoi | 2006-08-23 07:11 | Comments(0)  

8月21日 シティグループ・サクセス・ファンド助成金授与式

朝、5:00過ぎに起床。
5:30には、家を出る。
今日は、東京全日空ホテル@赤坂で、「シティグループ・サクセス・ファンド助成金授与式」に参加するため、急いで、京都駅へ向かう。
7:00前の新幹線で一路東京へ。

行きの新幹線では、娘から借りた「天国はまだ遠く」(瀬尾まいこ著・新潮社)を読む。
舞台は、私の故郷、京都の丹後。
一気に読み終える。・・・いい本だった。
もう一冊、夜みたい、そう思える作家だ。
a0023466_5433594.jpg

そんなこんなで、アッという間に、品川駅着。
山手線、銀座線と乗り継いで、東京全日空ホテルについてのは、9:40。
予定通り、10:00から助成式が始まった。
選考委員の方の「申請書を読んでいて、どんな活動をするのかは分かるのだけれど、どんな子ども達にしていきたいのか、そういった部分が弱いように感じた」という言葉は、大変勉強になった。自分自身の企画書も、その点が弱かったように思う・・・。

記念写真の後、昼食を兼ねた親睦会。
うーん、37Fからの眺めは素晴らしかったし、美味しい料理の数々・・・。
愛媛県の高校の先生と情報交換。
「携帯電話の活用が今後のポイントになると思う」とおっしゃっていた。私も、その通りだと思う。しかし、私の最も弱い部分なのである。何とかしないとなあ・・・。

午後は、欠席し、一路、京都へ。
帰りの新幹線では、「僕たちの戦争」(萩原浩著・双葉社)を読み始める。
これまた面白く、読み始めるととまらない。アッという間に京都駅。
京都駅から、近鉄電車、京阪電車と乗り継いで、樟葉駅に着くまで、読み進める。
いよいよ、クライマックス・・・。ここからは、寝る前にゆっくり、お楽しみ。

帰宅後、明日の社会科部フィールドワーク、二学期の研究授業の事前研資料の準備。
さて、もう明日からは、いよいよ学校での研修会が始まる。
[PR]

by sitoi | 2006-08-21 17:35 | Comments(0)